EPC132200

注:ダウンロードには保守契約ユーザーログインが必要です。
保守契約ユーザーについてのお問い合わせは お問い合わせフォーム よりお願いします。
ログインは こちら から

“EPC132200” をダウンロード EPC132200.zip – 0 回のダウンロード – 108 MB

日付: 2014年10月

EPC132200 は、LANSA Integrator の IBM i と Windows に対する更新を含みます。

  • SOAP ウィザードの機能拡張:
    • SOAP サーバータイプは SOAP サーバーウィザードの中で編集できるようになりました
    • 独自のサーバータイプ・パラメータを SOAP サーバーウィザードの中で作成できるようになりました
    • SOAP エージェントウィザードは入力、出力、および入出力パラメータを制御できるようになりました
    • jar、プロパティ、サービスの発行
  • 新しい PGPFileService
  • 新しい RDMLX 組み込み関数である JSMX_BEGIN 及び JSMX_END (Visual LANSA EPC132300を前提)
  • ZipService パフォーマンス改善
  • ExcelService XLS 及び XLSX ファイルの両方の読み込みが可能に
  • JSMDirect 及び JSMProxy が URL 上の名前/値ペアを取得可能になりました
  • JSMDirect 及び JSMProxy (IBMi Apache サーバー上) がチャンク転送エンコードされたコンテンツを受け取れるようになりました
製品LANSA Integrator
バージョン13 SP2
前提条件131900 (V13 SP2)
関連製品なし
ドキュメントの更新この EPC は LANSA Integrator スタジオとともに更新された「LANSA Integrator ガイド」(lansa093.chm)をインストールします。

最新の LANSA ガイドが右記のアドレスよりダウンロードできます。http://www.lansa.jp/support_japan/support/docs/index.htm

EPC をインストールする手順

EPC132200 には、IBM iマシン及び Windows のマシンにインストールされるべきソフトウェアが含まれています。ここでは、提供されるアイテムの導入と使用方法を説明します。

  1. EPC132200.exe を Web サイトからダウンロードします。
  2. EPC132200.exe をダブルクリックして解凍します。以下のファイルが解凍されます。
    • EPC132200 – IBM i 保管ファイル
    • EPC132200w.exe – Windows 側 Visual LANSA インストール 実行ファイル

提供されるインストラクション:

はいIBM i 上の LANSA Integratori
はいWindows 上の LANSA Integrator
いいえLinux 上の LANSA Integrator
はい補足事項

変更の詳細

EPC132200 には以下の変更を含んでいます:

問題番号説明
0150250JMS MQSeries/WebSphere に SSL サポートを追加

CIPHER-SUITE キーワードが JMS CONNECT コマンドに追加され、メッセージ待ち行列への接続に使用される SSL cipher を指定することができるようになりました。

0150256
0151956
“Not Licensed" メッセージが STDOUT.TXT に表示される

“Not Licensed"(ライセンスされていない) から “Supported Feature"(サポート対象機能) に変更

0151191XML サービス プロパティ ファイルに サンプル・エントリーを追加

XML サービス プロパティ ファイルに以下のサンプルを追加しました。

#
# Parser validation
#
# validation.parser=*no
# validation.schema=*yes
#
# Parser entity resolver
#
# schema.dir=
# systemid.file:///jsm/instance/order.dtd=file:dtd/order.dtd
# systemid.http://nasdaq.com/reference/NasdaqDotCom.dtd=file:dtd/nasdaq.dtd
#

0151295Apache POI をバージョン 3.10 にアップグレード

Apache POI クラスは ExcelService で XLS 及び XLSX ファイルの読み書きに使用されます。

0151328SOAP エージェントサービスが出力ホルダーパラメータを制御できるように機能拡張されました

SOAPAgentService は入力、出力、及び入出力オペレーションパラメータをサポートするようになりました。

0151383AS2/SMTP/POP3 の .der 拡張子を to .p8 または .cer に変更

In the AS2、SMTP 及び POP3 のマニュアルやプロパティでは、サンプルとして一般的な拡張子 .der が使用されています。
この拡張子は PKCS#8 ファイルの .p8 及び 証明書ファイルの .cer に変更されました。

0151384JDK 5.0、6.0 及び 7.0 jar ファイルを JDK 1.4 LI とともに出荷

以下のサービスとサードパーティの jar ファイルを出荷しています。

ExcelService (JDK 5.0)

jsmxlsx.jar
jsmpoi.par
jsmpoi-ooxml.jar
jsmpoi-ooxml-schemas.jar
jsmdom4j.jar
jsmxmlbeans.jar

XMLQueryService (JDK 5.0)

jsmxmlquery.jar

AxesTerminalService (JDK 5.0)

jsmrobot.jar
jsmterminal.jar

DirectoryWatchService (JDK 7.0)

jsmwatch.jar

0151494
0151404
XMLBindWizard の生成されたサンプルコードが誤ったコマンドキーワードを使用している

生成されたサンプルコードは URL キーワードではなく、URI キーワードを使用すべきでした。
この不具合は修正されました

0151505SOAP ServerTypes の数が Java コンパイラのコマンドリミットを超えている

SOAP ServerTypes の数が Java コンパイラの各ソースファイルのコマンドリミットを超えている。
ソースファイルは @source ファイルコマンドオプションに追加されました。

0151550JSch をバージョン 0.1.51 にアップグレード
0151579PDFSpoolFileServiceにタイ複合文字のサポートを追加

ページのカウントアップをする前に、前のの CSF ページを書き出します。

0151639新しい JSMX_BEGIN 及び JSMX_END 組み込み関数を追加

JSMX_BEGIN 及び JSMX_END 組み込み関数がクリーンアップ処理の前後に使用可能です。

注意:これらの組み込み関数を使用するには、VL EPC132300 が前提となります。

0151651SOAP ウィザードにサーバータイプの新しいタブを追加

SOAP サーバー ウィザードに現在のプロジェクトの SOAP サーバータイプを編集できる新しいタブが追加されました。

0151663
0151647
SMTP 及び POP3 メールサービスに、読み書き及び接続のタイムアウトを追加

timeout.read, timeout.write 及び timeout.connection プロパティがサービスのプロパティファイルに追加されました。特定のタイムアウト値を設定するには、プロパティのコメントを外してください。プロパティ値は SERVICE_LOAD にて読まれます。

0151664
0151660
テキスト整列の可能な値として、justified 及び justifiedall が追加されました

PDFDocumentService のテキスト整列値として、justified 及び justifiedall が追加されました。

0151716FileQueueService エントリーがservice.properties ファイルに追加されました

FileQueueService エントリーがservice.properties ファイルから漏れていました。

0151717PDF スプールファイルサービスの PDF ページトレースを改善
0151718SQLService がストアドプロシージャーからの複数の結果セットをサポートするよう機能拡張

The SQLService はストアドプロシージャーから返される 複数の結果セットを制御できるようになりました。
この機能は IBM の JDBC ドライバと IBM i ストアドプロシージャーを使用した場合のみテストされています。
呼び出し時の返される出力パラメータの実装が変更されました。

0151762UTF-16LE 及び UTF-16BE エンコーディングを XML エディタ及びテキストエディタに追加
0151825STRJSM コマンドをソートされた jar ファイル名を使用するよう機能拡張

CLASSPATH 値を構築する際、jar ファイルはアルファベット順にソートされるようになりました。

0151880パック及びゾーンの妥当性例外エラーメッセージにスケールを含む
0151886JTOpen をバージョン 8.2 にアップグレード
0151913STRJSM 及び RUNJSM GCHINL キーワードの省略値を 131072に変更

以前の 40000K という値は小さすぎたため、新しい省略値は 131072K または 128M になりました。
*JVM8032 及び *JVM8064 がバージョン オプションとして追加されました。

0152019新しい PGPFileService を作成

PGPFileService を使用して、ファイルを PGP フォーマットにて暗号化及び復号化することができます。

0152020SOAPウィザードを独自の パラメータ サーバータイプをサポートするよう機能拡張

サーバータイプ (Bean) は SOAP サーバーウィザードのプロジェクト内で直接作成することができるようになりました。
つまり、パラメータとして、SOAP サーバータイプを作成する必要がないということです。

0152030ZipFile クラスを ZipInputStream クラスの代わりに使用するよう、ZipServiceをリファクター

この ZipService の見直しにより、大量のエントリーを持つ圧縮ファイルの単一エントリーの読み込みにおいて、劇的な改善がなされました。

0152033system.properties 及び service.properties ファイルから未割当のセクションを削除

既存の未割当セクションがプロパティファイルから削除されました。
未割当のセクションは今後作成されません。
スタジオセクション以外の行はなくなりました。
アップグレード中にインスタンスの system 及び properties フォルダにあるファイルのバックアップが UPGRADE-BACKUP-YYYY-MM-DD-HHMMSS.ZIP ファイルに作成されます。
また、#AllowOptions が自動的に system/SystemDefault.properties ファイルに追加されます。

0152055スタジオの java コンパイラを クロスコンパイルをサポートするよう機能拡張

スタジオ・フォルダ .\lib\java\ext、 \lib\javac\ext 及び \lib\javac\bootstrap フォルダがスタジオのスタートフォルダに追加されました。
XMLバインディングウィザード、JSONバインディングウィザード 及び SOAPウィザードで使用される Java コンパイラは、これらのフォルダをbootclasspath 及び extdirs 引数として使用するよう機能拡張されました。

0152057SOAP 及び JSON サーバータイプ・エレメントの移動を許可

サーバータイプの中で、タイプエレメントの場所を移動することができるようになりました。
ソート・オプションのチェックが外されている必要があります。ソート・オプションがチェックされている場合には、エレメントはアルファベット順にソートされます。
SOAPサーバーウィザード はプロジェクト内で SOAP サーバータイプを編集できるよう、機能拡張されました。

0152086ExcelService にnameareasのリストを取得する機能を追加

GET コマンドを namearea 名の取得ができるよう機能拡張:GET OBJECT(*NAMES) #WRKLST
GET コマンドを、参照式がA1などの参照形式で単一セルを参照する定義された名前の行、列 の値を使用して、単一セルの取得ができるよう機能拡張: GET OBJECT(*CELL) R1C1() NAME()

0152098SOAPウィザード を jar、プロパティ、サービスを発行するように機能拡張

ビルド後、ユーザーは生成された jar、プロパティ、JSMDirect サービスレコードを発行するかどうか確認されます。

0152116アップグレードの適用前に system 及び properties フォルダをバックアップ

アップグレード中にインスタンスの system 及び properties フォルダのバックアップが UPGRADE-BACKUP-YYYY-MM-DD-HHMMSS.ZIP ファイルに作成されます。

0152117
0152031
OFFSET キーワードを PDFDocumentService ADD コマンドに追加

OFFSET( *NONE | *MARGIN ) キーワードが PDFDocumentService ADD コマンドに追加されました。
これにより、現在のページのマージンから x,y 座標を使って補正させることができるようになりました。

0152140JSMDirect 及び JSMProxy がチャンク転送エンコードを許可

JSMDIRECT 及び JSMPROXY プログラムがチャンク転送エンコードを許可するようになりました。

注意:IBMi Apache サーバーのみサポートしています。

0152176JSMDirect 及び JSMProxy が標準の名前/値ペア・パラメータを許可

JSMDirect 及び JSMProxy CGI プログラムは、オリジナルのパラメータ形式と同様に、URL上の名前/値ペアクエリ文字パラメータを許可するようになりました。

例:

/cgi-bin/jsmdirect?service=upload&name1=value1&name2=value2

注意:コードページ 及び URL エンコーディングの問題により、サービス値は以下の文字しか含むことができません。 A から Z、a-z、0 から 9、- _ これら以外の文字の使用は避けてください。

/cgi-bin/jsmdirect?upload
/cgi-bin/jsmdirect?service=upload

サービス値は W29SRV 及び W30SRV に格納されます。

DC@W29 – W29SRV CHAR(30)
DC@W30 – W30SRV CHAR(30)

注意:A to Z, a-z, 0 to 9, – _ は、全ての IBMi CCSID コードページにおいて同一です。

0152190ユーザーエージェントを uri 文字列の名前/値ペアを許可するよう機能拡張

ユーザーエージェントは名前/値ペア クエリ 文字データを表示して送ることができるようになりました。

例:

uri=/cgi-bin/jsmdirect?service=uploadfile&id=A1001&type=*prompt&pass=*promptsecure

0152239ExcelService を XLS ファイルが読めるように機能拡張

ExcelService は XLS 及び XLSX ファイルを読めるようになりました。

0152257サービスクラス名を返すための SERVICE_GET PROPERTY(*SERVICE) を追加

サービスクラス名を返すための、SERVICE_GET PROPERTY(*SERVICE|*SERVICECLASS) を追加しました。
*SERVICE はパッケージ名なしでクラス名のみを返します。
*SERVICECLASS はパッケージ名とクラス名を返します。

0152290apache xml commons xml-apis.jar ( jsmxmlapi.jar ) バージョン 1.4.01 を出荷
0152351SOAPAgentService にanyTypeオブジェクトフィールドマッピングを追加

The SOAP エージェントウィザード及び SOAPAgentService はanyType エレメントへマップするフィールド値の送受信ができるようになりました。

インストール手順

IBM i にインストールするための手順

以下のインストラクションでは、インストールを自動化するために LOADEPC コマンドを使用します。
(もし LOADEPC コマンドがご使用の LANSA Integrator ライブラリ (例えば、LICJSMLIB) に存在しない場合には、ここをクリックして、代わりのインストラクションを確認してください。)

  1. EPC を適用する前に、全ての LANSA Integrator ライブラリ 及び全てのIntegrator IFS オブジェクト (LANSA_jsmlib/jsm) のバックアップを取得してください。 (この IFS は EPC のロードプログラムによってバックアップされます)
  2. EPC132200 を導入する前に、アップグレードする JSM サーバーを停止してください。
  3. 現行のライブラリリストを表示してください。QTEMP が見つからない場合は、ADDLIBLE コマンドを使ってこのライブラリを追加してください。
  4. 解凍した EPC132200 ファイルを IBM i上の IFS フォルダに移動してください。( 例 /LANSA_jsmlib(pgmlib)/tmp/EPC132200' )
  5. この EPC には、以下のオプションを使用してください。
    1. EPC のインストール元 = *IFS
    2. EPC の適用先 = LANSA_INTEGRATOR
  1. LOADEPC コマンドを、以下のパラメータと共に実行してください。
    jsmlib
    /LOADEPC と入力し、コマンド4 (F4)を押して、コマンドのプロンプトを表示させます(このコマンドはバッチでも実行可能です)。EPC 番号 .. . . . . . . . . . > 132200EPC のインストール元 .. . . . . > *IFS
    IFS パス及びオブジェクト名 .. . . :/LANSA_jsmlib(pgmlib)/tmp/EPC132200
    EPC の適用先 . . . . . . . > LANSA_INTEGRATOR
    LANSA Integrator ライブラリ . . . jsmlib
    LANSAプログラム・ライブラリ   . . . pgmlib(任意指定です)

Windowsにインストールするための手順

  1. EPC132200 を導入する前に、アップグレードする JSM サーバーを停止してください。
  2. Windows から Integrator のディレクトリをバックアップしてください。
  3. EPC132200w.exe を解凍(ダブルクリック)して、Windows 上の LANSA Integrator のアップグレードを開始してください。

注:インストール/アップグレード後のチェックのためにこのドキュメントの補足事項を参照ください。

補足事項 (IBM i 及び Windows)

  1. JSM インスタンスが起動すると、アップグレード・ディレクトリ内のファイルを処理します。アップグレードに成功した場合は JSM インスタンスが再起動しますが、成功しなかった場合は終了します。JSM インスタンス・ディレクトリの UPGRADE-LOG.txt ファイルで、アップグレードのメッセージをチェックしてください。以下は、アップグレード・メッセージの例です。

——————————————–
manager: version : 13.2.1
upgrade: version : 13.2.1

java.class.path : ./jar/jsm.jar:./jar/jsmide.jar:./jar/jsmjaf.jar

Upgrade instance : /LANSA_inxpgmlib/jsm/instance

Backup instance : /LANSA_inxpgmlib/jsm/instance

System file deleted : device-davifs.txt


System file already exists : ClassCache.jar


Add system file : device-unknown.txt


Replace system file : httpd-template.xml


Upgrade properties file : manager.properties
Properties file upgraded


Instructions
PRODUCT=JSM

Integrator upgrade

Add system file : httpd.xml

Add system file : webifs.html

Add system file : webifs-search.html

Upgrade integrator manager properties

Upgrade completed
——————————————–
Remove upgrade files

File removed : /LANSA_inxpgmlib/jsm/instance/upgrade/AS2CertificateService.properties


Remove upgrade directory

Removal completed
——————————————–

“EPC132200” をダウンロード EPC132200.zip – 0 回のダウンロード – 108 MB

Posted by lansa