LANSA Data Sync Directは、小売店がGDSネットワーク経由で製品情報を交換する要望に、メーカーとディストリビュータが答えることを容易にする拡張可能で相互接続を可能にするビジネスソリューションです。製品情報の同期の本当の価値は、取引先と進行中のデータのやり取りの整合性を維持するために、ファイアウォールの後ろ(ワークフローと使い易いブラウザインタフェース)にあるGTINを有効に管理することにあります。LANSAには、LANSA Data Sync Directを使う300社以上のインストール顧客とASP顧客があります。またLANSAは、1SYNCによって認定された大手のソリューション・プロバイダーです。

絞り込み

Crowley Foodsは、米国の大手の酪農製造販売会社で、20の販売の部門、13の生産施設を運用し、ミシシッピ川の東部の24を超える地域で、地域の商標名の製品を供給しています。Crowleyは、1SYNCデータ・プールに接続されたLANSA Data Sync Directを使って供給サイドのトランザクションを提供するために、GS1の中心となるアイテムレジストリーを導入しました。Crowleyと小売りのパートナーが、同一で最新の標準データを使うことで、Crowleyは新製品を短時間に市場に展開することができます。 Read the Case Study

使用製品: Data Sync Direct

Godiva Chocolatier, Inc.は、世界で有名なチョコレートメーカーで、製品情報管理(PIM)のソリューションとして、GDSNでサプライ・チェーンの情報を卸売客と同期させるためのソリューションとしてLANSAのData Sync Directを導入しました。GS1準拠は、Godivaにとって最も重要なビジネスのドライバーではなく、企業が把握する製品属性の約半分しかGS1と連携していません。Data Sync Directは、企業の製品情報の中心的なリポジトリとして役立ち、正確で最新の一貫したデータを下流のシステムに、サード・パーティーに提供しています。製品情報を適切なワークフロー認証と監査履歴で一括維持管理することで、製品開発からマーケティング、販売までの手続を効率化してGodivaに貢献しています。 Read the Case Study

使用製品: Data Sync Direct

High Liner Foods Incは、カナダのノバスコシア州ルーネンバーグに本部を置き、凍結シーフードやパスタの北アメリカの最大の加工販売業者です。High Linerは、High Liner、Fisher Boy、Gina Italian Villageブランドで製品を販売しています。High Linerは1989年からLANSAの顧客で、JD Edwards Worldの拡張のためにLANSA for iSeries、Web、Windows、1SYNC、EDI-INTでLANSAを使用しています。企業内のスキルを使うことで、短時間にEDI AS2とGDSを導入することができました。 Read the Case Study

使用製品: Data Sync Direct, Data Secure Direct

The Hillman Groupの本拠地は、オハイオ州シンシナティで、締め金具、鍵、標識と彫版製品などの55,000種類を超える小型で安価でも必要な雑貨を在庫して、米国、カナダ、メキシコに21,000を超える小売店に供給しています。Hillmanは、LANSAのData Sync Direct(DSD)のソリューションを大きくカスタマイズして導入し、中心となる製品情報システムとしました。DSDシステムは、専用のRPGシステム、JD Edwards World、Linux/OracleベースのJD Edwards Enterprise Oneシステムに、製品カタログやGDSNは勿論のこと、イメージやパッケージラベルを含めた製品情報のメインリポジトリを提供するためにカストマイズされました。 Read the Case Study

使用製品: Data Sync Direct
Hunter Fan Company

Hunter Fan Companyは、テネシー州メンフィスを本拠地としているはアメリカの最も成長力が高いホームセンターです。Hunterは、シーリングファン、ポータブルファン、空気清浄器、加湿器、サーモスタット、蒸発器を含むあらゆる品目を提供しています。Hunterは、2003年のLANSA Data Sync Directの導入によって、いち早く1SYNCグローバル・レジストリーの参加者になりました。このData Sync Direct導入により現在も、Hunterがより効率的にベンダおよび再販業者と通信し、既存のeコマースソリューションの効果的な利用を可能にしています。

使用製品: Data Sync Direct

Kellogg'sベルギーは、トーストされたコーンフレークの元祖で最大手のメーカー、グローバルなケロッグの一員です。以前にプロクター&ギャンブル(P&G)によって所有されていたPringlesの世界的な獲得は、Pringlesのヨーロッパの生産設備がベルギーにあるために、ベルギーでケロッグには特に重要でした。P&Gは、製品全体に渡り1つのGLN(グローバル・ロケーション番号)を1WorldSyncデータプールで使用していました。ケロッグは、1WorldSyncデータプールでPringles製品を識別し、データをP&Gからケロッグに移すためにLANSA Data Sync Directを使いました。プロジェクトは、LANSAプロフェッショナル・サービスの支援で、データの転送だけでなく公開も含めて、2週間足らずで最初のいくつかの小売店と処理実行し、進行中の製品属性保守の自動化されたワークフロー手順を設定しました。 Read the Case Study

使用製品: Data Sync Direct
Klein Tools

Klein Toolsは、幅広い産業で使用される手工具と業務用防具のメーカーです。Kleinは、イリノイ州スコーキーを本拠地として、代理店と卸売業者の国際的なネットワークを持っています。シカゴのLANSAビジネスパートナーSilveredge Consultingの支援で、Kleinは、Kleinの電気産業の顧客がメンバーである、産業データ交換協会(IDEA)との製品カタログトランザクションをやり取りするためにLANSA Data Sync Directソリューションを導入しました。IDEAのIDX2付加価値ネットワークでトランザクションをやり取りするために、ソリューションはEDI-INTとAS2テクノロジーを使用しています。

使用製品: Data Sync Direct, Data Secure Direct

Mondelēz UKは、Cadbury、Kenco、Bassett's、Oreo、Philadelphia他の伝統的なブランドの製品を所有する食品と飲料の世界で主要な供給業者です。Mondelēzはその製品を卸売、スーパーマーケット・チェーン、コンビニエンス・ストア、専門店とクラブ店他の小売店に販売しています。テスコは、英国で最大のスーパーマーケットでMondelēz UKの大口の取引先です。

GS1 UKは、そのサプライ・チェーン運用効率の向上と、認証に両方の組織と取り組みました。認証プログラムの最大の要素は、Mondelēz UKが生産し、テスコに納品した製品の物理的な照合でした。データが一貫して正しいかを検証するためにLANSAのDQ Inspectorアプリが使用されました。認証プロセスが完了してからは、Mondelēz UKは、配送のやり取りがより迅速にできるようになり、テスコから納品を拒絶されることが非常に少なくなりました。
現在テスコは、供給業者としてのMondelēz UKをより信頼できるようになり、素早く納品物を受け取ることで、人件費を削減し短時間に顧客に商品を提供できるようになりました。 Read the Case Study

使用製品: DQ Inspector

Oil Dri Corp.は、シカゴに本部を置き、フロア溶剤、他の粘土を基礎とした製品のメーカーで、商標名Jonny Cat®、Cats Pride®、Lasting Pride®を通して全米の猫砂市場で25パーセントのシェアを持っています。Oil Driは、EDI文書をAS2仕様でインターネットに送ると言う最大顧客の要求を、LANSAのData Secure Directを使うことで、既存のEDIの変更最小限に留めて、予定より1ヶ月早く稼働させました。Read the Case Study

使用製品: Data Secure Direct

Pernod Richard USAは、米国のプレミアム蒸留酒とワイン供給会社で、グローバルな蒸留酒とワインのトップ・プレイヤーである、フランスを本拠とするPernod Ricard SAの最大の子会社です。この会社は高収益のセグメントに焦点をしぼり、事実上主要な蒸留酒とワインのカテゴリーで有力なプレミアムブランドを持っています。Pernod Ricard USAは、GS1スタンダードを使う顧客とサプライ・チェーン情報を同期するために、LANSA Data Sync Directを使用しています。GTINとGLNデータのコミュニケーションは、グローバル・データ同期ネットワーク(GDSN)の1つのSYNCデータプールを経由しています。 Read the Case Study

使用製品: Data Sync Direct

ZON fruit & vegetablesは、オランダを本拠地とするヨーロッパで最大の食物園芸協同組合です。ZONは、栽培者と買手のチェーンの中間リンクであり、2つの団体の距離を可能な限り短くすることをめざしています。データ品質の向上は、自然生産物で実現しづらく、果物と野菜の業界の多くの供給業者は省略値でGS1属性を定義しています。ZONは、外見上のGS1準拠のレベルを越えて、実際の値ですべての項目属性を定義するだけでなく、GDSNの配布からEDIで請求書を送るまでの全体を捕えた業界で最初の会社です。Data Sync Directを使って、ZONはGS1 DASのデータプールを経由した新しい処理を導入しようとしています。 Read the Case Study

使用製品: Data Sync Direct