LANSA Integratorは、社内と社外の異質なシステム間で情報連携を行うためにJavaサービス・フレームワークを提供します。アプリケーション間(A2A)と、企業間(B2B)の連携を自動化し、複数のトランスポート層をサポートします。既存のシステムを書き直さずに、Javaプログラミングのスキルなしで、LANSAと既存のシステムを連携することで、Java、XML、Webサービス、他の技術を使って企業がどのようにコスト削減するかを紹介しています。

Apria Healthcareは、自宅健康管理製品とサービスのアメリカにおける大手の提供者です。ビジネスシステムと、ビジネスパートナーの異種のシステムの間で、外部でホストされたeコマースWebサイトを含めて、高速な双方向のXMLインタフェースを開発するために、ApriaはLANSA Integratorを使用しています。LANSA Integratorを使うシステムの1つは保険認証システムです。このシステムは、Apriaと保険業者の間で毎日多くのトランザクションを交換します。これにより電話が減り、両者のコスト削減になりました。事例を読む

E. P. Barrus Ltdは、英国で、MTD芝刈り機や園芸機械、moto-romaスクーターやオートバイ、Merury、Mariner、ヤンマー船舶と汎用エンジンなどの、エンジン設計と製造販売をしています。Barrusは、LANSA Integratorを使用して、ヨーロッパで最大の日曜大工チェーン、世界で3番目に大きい取引先B&QなどとEDIメッセージを交換しています。Epitomy(分解図が専門の企業)からWebサービスを利用して、ディーラが部品番号を知らずに部品を検索することができるようにするために、Barrusはディーラ向けWebサイトでLANSA Integratorを使用しています。LANSA IntegratorのWebサービスは、EpitomyのWebサイトにリンクしていて、ディーラは必要な部品を選ぶために、エンジン図面を展開することができます。次に、SOAPメッセージがBarrusのWebサイトに送り返されて、ディーラは注文を完結することができます。 事例を読む

Baustoff Union (BU)は、ドイツの最大州ババリアにある建築資材、建築サービス、機器レンタルの大手です。BUは、1997年からLANSAのドイツのビジネスパートナーS.M.HartmannからのソリューションSMH ERPを使っています。元はRPGだったERPソリューションの機能は、Visual LANSAを使用して、段階的にモダナイズされ置き換えられて来ました。LANSA Integratorは、ルートと荷渡し指図書についての情報を、BUのERPシステムとTomTom WEBFLEETでやり取りするためのWebサービスを開発するために使用されました。ソリューションは、BUのトラック群団のコントローラが、BUのトラックの現在位置を把握し、一番良い場所にいる車に配送を割り当てることができます。これにより、BUの手順の最適化を可能にし、6年間で300%以上の効率向上に寄与しました。現在BUは、注文を受け付けてから3時間以内の配達を保証することができ、費用が発生する建築計画の遅れを避けたい顧客に貢献しています。 事例を読む

The Beacon Insurance Company Ltdは、トリニダード島のポートオブスペインに本社、南カリブに支店を置き、一般保険、生命保険、資産管理、投資を含む幅広い保険と金融サービスを提供しています。Beaconは、手続を効率化し、Insure/90の基幹の証券管理システムをモダナイズしました。LANSA Integratorは、Beaconのソリューション全体の鍵となるコンポーネントであり、保険契約、補償請求の手紙、その他の文書の自動的なPDF生成と、Webサービスで既存の文書管理システムとシームレスな連携を可能にしています。 事例を読む

Becton, Dickinson and Company (BD)は、健康管理施設、生命科学研究者、臨床検査室、個人に医療技術を提供する国際的な企業です。BDは幅広い医療品、器具、実験装置、診断薬を製造し販売しています。BDは、ヨーロッパでの販売と物流、市場と自社のグローバルなeビジネスプラットフォーム間でリアルタイムにトランザクションをやり取りするために、LANSA IntegratorとWebMethodsを使用しています。 事例を読む

The Office of the Board of Studies New South Wales (OBOS)は、オーストラリアで最も人口が多い州であるニューサウスウェールズの学習計画の内容、私立学校の登録、高校試験の実施に責任がある公的な機関です。LANSAの開発とインテグレーションのツールは、1989年からOBOSのIT基盤の中核にあります。OBOSは、学校、大学、銀行など外部団体とデータを交換するために、LANSA IntegratorのWebサービスを使用しています。

OBOSは、PDFとMP3のファイルを画面での採点システムに作成し、連携させるためにも、LANSA Integratorを使用しています。カラー・スキャンした学生が書いた試験の回答用紙は、LANSA IntegratorのPDFサービスを使用して、IBM iベースの採点システムにPDFフォーマットでアップロードされます。そのプロセスにおいて、専用のLANSA IntegratorのPDFサービスは、ページの数の確認し、学生と試験センター識別明細をマスキングして、ページイメージが、採点し易いように再構成されるように処理します。また、サービスはPDFプロパティを設定し、適切なファイル名で文書を保管します。

同様に、デジタル記録された口述試験では、LANSA IntegratorはMP3フォーマットのファイルの受け取り、名前付け、保管を処理します。デジタル保管された試験回答は、記述式の採点プロセスと同じ採点プロセスを経ます。 事例を読む

Body Corporate Service (BCS)は、30年以上前に設立され、オーストラリアの東海岸に20を超える支店を持つ、物件管理のパイオニアです。BCSの管理する資産は、住宅地、商業地、リゾートとそれらの複合開発地で、6,000棟を超えています。BCSは、保険会社、銀行、税務署のような外部とのやり取りのみならず、顧客とスタッフのWebSphereポータル、複数のWindowsシステムと、IBM iとLANSAベースの基幹の財産管理システムを連携するためにLANSA Integratorを使用しています。 事例を読む

Brewers' Distributor Ltd. ( BDL)は、西カナダの醸造業のための流通とコンテナ回収サービスの大手で、年間で約10億ドル相当のビールを移送しています。BDLは、倉庫のSamuel のストラップ・ライン制御ソフトウエアや他のシステムによる重量測定の結果を、JD Edwardsシステムとやり取りするために、LANSA IntegratorのSOAP Webサービスを使用しています。BDLは、POSシステムからさまざまなフォーマットで直接注文を送って来る大量発注の顧客とも、M2Mの処理をするためにLANSA Integratorを使用しています。事例を読む

The CBH Groupは、穀物の受取、貯蔵、荷役、運送からマーケティング、出荷、加工に至るバリューチェーンで成長するオーストラリアの最大の穀物協同組合です。CBHの基幹の穀物荷役と貯蔵システムであるIBISは、栽培者や他の関係者によるWebアクセスを提供し、LANSAを使用して開発されています。SAP会計やCBHのコンベヤーベルト/制御システムなどの他のシステムとの連携は、主としてWebサービスを利用するために、LANSAとWebsphere MQで開発されました。LANSAのパートナーであるLateral WAは、LANSAベースのシステムの導入で主要な役割を果たしました。事例を読む

COMMON

COMMON, IBMの世界最大のグループで、6,500人を超えるIBMの情報技術ユーザーがメンバーです。COMMONは、ホテルの登録をコンファレンス参加費を結び付けるためのWebサービスで、LANSA Integratorを使用しました。参加者がコンファレンスのホテルを選ぶ際に、WebサービスAPIは宿泊登録コードを照合し、支払いの処理が始まる前に、対応するコンファレンス参加費を決定します。この新しい仕掛けは登録手続を容易にし、指定されたホテルに泊まる参加者に割引を提供します。コンファレンス参加費の支払いもより容易で、オンラインのクレジットカード処理は、Authorize.NetとLANSA Integratorを使って動的に処理されます。

Cramo

Cramoは、スゥエーデンに本社を置く、機材とモジュール化されたスペースのレンタルサービスの会社です。支店は、ノルウェー、デンマーク、フィンランド、エストニア、オランダ、ポーランド、ハンガリーにあります。Cramoは、さまざまな産業で顧客をサービスを提供しています。JavaベースのWebサイトと、iSeriesの基幹システム間で高速のデータアクセスとアプリケーションインテグレーションを提供するために、CramoはLANSA Integratorを使用しています。
LANSAはデータアクセスを高速で簡単にして、基幹システムのアプリケーションからJavaを機能と呼び出すことを可能にしました。

Export Development Canada (EDC)は、カナダの輸出信用機関であり、カナダ輸出業者と投資者の国際的なビジネスの拡大を手助けするために革新的な商業上の解決策を提供します。約7,000社のカナダ企業と、その全世界の顧客がEDCの知識とパートナーシップを毎年利用しています。EDCは、LANSAを中心にした融資と取引のシステムであるACBSを使用しています。最近になってLANSA Integratorを使用して、2つのSOAP Webサービス連携ソリューションを成功裏に稼働させました。特定の必要条件を満たすためにACBSをカスタマイズし、拡張するためにもLANSAを使用しています。 事例を読む

Frontline Consultancyは、英国ベースのビジネスのソフトウェアソリューションの大手プロバイダーで、IBM、LANSA、Microsoft、SAP、Vmwareとパートナーシップを結んでいます。Frontlineは、顧客の専用のソリューションのみならず、SAP Bussiness Oneのアドオンを作成サポートする、開発者の強いチームを持っています。環境は、オンプレミスとモバイルのIBMi、.Net、オラクル、Javaベースのソリューションを含みます。Fronlineは、顧客の古いIBMiベースのディーラマネジメントシステムに、Salesforceアダプタを開発する際に、LANSA Integratorを使用しました。ソリューションは、2つのシステム間でデータのリアルタイム交換を可能にし、Salesforceのサービス利用と同様に、IBM iベースのデータと機能をWebサービスとしてSalesforceへの提供することを可能にしました。

General Electric Appliances Canada'sは、Camcoとして以前から知られている、カナダの大手の家庭用機器の製造販売業者です。Camcoは、Home Depot(世界最大の家の修繕関連製品の小売)の店舗にある売店を含む、他社のコンピュータ-とのインターネットを経由したトランザクション処理のために、LANSA Integratorを使用しています。Camcoは、在庫確認の要求とHome Depotの店舗が生成された注文を受信し、トランザクションを送り返します。これらの全ては顧客がHome Depotの売店にいる間にリアルタイムに処理されます。 事例を読む
Camcoは、現在General Electric Appliances Canadaが所有し、Mabe Inc.グループの一員です。

The Greenery B.V.は、生鮮食品の流通、販売、マーケティングの企業です。16億ユーロの取引高で、Greeneryはヨーロッパの野菜、果物、マッシュルームの分野でリーダー的な存在です。LANSAベースの基幹のiSeriesシステム、Windowsベースのオークションと販売のシステム、他社間でリアルタイムに情報を交換するために、GreeneryはLANSA Integratorのリモートの機能呼出しを使用しています。事例を読む

High Liner Foods Incは、カナダのノバスコシア州ルーネンバーグに本部を置く、加工冷凍シーフードとパスタの北アメリカの最大の加工販売業者です。High Linerは、Fisher Boy、Gina Italian Villageのブランド名で商品を販売しています。1989年からLANSAの顧客であるHigh Linerは、iSeries、Web、Windows、1SYNC、JD Edwards WorldにEDI-INTを拡張するためにLANSAを使用しています。社内のスキルを利用することで、短時間にEDI AS2と1SYNCを導入することができました。 事例を読む

The Hillman Groupの本拠地は、オハイオ州シンシナティで、締め金具、鍵、標識と彫版製品などの55,000種類を超える小型で安価でも必要な雑貨を在庫して、米国、カナダ、メキシコに21,000を超える小売店に供給しています。Hillmanの企業報告は、IBM WebSphereポータルを通してWebFOCUSで行われます。Hillmanは、RPGや他の非JavaアプリケーションをWebSphereポータル環境に展開するために、LANSA Integratorを使用しています。Hillmanは、JavaインテグレーションのためにJavaの専門家を雇うことなく、自身のITスタッフを使うことを可能にしました。 事例を読む

COMMON

AMPは、オーストラリアに本社を置く大規模な国際金融サービス会社です。AMPは、基幹のIBM iシステムとSiebelのCRM(顧客関係管理)を連携するためにLANSA Integratorを使用しています。LANSAは、SiebelとIBM iの基幹システム間の、WebSphere MQメッセージによる送受信のXMLメッセージを構文解析することでリアルタイム連携を実現しています。この会社は、メインフレーム、Unix、IBM iシステムを持っており、1つ以上の商品を利用している800万人の顧客があります。
顧客が所有する財産は、1つのポータルに統合され、SiebelのCRMは、中心となるWebベースのアクセスは提供しています。

スプールファイル(レポートや他の印刷可能な文書)をPDFファイルに変換するために、AMPはIntegratorのスプールファイル・サービスを使用しています。次に、関連するPDFファイルをまとめた日次/週次/月次のZIPファイルを作成するために、IntegratorのZIPサービスを使用しています。FTPでもIntegratorを使って、ZIPされたspoolfilesをWindows環境に移動し、文書アーカイブとして役立ています。

John Wiley & Sons Australia (JWA)は、ニューヨークのJohn Wiley社の完全子会社で、アジア太平洋地域で教育、ノンフィクションを扱う大手の出版社です。JWAは、 iSeriesベースのB2BとB2CのWebサイトで、Linuxサーバーとシームレスな連携と、表紙や他の内容のあるコンテンツをのダウンロードするために、LANSA Integratorを使用しています。LANSA Integratorは、Javaベースのクレジットカード認証ソリューションとリアルタイムに連携するためにも使用されています。事例を読む

John Wiley & Sons, Inc.ジョンワイリー社は、ニューヨークの本社を中心に、米国、カナダ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアで出版、マーケティング、集配送センターを展開する、印刷とエレクトロニクス製品の世界的な出版社です。新しいビジネスチャンスである電子出版で、中心となるWeb注文サイトを効率的に連携するために、WileyはLANSA Integratorを使用しています。電子出版物は様々なフォーマットで、様々なサーバーに置かれたとしても、顧客はWileyのドメインwww.wiley.comからアクセスできなければなりません。LANSA Integratorは、電子文書がダウンロードできるように、ブラウザの要求を適切なリモートサーバーにリルートしアクセスと認証をコントロールしています。 事例を読む

Kawasaki Motors Manufacturing Corp, USA (KMM)は、川崎重工業の子会社です。リンカーン消費者製品工場(KMM CP)とメアリービルのエンジン工場の両方で、IBM i PowerサーバーのLANSAベースのソリューションを使っていますが、各工場の個別のニーズに合うようにそれぞれ独立しています。KMM CPのサプライヤ・ポータル、背後のERPシステム(LANSA ERP フレームワーク)、購買注文、梱包伝票、ボックスラベル、請求書、EDIトランザクションを生成する全てのプロセスはLANSAベースのアプリケーションで構成されています。ボックスラベルのバーコードなどのPDFも、LANSA Integratorが生成します。LANSA Integratorは、KMM CPの電子決済にも使用されています。 事例を読む

Maronda Homesは、米国ピッツバーグを本拠地として、ペンシルベニア、オハイオ、フロリダで住居を建設しています。Marondaは、住宅の購入者のために定型書簡、契約書、その他文書の作成をLANSA Integratorを使って自動化ています。現地販売担当者は、ラップトップをLANSAベースのポータルに接続して、顧客、物件、財務情報を入力して契約書を作成することができます。実際には、複数のプラットフォームから集めたデータによってイメージ、リッチテキスト、表、バーコードが一体化され、複合的なPDF文書を作成されます。PDFは、パスワード保護されて、顧客に直接メールされるかブラウザで見ることができます。 事例を読む

近代美術館 (MoMA)は、ニューヨーク州マンハッタンの中心部に位置する世界的なアートを収集収納しています。入口で様々な入場券バーコードをスキャンするために、MoMAの受付スタッフはワイヤレスのSymbol記号ポケットPCを使っています。ポケットPCの上のVisual LANSAベースのソフトウェアは、iSeriesのチケット発行システムのトランザクションにある、有効な切符とメンバーコードのデータベース‘スキャンファイル’に対して、スキャンされたコードをリアルタイムにLANSA Integratorでチェックします。ポケットPCのチケット認証プログラムは、チケットのタイプによって、適切なビジネス・ルールを適用します。 事例を読む

National Envelope Corporationは、テキサス州フリスコを本拠地とする、世界で最大の封筒メーカーに成長しました。この会社は、全米で施設を運営し、1日あたり1億8000万個を超える封筒を生産しています。National Envelopeは、背後にある複数のデータベースから、スプレッドシートとWebページにデータを取り込むために、LANSA Integratorを使用しています。逆に、1つのソースから、背後の複数のシステムにデータを更新しています。ユーザーは、日付の範囲、注文のタイプ、顧客、製品の属性など、多様な選択条件でスプレッドシートを生成し、配布することができます。LANSA IntegratorのExcelサービスは、カラムを日付形式、数字形式、複数のフォントや色を使って完璧にフォーマットします。LANSA IntegratorのSMTPサービスは、電子メール経由でスプレッドシートを複数の宛先に送信します。 事例を読む

NIB Capital

NIB Capital NVは、オランダに本部を置く投資銀行、プライベート・エクイティ、資産管理の専門サービスを提供する大手のヨーロッパ資本市場の専門企業です。NIB Capitalの事業部であるNIB資本銀行、NIB資産管理、NIB資本プライベート・エクイティは、それぞれのソリューション・プラットフォームを持っていて、プラットフォームに依存しない方法で事業間の情報を交換したいと考えていました。この実現のために、NIBはミドルウェアとしてXMLとMSのBizTalkを選択しました。NIB資本銀行は、iSeriesベースの市販の融資システムからデータを抽出、更新し、その情報をXMLフォーマットでIFSファイルに書き出してMSのBizTalkに渡すために、LANSA Integratorを使用しています。情報の流れは双方向で、LANSA Integratorはデータ交換の要求を起動するために使用されています。

Ontario Student Assistance Program

Ontario Student Assistance Program (OSAP)は、カナダの文部省が主導する団体で、オンラインによる学生の助成金借り入れの申請、申請ステータスの確認で、多国語を用いたWebサイトhttp://osap.gov.on.caを提供するために、LANSA for the Webのアプリケーションを使用しています。そのソリューションにおいて、OSAPと学生の間で交換されるいくつかの文書はサインが必要な公文書であるために、安全なPDFダウンロードとWebサインのためのLANSA Integratorのサービスによって拡張されています。

Paradigm Housing Groupは、イギリスで手ごろな価格の住宅を提供する大手の会社です。Paradigmは、11,000件を超える物件を所有管理して、内陸の南部から東部とロンドンで様々な住宅とサポートサービスを提供しています。Connaught Plc社にアウトソーシングする、物件の修理と保守作業についての情報を交換するために、ParadigmはLANSA Integratorを使用しています。LANSA Integratorは、XMLにおいて作業依頼文書を生成し、ConnaughtのFTPサイトにこれらをポストします。工事の計画、完了時に、ConnaughtシステムはXML文書を返信して来るので、Paradigmは、その詳細を原価管理と進捗管理の報告書に含めることができます。 事例を読む

Plant Nursery Centresは、オーストラリアのポピュラーな園芸店チェーンで、そのポイントサービスのWindowsベースのPHPで開発されたWebサイトと、IBM iベースの基幹システム間で、トランザクションを交換するために、LANSA IntegratorのJSONサービスを使用しています。Webサイトは、会員の加入、会員情報の更新、ポイント残高の照会、住所の更新他などの機能を提供します。加入または更新する会員情報には、クレジットカードの支払い情報があるために、IntegratorのJSONサービスで、銀行と安全に通信するために使用されています。

Port Logistics Group (PLG)は、米国のゲートウェイ物流サービスの大手の企業です。PLGの小売店のジャストインタイム補給部門は、倉庫管理システムにLANSAベースのソリューションを使用しています。顧客とその企業のWebとAS2通信の大部分は、LANSAのテクノロジーを使用しています。電子的な情報のやり取りは、PLGと顧客のためにコストを削減して来ました。また、正確度を高めて、受注処理手続から数時間を短縮することができました。 事例を読む

アンドラ公国は、フランスとスペインの中間の東ピレネー山脈にある小さな国で、推定で年間1000万人が来訪します。アンドラ政府の管理過程の大部分は、1992年からLANSAで開発されたソリューションによってサポートされています。アンドラ政府の情報システム部門は、アプリケーション開発のためにLANSAを使うことに加えて、SAPとSOAP Webサービスで直接やり取りするために、LANSA Integratorを使用しています。SAPは、課税、社会保障(社会的支援、住宅支援、奨学金、その他)を管理するために使われています。アンドラ政府の戦略的な専用アプリケーションのほとんどは、LANSA Integratorにより開発されており、Webサービスをベースとしたソリューションを使うSAPとインタフェースしています。これらのアプリケーションは、車両登録、教育、産業サービス、経済と財政の当局向けのソリューションも含んでいます。LANSAとSAPのデータベースは、どちらもIBM i PureFlexシステム(OS V7R1)上にあります。 事例を読む

Rawlings Sporting Goods Company

Rawlings Sporting Goods Company, ローリングズ運動具会社は、ミズーリ州セントルイスで、野球、ソフトボール、フットボール、バスケットボール、バレーボールの用具と防具を製造、販売、小売を行う米国の企業です。Rawlingsは、Hilton Apparel部門を通じて、注文生産のスタッフユニフォームなどの企業のロゴ関連商品も世界的に製造販売しています。Rawlingsは永年に渡り、JD Edwardsと連携するLANSAで構築されたセルフサービスのWebサイトを顧客に提供して来ました。最近Rawlingsは、アリバのサプライヤ・ネットワークを使う購買担当者が注文の作成や編集をしたり、Rawlingsがカタログをアリバにアップロードするために、既存のLANSA eCommerceサイトの拡張に、LANSAのPunch Out Catalog IntegrationのCodeStartソリューションを採用しました。すべての連携は、LANSA Integratorによって処理され、アリバのwebMethodsと融合して、cXMLメッセージングとHTTPSのアリバプロトコルに準拠しています。IBM Systems Magazineの事例を読む (PDF 32KB)

REHAU AG+Coは、ドイツの建築、自動車、医学分野を含むすべての産業分野で、ポリマーのコンポーネントを製造している世界の最大企業です。23の言語環境を持つ21台のiSeriesマシンに展開する、世界の170ヶ所のスタッフが使うERPシステムを開発に、REHAUの小さな開発チームはVisual LANSAを使用しました。LANSA Integratorは、他社のSAP会計と固有のERPシステムの、WebサービスとXMLトランザクション処理をサポートします。 事例を読む

セーブ・ザ・チルドレン米国は、米国をはじめとして世界中で、子供のための永続的な環境改善を行っている独立行政法人です。75年間、健康状態、教育、経済的な環境を改善し、重大な危機に際して、迅速に命を救うために手を差し伸べて、子供の生存と成長を手助けして来ました。セーブ・ザ・チルドレン米国は、Synonベースの基幹の寄贈者システムの拡張と、後援Webサイトを再構築し連携させるためにLANSAを使用しています。スポンサーは、LANSA Integratorを通して、サイトのオンラインで慈善に対する課税控除のための公的な領収書を、PDFで見たりプリントすることができます。LANSA Integratorは、生成されカストマイズされたPDFのウェルカムキットを含む、様々な寄贈者とのやり取りを管理し、処理するためにも使用されます。 事例を読む

Sir Charles Gairdner Hospitalは、パースを本拠地にするオーストラリアの高度救命救急を行う大学病院です。病院の医療技術と物理学の部門の生体工学の専門家は、放射線安全サービスの購入と提供を扱うのと同様に、8000万オーストラリアドル以上の医療機器の保守と品質保証を管理するWindowsとSQL ServerベースのシステムeMEDを開発するために、LANSA WAMを使用しました。LANSA Integratorの電子メール機能は、関連情報にの提供で、ユーザーを最新の状態に保つために使用されています。LANSA Integratorは、PDFフォーマットの証明書類の生成にも使用されれています。事例を読む

Swinburn University of Technology

The Swinburne University of Technologyは、オーストラリアのメルボルンに位置し、キャリア指向の教育と、研究に専心する大学としての強い評価を得ています。Swinburne University of Technologyは、オーストラリア政府が、連邦高等教育学生サポート番号(CHESSN)を導入した時に、与えられた時間的な制約の中で法律で定められた条件に適合するために、LANSAベースのWebサービスと、ローカルなLANSAビジネスパートナーWatershed CHESSNのサポートを利用しました。政府と高等教育の提供者間のCHESSNインタフェースは、Webサービスをベースにして、データの双方向のやり取りを可能にしました。

The Terminix International Companyは、米国テネシー州メンフィスに本部を置き、ServiceMasterファミリーのブランドの一員で、世界最大のシロアリと害虫駆除の企業として、300万戸以上の自宅とビルを守っています。Terminixは、COBOLメインフレームシステムと、支店にある数百台のスタンドアロンUNIXシステムを、一つのiSeries 595を中心に稼働するLANSAベースのアプリケーションに切り替えました。LANSA IntegratorとWebのサービスを使用した、400ヶ所以上で、12,000人の従業員と、現場でワイヤレス携帯端末を持つ5,500人のサービス専門家によって使用されているシステムは、外部のシステムとやり取りがますます増加しています。 事例を読む

Truvo Belgium (以前はPromedia)は、地域の検索と広告において、また印刷物とオンラインのゴールデンとホワイト・ページの電話帳で、リーダー格の存在です。Truvoは、1994年から基幹のSystem iゴールデン・ページ情報システムにLANSAを使用しており、最近になってLANSA Integrator Webサービスを使って連携された.NETシステムを、400人の販売担当者が利用しています。担当者は顧客の商品情報をダウンロードし、契約と広告の仕様を背後のオフィスシステムにアップロードして処理します。印刷するガイドは、System i上で準備されて、LANSA Integratorを通してXMLでプリンタに送信されます。 事例を読む

ViaTech Publishing Solutionsは、ニューヨークに本社を置くオンデマンドの宛先印刷においての第一人者です。自社施設と米国、ヨーロッパ、アジアのパートナーを通して、顧客は地場で内容を作成し、全世界で印刷することができます。世界中のどこにでも届けられる印刷のファイル・アップロード、修正、印刷枚数の指示のプロセスは、LANSAを使用して完全に自動化されています。顧客が、ViaTechのWebサイトを使って、PDF印刷ファイルをアップロードする時と、サイトが配送価格を概算するためにUPSと接続する時に、LANSA Integratorは使用されます。
LANSA Integratorは、例えばグローバルな大規模ERPベンダの研修管理システムなどの印刷素材を管理するために、自身の内部システムを持っているような顧客と直接連携するためにも使用されています。事例を読む

Wilson Bowden plcは、英国の大手の住宅建築と不動産開発の業者で、顧客管理(CRM)、販売、見込み客発掘を徹底的に連携したソリューションを導入しました。LANSA Integratorは、アウトソースされたWebサイトにXMLフォーマットでコンテンツを提供し、サイトからXMLフォーマットで提供される販売の見込みを、Visual LANSAベースのCRMシステムにマップします。Webサイトで問い合わせをした顧客は、送信ボタンを押してから15分以内に販売アドバイザーから電話がかかることを予定することができます。 事例を読む