LANSA Logo

ハードウェアキーのアップグレード

日付: 2019 年 10 月

LANSA V14 SP2 EPC142050 及び LANSA V13 SP2 EPC133400

LANSA は今後、いずれのバージョンの Visual LANSA に対しても、開発ライセンスとしてハードウェアキー(ダングル)を出荷することはありません。

ハードウェアキーの新規のライセンス発行依頼またはアップグレード依頼については、V14 SP2 の EPC142050 及び V13 SP2 の EPC133400 にて導入された LANSA開発ライセンスオプションにリダイレクトされます。

LANSA開発ライセンスは下記の2種類です。
ご指定がない場合には、リモートライセンスサーバー( VLN)をお送りします。ローカル(VLW)をご希望の場合には、その旨をご連絡ください。
(1) ローカル(VLW):1ユーザーの開発ライセンスをPCを固定し使用します。
(2) リモートライセンスサーバー(VLN):複数ユーザーの開発ライセンスを同一LAN内で共有します。

重要: LANSA 開発ライセンスを置き換えるためには、LANSA にハードウェアキーを返却する必要があります。詳しくは、LANSA ライセンス担当よりご連絡いたします。

V14
ハードウェアキー開発ライセンスから LANSA 開発ライセンスに切り替える手順は以下の通りです。

  • こちらに記述されているように、LANSA 開発ライセンスマネージャの X_CPU ファイル生成オプションを使用して x_cpu.txt を生成します。
  • 出力された x_cpu.txt を弊社ライセンス担当 に送付し、ハードウェアキーライセンスと置き換えたい旨をお伝えください。
  • LANSA開発ライセンスを受け取ります。
  • V14 SP2 Visual LANSA 環境に EPC 142050 とLANSA開発ライセンスを適用します。

V13
ハードウェアキー開発ライセンスから LANSA 開発ライセンスに切り替える手順は以下の通りです。

  • V13 SP2 Visual LANSA 環境に EPC 133400 を適用します。
  • こちらに記述されているように、 x_cpu.txt を生成します。
  • 出力された x_cpu.txt を弊社ライセンス担当に送付し、ハードウェアキーライセンスと置き換えたい旨をお伝えください。

© 2019 LANSA