LANSA V13 SP2 前提ライセンスプログラムとPTF (2016年12月26日現在)
PTFは現行最新のPTFを適用してくださいますようお願いいたします。
 
V5R4 ※サポートは終了しています。参考情報としてご参照ください。
  ライセンスプログラム  
1   5722WDS  *BASE WebSphere Development Studio
2   5722WDS  31  ILE RPG
3   5722WDS  51 コンパイラー -ILE C
4   5722WDS  52 コンパイラー - ILE C++  
5   5722SS1  13  オープンネス  
6   5722SS1  33    Portable App Solutions Environment
7   5722SS1  39    INTERNATIONAL COMPONENT FOR UNICODE フィールドタイプNChar、NVarCharのフィールドを使用する場合に必要です。
8   5722DG1     IBM HTTP Server For i5/OS
9   5722ST1     DB2 QUERY MGR AND SQL DEVKIT  SELECT_SQLコマンドを使用する場合に必要です。
10   5722JC1  *BASE   IBM Toolbox for Java LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
11   5722JV1  *BASE   IBM Developer Kit for Java LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
12   5722JV1  5   Java Developer Kit 1.3 LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
13   5722JV1  6   Java Developer Kit 1.4 LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
14   5722JV1  7   Java Developer Kit 5.0 LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
15   5722JV1  8   J2SE 5.0 32 bit LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
  PTF  
グループPTF レベル
1 SF99539 139   
2 SF99504 27   
3 SF99317 7   
4 SF99311 15   
5 SF99291 5   
6 SF99114 6   
個別PTF 対象ライセンスプログラム
1 SI27765(V5R4M0) 5722SS1 LANSAのインストール、アップグレード、EPC、パッチを適用する為に必要です。LANSAのオブジェクトはV6R1のオブジェクトとして作られているため、復元の際に必要となります。
2 MF40520(V5R4M0) 5722999 LANSAのインストール、アップグレード、EPC、パッチを適用する為に必要です。LANSAのオブジェクトはV6R1のオブジェクトとして作られているため、復元の際に必要となります。
3 MF42655(V5R4M5) 5722999 LANSAのインストール、アップグレード、EPC、パッチを適用する為に必要です。LANSAのオブジェクトはV6R1のオブジェクトとして作られているため、復元の際に必要となります。
4 MF52086 (V5R4M0) 5722999 このPTF MF52086が未適用の環境において、WAMの実行パフォーマンス低下の問題が発生する場合があることを確認しています。
5 MF52080 (V5R4M5) 5722999 このPTF MF52080が未適用の環境において、WAMの実行パフォーマンス低下の問題が発生する場合があることを確認しています。
6 SI35079 5722SS1 aXes、RAMP-TSを使用する場合に必要です。
7 SI43347 5722SS1 aXes、RAMP-TSを使用する場合に必要です。
8 SI45065 5722SS1 PTF SI38543が適用されているIBM i上で、LANSA/ADのソースコード編集時にF4キープロンプトを使用すると、パラメータの値に*Nが自動的に挿入される問題を確認しています。問題の修正がこのPTF SI45065に含まれています。
9 SI44579 5722SS1 フィールドタイプNChar、NVarCharのフィールドを使用する場合に必要です。
10 SI44580 5722SS1 フィールドタイプNChar、NVarCharのフィールドを使用する場合に必要です。
11 SI44581 5722SS1 フィールドタイプNChar、NVarCharのフィールドを使用する場合に必要です。
12 SI44582 5722SS1 フィールドタイプNChar、NVarCharのフィールドを使用する場合に必要です。
13 SI44609 5722SS1 フィールドタイプNChar、NVarCharのフィールドを使用する場合に必要です。
14 SI46183 5722SS1 Visual LANSA開発環境で、マスターオブジェクトリストのリフレッシュを使用する場合に必要です。
 
※ご注意ください
  • PTFの不足により、チェックイン/コンパイルによってプログラムが生成されない問題を確認しています。ご使用の環境に上記レベル以上のPTFを適用してください。
 
V6R1 ※サポートは終了しています。参考情報としてご参照ください。
  ライセンスプログラム  
1   5761WDS  *BASE WebSphere Development Studio
2   5761WDS  31  ILE RPG
3   5761WDS  51 Compiler - ILE C
4   5761WDS  52 Compiler - ILE C++  
5   5761SS1  13  オープンネス  
6   5761SS1  33    Portable App Solutions Environment
7   5761SS1  39    INTERNATIONAL COMPONENT FOR UNICODE フィールドタイプNChar、NVarCharのフィールドを使用する場合に必要です。
8   5761DG1     IBM HTTP Server for i5/OS
9   5761ST1     DB2 QUERY MGR AND SQL DEVKIT  SELECT_SQLコマンドを使用する場合に必要です。
10   5761JC1  *BASE   IBM Toolbox for Java LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
11   5761JV1  *BASE   IBM Developer Kit for Java LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
12   5761JV1  6   Java Developer Kit 1.4 LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
13   5761JV1  7   Java Developer Kit 5.0 LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
14   5761JV1  8   J2SE 5.0 32 bit LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
15   5761JV1  9   J2SE 5.0 64 bit LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
16   5761JV1  10   Java Developer Kit 6 LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
17   5761JV1  11   Java SE 6 32 bit LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
18   5761JV1  12   J2SE 5.0 64 bit LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
  PTF  
個別PTF 対象ライセンスプログラム
1 MF52079 (V6R1M0) 5761999 このPTF MF52079が未適用の環境において、WAMの実行パフォーマンス低下の問題が発生する場合があることを確認しています。
2 MF52078 (V6R1M1) 5761999 このPTF MF52078が未適用の環境において、WAMの実行パフォーマンス低下の問題が発生する場合があることを確認しています。
3 MF56520 (V6R1M0) 5761999 このPTF MF56520が未適用の環境において、WAMの実行パフォーマンス低下の問題が発生する場合があることを確認しています。
4 MF56483 (V6R1M1) 5761999 このPTF MF56483が未適用の環境において、WAMの実行パフォーマンス低下の問題が発生する場合があることを確認しています。
3 MF53662(V6R1M0) 5761999 RAMP-TSを実行する場合に必要です。累積PTFがC1102610、C1256610が適用されている場合に、適用されている必要があります。
4 MF53664(V6R1M1) 5761999 RAMP-TSを実行する場合に必要です。累積PTFがC1102610、C1256610が適用されている場合に、適用されている必要があります。
5 SI40347 5761SS1
6 SI44391 5761SS1 フィールドタイプNChar、NVarCharのフィールドを使用する場合に必要です。
7 SI44399 5761SS1 フィールドタイプNChar、NVarCharのフィールドを使用する場合に必要です。
8 SI44400 5761SS1 フィールドタイプNChar、NVarCharのフィールドを使用する場合に必要です。
9 SI44401 5761SS1 フィールドタイプNChar、NVarCharのフィールドを使用する場合に必要です。
10 SI44402 5761SS1 フィールドタイプNChar、NVarCharのフィールドを使用する場合に必要です。
11 SI45061 5761SS1 PTF SI38874が適用されているIBM i上で、LANSA/ADのソースコード編集時にF4キープロンプトを使用すると、パラメータの値に*Nが自動的に挿入される問題を確認しています。問題の修正がこのPTF SI45061に含まれています。
12 SI46184 5761SS1 Visual LANSA開発環境で、マスターオブジェクトリストのリフレッシュを使用する場合に必要です。
13 SI55470 5761SS1 aXes、RAMP-TSを使用する場合に必要です。
14 SI32391 5761DG1  ApacheでCGIを実行する場合に必要です。
15 SI49747 5761DG1 PTF SI43746の適用後、LANSA for the Web、LANSA eBiz Acceleratorにおいて特定の文字 (例: 噴、料、話) を処理する際に、文字化けまたはアプリケーションがエラーで終了する問題を確認しています。問題の修正がこのPTF SI49747に含まれています。
 
V7R1
  ライセンスプログラム  
1   5770WDS  *BASE IBM RATIONAL DEVELOPMENT STUDIO FOR I
2   5770WDS  31  ILE RPG
3   5770WDS  51 コンパイラー - ILE C
4   5770WDS  52 コンパイラー - ILE C++  
5   5770SS1  13  オープンネス  
6   5770SS1  33    Portable App Solutions Environment
7   5770SS1  39    INTERNATIONAL COMPONENT FOR UNICODE フィールドタイプNChar、NVarCharのフィールドを使用する場合に必要です。
8   5770DG1     IBM HTTP SERVER FOR I
9   5770ST1     DB2 QUERY MGR AND SQL DEVKIT  SELECT_SQLコマンドを使用する場合に必要です。
10   5770SS1  3   拡張基本ディレクトリー・サポート LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
11   5761JV1  *BASE   IBM Developer Kit for Java LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
12   5761JV1  8   IBM Technology for Java 5.0 32 bit LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
13   5761JV1  9   IBM Technology for Java 5.0 64 bit LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
14   5761JV1  11   IBM Technology for Java 6.0 32 bit LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
15   5761JV1  12   IBM Technology for Java 6.0 64 bit LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
16   5761JV1  14   IBM Technology for Java 7.0 32 bit LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
17   5761JV1  15   IBM Technology for Java 7.0 64 bit LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
18   5761JV1  16   IBM Technology for Java 8.0 32 bit LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
19   5761JV1  17   IBM Technology for Java 8.0 64 bit LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
  PTF  
累積PTF
C1270710
グループPTF レベル
SF99707 3   
個別PTF 対象ライセンスプログラム
1 MF53665 5770999 RAMP-TSを実行する場合に必要です。
2 MF53797 5770999
3 MF53900 5770999
4 MF54074 5770999
5 MF54229 5770999
6 MF54394 5770999
7 MF52077 5770999 このPTF MF52077が未適用の環境において、WAMの実行パフォーマンス低下の問題が発生する場合があることを確認しています。
8 MF56521 5770999 このPTF MF56521が未適用の環境において、WAMの実行パフォーマンス低下の問題が発生する場合があることを確認しています。
9 SI42593 5770SS1
10 SI42997 5770SS1
11 SI45060 5770SS1 PTF SI38881が適用されているIBM i上で、LANSA/ADのソースコード編集時にF4キープロンプトを使用すると、パラメータの値に*Nが自動的に挿入される問題を確認しています。問題の修正がこのPTF SI45060に含まれています。
12 SI44403 5770SS1 フィールドタイプNChar、NVarCharのフィールドを使用する場合に必要です。
13 SI44404 5770SS1 フィールドタイプNChar、NVarCharのフィールドを使用する場合に必要です。
14 SI44405 5770SS1 フィールドタイプNChar、NVarCharのフィールドを使用する場合に必要です。
15 SI44406 5770SS1 フィールドタイプNChar、NVarCharのフィールドを使用する場合に必要です。
16 SI44432 5770SS1 フィールドタイプNChar、NVarCharのフィールドを使用する場合に必要です。
17 SI46248 5770SS1 Visual LANSA開発環境で、マスターオブジェクトリストのリフレッシュを使用する場合に必要です。
18 SI55456 5770SS1 aXes、RAMP-TSを使用する場合に必要です。
19 SI62889 5770SS1 RDMLX区画においてRDMLファイルのチェックイン、コンパイルがエラーになる問題が、このPTFにより修正されています。
20 SI49746 5770DG1 PTF SI47663の適用後、LANSA for the Web、LANSA eBiz Acceleratorにおいて特定の文字 (例: 噴、料、話) を処理する際に、文字化けまたはアプリケーションがエラーで終了する問題を確認しています。問題の修正がこのPTF SI49746に含まれています。
 
※ご注意ください
  • V7R1に適用されているPTFの不足により、LANSA Clientのクエリーのパフォーマンスが低下する問題を確認しています。ご使用の環境に上記レベル以上のPTFを適用してください。
 
V7R2
  ライセンスプログラム  
1   5770WDS  *BASE IBM RATIONAL DEVELOPMENT STUDIO FOR I
2   5770WDS  31  ILE RPG
3   5770WDS  51 コンパイラー - ILE C
4   5770WDS  52 コンパイラー - ILE C++  
5   5770SS1  13  オープンネス  
6   5770SS1  33    Portable App Solutions Environment
7   5770SS1  39    INTERNATIONAL COMPONENT FOR UNICODE フィールドタイプNChar、NVarCharのフィールドを使用する場合に必要です。
8   5770DG1     IBM HTTP SERVER FOR I
9   5770ST1     DB2 QUERY MGR AND SQL DEVKIT  SELECT_SQLコマンドを使用する場合に必要です。
10   5770SS1  3   拡張基本ディレクトリー・サポート LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
11   5770JV1  *BASE   IBM Developer Kit for Java LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
12   5770JV1  11   IBM Technology for Java 6.0 32 bit LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
13   5770JV1  12   IBM Technology for Java 6.0 64 bit LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
14   5770JV1  14   IBM Technology for Java 7.0 32 bit LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
15   5770JV1  15   IBM Technology for Java 7.0 64 bit LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
16   5770JV1  16   IBM Technology for Java 8.0 32 bit LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
17   5770JV1  17   IBM Technology for Java 8.0 64 bit LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
  PTF  
個別PTF 対象ライセンスプログラム
1 SI54023 5770DG1 HTTP構成のCGIConvMode BINARY設定が原因となりLANSA for the Web/WAMが正しく実行されない問題が、このPTFにて修正されています。
2 SI55458 5770SS1 aXes、RAMP-TSを使用する場合に必要です。
3 SI62890 5770SS1 RDMLX区画においてRDMLファイルのチェックイン、コンパイルがエラーになる問題が、このPTFにより修正されています。
4 SI56247 5770TC1 累積PTF C4101720の適用後、LANSAのパフォーマンスが低下する問題を確認しています。問題の修正がこのPTF SI56247に含まれています。
 
V7R3
  ライセンスプログラム  
1   5770WDS  *BASE IBM RATIONAL DEVELOPMENT STUDIO FOR I
2   5770WDS  31  ILE RPG
3   5770WDS  51 コンパイラー - ILE C
4   5770WDS  52 コンパイラー - ILE C++  
5   5770SS1  13  オープンネス  
6   5770SS1  33    Portable App Solutions Environment
7   5770SS1  39    INTERNATIONAL COMPONENT FOR UNICODE フィールドタイプNChar、NVarCharのフィールドを使用する場合に必要です。
8   5770DG1     IBM HTTP SERVER FOR I
9   5770ST1     DB2 QUERY MGR AND SQL DEVKIT  SELECT_SQLコマンドを使用する場合に必要です。
10   5770SS1  3   拡張基本ディレクトリー・サポート LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
11   5770JV1  *BASE   IBM Developer Kit for Java LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
12   5770JV1  14   IBM Technology for Java 7.0 32 bit LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
13   5770JV1  15   IBM Technology for Java 7.0 64 bit LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
14   5770JV1  16   IBM Technology for Java 8.0 32 bit LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
15   5770JV1  17   IBM Technology for Java 8.0 64 bit LANSA Integratorを使用する場合に必要です。
  PTF  
個別PTF 対象ライセンスプログラム
SI62854 5770SS1 RDMLX区画においてRDMLファイルのチェックイン、コンパイルがエラーになる問題が、このPTFにより修正されています。