EPC133400

注:ダウンロードには保守契約ユーザーログインが必要です。
保守契約ユーザーについてのお問い合わせは お問い合わせフォーム よりお願いします。
ログインは こちら から

“EPC133400” をダウンロード epc133400.exe – 0 回のダウンロード – 70 MB


日付: 2019年10月

EPC133400 LANSA V13 SP2のEPC

このEPCには、以下の内容が含まれます。

  • Visual LANSA 開発のサードパーティ・ライセンスへの依存を削除
    これはハードウェアキー(ダングル)及びソフトキー(ローカル PC の単体利用の VLW およびリモートライセンスサーバーの複数シート利用の VLN )に影響します。
  • ユーザーアクションには EPC133400 を適用する前に検討すべき重要な情報が含まれています。
  • EPC133400 は以下をインストールします。
    • LANSA 開発ライセンスマネージャ
    • LANSA 開発ライセンススタジオ
    • LANSA ライセンスサービス
  • Visual LANSA には EPC インストール後は新しい開発ライセンスを適用する必要があります。
  • EPC133200 以降の V13 SP2 の全てのパッチと修正
製品Visual LANSA 及び LANSA/AD
LANSA for the Web
LANSA コミュニケーション
バージョン13 SP2
前提条件133200
特記事項バージョン13 の全ての Visual LANSA EPC には Windows 及び IBM iのシステムに適用されなくてはいけない更新が含まれています。(スタンドアロンの Visual LANSA 開発環境は Windows の更新のみ必要です。)両方の開発環境のアップグレードを行わないと、ホストモニターやスーパーサーバーのアプリケーションがオペレーション不能になります。開発環境のサーバー側/クライアント側の両方に EPC を適用せずにホストモニターやスーパーサーバー・アプリケーションを使用しようとすると、EPC ミスマッチエラーが発生します。

EPC を適用する各プラットフォームの LANSA 環境の全バックアップを取得してください。

IBM i 固有の特記事項IBM i に関するインストラクションは、IBM i についてのしっかりした知識があると処理がしやすいでしょう。
QSECOFR、QSECOFR グループのユーザープロファイルを使用してください。インストール/アップグレード/LOADEPC の処理によって使用されるリストアコマンドパラメータ FRCOBJCVN はFRCOBJCVN (*YES *RQD) を使用します。そのため、 システム値 QFRCCVNRST は 0, 1 または 2 でなくてはいけません。EPC を適用する前に、Web サーバを終了して、LANSA for the Web クリーンアッププログラムを実行してください。

リスナー及びホストモニターがアクティブになっている場合は、終了させてください。

アップデートする LANSA システムで LANSA Integrator が使用されている場合は、終了させてください。

ユーザーアクションEPC133400 をお使いの Visual LANSA 開発環境に適用すると、既存の開発ライセンスは無効となります。この EPC を適用する前に、必ず代わりとなる有効な LANSA開発ライセンスをご用意ください。

ソフトキーライセンス (VLN 及び VLW): 保守契約のあるお客様には事前に更新用のライセンスをご提供します。更新用のライセンスをまだお持ちでない場合には、CPU詳細をご提供の上、ご依頼ください。新しい x_cpu_.txt の生成手順は こちらをご確認ください。

ハードウェアキー(ダングル): ハードウェアキーを EPC133400 の LANSA 開発ライセンスに切り替えるには、こちら の手順に従ってください。

V13 SP2 に EPC133400 を適用後は、新しい LANSA 開発ライセンスモデルを使用することができます。次のステップは新しい V13 LANSA 開発ライセンスを適用することです。バージョン 13 への LANSA 開発ライセンスの適用のステップに従い、生成されたライセンスを開発環境に適用してください。

以下の CCS 項目にはユーザーアクションが必要となります。
0162143 トリガーファンクション条件のシステム変数が動的に評価されない
詳細については以下をご確認ください。

パッチ以下のパッチはこの EPC により置換されます:

IBM i:
HF133201
Windows:
EPC1332HF170200d
EPC1332HF170221
EPC1332HF170316
EPC1332HF170815d
EPC1332HF171026d
EPC1332HF180130
EPC1332HF190117
EPC1332HF190606
EPC1332HF190709d

EPC をインストールする手順

EPC133400には、IBM i のマシン及び Windows のマシンにインストールされるべきソフトウェアが含まれています。 ここでは、提供されるアイテムの導入と使用方法を説明します。

  1. EPC133400.exe を Web サイトからダウンロードします。
  2. EPC133400.exe をダブルクリックして解凍します。以下のファイルが解凍されます。
    • AllEPCs.exe – 複数の Windows EPC インストール実行ファイル
    • AllEPCs.ini – AllEPCs コントロールファイル
    • EPC133400 – IBM i 保管ファイル
    • wEPC133400.exe – Windows 側 Visual LANSA インストール 実行ファイル
    • wEPC133400Lic.exe – Windows 側 Visual LANSA ライセンス 実行ファイル

提供されるインストラクション:

変更の詳細

問題番号説明
0147063
0152113
0155779
メモボックスが入力データに DBCS が含まれている場合、長さのチェックが正しく行われない。

この不具合は修正されました

0156772
0157845
0158110
RDML 区画に接続時、メッセージを出力して LANSA Client が落ちる

LANSA Client V13 SP1 の RDML 区画に接続時、「プロセス *DIRECT を使用する権限がないか、存在していません」というメッセージが出力される。
この不具合は修正されました

0157781Unicode フィールドについて trim 関数を使用するとメモリーリークが発生する。
このリークはやがてアプリケーションのクラッシュにつながります。
この不具合は修正されました
0159046
0159714
0161211
ActiveX プロパティシートのブラウズボタンをクリックすると、IDE がクラッシュする。

この問題が発生した際には、完全に解消するために、https://www.lansa.com/support/notes/p0463.htm に記述されている手順に従う必要があります。
この不具合は修正されました

0159089フォームから CALL コマンドを使用してファンクションを呼び出す際に遅延が発生する。

この不具合は修正されました

0159434BLOB フィールドを含む TRANSFORM_LIST がドキュメントに書かれた場所に格納されない。

この不具合は修正されました

0159822
0160359
0161329
LWEB_JOB が終了する前に WEBWORK 待ち行列がクリアされる場合、ジョブが無限ループする
推奨の LANSA for the web のクリーンアップ手順が行われない場合に、このようなシナリオが発生する可能性があります。
この不具合は修正されました
0160098openssl を最新バージョンの 1.0.2s に更新

こちらの機能拡張がこの EPC に含まれます

0161407RDML ファンクションの デザインタブを使用すると IDE がクラッシュする

ある特定の順番で RDML ファンクションの画面タブをクリックすると、アクセスバイオレーションを引き起こす可能性があります。
この不具合は修正されました

0162143トリガーファンクションの条件のシステム変数が動的に評価されない

この不具合は修正されました
ユーザーアクション: 影響を受けるすべての RDMLX OAM を再生成する必要があります。

0162321レンダータイプが W の場合、グリッドコンポーネントのテキストのフォントサイズが大きくなる

レンダータイプ W で実行時、グリッドコンポーネントの行ヘッダーが間違ったフォントで表示される。
この不具合は修正されました

影響があるオブジェクト

オブジェクト名オブジェクト タイプ
DatabaseSupport.txt\lansa
lansa.exe\lansa
libexpatw.dll\lansa
liio.dll\lansa
liiosrv.dll\lansa
liis.dll\lansa
liiverinfo.dll\lansa
liiy.dll\lansa
x_base.dll\lansa
x_dnp.dll\lansa
x_dom.dll\lansa
x_netdnp.dll\lansa
x_prim.dll\lansa
x_RdrCbv140.dll\lansa
x_RdrCbv240.dll\lansa
x_RdrVo40.dll\lansa
x_wpf40.dll\lansa
x_wpfcbv140.dll\lansa
x_wpfcbv240.dll\lansa
x_wpfcbv340.dll\lansa
x_cpu.exe\NetworkClient
x_cpu.exe\tools
installr.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
libexpatw.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
lxutil.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
w3wsrvpgm.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
w3wsrvpgx.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_base.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_bifms.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_dbmms.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_dnp.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_funms.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_lsv.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_netdnp.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_pdfms.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_pimms.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_prim.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_RdrCbv140.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_RdrCbv240.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_RdrVo40.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_run.exe\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_ssv.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_start.exe\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_wpf40.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_wpfcbv140.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_wpfcbv240.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_wpfcbv340.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_uimms*.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_var.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
installr.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
libexpatw.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
ledabt01.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levabt02.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
lxptbbld.exe\X_WIN95\X_LANSA\execute
lxutil.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
w3wsrvpgm.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
w3wsrvpgx.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_base.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_bifms.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_dbmms.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_dnp.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_dom.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_funms.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_lsv.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_netdnp.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_pdfms.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_pimms.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_prim.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_RdrCbv140.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_RdrCbv240.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_RdrVo40.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_run.exe\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_ssv.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_start.exe\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_wpf40.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_wpfcbv140.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_wpfcbv240.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_wpfcbv340.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_uimms*.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_var.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
xhnhmf1.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
xhnhmf2.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
xhnhmf3.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
xhnhmf4.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
xhnhmf6.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
xhnhmf7.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
xhphmn01.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
iom00001.s\X_WIN95\X_LANSA\source
DatabaseSupport.txt\X_WIN95\X_LANSA\x_apps\x_wix\Content
オブジェクト名オブジェクト タイプライブラリ
LXQUEUE*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
W3XSVPGM*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
W3XSVPGV*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
X_BASE*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_COMP*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_DBG*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_FUN*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_LSV*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_PDF*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_PRIM*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_VAR*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ

インストール手順

  1. QSECOFR、QSECOFR グループ、*ALLOBJ と *SECADM 特殊権限のあるユーザープロファイルでサインオンしてください。サインオン後、ジョブのCCSIDが5035であることをご確認ください。
  2. この EPC を適用する前に、全ての LANSA フォルダ、システム・ライブラリ、全ての LANSA IFS オブジェクト (LANSA_pgmlib/x_lansa) のバックアップを取得してください。
  3. EPC を適用する前に、LANSA システムのロックが必要です。アクティブなユーザーを調べるには、LANSA iSeriesオブジェクトインストールガイドの付録B:アクティブ・ユーザーの確認方法 をご参照ください。
  4. リスナージョブ、ホストモニターを終了してください。 Web サーバーを終了し、 LANSA for the Web のクリーンアップ プログラムを実行してください。
  5. IBM i 上の IFS フォルダ( 例: /LANSA_pgmlib/tmp/epc133400′ )へ、解凍された EPC133400 ファイルを移動してください。
  6. この EPC には、以下のオプションを使用してください。
    1. EPC のインストール元 = *IFS
    2. EPC の適用先 = FULL_LANSA_SYSTEM
  7. ジョブのライブラリ・リストにLANSAのプログラムライブラリを追加しなくてよいように、LOADEPC コマンドを実行する前に、以下のコマンドを実行してください。
    CHGCMD CMD(pgmlib/LOADEPC) PGM(pgmlib/DC@LCP120)
  8. LOADEPC コマンドを、以下のパラメータと共に実行してください。pgmlib/LOADEPC と入力し、コマンド4 (F4)を押して、(バッチで実行可能な)コマンドのプロンプトを表示させます。EPC 番号 … . . . . . . . . > 133400
    EPC のインストール元 .. . . . . >*IFS
    IFS パス及びオブジェクト名 .. . .例: /LANSA_pgmlib/tmp/epc133400

    EPC の適用先 … . . . . FULL_LANSA_SYSTEM
    LANSA プログラム・ライブラリ .. . . . pgmlib

  9. 以下のような場合には、インストールを開始する前に、サインオフし、再度サインオンします。
    • この EPC を他の LANSA システムに適用する
    • 同じ LANSA システムに違う EPC を適用する

コマンド LOADEPC が、LANSA Web サーバー管理ライブラリで使用可能になりました。以下の手順にしたがってください。

  1. Web サーバーに LANSA for the Web をインストールまたはアップグレードをしていない場合、ステップ2を続ける前にそれらの作業を行ってください。
  2. この EPC を適用する前に、全ての LANSA フォルダ、システム・ライブラリ、全ての LANSA IFS オブジェクト(LANSA_pgmlib/x_lansa) のバックアップを取得してください。
  3. Web サーバーを終了し、LANSA for the Web クリーンアッププログラムを実行します。クリーンアップ手順については、LANSA オンラインドキュメントの13.5.6 システムのクリーンアップ を参照してください。
  4. 現行のライブラリリストを表示してください。QTEMP が見つからない場合は、ADDLIBLE コマンドを使ってそれを追加してください。
  5. IBM i のIFS フォルダ( 例: /LANSA_pgmlib/tmp/epc133400' )へ、解凍された EPC133400 ファイルを移動してください。
  6. この EPC には、以下のオプションを使用してください。
    1. EPC のインストール元 = *IFS
    2. EPC の適用先 = FULL_LANSA_SYSTEM
  7. LOADEPC コマンドを、以下のパラメータと共に実行してください。CHGCMD CMD(admlib/LOADEPC) PGM(admlib/DC@LCP120)admlib/LOADEPC と入力し、コマンド4 (F4)を押して、(バッチで実行可能な)コマンドのプロンプトを表示させます。

    EPC 番号 … . . . . . . . . > 133400
    EPC のインストール元 .. . . . . > *IFS
    IFS パス及びオブジェクト名 .. . . 例: /LANSA_admlib/tmp/epc133400

    EPC の適用先 … . . . . LANSA_WEB_SERVER
    LANSA web サーバー管理ライブラリ .. . . .  ADMLIB 

  8. インストールで作成されたバックアウト・ライブラリを、保管してから削除してください。(iiiEPCnn の場合、iii = LANSA プログラム・ライブラリの最初の3文字、nn = 連番です。)ライブラリの内容は、システムを EPC の適用前の状態に戻す際に使用します。
  9. 以下のような場合には、インストールを開始する前に、サインオフし、再度サインオンします。
    • この EPC を他の LANSA システムに適用する
    • 同じ LANSA システムに違う EPC を適用する
  1. EPC を適用する前に、全ての LANSA フォルダと LANSA データベースのバックアップを取得しておくことをお勧めします。
  2. LANSA 開発環境の使用を中止し、現在実行中の全ての LANSA アプリケーションを停止します。
  3. AllEPCs.exe をダブルクリックします。注:最近のバージョンの Windows、例えば Windows 8.1 では、右クリックをし、"管理者として実行" を選択する必要があります。
  4. “セットアップ"ボタンを選択します。処理を進めたくない場合は、"キャンセル"を選択します。
  5. 複数の構成をインストールしている場合は、EPC を適用する構成を選択してください。
  6. PC を再起動するようにプロンプトが表示された場合は、 再起動してください。
  7. EPC が正常に適用できましたら、このページの ユーザーアクションを確認し、必要なタスクやアクションを実行してください。
  8. インストールされた EPC の詳細を確認するには、以下の手順に従ってください。
    1. LANSA にサインイン
    2. ヘルプメニューを選択
    3. 製品情報を選択
    4. インストール明細タブを選択
    5. インストール/EPC サマリーの項目を拡張表示
    6. 最新項目を確認

“EPC133400” をダウンロード epc133400.exe – 0 回のダウンロード – 70 MB

Posted by lansa