EPC131300

注:ダウンロードには保守契約ユーザーログインが必要です。
保守契約ユーザーについてのお問い合わせは お問い合わせフォーム よりお願いします。
ログインは こちら から

“EPC131300” をダウンロード epc131300.exe – 0 回のダウンロード – 81 MB


日付: 2013年11月22日

Contents

EPC131300 IBM i 及び Windows 上の LANSA Integrator の更新

  • WebsphereMQ の JMS サービスや、SMTP や POP3 サービスに含まれる SSL のサポートを強化
  • ExcelReadService, PDFDocumentService, JSON services を含む様々なサービスの機能拡張
  • アウトバウンド HTTP プロセスや SOAPAgentService CALL の中での HTTP プロトコルバージョン 1.0 または 1.1 の指定をサポート
  • FTPService や SFTPService で接続やソケットリードのタイムアウトが指定可能
  • HashService, ExcelService (.xlsx フォーマットの Excel ファイルをサポート), XMLQueryService を含む新しいサービス
  • Java Service マネージャや JSM サービスによって使用または作成される QSYS.LIB オブジェクトや IFS ファイル・フォルダの省略値の構成、ふるまい、管理の機能拡張
  • Java ライブラリをサポートする様々な修正や更新
製品LANSA Integrator
バージョン13 SP1
前提条件LANSA Integrator V13 SP1 (EPC130200)
関連製品なし
ドキュメントの更新この EPC は更新されたバージョンの “LANSA Integrator ガイド" (lansa093.chm) を LANSA Integrator Studio とともにインストールします。

Visual LANSA でインストールされる省略値のLANSAドキュメントの位置に手動でコピーすることが可能です。デフォルトのディレクトリは …\x_win95\x_lansa\execute\jpn です。

最新のガイドが右記のアドレスよりダウンロードできます。http://www.lansa.jp/support_japan/support/docs/index.htm

EPC をインストールする手順

EPC131300 には、IBM i のマシン及び Windows のマシンにインストールされるべきソフトウェアが含まれています。ここでは、提供されるアイテムの導入と使用方法を説明します。

  1. EPC131300.EXE ファイルを Web サイトから、もしくは電子メールにてダウンロード。
  2. EPC131300.EXE を解凍(ダブルクリック)。以下のファイルが解凍されます。
    • EPC131300 – IBM i 保管ファイル
    • EPC131300w.exe – Windows Visual LANSA インストール 実行可能ファイル

提供されるインストラクション:

はいiSeries 上の LANSA Integrator
はいWindows 上の LANSA Integrator
いいえLinux 上の LANSA Integrator
はい補足事項

変更の詳細

EPC131300 はこれらの変更を含んでいます: 

問題番号説明
0147717
0147683
SOAPServerServiceが SOAP 1.2フォルト応答を返せない

The SOAPServerService は機能拡張され、SOAP 要求のバージョンを検出し、1.1か1.2 の対応するバージョンの SOAP フォルト応答を返すようになりました。

0147825RDMLX フィールドは文字切れのテストが必要

この変更は既存のアプリケーションに影響を与えます。
LANSA Integrator はフィールド定義の長さを超えているかどうか、フィールド値をチェックしていませんでした。
フィールド定義の長さを超えている場合に、例外がスローされるようになりました。
TRUNCATE キーワードを使用し、RDMLXファンクションに値を返せるようにしてください。
この新しい振る舞いを使用せず、RDMLX クライアントで文字切れが発生してもいい場合には、manager.properties の default.truncate=*yes プロパティを設定します。

0147837ExcelReadService にセルのコメント対応を追加

ADD OBJECT(*COMMENT) R1C1(r,c) COMMENT(mycomment) コマンドを使用して、特定のセルにコメントを追加することができます。

0147968新しい XMLQueryService を提供

XMLQueryService を使用すると、XML パス言語 (XPath) 表現を使用した XMLドキュメントに保有される値をアプリケーションで検索することができます。

0148067SMTP 及び POP3 SSL 接続プロセスの改善

セキュアな *IMPLICIT モード使用時に、JavaMail プロパティ mail.smtp.ssl.enable 及び mail.pop3.ssl.enable を使用します。

0148235
0148236
FTPService に接続タイムアウトのサポートを追加

TIMEOUT キーワードが FTPService の CONNECT コマンドに追加され、TCP/IP 接続タイムアウトを指定することができるようになりました。省略値は 0 です。

0148263
0148345
XML, JSON, MapForce 及び SOAP Agent ClassLoader がリリースされない

Java JDK クラスの実装により、ClassLoader クラスのインスタンスは、オブジェクト参照が保持されている為、ガベージコレクションの対象となりません。XML, JSON, MapForce 及び SOAP Agent ClassLoader はバインドされる jar ファイルごとに ClassLoader インスタンスを持つように再設計されました。これにより、Class の分離は維持されますが、 ClassLoader は再利用されます。

0148416
0148446
HTTP isNoContentMethod チェックより DELETE メソッドを削除

コンテンツなしのメソッドチェックより DELETE メソッドを削除しました。
これにより、コンテンツは DELETE メソッドと一緒に送ることができます。
DELETE メソッドのコンテンツが長さゼロの場合、 Content-Type または Content-Length が送られません。
CCS 144279 を参照してください。
これは以下のサービスやハンドラーに影響を与えます。
HTTPOutboundXMLBindService
HTTPOutboundJSONBindService
OutboundFileHandler
OutboundSVListHandler
OutboundNameValueHandler
OutboundXMLHandler
OutboundXMLBindHandler
OutboundJSONBindHandler

0148440HTTPOutboundJSONBindService SEND コマンドの任意の WRITE を削除

他の HTTP Outbound サービスやハンドラーと整合性を持たせる為、及びコンテンツなしの送信を許可する為、HTTPOutboundJSONService では SEND の前に必ず WRITE コマンドの実行が必要になりました。

0148608jt400 をバージョン 7.9 にアップグレード

STDOUT.TXT トレースには JTOpen 7.8 と表示されます

0148620PDFDocumentService をカスタムページラベルをつけられるように機能拡張

PAGELABELS キーワードが CLOSE コマンドに追加されました。
このカンマ区切りのラベルのリストはドキュメントのページのラベルとして使用されます。

0148622PDFDocumentService の READ コマンドをフォームのフィールド値を読むことができるよう機能拡張

新しい READ コマンドの OBJECT キーワードを使用すると、ドキュメントの情報またはフォームフィールド値を指定された PDF ファイルから読むことができます。

0148765フィールド値やファイルの MD5/SHA ハッシュを計算する HashService を作成

HashService により、SHA/MD5 やその他のハッシュアルゴリズムを指定されたフィールド値や指定されたファイルに対して使用することができます。

0148937
0148815
0149990
HTTP SEND コマンドに HTTP プロトコルバージョンを指定する VERSION キーワードを追加

これにより、HTTP 要求を HTTP アウトバウンド ハンドラーやサービスを使用して送信する際に、サービスが HTTP/1.0 と HTTP/1.1 のいずれのプロトコルを使用するか制御することができます。

0149040FORTHNET SMS サービスを削除し、BULKER SMS サービスを追加

ForthNet がギリシャにてサービスを廃止した為、Bulker サービスに置き換えました。

0149058java.net.preferIPv4Stack 及び java.net.preferIPv6Addresses プロパティのサポート

java.net.preferIPv4Stack 及び java.net.preferIPv6Addresses プロパティは manager.properties ファイルを使用して設定可能です。

0149074
0149092
XML 及び JSON バインディング サービスにコンテンツの FILTER サポートを追加

コンテンツ フィルターが導入され、生成または消費された XML 及び JSON コンテンツの事前/事後処理を行なうことができるようになりました。
サービス:
XMLBindFileService
JSONBindFileService
HTTPInboundXMLBindService
HTTPInboundJSONBindService
HTTPOutboundXMLBindService
HTTPOutboundJSONBindService
HTTPService + InboundXMLBindHandler/OutboundXMLBindHandler
HTTPService + InboundJSONLBindHandler/OutboundJSONBindHandler
JMSXMLBindService
XMLBindQueueService

0149083JSM BIF ソケット getaddressinfo API 呼び出しに AI_ADDRCONFIG フラグを追加

V6R1 は IPv6 が IBM i で完全にサポートされた最初のリリースです。
その為、送信される最初の DNS クエリは 'A’ クエリ (IPv4)に対して 'AAAA’ (IPv6) クエリでした。
AI_ADDRCONFIG フラグ は AAAA レコードのクエリはノードに最低限一つの IPv6 ソースアドレスが構成されている場合のみ発生し、A レコードのクエリはノードに最低限一つの IPv4 ソースアドレスが構成されている場合にのみ発生するように指定します。

0149216jSch をバージョン 0.1.50 にアップデート

jSch をバージョン 0.1.50 にアップデートしました。この製品は SFTPService で使用されます。

0149278サービスプロパティの代わりをする新しい SQLService CONNECT パラメータを追加

SQLService の CONNECT コマンドは現在、DRIVER 及び DATABASE キーワードの値を JDBC ドライバーのクラス名と接続 URL/文字列を取得する為の sqlservice.properties ファイルのキーとして使用しています。

サービスを LANSA Composer のアクティビティとして実装できるようにするため、それらの値を直接、プロパティファイルを参照せずに取得することができる、代わりのキーワードを提供するように修正しました。新しいキーワードはそれぞれ DRIVERCLASS 及び DATABASEURL です。

0149432ホスト接続がない場合に JSMRPGSRV ソケット ハンドル が解放されない

ホストへの接続が発生しなかった場合に割り当てられたソケットハンドルが解放されていませんでした。

0149444ExcelReadService へのネームエリアのサポートを追加

ADD コマンドは指定されたエクセルのシートにネームエリアを追加する *NAMEAREA オブジェクトをサポートするようになりました。

0149586
0149777
0149955
XSLX ファイルを読み書きする新しい ExcelService を作成

XSLX ファイルを読み書きする新しい ExcelService を作成しました。このサービスは Apache POI クラスを使用しており、JDK 1.5 が必要です。LANSA Integrator はJDK 1.4 にてコンパイルされているので、現在はベースの LANSA Integrator のインストールではこのサービスに使用されるファイルは出荷されていません。必要な jar ファイルを含む追加の製品パックをインストールする必要があります。

0149617SQL Service/RDMLX ブールフィールド と DBMS ブール・データタイプの衝突

SQLServiceは、ブール値を保持する為に数値データタイプを使用する SQL DBMS に挿入/更新する為に RDMLX フィールドから “true/false"値を取得して使用しようとします。

SQLService はブール値に対して “1/0" の値を使用するようになりました。

0149632
0149738
ExcelReadService – jXL/Excel2007 通貨の修正

jXL/Excel2007 通貨の修正
既知の問題: https://code.google.com/p/jcite/issues/detail?id=1
jXL はいくつかの通貨の形式を読むことができず、小数点を含まない形式で返します。
例: “E"#,##0.00;-“E"#,##0.00 は ($#,##0_);[Red]($#,##0) と返します
注: E はユーロ記号
これは特定の戻り値のパターンであるので、ExcelReadService は小数点以下2桁の形式を使用します。

0149660JSON サービスにトップレベルの配列のサポートを追加

JSON バインディング サービスはトップレベルの JSON 配列を読み書きすることができるようになりました。
JSON サーバータイプ エディタ はサンプルの JSON コンテンツを生成し、サーバータイプを作成する JSON コンテンツもインポートすることができるようになりました。

0149704LANSA Integrator のインストールと作業管理オブジェクトの作成

LANSA Integrator のインストールと作業管理オブジェクトの作成が変更されました。
詳細はマニュアルをご確認ください。

0149724RDMLX ブール フィールド値を 1、Y 及び true を使用して指定可能に

この変更はLANSA Integrator サービスで RDMLX ブール フィールドを使用する既存のアプリケーションに影響を与える可能性があります。
従来は"true" 文字値だけがブールフィールドに対して使用可能であり、それ以外の値は"false"として扱われます。
現在は “1"、"Y" 、"true" がブール フィールドに使用することができます。

0149752
0149759
SOAPAgentService CALL に HTTP バージョンを指定する為の VERSION キーワードを追加

省略値では Apache Axis HTTPSender は HTTP プロトコル バージョン 1.0 を使用します。
VERSION キーワードを使用すると、HTTP プロトコル バージョンを 1.1 に変更することができます。

0149831LANSA Integrator の JSM インストールオブジェクト及び フォルダ/ファイルの所有者と権限

注: LANSA または LANSA Integrator のインストール、アップグレード、及び EPC ロードは シンボリックリンクの IFS パスをサポートしていません。

1. 全ての JSM オブジェクトはまず JSM ライブラリに QDFTOWN として *CHANGE 公開権限を持って格納されます。

注: サービスプログラム DCXS882X 及び DCXS883X は JSM ライブラリから関連する LANSA ライブラリにコピーされます。

2. 全ての JSM IFS ファイルはまず IFS の JSM の場所に QDFTOWN として *EXCLUDE 公開権限を持って格納されます。

3. 新規インストール時は upgrade/SystemDefault.properties ファイルが system/SystemDefault.properties ファイルにコピーされます。

以下のセクションが新しくコピーされたファイルに追加されます。

#!<studio-project id="20090000-000000″ name="install">
os400.dir.create.auth=none
os400.file.create.auth=none
#!</studio-project>

これらのプロパティは JSM サービスによって作成されたフォルダやファイルの公開権限を *EXCLUDE に設定します。

4. ライブラリ オブジェクトの所有者と権限が設定されます。

5. 新規インストールまたは既存のアップグレードの場合、IFS フォルダ/ファイルの所有者や権限が以下のコマンドを使用して設定されます。

CHGJSMOWN NEWOWN(&OWNER)

CHGJSMPGP PGP(*NONE) DTAAUT(*NONE) OBJAUT(*NONE)

CHGJSMAUT USER(&USER) DTAAUT(*RWX) OBJAUT(*ALL)

CHGJSMAUT USER(&OWNER) DTAAUT(*RWX) OBJAUT(*ALL)

CHGJSMAUT USER(*PUBLIC) DTAAUT(*EXCLUDE) OBJAUT(*NONE)

6. IFS アプリケーション データファイルは JSM インスタンス フォルダの外で読み書きすることをお勧めします。そうすると、アプリケーションのデータファイルと LANSA Integrator のファイルを分けておくことができます。

LANSA Integrator 構成ファイル、プロパティファイル、PKI ファイル、クラス、バインディング、jarファイルはそれぞれ該当の JSM インスタンス サブフォルダになくてはいけません。

アプリケーション データファイルやフォルダを置く適切な場所を見つける必要があります。

7. フォルダやファイルの公開 *EXCLUDE 権限の為、RUNJSM コマンドは &USER プロファイルの下で起動され実行されなくてはいけません。

=================================================================

LANSA Integrator ガイドの 「2.1.1 ファイルとフォルダのセキュリティ」を参照してください。

他のユーザー・プロファイルが JSM ファイルやフォルダにアクセスできるようにするためには、i5/OS ユーザープロファイル グループまたは補助グループ機能を使用します。

CHGUSRPRF USRPRF(MYUSER) GRPPRF(XXXXXXXXXX) OWNER(*USRPRF|*GRPPRF) SUPGRPPRF(xxxJSMLIB)

既存のファイルやフォルダのデータまたはオブジェクト権限を変更するには、CHGJSMAUT、CHGJSMPGP、CHGAUT または CHGPGP コマンドを使用することができます。

省略値では、Java によって作成された IFS ファイルは 親ディレクトリから *PUBLIC オブジェクト権限を引き継ぎます。システム・プロパティ os400.file.create.auth 及び os400.dir.create.auth は作成されたファイルやディレクトリの *PUBLIC オブジェクト権限を制御するのに使用されます。

プロパティに値を指定しない場合、またはサポートされていない値を指定した場合には、公開権限が *NONE となります。

os400.dir.create.auth=none
os400.file.create.auth=none

*PUBLIC ファイル・フォルダのデータ作成権限を任意の値に変更するには、SystemDefault properties ファイルの以下のプロパティの変更が必要となります。

os400.dir.create.auth=RWX
os400.file.create.auth=RW

0149859JSMCHGAUT コマンドに OBJTYP キーワードを追加

オブジェクト権限変更のために、ファイル、フォルダのいずれでも指定可能になりました。

0149929HTTP 及び FTP トランスポートに接続時間を計測するトレースを追加

トレースタイミングが SERVICE.TXT に追加され、DNS ルックアップ時間、ホスト接続時間、ホスト応答時間及び応答コンテンツリード時間を記録します。これらの時間は、TCP/IP コミュニケーションの問題を特定するのに役立ちます。

0149968
0149991
FTPService CONNECT コマンドに WAIT キーワード及び BUFFERSIZE キーワードを追加

ミリ秒で指定される WAIT キーワード値はソケットリードタイムアウトを指定し、省略値は 0 です。
バイトで指定される BUFFERSIZE キーワード値はソケット送受信バッファサイズを指定し、デフォルトの TCP/IP 値として使用される省略値は 0 です。

0149975JavaMail をバージョン 1.4.7 にアップグレード

JavaMail をバージョン 1.4.7 にアップグレードしました。

0149976JTOpen をバージョン 7.10 にアップグレード

JTOpen をバージョン 7.10 にアップグレードしました。

0150034SFTPService CONNECT コマンドに TIMEOUT 及び WAIT キーワードを追加

ミリ秒で指定する WAIT キーワー値はソケットリードタイムアウトを指定します。省略値は 0 です。
ミリ秒で指定する TIMEOUT キーワード値はソケット接続タイムアウトを指定します。省略値は 0 です。

0150250
0150136
JMS MQSeries/WebSphere にSSLのサポートを追加

この不具合は修正されました

0150317
0150102
不正な SOAPServerService SOAP 1.2 フォルトメッセージを修正

不正な SOAPServerService SOAP 1.2 フォルトメッセージを修正しました。XMLエレメント名が誤っていました。

インストール手順

IBM i にインストールするための手順

以下のインストラクションでは、インストールを自動化するために LOADEPC コマンドを使用します。
(もし LOADEPC コマンドがご使用の LANSA Integrator ライブラリ (例えば、LICJSMLIB) に存在しない場合には、ここをクリックして、代わりのインストラクションを確認してください。)

  1. EPCを適用する前に、全ての LANSA Integrator ライブラリ 及び全ての Integrator IFS オブジェクト (LANSA_jsmlib/jsm) のバックアップを取得してください。(このIFSは、EPCのロードプログラムによってバックアップされます。)
  2. EPC131300 をインストールする前に、更新する JSM サーバーを終了してください。
  3. 現行のライブラリリストを表示してください。QTEMP が見つからない場合は、ADDLIBLE コマンドを使ってそれを追加してください。
  4. 解凍した EPC131300 ファイルを IBM i の IFS フォルダに移動してください。( 例: /LANSA_jsmlib(pgmlib)/tmp/epc131300' )
  5. この EPC には、以下のオプションを使用してください。
    1. EPC のインストール元 = *IFS
    2. EPC の適用先 = LANSA_INTEGRATOR
  6. LOADEPC コマンドを、以下のパラメータと共に実行してください。
    jsmlib
    /LOADEPC と入力し、コマンド4 (F4) を押して、(パッチで実行可能な)コマンドのプロンプトを表示させます。EPC 番号 . . . . . . . . . . . > 131300

    EPC のインストール元 … . . . > *IFS
    IFS パス及びオブジェクト名 .. . . 例: /LANSA_jsmlib(pgmlib)/tmp/epc131300
    EPC の適用先 . . . . . . . > LANSA_INTEGRATOR
    LANSA Integrator ライブラリ . . . jsmlib
    LANSA プログラム・ライブラリ … pgmlib (任意指定)

Windows にインストールするための手順

  1. EPC131300 をインストールする前に、更新する JSM サーバーを終了してください。
  2. WindowsからIntegratorのディレクトリをバックアップしてください。
  3. EPC131300w.exe をダブルクリックして解凍し、Windows 上の LANSA Integrator のアップグレードを開始してください。
    注:インストール/アップグレード後のチェックのためにこのドキュメントの補足事項を参照ください。

追加のインストール注意事項 (IBM i 及び Windows)

  1. JSMインスタンスが起動すると、アップグレード・ディレクトリ内のファイルを処理します。アップグレードに成功した場合はJSMインスタンスが再起動しますが、成功しなかった場合は終了します。JSMインスタンス・ディレクトリのUPGRADE-LOG.txtファイルで、アップグレードのメッセージをチェックしてください。アップグレードメッセージ例 :

    --------------------------------------------
    manager: version : 11.5.1
    upgrade: version : 11.5.1
    -
    java.class.path : ./jar/jsm.jar:./jar/jsmide.jar:./jar/jsmjaf.jar
    -
    Upgrade instance : /LANSA_licpgmlib/jsm/instance
    -
    Upgrade properties file : MapForceService.properties
    Properties file upgraded
    -
    Upgrade properties file : MapForceService_fr.properties
    Properties file upgraded
    -
    Upgrade properties file : MapForceService_ja.properties
    Properties file upgraded
    -
    Upgrade completed
    --------------------------------------------
    Remove upgrade files
    -
    File removed : /LANSA_licpgmlib/jsm/instance/upgrade/MapForceService.properties
    -
    File removed : /LANSA_licpgmlib/jsm/instance/upgrade/MapForceService_fr.properties
    -
    File removed : /LANSA_licpgmlib/jsm/instance/upgrade/MapForceService_ja.properties
    -
    File removed : /LANSA_licpgmlib/jsm/instance/upgrade/upgrade-instruction.txt
    -
    Remove upgrade directory
    -
    Removal completed
    --------------------------------------------

“EPC131300” をダウンロード epc131300.exe – 0 回のダウンロード – 81 MB

Posted by lansa