以下の技術関連記事は、LANSAレビューのアーキテクトのコーナーで紹介されたものを掲載しています。記事は、主要なLANSAスタッフによって出筆され、開発の戦略と新製品の動向に触れています

Webアプリケーションの開発の常識を大きく変えるVisual LANSA バージョン14

Webアプリケーション開発は昔に比べて複雑になり、現在のアプリケーションは更に多くの事を要求されています。この記事は、Visual LANSAがなぜWeb開発にとって画期的か、そしてどのように、アプリケーション開発を簡素化し、開発の多く労力を自動化し、デスクトップ・アプリケーションのような使い勝手と、振る舞いを持つWebアプリケーションを開発できるかを紹介しています。

詳細を読む
Webアプリ開発

モバイル・アプリケーションとデータ・セキュリティ

顧客を満足させ、市場で競争力を保持するために、ビジネスは革新的かつ創造的な方法で、すぐにモバイルの技術を活用しています。この記事は、ユーザーのプライバシー保護と迅速な現場展開の実現と同時に、企業情報の保護を保証できるモバイル・アプリケーションの開発と導入における、挑戦と解決策を紹介しています。

詳細を読む
モバイルアプリ開発

なぜモバイル?、なぜLongRange?

ビジネス・プロセスを効率化し、生産性を改善するために、企業のモバイルアプリの採用が進むのにつれて、業界でのモバイルのテクノロジーへの理解は短時間に進んでいます。モバイルアプリの開発は、特に従来のRPGやCOBOLを使うIBM iの開発者にとっては、新しいプログラミングの経験になります。LANSAのモバイルアプリ開発製品であるLongRangeは、IBM iのアプリケーションを、モバイル機器のアプリに進化させるための方法を提供しています。

詳細を読む
モバイルアプリ開発

モバイルデバイス向けに、ビジネスアプリケーションを開発する

最近は、ほとんどの誰もがモバイル機器を持っています。どのようにモバイルのアプリケーションをデザインするか? 開発者はどのようなツールが必要か? 既存のアプリケーションのライフサイクル管理の方法は、モバイルのアプリケーションに適応できるのか? - この記事は、モバイル機器のためのビジネスアプリケーションのデザイン、開発、管理における入門書として考慮点を示しています。

詳細を読む
モバイルアプリ開発

アプリケーション開発に、フレームワークをどの様に適用するか?

フレームワークは、どこにでもあり、ソフトウェア開発のほとんど全ての工程で利用可能で、IT産業に限られたものでもありません。医学、金融、保険は、すべてのリスクを評価するためのフレームワークを持っています。教育は、学習のためのフレームワークを使い、企業は品質のフレームワークにより評価され、米国国防総省は組織構成のためのフレームワークを持っています。フレームワークは、なぜポピュラーなのか? それらはどこでソフトウェア開発にあてはまるのか? どの様にフレームワークは、コストを下げて、生産性を上げるのか?を紹介しています。

詳細を読む
アプリ開発

LANSA Open for .NETで、IBM i資源を活用

IBM iとマイクロソフトWindowsのデータを一体化することは、両方の知識が必要なために、難しい取り組みになるかもしれません。IBM iと5250エミュレーター、リフェース、ODBC/JDBCデータアクセスツールなどの、Windowsプラットフォームとのギャップを埋めると主張する多くの製品もあります。一方で私達に必要なものは、資源を共有するハイブリッドな開発環境のための効果的な仕掛けです。この記事は、開発を.NETツールで行いたい企業が、どのようにLANSA Open for .NETでIBM iの資源を利用できるかを紹介しています。

詳細を読む
.NET

LANSAで、マイクロソフト.NETテクノロジーを活用

LANSAは、最先端のアプリケーション開発と統合のツールを提供するために、マイクロソフトの主要なテクノロジーを永年活用して来ました。従って、「LANSAは、.NETをどのように活用するのか?」という問に答える必要があります。現在LANSAは、.NETに対して計画的に複数の局面で様々な取り組みを進めています。

詳細を読む
.NET

システム連携についての悩みとは?

連携を実現するという仕事は、ネットワーク、ハードウェア・プラットフォーム、オペレーティング・システム、プログラミング言語、データベース、アプリケーション、企業そのものを巻き込む複雑な仕事です。一方で、複数のアプリケーションを稼働させる時に、連携は情報を管理するための大切な要素です。しかし、全体の情報管理ソリューションの中の一部品として実装することを考えない限り、連携は巨大で複雑なアプリケーションになりかねません。

詳細を読む
統合

LANSA Composerでドキュメント処理

LANSA Composerの転送、変換、プロセス編成の機能は、ほとんどタイプのビジネス・プロセスの連携(BPI)を実現する際に利用できる、柔軟でコーディングの必要のないフレームワークを提供します。LANSA Composerでは、新しく用意された文書トランザクション・プロセスによって、プロセスの組み立てを更に簡単にしました。

詳細を読む
ビジネスプロセス統合
電子データ交換

LANSA Composerで、コーディングなしのビジネス・プロセス連携

LANSA Composerは、BPIテクノロジーの力で、外部との取引先や内部のアプリケーション間で、ビジネス・プロセスを自動化し連携させます。LANSA Composerは、プログラマ開発者でないデザイナーやビジネス・アナリストのために、LANSA Integratorの主要なサービスをシンプルに利用できる、高度にビジュアルな環境を提供します。

詳細を読む
ビジネスプロセス統合
電子データ交換

LANSA Integratorで、SOAP Webサービスを構築

LANSA Integratorを使って、どのようにWebサービスを実装するかの概要を紹介しています。Webサービスは、LANSA Integratorで提供されているJavaサービスを使うことで、短時間でIBM i、Windows、Linux上のビジネス・アプリケーションと連携させることができます。

詳細を読む
アプリ開発

LANSA Integratorによる、RFI (Remote Function Invocation)

LANSA Integratorのリモート機能呼出し(RFI)は、リモートの処理をローカルなオブジェクトのコーディングと同様に容易にするミドルウェアです。Javaクライアント開発者は、ローカルなオブジェクトを作成し実行します。次にこれらのオブジェクトを、リモートのLANSA Javaサービスマネジャー(JSM)サーバーに送り、データをホスト・プログラムに渡すため、リモート・サービスはローカルにコピーされたオブジェクトを使います。ホストのプログラムは、新しいオブジェクトを作成しローカル処理のためにコピーをJavaクライアントプログラムに返すこともできます。

詳細を読む
アプリ開発

Visual LANSA Frameworkによる、WindowsとWebの短期開発

Visual LANSA Frameworkは、ビジネスにフォーカスした開発者が、高度でグラフィカルなWindowsとWebアプリケーションを作成するための、デザイン・フレームワークです。学習は短時間で、高い生産性で、世界に通用するアプリケーションを提供できます。既に、多くの開発者は、Windowsでの開発が複雑で、提供が難いことに気付いています。また多くの人が、既存の5250のアプリケーションを、WindowsまたはWebにうまく乗せ換えることが難しいと言っています。

詳細を読む
アプリ開発

全環境のデータの保護を、一回の定義で実現

データ定義とビジネス・ルールが、プログラム・コードと別に一元的に定義されることで、データの管理は容易になります。これにより、定義や規則を変更する場合は、一ヶ所の変更で済ますことができます。LANSAリポジトリと呼ぶ、データ定義と関連したビジネス・ルールを定義、保管、適応するためのツールをLANSAは提供しています。

詳細を読む
アプリ開発