LANSA Home page
LANSA home
LANSAホーム
Contact Us
お問合せ

検索
   
 
Navigation Bar Navigation Bar
 
Spacer Spacer
 

不具合情報

こちらではLANSA製品及び関連製品の各バージョンについての不具合情報を提供しています。

EPC (Expedited Program Changes)、PCRの他ドキュメント等につきましては、LANSA製品の保守契約を頂いているお客様へご提供 させていただいており、別途ユーザー/パスワードの入力が必要です。保守契約中のお客様でユーザー/パスワードがご不明な場合には、 までお問合せください。

LANSA製品
  LANSA/AD
  Visual LANSA 2016/12/1 UPDATED!!
  Visual LANSA フレームワーク
  LANSA for the Web
  LANSA eBiz Accelerator
  LANSA Open (CS Builder/サーバー)
  LANSA Client (CS Builder/クライアント)
  LANSA Integrator
  LANSA Composer
  LANSA/ツールセット


LANSA/AD
* 問題に対応するEPCまたはバージョンがリリースされていない場合、その他の回避策が存在する場合がありますので、必ず詳細情報を読んで下さい。バージョンの確認方法につ いてはこちらをご覧ください。

記述 バージョン 対応*
  V13SP2 へのアップグレード後、HTML タイムアウトの際に Web ジョブが実行されていない場合にブラウズリストのデータが失われる V13SP2 EPC132500 EPC132700
  V13SP1 EPC131100レベルへのアップグレード後、LANSA for the Webアプリケーションが不正な動きをする V13SP1 EPC131100 パッ チ
  CLから呼び出されたLANSAファンクションで更新したデータのコミット制御が CLからできない V12SP1 EPC873
V13SP1 EPC131100
パッ チ(V12SP1)
パッ チ(V13SP1)
  新しいユーザー・プロファイルを登録しても、そのユーザーでDEM/SYS区画にサ インオンできない V12SP1 -
  LANSA/ADアプリケーション実行時に英語のメッセージが出力される場合がある V12SP1 -
  V12SP1へのアップグレードで、組み込み関数の定義が初期化される V12SP1 -
  V12SP1へのアップグレードで、区画のフレームワークとグループが初期化される V12SP1 -
  IBM i からWindowsサーバーへのスーパーサーバー接続時に変換テーブルがロードできない V12 EPC859 パッ チ
  EPC863適用後 - 5250デバッグ機能を使用すると、一部に文字化けが発生する Xi(11) SP5 パッ チ
  EPC845適用後 - 言語JPNで通信リスナー・レコードのSOCKETの接続識別を表示/変更しようとすると異常終了する Xi(11) SP5 EPC848
  V10からXi SP5へのアップグレードが行なえない Xi(11) SP5 -
  EPC・パッチの復元が失敗する Xi(11) PTF
  i5(V5R3)への接続時にコミュニケーションエラーが発生 10.0 EPC735
  LANSA/ADバージョン10.0の不具合 10.0 EPC713
  NUMERIC_STRINGの結果が異なる 9.0 10.0以降
  ILE RPGコンパイラ時、漢字が正しく表示されない 9.0 10.0またはEPC
  OS/400 V5R1上で作成したファンクションをOS/400 V4R5(V4R4)上で実行時の表示装置ファイルエラー 9.0 OS PTF
  LANSAで作成した物理ファイルの数字フィールドの「符号の指定」を UNSIGNEDの状態からSIGNEDに変更する方法 9.0 EPC614
  デモ用複数言語変数導入について 9.0 MLTXT
  LANSA V9.0で発見された不具合修正用プログラム(EPC614)
EPC614はEPC610の内容すべてを含んでいます。
9.0 EPC614
  LANSA V9.0で発見された不具合修正用プログラム(EPC610) 9.0 EPC614
  アップグレード時の事前確認事項の追加およびアップグレード時のエラー・メッセージ 9.0 -
   LANSA/AD V9.0新規導入時のエラー・メッセージについて 9.0 -
  PC@LOADで第2画面が表示されないで終了する
ジョブログでは所有者変更のメッセージが出力された後にエラーとなる
7.5/H6 -
  OS/400のシステム値 QSECURITY=50の場合にPCMAINTでエ ラーになる 7.5/H5 7.5/H6



Visual LANSA
* 問題に対応するEPCまたはバージョンがリリースされていない場合、その他の回避策が存在する場合がありますので、必ず詳細情報を読んで下さい。バージョンの確認方法につ いてはこちらをご覧ください。

           
記述 バージョン 対応*
  Windows 10へのOSのアップグレードまたはWindows 10のアップデートの適用後に、Visual LANSA開発環境の起動時に Global data initialisation failed のエラーが発生する ALL ユーティリティー
  Android端末でChromeブラウザを使用した時にVisual LANSA Webページが異常終了する V14 SP1 EPC141010 EPC141011
  Visual LANSA WebページのCHANGEコマンド、ASSIGNコマンドの除算結果の小数点以下が四捨五入される V14 SP1 EPC141010 EPC141011
  リストコンポーネントのカラムフィールドのClickイベントが発生しない V14 SP1 EPC141010 EPC141011
  リストコンポーネントのカラムフィールドのプロンプトボタンを押した時にドロップダウンが表示される V14 SP1 EPC141010 EPC141011
  フィールドビジュアライゼーションのメモボックス(VisualMultiLineEdit)に入力される文字が、バイト数ではなく、文字数でカウントされる V13 SP2 EPC132900 回避策
  LANSA エディターのフォントが変更できない V13 SP2 EPC132900 パッチ
  プロンプトファンクションから値を戻した時にファンクション画面が別ウィンドウの背後に隠れる V13 SP2 EPC132700 パッチ
  Visual LANSA V12SP1 EPC873 の開発環境で、論理ファイルをローカルでコンパイルをすることができない V12SP1 EPC873 パッチ
  組込み関数CALL_SERVER_FUNCTIONで呼び出されたファンクションへ機種依存文字を渡してファ イルに更新すると、シフトインが欠ける V12SP1
Xi(11) SP5
パッ チ
パッ チ
  Visual LANSA V12SP1 EPC871 の開発環境で特定のフォームをコンパイルすることができない V12SP1 EPC871 パッ チ
  Visual LANSA V12 の開発環境における日本語表記の問題 V12 EPC859 パッ チ
  フォームのClientHeight及びHeightプロパティに関する問題 V12 EPC859 パッチ
詳 細(PDF)
  IBM i からWindowsサーバーへのスーパーサーバー接続時に変換テーブルがロードできない V12 EPC859 パッチ
  Windows 7にVisual LANSA Xi SP5をインストールする時にSybaseのデータベースが正しく作られない Xi(11) SP5 回避策
  EPC845適用後 - OAMを再作成すると予期しない動作や致命的エラーが発生する Xi(11) SP5 EPC848
  EPC845適用後 - スーパーサーバー接続の問題 Xi(11) SP5 EPC848
  SUBMITされたジョブがスーパーサーバー接続した際、EXCHANGEで値を渡す事が出来ない Xi(11) SP5 EPC838
  Universal Interface ファンクションにおいて、DBCS入力、確定時に文字化けが発生する Xi (11) パッ チ
  Visual LANSAスレイブサーバーにEPC719以降のEPCが適用できない 10.0 -
  Webファンクションチェックイン時にリストの欄見出しが@に化ける 10.0 パッチ
  配布ツールのパッケージ生成時のログが文字化けする 10.0 パッチ
  「AS/400データのインポート(LIMPORT)」のアイコンが存在しない 10.0 -
  WindowsXP上でのIMEの問題の不具合修正等 9.0 EPC699
  印刷に関する問題の不具合修正等 9.0 EPC669
  グリッドのエラー反転に関する不具合 9.0 EPC657
  ファンクション実行中に画面を最小化すると"Divide by zero"のエラーが発生 9.0 EPC643
  アクセス経路の定義を削除することができない。 9.0 EPC632
  配布ツールによって作成したセットアップに最新EPCが含まれない。 9.0 EPC632
  スーパーサーバー接続した場合メッセージが文字化けする 9.0 EPC615
  KEEP_LAST を使用した場合、レコードが存在していないにもかかわらず、OKの戻り値になってしまう 9.0 EPC615
  SELECTした時にファイルに登録されていないフィールドに予想しない値が入る 9.0 EPC615
  構文検査のメッセージがエディターで正常に表示されない 9.0 EPC615
  チェックイン/チェックアウトによって OVERRIDE コマンドの COLHDG パラメーターの値が消去される 9.0 EPC615
  CALL_Server_Functionを通してのLOCK_OBJECTの不具合 9.0 EPC614
  iSeriesへスーパーサーバー接続している際の値のセットに関する不具合 9.0 EPC614
EPC615
  Windows NT/2000サーバーへスーパーサーバー接続している際の値のセットに関する不具合 9.0 EPC615
  COLHDGに指定した半角スペースがチェックアウト、エクスポート/LIMPORT時に削除される 9.0 EPC615
  Sybaseのデータベース サーバーに接続できない 9.0 EPC615
  テンプレートから作成直後のファンクションをチェックインするとエラーが発生する 9.0 EPC614
EPC615
  インポート処理中にファイルDC@FCRに従属する論理ファイルで重複キー・エラーが発生する 9.0 -
  コンボボックス、グリッドのItemChanged イベントが他のコンポーネントのGotFocus イベントの後で実行される 8.02 EPC539
  イメージを開くとメモリがリークされる場合がある 8.02 EPC539
  グリッドの上に両方のマウスを同時にクリックすると異常終了する 8.02 EPC539
  グリッドに項目が存在しない場合、グリッドをフォーカスしてキーボードのキーを押すと異常終了する 8.02 EPC539
  ShowModalForm のメソッドを実行した後でフォーカスを設定できなくなる 8.02 EPC539
  メモボックス コンポーネントの WordWrap プロパティが Y になっていると文字化けする 8.02 EPC571
  メモボックス コンポーネントに鍵盤シフトのフィールド データが正常に保存されない 8.02 EPC571
  ライン コンポーネントのDrawType プロパティに HorizontalLine または VerticalLine を使用すると正常に表示されない 8.02 EPC571
  親のフォームのVisible プロパティが False になっていると子 のフォームが正しく表示されない 8.02 EPC571
  コンポーネントから呼び出されたファンクション(ユーザー定義システム変数のファンクションなど)でI/Oを行 なった時、異常終了する 8.02 EPC571
  参照フィールドの定義が継承されない 8.02 EPC592
  チェックイン時にエラーが発生する 8.02 EPC553
9.0
  SELECTループ内で値が正しく処理されない 8.02 9.0
  コンポーネントのプロパティに関するその他の問題 7.81 8.02
  Visual Style のフォントの設定が保存されない 7.81 8.02
  Shift + Tab を押した時フォーカスが前のコンポーネントに戻らない 7.81 EPC508
8.02
  マウスでコンボボックスの項目を選択した場合、フォーカスが別のコンポーネントに移動する 7.81 EPC508
8.02
  コンボボックスの DropDown イベント ルーチンにリスト項目を追加している場合、その項目は追加されない 7.81 EPC508
8.02
  エディットボックスの CharacterCase プロパティを指定しても文字が制御されない 7.81 8.02
  スピン エディットボックスの値を SET すると値が 0 になる 7.81 8.02
  スピン エディットボックスの Increment プロパティを設定するとスピン エディットボックスのボタンが制御しなくなる 7.81 8.02
  RDMLX のフォームから RDML のファンクションを呼び出す場合、RDMLファンクションを終了する前にフォームをクリックすると異常終了してしまう 7.81 8.02
  メニュー バーまたはメニューの項目のキャプションをデザイン画面で変更できない 7.81 8.02
  グリッドの項目を選択した時にフォントの色が変わらない 7.81 8.02
  フォームをデザインする時、コンポーネントのTop プロパティが奇数になっている場合、コンポーネントをクリックすると偶数に変わってしまう 7.81 8.02
  ホスト モニターの日付が正しく表示されない 7.62
7.81
EPC509
EPC510
8.02
  IME が直前にフォーカスを持っていたフィールドと同じモードで起動される 7.81 8.02
  コンポーネントが非表示または使用不可になった場合、フォーカスが正しく移動されない 7.81 8.02
  グリッドのスクロール バーが正しく制御されない 7.81 8.02
  編集語を持つフィールドにゼロ入力の桁数の制限がない 7.81 8.02
  表示リストの最後の項目の下をクリックすると0以外の値が、SEL_ENTRYに戻ってしまう 7.81 8.02
  *LIMPORTのパスにブランクが入っている場合にエラーが発生 7.81 8.02
  チェックインで、ELSE/ENDIF/ENDLOOP等パラメータを持たないコマンドが欠落する 7.81 8.02
  オブジェクト・リストの差分更新の不具合(パフォーマンス低下) 7.81 EPC509
EPC510
8.02
  オブジェクト・リストの差分更新の不具合(パフォーマンス低下) 7.81 8.02



Visual LANSA フレームワーク
* 問題に対応するEPCまたはバージョンがリリースされていない場合、その他の回避策が存在する場合がありますので、必ず詳細情報を読んで下さい。バージョンの確認方法につ いてはこちらをご覧ください。

記述 バージョン 対応*
  ビジネスオブジェクトを含まないアプリケーションをドロップダウンナビゲーションメニューでクリックした後、選択されたキャプションが正しく表示されない V13SP2 EPC132900 EPC132100 パッ チ
  objCommandのuExecReasonプロパティの値が返ってこない V12 EPC868 -
  RAMP-TSで、aXesエンジンのドロップダウンリストに"aXes-TS2"が無い V12 EPC868 -
  日本語のVLF-Webがクロスブラウザー(Chrome、Safari、Forefox)で動かない V12 EPC868 -
  EPC831適用後にVLF .Netの開発/実行のオプションが使用できない Xi(11) SP5 パッ チ
  EPC831適用後にRAMPツールの「トラッキング シンボル」が使用できない Xi(11) SP5 パッ チ
  EPC826適用後に確認されたVisual LANSA フレームワークの問題 Xi (11) パッ チ
  Visual LANSA フレームワークを Apache Webサーバーで実行できない
      ⇒ このパッチは「EPC826適用後に確認されたVisual LANSA フレームワークの問題」に含まれています。
Xi (11) パッ チ



LANSA for the Web
* 問題に対応するEPCまたはバージョンがリリースされていない場合、その他の回避策が存在する場合がありますので、必ず詳細情報を読んで下さい。バージョンの確認方法につ いてはこちらをご覧ください。

記述 バージョン 対応*
  WAMのファイルアップロードで、ファイルIDのDBCSの一部が変更される V13SP2 EPC132900 パッチ
  日付ピッカーがタブページと重なっていると、日付を選択できない。 V13SP2 EPC132700 -
 V13SP2 へのアップグレード後、HTML タイムアウトの際に Web ジョブが実行されていない場合にブラウズリストのデータが失われる V13SP2 EPC132500 EPC132700
 V13SP1 EPC131100レベルへのアップグレード後、LANSA for the Webアプリケーションが不正な動きをする V13SP1 EPC131100 パッ チ
 SYS 区画を使用していないにも関わらず、ジョブログにSYS区画に権限がありませんという旨のメッセージが出力 される V12SP1 EPC873 -
 EPC871 適用後 - WAM 画面に表示するリストで非表示フィールドの欄見出しが表示される V12SP1 EPC871 パッ チ
 EPC845 適用後 - WAMのブラウズリスト内のフィールドにブランクが入る Xi(11) SP5 EPC848
 V6R1M0 のApacheにて、CGIを実行することが出来ない Xi(11) SP5 PTF
  iSeriesをサーバーとしてWAMを実行した場合にツリービューを表示することができない Xi (11) パッチ
  チェックアウトしたWAMをIISで実行するとエラーが発生する Xi (11) 次のEPC
  Cookieの指定がブラウザ上に表示されてしまう 9.0 確認中
  PCユーティリティでDBCS文字化け 9.0 -
  FrameWork Wizardでオプション画面が表示されない 9.0 -
  EPC538適用後にDBCS文字化け 8.0 -
  H6→H8アップグレードエラー 7.5/H6
→V8.0
-
  PCユーティリティセットアップ時に一般保護エラー 8.0 9.0
  Webeventファンクションで一部DBCSが渡されない 7.5/H6 EPC532



LANSA eBiz Accelerator
* 問題に対応するPCRまたはバージョンがリリースされていない場合、その他の回避策が存在する場合がありますので、必ず詳細情報を読んで下さい。バージョンの確認方法につ いてはこちらをご覧ください。

記述 バージョン 対応*
  IE10を使い「印刷プレビュー」→「印刷」→プリンターの「詳細設定」を実行した時にeBiz Acceleratorがフリーズする 2.2 CRD11865
  Dictionary Managerの保存時にODBCエラーが偶発的に発生し、UIDATAのデータが破損してしまう 2.2 DictMgr.exe
  eBizをLANSA Xi SP5にインストールする際、組み込み関数「OV_EBA_VARIABLE」がDC@F47、DC@F48に登録されない 2.2 -
  Windows XP SP2適用後、自動ログオン機能を使いeBizにログオンした時に、Internet Explorerのセキュリティ保護にブロックされる 2.2 -
  WindowsXP SP2適用後、Shift/Ctrlキーを押した時にスクリプトエラーが発生する 1.1
2.1
2.2
PCR700030
   お気に入りに保管したクエリで検索を実行できない問題 2.1 EBZSEARCH.
SAVF
  1) エクストラクターのクエリーをバッチに投入した時、コンソールのデータファイルのタブでクエリーの結果が表示さ れない
      2) Windowsへのアプリケーション ポーティング時に使用するファンクションPP0030がDBCS環境で正常に動かない
      3) OS/400のバージョンによって組込み関数OV_RUN_QUERYによりデータが検索されない
      4) 組込み関数OV_UPDATE_NAVIGATORがDBCSを正常に変換できない
2.1 PCR700014
  複数のキーを持つファイルで、キーの順番とファイル内のフィールドの順番が異なっている場合、組込み関数 OV_RUN_QUERYが正常に動かない 他 2.1 PCR700013
  1)  エクストラクターで DBCS の文字化け
      2)  ログオン時のエラー
      3)  eBiz Designer の ODBC エラー
1.1 PCR700008
  6桁YYMMDD日付の年は00 の場合 03年で表示される 1.1 PCR700006
  記号文字が正しく変換されない 1.1 x-sjis2
 1) 文字列の最大長計算
   2) 文字コードに"&"の文字と同じ文字コードが含まれていると文字化けする
   3)
eBiz プロセスを2回以上連続で実行できない
   4) テーブルをカスタマイズできない
   5) 検索の追加のレコードを要求した時に日付形式が変わってしまう
   6) Extractor の Dictionary Manager に日本語の記述を取り込めない
   7) Extractor の出力の欄見出しのラベルが日本語に対応していない
   8) ログオフ時に(ブラウザを閉じる時) PP0007 が異常終了する
1.1 PCR700001B



LANSA Open (CS Builder/サーバー)
* 問題に対応するEPCまたはバージョンがリリースされていない場合、その他の回避策が存在する場合がありますので、必ず詳細情報を読んで下さい。バージョンの確認方法につ いてはこちらをご覧ください。

記述 バージョン 対応*
  IBMiでのチルダ ~ (ホスト・コード・ページ 1027/1172 EBCDICコード A1)がLANSA Openのアプリケーションでは中黒で表示される V13SP2 EPC132900 回避策
  LceSubmit の第6引数(strJobName)を省略値で使用した際にエラーが発生する V12SP1 EPC871 パッチ
  LceRequestSelect で検索するフィールドの指定や順序によりエラーが発生する V12 EPC859
または
V12 SP1
パッチ
  v10.0を導入後、実行しようとするとエラーが発生してしまう 10.0 -
  OS V5.1のリスナー・ジョブに対して、同一リモートポート番号で再接続しようとしたとき、オープンセッションでエラーになってしまう ALL ALL
  デモプログラム(LSDemo32)のインストールで、対象 OS がWindows Me/NT/2000の場合に、正常にインストール出来ない 9.0 修正版のインストーラー
  Windows 2000に[USERS]グループ以下の権限でログインした場合、CSBuilder/サーバー使用時に問題が発生する 4.0
9.0
-
  Windows2000へのインストール時、フォルダ、ショートカットが作成されない 4.0 9.0
  PCへのインストール時、一部のビデオドライバを使用していると一般保護エラーで異常終了してしまう ALL ALL



LANSA Client (CS Builder/クライアント)
* 問題に対応するEPCまたはバージョンがリリースされていない場合、その他の回避策が存在する場合がありますので、必ず詳細情報を読んで下さい。バージョンの確認方法につ いてはこちらをご覧ください。

記述 バージョン 対応*
  LANSA/Client V10で使用していたクエリ定義を、LANSA/Client V13で使用すると一部互換性が発生する。 V13SP2 EPC132900 回避策
  IBMiでのチルダ ~ (ホスト・コード・ページ 1027/1172 EBCDICコード A1)がLANSA Client では中黒で表示される V13SP2 EPC132900 回避策
  グループのフィールド条件を使用時にLANSA Clientがクラッシュする V13SP1 EPC131100 パッチ
  グループを使用したクエリを直接実行すると強制終了する V13SP1 EPC131100 パッチ
  コミット制御YESのファイルに対してLANSA Clientからデータ更新ができない V12SP1 EPC873
V13SP1 EPC131100
パッ チ(V12SP1)
パッ チ(V13SP1)
 LANSA Client アドミニストレータでヘルプボタンをクリックすると、マニュアルの表示時にスクリプトエラーが発生する V13 SP1
(EPC131100)
LANSAClient.zip
 Windows 64 bit OS上でLANSA Client V12からCrystal Reports 2008をレポート出力時に、Crystal Reportsのデータベース ログインのダイアログが出力される V12 EPC857 パッチ
 LANSA Client V12からCrystal Reports 2008をレポート出力時に、「クラスが登録されていません」とエラーが出力される V12 EPC857 パッチ
  アクセス経路を使用して複数ファイルを使用する場合で、下記条件の場合に参照先のファイルに該当レコードが ないにも関わらず、レコードを返す振る舞いをする。
1) アクセス経路のキーの値に、固定値のみを指定、あるいはフィールドよりも先に固定値を指定する
2) アクセス経路で参照先のファイルに、アクセス経路のキーで検索できるレコードが存在しない
V12 EPC857 パッチ
 LANSA Client V12からレポート出力時に、データベースの拡張子がdbfであるにも関わらず、拡張子mdbでデータベースが生成される V12 EPC857 -
 LANSA Client Xi SP5からCrystal Reports 2008をレポート出力時に、「クラスが登録されていません」とエラーが出力される Xi(11) SP5 EPC814 パッチ
 LANSA Client Xi SP5レポート出力時に、データベースの拡張子がdbfであるにも関わらず、拡張子mdbでデータベースが生成される Xi(11) SP5 EPC814 -
  フィールド条件にDBCSを指定できない 10.0 EPC743
 簡易アプリケーション実行中に LANSA/Client Runtimeエラーが出力される 10.0  
 クエリー定義を開くことができない 10.0 EPC718
 通信アドミニストレータ画面での一部 の記述が英語になっている 10.0 lcoatxt.dat
  編集語(EDIT WORD)を指定したフィールドが集計できない 4.00.6 EPC558
  出力先をファイルにした場合のファイル名の制限 4.00.6 EPC558
 << 仕様変更>>エディットコード/ワードのサポートに伴い、出力先を .dbf とした場合、エディットワードを指定しているフィールドのデータタイプは、"C(文字)" になりました 4.00.6 -
  インストールプログラムを実行中に一般保護エラーで異常終了する場合がある ALL -
 CSB/ クライアント v3.2に添付されたクリスタルレポートライターで開く時に「フィールド名が見つかりません。」のエラーが発生する 3.2 -
  ジョインによる照会の場合で2次ファイルにレコードがない時に1次ファイルのレコード転送されない 3.2 4.00.6
  クエリを開く時、「保存されたクエリのファイルはそのホストシステムに存在しません。クエリをロードするこ とができません」のエラーが発生する 3.2 4.00.6
  フィールド条件に"LIKE"条件を指定した場合、計算ロジックを持つ仮想フィールドの計算結果が正しくな い 3.2 4.00.6
 AS/400 内のオブジェクト名がSQL文の予約語で、かつダブルバイト入力可能なフィールドに選択除外条件を指定して いる場合にエラーになる 3.2 4.00.6
  Crystal Reportsのインストール終了時に次のエラーが表示されます。「<<導入先のパス>>readme.hlpファイルはWindowsのヘルプ ファイルでないか、または壊れています。」 CRW6.0
(3.1&4.0)
readme.hlp



LANSA Integrator
* 問題に対応するEPCまたはバージョンがリリースされていない場合、その他の回避策が存在する場合がありますので、必ず詳細情報を読んで下さい。バージョンの確認方法につ いてはこちらをご覧ください。

記述 バージョン 対応*
 Windows OSのアップグレード後、JSM server is not licenced for service (JSM サーバーはサービスのライセンスがない) のエラーが発生 ALL ユーティリティー
 EPC131200を適用するとJSMライブラリの特定のファイルを上書きしてしまう EPC131200 EPC131300
 HTTPOutboundServiceが自身をHTTP/1.1と認識し、応答メッセージの破損が発生する場合がある EPC869 パッチ
 LANSA以外のソフトウェアをIBM System i にインストール(アップグレード)後、LANSA Integratorアプリケーションでライセンスエラーが発生 ALL 環境変数除去



LANSA Composer
* 問題に対応するEPCまたはバージョンがリリースされていない場合、その他の回避策が存在する場合がありますので、必ず詳細情報を読んで下さい。バージョンの確認方法につ いてはこちらをご覧ください。

記述 バージョン 対応*
 Windows OSのアップグレード後、JSM server is not licenced for service (JSM サーバーはサービスのライセンスがない) のエラーが発生 ALL ユーティリティー
 編集/保管の後、またはインポートの後に、処理シーケンスに変更が不完全に適用されるか、全く適用されない場合がある V4.0 パッチ



LANSA/ツールセット
* 問題に対応するEPCまたはバージョンがリリースされていない場合、その他の回避策が存在する場合がありますので、必ず詳細情報を読んで下さい。

記述 バージョン 対応*
  5026環境においてプロセスZD10, ZDT1をコンパイル時にエラー(2002/07/24) CS400 Interface V1.01b ZD.exe
  メッセージファイルXXXMSGFに関する不具合(2002/05/29) 3.5 XXXMSGFAS
XXXMSGFPC
  フィールドのエクスポート処理に関する不具合 CS400 interface
V1.01
V1.01b
  エレメントのインポート処理に関する不具合 CS400 interface
V1.01
V1.01b
  エンティティのインポート処理に関する不具合 CS400 interface
V1.01
V1.01b

 

 
 
 

© 2017 LANSA. All rights reserved.

 

Bullet

お問合せ

Bullet

注意事項