問題: V13SP2 へのアップグレード後、HTML タイムアウトの際に Web ジョブが実行されていない場合にブラウズリストのデータが失われる
詳細: V13 SP2 へのアップグレード後、LANSA for the webのジョブがHTMLタイムアウトに達し、LANSAのWebジョブがアクティブでなくなった場合に、IBM i データ・アプリケーションサーバーで実行されるWebイベントアプリケーションにおいて、ブラウズリストのデータが失われる問題が確認されています。

技術的には、HTMLタイムアウトに達した際、ブラウズリストのデータは再利用のために転送されます。V13 SP2において、この転送が発生しません。Webジョブが実行されなくなった状況において(例えば、再利用1のシステム設定のためにトランザクションモニターのクリーンアップが行われ)、新しいWebジョブが以前のWebジョブからブラウズリストのデータを取得できません。
このような状況でユーザーはブラウズリストのデータの損失もしくは損傷を受けます。
回避策:EPC132700を適用してください。


問題: V13SP1 EPC131100レベルへのアップグレード後、LANSA for the Webアプリケーションが不正な動きをする
詳細: V13SP1 EPC131100レベルへのアップグレード後、LANSA for the Webアプリケーションが以下のような不正な動きをする場合があります。
- Webイベントファンクションにてドロップダウンリストを作成時、「ドロップダウン定義を追加できません」とのエラーメッセージを出力する
- RDMLとRDMLXのWebイベントファンクション間での切り替え時、エラーメッセージMCH360「参照されたロケーションにポインタがセットされていません」を出力する
- RDMLX WebイベントファンクションがLANSAの終了時に全ての開いているファイルを閉じることができない。そのため、例えばライブラリ・リストの操作を行うことができず、ブラウザに予期せぬデータが表示される可能性がある

回避策:パッチHF131109を適用してください。
V13SP1 EPC131100レベルへのアップグレード後にこのような事象が発生しない場合でも、LANSA for the Webをご使用の場合には、このパッチを適用するようにしてください。
※パッチ適用前にEPC131100を必ず適用してください。


問題: CLから呼び出されたLANSAファンクションで更新したデータのコミット制御がCL側でできない
詳細: CLから呼び出されたLANSAファンクション内で更新したデータに対してCOMMITしない場合に、
呼び出し元のCLに戻されたタイミングで全ての更新情報がROLLBACKされます。
回避策:パッチ(V12SP1:HF873011、V13SP1:HF131105)を適用してください。
※パッチ適用前に、V12SP1にはEPC873を、V13SP1にはEPC131100を必ず適用してください。


問題: SPIN0322で新規インストール後、新しいユーザー・プロファイルを登録しても、そのユーザーでDEM/SYS区画にサインオンできない
詳細: V12SP1 SPIN0322の新規インストール時、区画のセキュリティ定義が間違って設定される為、新しいユーザーを作り、DEM/SYS区画に登録しても、そのユーザーでDEM/SYS区画にサインオンすることができません。
新しく区画を作成した場合も、SYS区画の情報をもとに作成される為、この問題が発生します。
アップグレード時、及びV12SP1の以前のSPINにてインストールされた場合には、この問題は発生しません。
回避策:以下の通り対応してください。
【これからインストールをされるお客様】
この問題が修正されたSPIN0325を出荷いたします。SPIN0325のインストール媒体を入手してインストールしてください。
【SPIN0322より前の媒体でインストールされたお客様】
特に影響はございません。
【SPIN0322にてインストールされたお客様】
回避策の詳細をお伝えいたしますので、お手数ですが LANSAテクニカルホットライン・サービス フリーダイヤル 0120-233-061(受付時間 9:30-12:00、13:00-17:30) までお問い合わせください。本件に関するお問い合わせは、LANSAテクニカルホットライン・サービスのご契約に関わらずお受け致します。


問題: LANSA/ADアプリケーション実行時に英語のメッセージが出力される場合がある
詳細: V12SP1へのアップグレードにて、置き換えられるLANSA提供のメッセージファイルDC@M01が英語のメッセージです。
そのため、LANSA/ADアプリケーション実行時に英語のメッセージが出力される場合がございます。
回避策:アップグレードの際に、以下作業をお願い致します。
1) DC@M01に日本語のメッセージを格納するために、DC@M01JPNをDC@M01にマージして下さい。

コマンドは以下になります。
MRGMSGF FROMMSGF(DCXPGMLIB/DC@M01JPN) TOMSGF(DCXPGMLIB/DC@M01)
※DCXPGMLIBには、お使いのLANSAプログラムライブラリ名をご指定下さい。


問題: V12SP1へのアップグレードで、組み込み関数の定義が初期化される
詳細: V12SP1へのアップグレードにて、内部ファイル DC@F47,DC@F48が初期化されます。
そのため、ユーザー定義組み込み関数と代理店提供の組み込み関数が消去されてしまい、LANSA V12SP1が提供している組み込み関数のみ存在することになります。
回避策:アップグレードの際に、以下作業をお願い致します。
1) アップグレード前に、内部ファイル LANSA PGMLIB/DC@F47、F48 のバックアップを取得して頂きます。
2) LANSAアップグレード後に、バックアップのDC@F47、DC@F48からデータを移行して下さい。

コマンドは以下になります。
CPYF FROMFILE(バックアップ/DC@F47) TOFILE(DCXPGMLIB/DC@F47) MBROPT(*ADD) FMTOPT(*MAP *DROP) ERRLVL(*NOMAX)
CPYF FROMFILE(バックアップ/DC@F48) TOFILE(DCXPGMLIB/DC@F48) MBROPT(*ADD) FMTOPT(*MAP *DROP) ERRLVL(*NOMAX)
※DCXPGMLIBには、お使いのLANSAプログラムライブラリ名をご指定下さい。


問題: V12SP1へのアップグレードで、区画のフレームワークとグループが初期化される
詳細: V12SP1へのアップグレードにて、内部ファイル DC@FFR(フレームワーク),DC@FGI(グループ)が初期化されます。そのため、自分で作成したフレームワークとグループが消去されます。具体的には、作成した区画の全フレームワークとグループ、区画DEM,SYSで自分で追加したフレームワークとグループが消去されます。
回避策:V12SP1へのアップグレード前に、内部ファイル LANSA DATA LIBRARY/DC@FFR , DC@FGI のデータのバックアップを取得して下さい。そして、アップグレード後に、バックアップのデータをファイルへ戻して下さい。


問題: EPC863適用後 - 5250デバッグ機能を使用すると、一部に文字化けが発生する
詳細: EPC863を適用後、5250デバッグ機能を使用すると、一部に文字化けが発生します。
回避策:パッチEPC863USRSを適用してください。
パッチの詳細および適用手順については、EPC863USRS.zipに含まれるinstruction.htmを参照してください。
※パッチ適用前に、必ずEPC863を適用してください。


問題: IBM i からWindowsサーバーへのスーパーサーバー接続時に変換テーブルがロードできない
詳細: IBM i からWindowsサーバーへのスーパーサーバー接続時に、変換テーブルがロードできず処理が異常終了します。
回避策:パッチEC859P01を適用してください。
パッチの詳細および適用手順については、EC859P01.zipに含まれるEC859P01.htmを参照してください。
※パッチ適用前に、必ずEPC859を適用してください。


問題: EPC845適用後 - 言語JPNで通信リスナー・レコードのSOCKETの接続識別を表示/変更しようとすると異常終了する
詳細: EPC845適用後、dcxpgmlib/LANSA REQUEST(CONFIGURE) LANGUAGE('JPN') ⇒ [COMMS_EXTENSIONS LANSA 拡張通信] ⇒ [COMMS_LISTENER_RECS 通信リスナー・レコード] ⇒ [SOCKET] で OPT 2=表示/変更
のように、言語JPNで通信リスナー・レコードのSOCKETの接続識別を表示/変更しようとするとLANSAが異常終了します。
回避策:JPN以外の言語を指定してください。
例) dcxpgmlib/LANSA REQUEST(CONFIGURE) LANGUAGE('ENG')


問題: V10からXi SP5へのアップグレードが行なえない。

詳細: V10をXi SP5にアップグレードしようとした時に、下記のメッセージが出力されアップグレードジョブが開始されない。

This LANSA library is the same version and cannot be upgraded

【問題が発生する条件】
条件1:System i 上に複数のLANSAシステムが存在している。
条件2:WRKOBJ OBJ(*ALL/DC@A01) OBJTYPE(*DTAARA) のコマンドで、そのSystem i 上のDC@A01を一覧表示した時に、最後のDC@A01のバージョンがXi SP5(LANSA VERSION 11.5)である。
条件3:複数のLANSAシステムのなかのV10のシステムをXi SP5にアップグレード。

例えば上記WRKOBJコマンドでSystem i上のDC@A01を表示した時に、下記のように表示されたとします。(条件1に該当します)

DC@A01 *DTAARA ABCPGMLIB LANSA VERSION 10.0
DC@A01 *DTAARA DEFPGMLIB LANSA VERSION 11.3
DC@A01 *DTAARA XYZPGMLIB LANSA VERSION 11.5

リストの一番最後のDC@A01のバージョンがXi SP5(LANSA VERSION 11.5)です。(条件2に該当します)
この環境でリストの一番上に表示されているV10のシステムをXi SP5にアップグレードした時に(条件3に該当します)、メッセージが出力されアップグレードが開始されません。

回避策:現在、不具合を修正したXi SP5のインストーラを開発中です。回避策の詳細は、お手数ですが LANSAテクニカルホットライン・サービス フリーダイヤル 0120-233-061(受付時間 9:30-12:00、13:00-17:30) までお問い合わせください。本件に関するお問い合わせは、LANSAテクニカルホットライン・サービスのご契約に関わらずお受け致します。


問題: EPC・パッチの復元が失敗する
詳細: V6R1M0 のサポート開始移行に発行されたEPC・パッチを、V5R3・V5R4の環境でQTEMPに復元しようとするとエラーが発生します。
これはオブジェクトがV6R1環境で作成されている為であり、V6R1のオブジェクトが復元できないというOSの問題によるものです。
回避策:PTFを適用してください。
V6R1 上で作成されたオブジェクトをそれ以前の i5/OS リリースに復元するために必要な PTF
i5/OS    PTF
V5R3M0 MF41354
V5R3M5 MF41734
V5R4M0 MF40520
V5R4M5 MF42655
V6R1 上で作成された Java プログラムをそれ以前の i5/OS リリースに復元するため必要な PTF
i5/OS    PTF
V5R3M0 SI27297
V5R4M0 SI27765


問題: i5(V5R3)への接続時にコミュニケーションエラーが発生
詳細:i5へ接続しようとすると、Visual LANSAでは「コミュニケーションエラー6」、CS Builder/クライアント・サーバーでは「Lce0023 戻りコードOx6」のエラーが発生する。
リスナージョブには一瞬だけ接続しているが、すぐに終了してしまっている。
ジョブログには「パラメーター2の値は正しくない」のメッセージが出ている。
V5R3で、APIの呼び出しに仕様変更があったのが原因です。
回避策:EPC735の適用を行ってください。
EPC735の適用手順につきましては、EPC735.htmをご参照ください。


問題: LANSA/ADバージョン10.0の不具合
詳細:・チェックイン後にファンクションを編集した場合、その修正を自動配布した時にロック メッセージが継続的に出力されてしまう。
・HTTP ヘッダー変数のオプションを使用している場合、スプールファイルの機能が正常に動かない。
・チェックインまたはインポート時に、*IMPREFFLDNOPROP を指定していない場合に、フィールドのプロンプト ファンクション情報が参照フィールドから更新されてしまう。
・画面に長いフィールドが存在している場合、フィールド位置の計算に問題があり、表示装置ファイルのコンパイル時にエラーが発生してしまう。
・LANSA for the Web のデータから CR の文字(0x0D) が無条件に削除されてしまう。
回避策:EPC713の適用を行ってください。
EPC713の適用手順につきましては、EPC713.htmをご参照ください。


問題: NUMERIC_STRINGの結果がv8と異なる
詳細:v8では小数部のゼロも文字列に変換しますが、v9は小数部から後続のゼロを削除します。
例えば 4S1 という属性のフィールドの '10.0' という数値を文字列に変換する場合、
v8の結果は '10.0' になり、v9の結果は '10' になります。
回避策:v10から、組込関数の引数が追加され、小数部のゼロを変換するか、切り捨てるか選択できるようになりました。
v10以上にアップグレードして下さいますようお願い致します。

NUMERIC_STRING
引数
 
番号 タイプ 必須/任意 説明 最小長 最大長 最小少数
桁数
最大少数
桁数
1 N 必須 変換される文字 1 29 0 9
2 A 任意 数字の小数部から、後続のゼロを削除する

Y = 切り捨て
デフォルト = 切り捨て
1 1    

戻り値

 
番号 タイプ 必須/任意 説明 最小長 最大長 最小少数桁数 最大少数桁数
1 A 必須 文字列としての数字 1 31    


 


問題:ILE RPGコンパイラ時、漢字が正しく表示されない。
詳細:データエリアDC@OSVEROPにILE RPGコンパイラの指定(*RPGIV *ILE)をしたときにファンクションの画面に表示されるフィールドのラベル、記述、欄見出しおよび複数言語テキストの漢字が正しく表示されない。
回避策:LANSA/AD V10.0にバージョンアップ、またはV9.0にEPCの適用を行なってください。
V9.0にEPCを適用する場合は、EPC644, EPC670, EPC683, EPC698を同時に適用していただく必要があります。
V9.0用のEPCにつきましては、弊社宛てにお申込みください。尚、EPCはCDにて配布させていただきます。
修正内容:LANSA/AD V10.0へバージョンアップまたはEPC適用で、以下の問題が解決できます。

(1)ILE RPGコンパイラ時、漢字が正しく表示されない。
(2)FUNCTIONコマンドに*DIRECTや*MLOPTIMISEを指定しファンクション記述やCHANGEコマンド等で値引の‘値’(X'7D' を含む文字)があるとコンパイル・エラーになる問題への対応。

X'7D'を含む全角文字の例:

’|〓美士角値炉巾閉鹸謡巴涌碩欺瞭緋噛捌來卷塋嵌慊效槎淺狠盒篏翦葹袗�醴隲鬢龕

ただし、ファンクション内でCHANGEコマンドに直接漢字の文字列を指定している場合は複数言語テキストを使用してください。

例:
現在:CHANGE #FLD1 '''株式会社ランサ・ジャパン'''
V10.0へバージョンアップまたはEPC適用後、ファンクションのソースを以下のように修正し、ファンクションのコンパイルを行います。

修正後:CHANGE #FLD1 *MTXTCOMPANY

言語変数:*MTXTCOMPANYの内容--->株式会社ランサ・ジャパン

 


問題:OS/400 V5R1上で作成したファンクションをOS400 V4R5(V4R4)上で実行時の表示装置ファイルエラー
詳細:OS400 V5R1上のLANSAで作成したファンクションをエクスポートし、
OS400 V4R5(V4R4)上のLANSAへインポート後、実行時に画面コマンドでエラーが発生。

エラーメッセージ
「機能チェック。 MCH3601は, QWSHLM によってステートメント *N 命令 X'0044' で監視されていません。ライブラリーXXXXXX ファイル @XXXXX の装置またはメンバー XXXXXX に障害がある。」

原因はOS400の不具合により、OS400 V5R1でコンパイルした表示装置ファイルをOS400 V4R5(V4R4)で使用した時に上記エラーが発生する場合があります。
回避策:
1. OS400 V4R5(V4R4)用の下記PTFを適用することにより、この問題を解決することができます。
(OS400 V4R3においても同様の問題を確認していますが、IBMのV4R3へのPTFサポートが終了している為、PTFはV4R4までとなっています)

OS400 V4R5用 PTF(SF66884)
OS400 V4R4用 PTF(SF65849)

2. 移行先のV4R5(V4R4)上でリコンパイルし直す。V4R5(V4R4)上でコンパイルされた表示装置ファイルでは上記の問題は発生致しません。
 


問題:LANSAで作成した物理ファイルの数字フィールドの「符号の指定」をUNSIGNEDの状態からSIGNEDに変更する方法
詳細:なし。
回避策:LANSAで作成された物理ファイルのキー・フィールドが数字フィールドの場合、通常、「符号の指定」はSIGNEDですが、フィールドのタイプを文字から数字に変更した等の場合に「符号の指定」がUNSIGNEDになっているケースがあります。
LANSA V9.0にEPC614を適用することで、物理ファイルの第1キーが数字でかつ「符号の指定」がUNSIGNEDの場合でも、ファイルの全件SELECTが正しく行われるようになりましたが、EPC614の適用で物理ファイルのキーの「符号の指定」がUNSIGNEDからSIGNEDに自動的に変更される訳ではありません。
従いまして、この「符号の指定」をSIGNEDにする必要がある場合には以下の作業を実施してください。

(1)OS/400のコマンドDSPFDでキー・フィールドが数字フィールドでかつ符号の指定がUNSIGNEDであるか確認します。

DSPFD FILE(ライブラリ名/ファイル名)

(2)次にファイル定義にダミー・フィールド等を追加し、ファイル定義を再コンパイルしてください。
キーフィールドの符号の指定がSIGNEDに変更できます。再度、DSPFDで確認してください。

(3)不要なダミー・フィールドをファイル定義から削除し再度コンパイルしてください。

(4)以上で完了です。
 


問題:デモ用複数言語変数導入について
詳細: なし
回避策:EPC614では複数言語変数に関する構文検査機能が追加になりました。
構文検査を行うファンクションと同じ区画内に複数言語変数が存在しない場合は構文検査でエラーメッセージが返されます。LANSAデモ区画内のプロセスPSLSYS等で使用している複数言語変数は現在出荷媒体では配布していないため、ファンクションのコンパイルが必要な場合は以下の手順でデモ区画内に「複数言語変数」のインポートを行ってください。デモ用ファンクションは通常デモ区画のみにありますが、別区画にインポートした場合は「複数言語変数」も同時にインポートしてください。
導入方法:
MLTXT.EXEをダウンロード後、実行すると自己解凍します。
詳細につきましてはREADME.TXTをお読みください。
 


問題: LANSA V9.0で発見された不具合修正用プログラム(EPC614)
EPC614はEPC610の内容すべてを含んでいます。
詳細:なし。
回避策:・物理ファイルの第1キーが数字フィールドでかつ UNSIGNEDの場合のデータ読込の不具合修正
・e-mail組込み関数を日本語環境で使用するための修正
・LANSA/ADでのエクスポートに関する修正
・LANSA/ADでブラウズリスト上でのフィールド・ヘルプに関する修正
・LANSA for the Webでフィールド記述後のドット埋め込みの抑制
・複数言語変数の不具合に関する修正
詳細はEPC614.EXEを実行し、EPC614.TXTをお読みください。

※ EPC614の適用方法について
EPC614.EXEをダウンロードしてください。EPC614.EXEをエクスポローラからダブルクリックして自己解凍を実行してください。自己解凍できましたら、まず、EPC614.TXTをお読みください。
e-mail組込み関数を日本語環境で使用するための注意事項に関してはMAILBIF.TXTをお読みください。
 


問題:LANSA V9.0で発見された不具合修正用プログラム(EPC610)
詳細:なし。
回避策:(1)主な内容としては、
・e-mail組込み関数を日本語環境で使用するための修正
・LANSA/ADでのエクスポートに関する修正
・LANSA/ADでブラウズリスト上でのフィールド・ヘルプに関する修正
・LANSA for the Webでフィールド記述後のドット埋め込みの抑制
・複数言語変数の不具合に関する修正
・その他
詳細はEPC610.exeを実行し、README.TXTをお読みください。

■ 2001/11/13更新
EPC610による修正内容はEPC614ですべて対応可能となりました。
従いまして、EPC610のダウンロードは不要です。
EPC614のみのダウンロードと適用を行ってください。
 


問題: アップグレード時の事前確認事項の追加およびアップグレード時のエラー・メッセージ
詳細:なし。
回避策: LANSA リリース8.0からLANSA V9.0へのアップグレードを実施する場合、LANSAデータライブラリに\\または$$で始まるファイルがないか調べてください。
調査方法
コマンド入力行からSTRPDMを実行
2. オブジェクトの処理 を選択

ライブラリー . . . . . . . DC@DTALIB *CURLIB, 名前

オブジェクト:
名前 . . . . . . . . . . \\* *ALL, 名前, * 総称 *
タイプ . . . . . . . . . *FILE *ALL, *TYPE
属性 . . . . . . . . . . PF* *ALL, 属性, * 総称 *
*BLANK
上記の例ではライブラリDC@DTALIBになっていますが、お客様の環境によりライブラリ名が異なる場合があります。

該当するファイルをオプション4で削除してください。

また、アップグレード実行中の上記のファイルが見つかるとジョブログ中に、
THIS LANSA SYSTEM CONTAINS \\ SAVE FILES ALREADY .... YOU MAY NEED TO RESTORE FROM A BACKUP BEFORE (RE)TRYING UPGRADE.
のメッセージが出力されます。
この場合は、上記\\(5250エミュレータの設定によっては$$) ファイルを削除する方法を実行してから再度、アップグレードを実行してください。
 


問題: LANSA/AD V9.0新規導入時のエラー・メッセージについて
詳細:なし
回避策:LANSA/AD V9.0を新規導入時にCHGMSGQ MSGQ(*WRKSTN) DLVRY(*BREAK)
を行った画面に送信元プログラムDC@LOADER2から以下のようなメッセージが返される場合ががあります。
FATAL ERROR DETECTED WHEN ATTEMPTING TO LOAD LANSA - SEE JOBLOG 
送信元 . . : QSECOFR 01/09/21 13:50:03 
PLEASE PRINT THE LANSA INSTALLATION JOBLOG AND RETAIN FOR PROBLEM ANALYSIS 
送信元 . . : QSECOFR 01/09/21 13:50:03 
DO NOT ATTEMPT TO USE LANSA - REFER TO YOUR PRODUCT VENDOR FOR ADVICE 

これは上記送信プログラムからのメッセージ出力内容の誤りであり、導入結果には影響ありません。
導入結果につきましてはジョブログの内容を確認していただくか、導入後、LANSAのメイン・メニューが正常に起動できるかどうかを確認してください。
 


問題:PC@LOADで第2画面が表示されないで終了する。ジョブログでは所有者変更のメッセージが出力された後にエラーとなる。
詳細:なし。
回避策:ユーザー・プロファイル
QOTHPRDOWNに特殊権限
*ALLOBJ、*SECADMを付けて作成してください。
 


問題:OS/400のシステム値 QSECURITY=50の場合にPCMAINTでエラーになる.。
詳細:なし。
回避策:7.5/H6にアップグレードしてください。

s' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));