LANSA Logo

V14 SP2 (EPC142050以上) に LANSA ライセンスを適用

日付: 2019 年 7 月

LANSA V14 SP2 EPC142050

重要:このページの情報は Visual LANSA V14 SP2 EPC142050 レベルの環境へのライセンス適用に関連するものです。 EPC142050 にて導入される、新しい LANSA 開発ライセンスに関する情報も含みます。

V14 SP2 の EPC142050 において、Visual LANSA への LANSA 開発ライセンスの適用方法に変更が加えられました。この変更により、LANSA 開発ライセンスコードタイプに影響があります。ライセンスを受け取った email にどのライセンスタイプを受け取ったかが記述してあります。 以下から適切なタイプを選択してください:


サーバー/実行用ライセンスコード

このタイプの LANSA ライセンスは一般的にサーバーへの実行時ライセンスの適用になります。例えば、 LXX (スーパーサーバー)、JME (LANSA Integrator)、WEB (Web 実行)です。

注意:受け取られたライセンスは、リクエストした CPU に対してのみ有効です。

ライセンスを適用する先のオペレーティングシステムを選択してください:


LANSA 開発ライセンスコード(ローカル及びリモートライセンスサーバー)

EPC142050 において、LANSA は既存のサードパーティソフトキーを新しい開発ライセンスモデルに置き換えました。

注意:受け取られたライセンスは、リクエストした CPU に対してのみ有効です。

LANSA 開発ライセンスのタイプを選択してください:


サーバーライセンスコード - Windows

Visual LANSA V14 サーバーライセンスコードは
x_lic_<モデル>_<シリアル番号>_<リクエスト番号>.xml
というファイル名で提供されます。

新しいライセンスをインストールするには、以下の手順に従ってください。

  1. x_lic_*.xml ファイルを PC のローカルにコピーします。ライセンスをコピーする先はローカルのどこでもよいですが、Visual LANSA の\X_LANSA フォルダがライセンス機能が参照するデフォルトの場所ですので、そちらにコピーすることをお勧めします。例えば、<LANSAルートディレクトリ>\X_WIN95\X_LANSA
  2. LANSA フォルダより、[構成/管理]フォルダを開き、 [サーバーライセンスの定義]のショートカットを開きます。
    構成/管理フォルダからサーバーライセンスを選択
  3. すると、サーバーライセンスのユーティリティが開かれます。先に進む前に、タイトルが サーバーライセンス V14 SP2
    サーバーライセンス - V14 SP1であることを確認してください。
    V14 SP2 のユーザーインターフェースは変更されています。V14 SP2 において新しい点は、ライセンスファイルのロケーションです。ローカル または 共有が選べます。3つのライセンス画面があります。 [適用済]、[ライセンスの追加]、[詳細設定]です。
  4. 適用済
    適用済のタブはアクティブなライセンスファイルのロケーションがローカル または 共有かを示しています。もし新規インストールの場合には、ライセンスはまだ表示されていません。
    V14 SP1 サーバーライセンスは3画面あり適用済み、ライセンスの追加、詳細設定
    • ファイルのロケーション - アクティブ この場合、現在の LANSA 環境からライセンスファイルをロードしようと試みます。ライセンスファイルがローカルに存在する場合、それがロードされます。ローカルにライセンスファイルがない場合、共有のロケーションが検索されます。 (共有のロケーションの詳細については [詳細設定]を参照)
    • ファイルのロケーション - ローカル この場合、ローカルのライセンスファイルがロードされます。ローカルのロケーションの詳細は <root>:\x_win95\x_lansa\です。 <root> は現在のLANSAシステムを示します。
    • ファイルのロケーション - 共有 このオプションはライセンスファイルが共有ロケーションに指定されたロケーションに存在する場合を示します。共有ライセンスファイルは同じ CPU 上の複数の LANSA システムからアクセス可能です。
    • ファイルのロケーション - その他 その他を選択すると、任意のCPUのライセンスファイルが存在する場所に移動して確認のためにロードすることができます。
    • 選択を削除 この機能を使用すると、例えば期限切れや重複したライセンスを1つまたは複数、ライセンスファイルから削除することができます。ライセンスの選択及び削除の際には十分ご注意ください。
  5. ライセンスの追加
    この画面ではロケーションに移動し、適用されるライセンスを含むXMLファイルを選択します。
    ファイルからサーバーライセンスコードをロード
    • ファイルの場所を保存 アクティブ ライセンス適用の際にアクティブ を選択すると、アクティブなライセンスファイルに追加されます。. 
    • ファイルの場所を保存 ローカル ライセンス適用の際に ローカル を選択すると、現在の LANSA 環境のライセンスファイルに追加されます。
    • ファイルの場所を保存 共有ライセンス適用の際に 共有を選択すると、詳細設定で 共有に指定されたロケーションのライセンスファイルに追加されます。
    • ファイルの場所を保存 一時的 ライセンス適用の際に一時的を選択すると、ライセンスファイルが %TEMP% ロケーションに作成されます。この CPU に対するライセンスファイルが %TEMP% に既に存在する場合には、そのライセンスファイルに追加されます。ファイルの場所を保存 一時的 は、ほかの CPU のためのライセンスファイルを生成する場合に便利です。
  6. 注: テンポラリーライセンスなど、期限切れのライセンスがある場合、それらを取り除くために[選択を削除]ボタンを使用する必要があります。この画面上のライセンスのリストには、有効で期限切れでないライセンスのみが含まれるべきです。
  7. 詳細設定
    ライセンスファイルの省略値の確認及び設定を行うことができます。現在の共有ロケーションが画面の上部に表示されています。
    詳細設定
  8. [設定] 共有の LANSA ライセンスロケーション。共有ライセンスファイルを置きたい場所を設定することができます。既存の LANSA ロケーションや以下のようなデフォルトの LANSA 共通ロケーションである可能性があります。 C:\Program Files (x86)\Common Files\LANSAロケーションは入力もできますし、ボタンを押して参照して設定することもできます。
  9. [省略値] 共有ライセンスファイルのロケーションを省略値に設定したい場合、省略値ボタンを選択すると、共有ライセンスファイルのロケーションに省略値の C:\Program Files (x86)\Common Files\LANSA をセットします。適用済タブシートに戻り、共有を選択すると、詳細設定で設定した新しいロケーションが表示されます。
  10. [コピー] このオプションを使用すると、共有 ライセンスファイルの場所にある LANSA ライセンスファイルをローカル ライセンスファイルの場所にコピーすることができます。この機能は、新しい Visual LANSA 構成をインストールし、この構成にのみライセンスを追加したい場合に便利です。コピーを進めてよいか、との確認のメッセージボックスが表示されます。
    ライセンスファイルを共有ロケーションにコピー
  11. [移動] このオプションを使用すると、共有ロケーションにライセンスファイルを移動することができます。このオプションはライセンスをローカルで適用し、このCPU 上の全ての Visual LANSA 構成からこのライセンスにアクセスできるようにしたい場合に便利です。進めてよいかのダイアログが表示されます。
    ライセンスファイルを共有ロケーションに移動
    移動元のロケーションにライセンスファイルが存在しない場合 (または、このロケーションからライセンスファイルを既に移動してしまった場合)、移動は失敗し、メッセージが表示されます。
    ファイルの移動の試みが失敗
  12. 無効なライセンスのエラーが発生した場合、トラブルシューティングを参照ください。

注: LANSA リスナーで実行される Windows サーバーにライセンスを適用する場合には、新しい LANSA ライセンスコードを追加する前にリスナーを停止し、新しいライセンスコードが認識されてから再起動する必要があります。


サーバーライセンスコード - IBM i

LANSA/AD V14 のライセンスについてはいくつかの考慮すべき点があります。

  • V14 には新しいライセンスが必要です。ライセンス詳細は Visual LANSA ライセンスコードと同様に xml ドキュメントにて提供されます。
  • 新しい V14 インストールまたは V14 へのアップグレード により、License フォルダが IBM i の IFS の LANSA_<pgmlib> ツリーに作成されます。例)/LANSA_dcxpgmlib/license
  • 弊社ライセンス担当より受け取った x_lic_*.xml ファイルをこのフォルダにコピーする必要があります。ファイルを IBM i IFS に移動する手順については、御社の IBM i 管理者にご確認ください。もっとも一般的な方法は、QNTC ファイルシステムを使用するか、AS/400 NetServer または iSeries Navigator を使用する方法です。
  • 以下の手順は、V14 のライセンスファイルが既に IBM i IFS の /LANSA_<pgmlib>/license にあることを想定しています。

ライセンスの適用手順:

  1. 以下のユーザープロファイルを使用して IBM i にサインオンします。:
    QSECOFR ユーザープロファイルまたは SYS 区画の機密保護担当者
  2. i5/OSコマンド入力(CALL QCMD)で、次のコマンドを使用してLANSAライセンス機能を実行します。:
    <pgmlib>/LANSA LICENSE
  3. 現在のライセンスが状況とともに表示されます。注:もし V14 の新規インストールの場合には、新規インストール時に提供される 7 日間のテンポラリーライセンスの一覧が表示されます。
    現在のライセンスを表示
  4. F6 を押下し、新しいライセンスファイルの入力画面を表示します。この画面では、以下の画面のように、ライセンスファイル名を含む、ライセンスファイルへの IFS のフルパスを入力する必要があります。
    ヒント:パスでのミスを避けるため、WRKLNK を使用し、ロケーションまで移動してオプション 5 を選択し、XMLファイルを確認します。そこで画面上部にある参照フィールドからフルパスをコピーすることができます。それをライセンスファイルのパスに貼り付けます。
    ライセンスファイルのパスを入力
  5. Enter キーを押すと、新しいライセンスファイルの画面が再度表示されます。画面を抜けると新しいライセンスが表示されます。
    新しいライセンスが既存のライセンス一覧に追加される
  6. F6=適用を押してライセンスを適用します。ライセンスファイルは新しいライセンスコードで更新されます。
  7. 注: テンポラリーライセンスなど、期限切れのライセンスがある場合、それらを取り除くためにメイン画面にてF22 削除ファンクションキーを使用する必要があります。この画面上のライセンスのリストには、有効で期限切れでないライセンスのみが含まれるべきです。
  8. 無効なライセンスのエラーが発生した場合、トラブルシューティングを参照ください。

LANSA 開発ライセンスコード - ローカル Visual LANSA 開発及び Web 開発 (Windows のみ)

ライセンス適用前の手順:EPC142050 を V14 SP2 に適用すると、新しい LANSA 開発ライセンスのシステムが導入され、これまでの全てのライセンスは無効となります。EPC142050 は以下のものをインストールします。

  • LANSA 開発ライセンスマネージャ
  • LANSA 開発ライセンススタジオ
  • LANSA ライセンスサービス

また、LANSA 開発ライセンスマネージャ及び LANSA 開発ライセンススタジオへのショートカットがデスクトップ上に作成されます。

  1. 弊社ライセンス担当より、LANSA 開発ライセンスコードのついた電子メールが送付されます。このメールには、以下のような名前のファイルが含まれます。licenses_<CPU名>_<シリアル番号>_<ID>.DAT.例)LICENSES_170A_1DD2557A_9140000435.DAT
  2. このファイルをハードドライブの一時ディレクトリにコピーしてください。
  3. LANSA 開発ライセンスマネージャをデスクトップのショートカットから開きます。
    LANSA 開発ライセンスマネージャ画面
  4. [ライセンス追加]タブを選択し、参照ボタンを押して、Step2 でコピーしたライセンスの DATファイルがある場所に遷移します。
  5. ファイルを選択して開きます。
  6. [ライセンス追加] 画面には、DATファイルからライセンスの一覧が表示されます。一般的には、 VLW を構成する DEV と WEB のコードが含まれます。画面には、開始日、終了日、及びどのコードが有効かについても表示されます。
    LANSA 開発ライセンスマネージャでライセンスを適用
  7. 全ての情報が正しいようであれば、[ライセンス追加] ボタンを押してライセンスを適用します。
  8. 取られるアクションの詳細が書かれた確認画面が表示されます。[はい]をクリックして進みます。
    ライセンスサービス再起動確認
  9. ライセンスが適用され、LANSA ライセンスサービスが開始または再起動されます。
    LANSA ライセンスサービス再起動
  10. ライセンスが適用されたら、[現ライセンス]タブをクリックし、現在適用されているライセンスを確認します。

    現在の開発ライセンス
  11. デスクトップのショートカットからLANSA ライセンススタジオを開き、以下の手順を行ないます。
    • 「ライセンス サーバー」の「ローカル」を選択します。
      スタジオ ローカル
    • 「ライセンス状態のリフレッシュ」ボタンを押した後、「開発用にローカル ライセンスを利用」ボタンを押します。
      ローカルライセンス利用
    • 下記のダイアログが表示されましたら、OKボタンを押してください。
      スタジオ ダイアログ
  12. これで Visual LANSA を使用する準備が整いました。
  13. 無効なライセンスのエラーが発生した場合、トラブルシューティングを参照ください。

LANSA 開発ライセンスコード - リモート Visual LANSA 開発及び Web 開発 (Windows のみ)

注:

  • 以下の手順はリモートライセンスサーバーとして使用する PC において実行してください。
  • リモートライセンスサーバーには Visual LANSA をインストールする必要はありません。この PC 上には、独立のライセンスサーバーソフトウェアをインストールすることができます。
  • X_CPU 詳細をここで生成し、ライセンスをここで適用します。
  • クライアント PC (Visual LANSA がインストールされているもの) は、ライセンスのスロットを取得するために、リモートライセンスサーバーを参照する必要があります。

注2: Visual LANSA がインストールされていないPCにライセンスサーバーをインストールする場合

    EPC142050.exeの中から wEPC142050Lic.exe を使用して、独立のLANSA ライセンスサーバーをセットアップすることができます。
    独立Windows サーバーに LANSA ライセンスサーバーをインストールする際、以下のエラーが発生する可能性があります。

    エラー

    LANSA ライセンスマネージャと LANSA ライセンススタジオのインストールには以下の前提条件がございます:

  • 64 bit OS の場合: VisualStudio 2013 ランタイム(x64)
  • 32 bit OS の場合: VisualStudio 2013 ランタイム(Win32)

     これらの実行ファイルは、MicrosoftのWebサイトから単独でダウンロードすることができます。
    もしくは、V14 SP2 のインストールDVD 内の \setup\Installs\VC_Redist\2013 フォルダにもありますのでご確認ください.


ライセンス適用前の手順:
EPC142050 を V14 SP2 に適用すると、新しい LANSA 開発ライセンスのシステムが導入され、これまでの全てのライセンスは無効となります。
独立のライセンスサーバーソフトウェアのインストールも、V14 SP2 の VL のインストール環境への EPC142050 適用も、どちらも以下をインストールします。

  • LANSA 開発ライセンスマネージャ
  • LANSA 開発ライセンススタジオ
  • LANSA ライセンスサービス

また、LANSA 開発ライセンスマネージャ及び LANSA 開発ライセンススタジオへのショートカットがデスクトップ上に作成されます。

リモートライセンスサーバー上で、以下の手順を行なってください。

  1. 弊社ライセンス担当より、LANSA 開発ライセンスコードのついた電子メールが送付されます。このメールには、以下のような名前のファイルが含まれます。licenses_<CPU名>_<シリアル番号>_<ID>.DAT.例)LICENSES_170A_1DD2557A_9140000435.DAT
  2. このファイルをハードドライブの一時ディレクトリにコピーしてください。
  3. LANSA 開発ライセンスマネージャをライセンスサーバーのデスクトップのショートカットから開きます。
    LANSA 開発ライセンスマネージャ画面
  4. [ライセンス追加]タブを選択し、参照ボタンを押して、Step2 でコピーしたライセンスの DATファイルがある場所に遷移します。
  5. ファイルを選択して開きます。
  6. [ライセンス追加] 画面には、DATファイルからライセンスの一覧が表示されます。一般的には、 VLN を構成する DEV、WEB、WRT のコードが含まれます。VLN には VL の数が含まれることに注意ください。画面には、開始日、終了日、及びどのコードが有効かについても表示されます。
    LANSA 開発ライセンスマネージャに VLN を追加
  7. 全ての情報が正しいようであれば、[ライセンス追加] ボタンを押してライセンスを適用します。
  8. 取られるアクションの詳細が書かれた確認画面が表示されます。[はい]をクリックして進みます。
    VLN追加 サーバー再起動確認
  9. ライセンスが適用され、LANSA ライセンスサービスが開始または再起動されます。
    VLN 追加 サーバー再起動確認画面
  10. ライセンスが適用されたら、[現ライセンス]タブをクリックし、現在適用されているライセンスを確認します。
    現在のVLN LANSA 開発ライセンスマネージャ
  11. これで、リモートライセンスサーバーを使用できる準備が整いました。
  12. リモートライセンスサーバーの準備が整ったら、この開発ライセンスを使用して5つまで Visual LANSA IDE を起動することができます。
  13. 次のステップは、Visual LANSA 開発環境がインストールされている PC 上で行います。VL 開発 PC からこのリモートライセンスサーバーが認識できるようにする必要があります。各 Visual LANSA 開発 PC 上で、デスクトップのショートカットからLANSA ライセンススタジオを開き、以下の手順を行ないます。
    • [ライセンスサーバー] のラジオボタンでホスト名を選択し、リモートライセンスサーバーのコンピュータ名か IP アドレスを入力フィールドに入力します。 (この情報が不明な場合には、御社のネットワーク管理者にご確認ください)
    • [ライセンス状態のリフレッシュ]ボタンを押します。これにより、指定されたリモートライセンスサーバーよりライセンスをロードし、 [開発用にライセンスサーバー <名前> を使用] ボタンが使用できるようになります。
    • [開発用にライセンスサーバー <名前> を使用] ボタンをクリックし、 [閉じる]でスタジオを閉じます。
      LANSA 開発ライセンススタジオ画面
  14. これらの手順を行った VL 開発 PC は、Visual LANSA 開発環境を開く際に、指定されたリモートライセンスサーバーを使用して開発ライセンスを取得しようとします。
  15. 無効なライセンスのエラーが発生した場合、トラブルシューティングを参照ください。

 

LANSA 開発ライセンスコード - Visual LANSA のバージョンを超えたライセンス統合

新しい開発ライセンスモデルは LANSA のサポート対象のバージョンでのみ使用可能です。現在ですと、V14 SP2 及び V13 SP2 の最新 EPC レベルです。以下の手順はV14 および V13 の両方において新しい LANSA 開発モデルを使用している前提です。

V14 Visual LANSA に使用するリモートライセンスサーバーがあり、同じリモートライセンスサーバーを V13 Visual LANSA でも使用できるようにするには、以下の手順を行ないます。

  1. リモートライセンスサーバーの CPU の CPU 詳細を提供し、V13 ライセンスサーバーライセンスをリクエストします。
  2. licenses_<CPU>_<シリアル番号>_<ID>.DAT ファイルを受け取ったら、リモートサーバーPCの一時ディレクトリにコピーします。
  3. [Visual LANSA 開発用ライセンスサーバー (リモートの Windows のみ)]のステップ3から14を行ないます。
  4. 手順を完了したら、V14 及び V13 のサービスライセンスをリモートライセンスサーバーで使用できるようになります。

© 2019 LANSA