LANSA Home page
LANSA home
LANSAホーム
Contact Us
お問合せ

検索
   
 
Navigation Bar Navigation Bar
 
Spacer Spacer
 

研修 - LANSA RDMLXコース

LANSA で GUI プログラムを作成するために必要となる基礎テクニックを学びます。
LANSA Form、VL WEB、WAM の研修コースの前提です。

対象者 LANSA製品でGUIプログラムの開発に携わる方
期間 2日間
前提 Starting LANSA、LANSA Repository、LANSA RDML、Repository Advanced 受講者または同等の知識のある方
受講料 60,000円/1名(価格には消費税は含まれておりません)
定員 6名様
内容
1日目
RDMLX とは何かからはじまり、LANSA での GUI 画面の作り方と共通部品の作成方法を学習します。
10:00 RDMLX とは
  演習1:RDMLで書く
  演習2:RDMLXシンタックスで書く
  演習3:フィールドメソッドを使用する
  演習4:メソッドの連鎖
  応用問題:月の足し算
  テーブルレイアウト、テーマとスタイル
  演習5:テーブルレイアウトを理解する
  応用問題:テーブルレイアウトを使用して画面を構成する
  リストコンポーネント
  演習6:リストで社員を一覧する
  演習7:テーマとスタイルを作成する
  フィールドビジュアライゼーション
演習8:フィールドの見た目を変更する
再利用可能パーツ
17:00 演習9:部門、課のドロップダウンリスト
   
2日目
コンポーネント間の連携方法と、コンポーネントを配列化する方法を学習します。最後に、アニメーションが実行される画面を作成します。
10:00 再利用可能パーツ
  演習9:部門、課のドロップダウンリスト
ユーザー定義のメソッド、プロパティ、イベント
  演習10:再利用可能パーツとフォームの連携
  演習11:フォームの連携
  応用問題:追加・変更・削除を可能にする
キーコレクション
  演習12:複数フォームの表示
アニメーション
  演習13:ログインフォームの作成
17:00 RDMLXフィールド
   

上記コースおよび内容は事前の予告なしに変更される場合がありますので、お申し込みの際にご確認ください。

 
 
 

© 2017 LANSA. All rights reserved.

 

 

Bullet

お問合せ

Bullet

使用条件