”有効資産の棚卸と可視化:モダナイゼーションによる IBM i リバイバル・プラン”

めまぐるしく変化するIT環境の中、IBM i(AS/400、System i)のユーザー様は「このまま使い続けて良いのか?」 と漠然とした不安をお持ちではないでしょうか?

発表されてから27年が経過したIT業界の"古豪サーバー"ではありますが、まだまだ多くのユーザー様にご利用頂き、その機能・テクノロジーは進化を遂げています。

当セミナーでは、IBM i の良さを再認識して頂くとともに、最新のテクノロジーをご紹介いたします。 更に長年利用されているユーザー様の資産であるアプリケ-ション(プログラム/ロジック)の棚卸~可視化ツールによるお客様資産の「見える化」、IBM i の更なる利・活用を促進し、売上貢献・コスト低減・効率化をご支援するモダナイゼーション・ツール、そしてその基盤であるIBM i を取り巻くインフラ・ソリューションの活用方法を事例を交えてご紹介いたします。

皆様へお役に立てる情報があると存じますので、是非ご参加いただきますようお願い申し上げます。

日時 >>

2015年 2月 24日(火)  14:00 - 17:15  (13:30より受付開始)

会場 >>

日本アイ・ビー・エム株式会社 箱崎本社 7階 IBM Solution Center/Theater    <地図はこちら

内容 (途中休憩15分間あり)>>

14:00-14:15 オープニング

株式会社CSIソリューションズ ソリューション営業本部第二営業部 部長 藤井 二三夫
14:15-15:00 IBM i の最新情報と将来
IBM i の価値を一言で表現するとしたら、「旧来のアプリケーション資産を維持しつつ、最新のテクノロジーを実装できる」です。RPGやCOBOLなどのレガシー・アプリケーションだけではない、だからと言って単にITの流行を追いかけているものでもない、ITのあるべき姿を冷静に見据えながら、IBM i のユニークな価値とその将来性を説明させていただきます。

日本アイ・ビー・エム株式会社 システムズ&テクノロジー・エバンジェリスト 安井 賢克
15:00-15:35 X-Analysisを使ったIBM i 情報資産のモダナイゼーション
今お使いのシステムは、ブラックボックスになっていませんか?

・担当者属人化が進み、システム詳細、ノウハウが伝承されていない
・ドキュメントが整備されておらず、メンテナンスが不可能な状態
・コンプライアンス上、システムの保証が必要だが整合性が説明できない
・システムの機能拡張を行いたいが、影響範囲が不明

オブジェクトから設計情報を解析し、可視化・文書化するツールセット「X-Analysis」で課題を如何に解決できるかを解説します。

ソリューション・ラボ・横浜株式会社 ソリューション営業部 飯島 龍介
15:35-15:50 休憩
15:50-16:50 貴社システムの再利用・有効活用をLANSAがお手伝いします - RAMP/LongRangeのご紹介
最強のプラットフォームであるIBM i を更に有効活用する為、5250アプリケーションをモダナイズしませんか?また、昨今、業務利用が急速に普及してきているiPad・AndroidをIBM i と連携して貴社業務に貢献させてみませんか?LANSAがご提案する「RAMP」はIBM i の最適なモダナイゼーションを実現し、「LongRange」はスマートデバイスの有効活用を実現します。 これからの基幹システムをどうすべきかお悩みの方、スマートデバイス導入をご検討の方へ、事例やデモを中心にお伝えします。

株式会社ランサ・ジャパン 営業部 小林 康利
16:50-17:00 IBM i のインフラ・モダナイゼーションがもたらすメリットとは?
IBM i はアプリケーションだけでなく、インフラにおいても「脱レガシー=モダナイゼーション」が進んでいます。このIBM i のインフラ・モダナイゼーションを外部ストレージの活用とクラウド化の2つの観点から、お客様事例を交えてご説明いたします。

株式会社CSIソリューションズ 事業企画室 チームリーダー 大橋 正博
17:10-17:15 クロージング

株式会社CSIソリューションズ 執行役員 北村 雅樹

お申込み >>

当セミナーの詳細・お申し込みにつきましては下記をご覧ください:
株式会社CSIソリューションズ様 申込受付フォーム

参加費 >>

無料/事前登録制

主催 >>

株式会社CSIソリューションズ

協賛 >>

日本アイ・ビー・エム株式会社、株式会社ランサ・ジャパン、ソリューション・ラボ・横浜株式会社

上記に関するお問合せ >>

株式会社ランサ・ジャパン お問合せ窓口
Tel: 03-5275-1201 / Fax: 03-5275-1202

* 詳細な内容等については、予告なく変更される場合がありますので予めご了承ください。