EPC140010

注:ダウンロードには保守契約ユーザーログインが必要です。
保守契約ユーザーについてのお問い合わせは お問い合わせフォーム よりお願いします。
ログインは こちら から

“EPC140010” をダウンロード EPC140010.exe – 0 回のダウンロード – 330 MB


日付: 2016年3月

LANSA V14 の EPC140010

  • VLF ONE のサポート
  • 出荷されるサンプルや例への様々な機能拡張、機能改善
  • Visual LANSA Web ページが構成可能なロード画面を表示するよう機能拡張
  • 様々な VL Web のパフォーマンス改善
  • V14 GA 以降に出荷された全てのパッチ
製品Visual LANSA 及び LANSA/AD
LANSA for the Web
Visual LANSA フレームワーク
バージョン14
前提条件V14 GA
特記事項ユーザーアクション: EPC 適用後、Web コンポーネント(Web ページ、再利用可能パーツ、ウィジェット)を再コンパイルした場合、VL Web ランタイムのパフォーマンスの変更や改善を有効にするためには、javascript を生成する全てのコンポーネントを再コンパイルする必要があります。 LANSA は互換性の問題を避けるため、この EPC の適用後、すべての Web アプリケーションを再コンパイルすることを推奨します。

バージョン14 の全ての Visual LANSA EPC には Windows 及び IBM iのシステムに適用されなくてはいけない更新が含まれています。(スタンドアロンの Visual LANSA 開発環境は Windows の更新のみ必要です。)両方の開発環境のアップグレードを行わないと、ホストモニターやスーパーサーバーのアプリケーションがオペレーション不能になります。開発環境のサーバー側/クライアント側の両方に EPC を適用せずにホストモニターやスーパーサーバー・アプリケーションを使用しようとすると、EPC ミスマッチエラーが発生します。

EPC を適用する各プラットフォームの LANSA 環境の全バックアップを取得してください。

IBM i 固有の特記事項IBM i に関するインストラクションは、IBM i についてのしっかりした知識があると処理がしやすいでしょう。
QSECOFR、QSECOFR グループ、*ALLOBJ と *SECADM 特殊権限のあるユーザープロファイルを使用してください。

EPC を適用する前に、Web サーバを終了して、LANSA for the Web クリーンアッププログラムを実行してください。

リスナー及びホストモニターがアクティブになっている場合は、終了させてください。

アップデートする LANSA システムで LANSA Integrator が使用されている場合は、終了させてください。

パッチ以下のパッチはこの EPC により置換されます:

Windows:
EPC140000HF_151119
EPC140000HF_151120
EPC140000HF_151210

EPC をインストールする手順

EPC140010 には、IBM i のマシン及び Windows のマシンにインストールされるべきソフトウェアが含まれています。 ここでは、提供されるアイテムの導入と使用方法を説明します。

  1. EPC140010.exe を Web サイトからダウンロードします。
  2. ダブルクリックして EPC140010.EXE を解凍します。以下のファイルが解凍されます。
    • AllEPCs.exe – 複数の Windows EPC インストール実行ファイル
    • AllEPCs.ini – AllEPCs コントロールファイル
    • EPC140010 – IBM i 保管ファイル
    • EPC140006w.exe – Windows Visual LANSA フレームワーク (VLF-One) インストール 実行ファイル
    • EPC140010w.exe – Windows 側 Visual LANSA インストール 実行ファイル
    • EPC140011w.exe – Windows LANSA Web サーバー 実行ファイル

提供されるインストラクション:

変更の詳細

問題番号説明
0154777MSI インストール :32bit & 64bit レジストリ・ハイブ間のシンボリック・リンクが作成されない

これにより、デフォルト以外の設定が IIS プラグインにより選択されない結果となります。
この不具合は修正されました。

0154795IIS プラグイン:HTTP/1.1 Keep-Alive サポート

この不具合は修正されました。

0154798X_lansa.pro の DBUS 及び PSWD パラメータに誤りがあるため、配布された WAM がオラクルで動かない

この不具合は修正されました。

0154801DT – JIT が 2 つめのパッケージアップグレード及び 2 つめのパッチにてエラーコード 17 で失敗する

この不具合は修正されました。

0154809ホームページの サンプルアプリケーションにオープンソースと実行アイコンを持たせる

この EPC にてこの機能拡張が行われました。

0154811VLF Web の人事デモアプリケーション はWeb ジョブの再利用時にエラーとなります。

フル RDMLX コンポーネントがアプリケーションに よって使用される場合、再利用された Web ジョブは後続の要求でもエラーとなる可能性があります。
この不具合は修正されました

0154812前景のアプリケーションスタイルの変更が効かない

プロパティを設定しても、UI が更新されない
この不具合は修正されました

0154813
0154832
Android 端末に関する様々な編集の問題

例えば、非表示パスワードフィールドが、通常のテキストで表示される等。
この不具合は修 正されました

0154820iOS 端末で慣性スクロールしない

この不具合は修正されました

0154821カルーセルの MoveToItem メソッドが動かない

この不具合は修正されました

0154823Prim_Tab.ShowMenus が Web ページアプリケーションで失敗する

この不具合は修正されました

0154828WAM がエディタで開かれていると、ホームアイコンをクリックしても最前部にホーム画面が表示されない

この不具合は修正されました

0154829VLF オプションを区画の初期化に再度追加

VLF は LANSA V14 にて使用可能になりました。RDMLX 区画は、VLF を使用するよう初期化す ることができます。
この機能拡張は、この EPC に含まれています

0154835V14 – VLF タイムシートコマンドを Windows で実行するとクラッシュする

DirectX ビデオコンポーネントがビデオからデュレーションタイ ムを読もうとした時に発生する問題は修正されました

0154839新しいサーバーモジュールが論理ファイル名の @ を書き換える

論理ファイル名に “@" が含まれている場合、"_"  に書き換えられ、コンパイルエラーを起こしていました。

定義されたファイル名のままになるように修正されました。

0154851クラウドのアップグレードが失敗する – データベースのパラメータが失われる

この不具合は修正されました

0154855IDE のフォーカスの問題

ファイルのフィールド一括追加のテキストがぼやけていました。
この不具合は修正されました

0154865
0154868
ロード中画面コンポーネントの実装

Visual LANSA Web ページはアプリケーションがダウンロードされる間、ロード中の画面を表示するよ うになりました。
Web ページについて、このロード中画面のテキストとイメージを構成することができます。

0154866
0154873
モバイルアプリに関して、ドロップダウンがうまく動かない

モバイルデバイスにてドロップダウンを下矢印で開くのはユーザーの使い勝手が 良くない。
ドロップダウンはコントロールがクリックまたはタッチされた際に開くようになりました。

0154881Web ページのデバッグの問題

サーバーモジュールのデバッグの際、SvrRoutine コマンド自体でブレイクすることができませんでした。
この不具合は修正されました

0154885Web ジョブの再利用時、コードページ変換が失敗する

再利用された Web ジョブ にて実行されるといくつかの文字列がマルチバイトから UTF-16 に変換されない場合がありました。
この不具合は修正されました

0154886Web サーバーでの変換:複数の LANSA システムからの xsl ファイルが使用可能

この不具合は修正されました

0154888静的プロパティのみを持つ静的クラスにより致命的エラーが発生

静的プロパティのみを含むクラスのプロパティにアクセスしようとすると、 致命的エラーが発生します。
列挙値をパラメータとしてメソッドを呼び出すと、同様にエラーが発生します。
これらの .NET の問題はいずれも修 正されました。

0154899フィールドをクリックした際に数値フィールドのフォーカスがゼロ値を強調表示しない

この不具合は修正されました

0154919VL Web ページのアプリケーションでメニュー項目を右クリックすると致命的エラーが発生する

この不具合は修正されました

0154921
0155027
複数回使用されるイメージのロードが一回しか行われない

異なる再利用可能パーツに含まれる場合、画像が複数回ダウンロードされていまし たが、一回のみダウンロードされるようになりました。
この不具合は修正されました

0154927アンセスターのページを持つWebページを編集中にエディタが終了する

この不具合は修正されました

0154957ポップアップが開いた後、Web ページのヒントが動かない

この不具合は修正されました

0154964ウィンドウサイズを125%に設定して実行している場合、リストとアイコンが切れてしまう

この不具合は修正されました

0154987リストに親がない場合、List.VerticalPositionTo が異常終了する

この不具合は修正されました

0154988Web ページアプリケーションの新しくロードされたリストで List.VerticalPositionTo が無視される

この不具合は修正されました

0155000ColumnVisible が Web ページアプリケーションでトグルされていると prim_list カラムからテキストが消える

この不具合は修正されました

0155002Web ページアプリケーションで Define_Com の順番を変更するとPRIM_DESN の問題が発生する

この不具合は修正されました

0155009レスポンシブな 社員のサンプルにデスクトップビューを追加

レスポンシブなサンプルアプリケーションである社員エディタ: タブレ ット/スマートフォンだったものが、社員エディタで以下のように変更されましたデスクトップ/タブレット/スマートフォン

0155012IBM i:複数の Web プロファイル使用時の WAM セッションエラー

この不具合は修正されました

0155048Web ページアプリケーション内の非英語文字に対して、暗号化/復号化の組み込み関数が稼働しない

Web ページは ENCRYPT/DECRYP 組み 込み関数と一致する 暗号化/復号化の組み込み関数をサポートします。 但し、非英語文字に関してはアルゴリズムに誤りがありました。
この不具合 は修正されました

0155071常に手前のフォームに、親フォームが必要

V13 SP1 はそうではありませんでした。
この不具合は修正されました

0155074IDE から RDML ソースコードを印刷すると、出力結果が文字化けする

この不具合は修正されました

0155184Web ページが読み取り専用モードで開かれているときにフィールドをチェックアウトしようとすると、IDE がハングする

この不具合は修正 されました

0155186サーバーモジュールのセッションキーメソッドを構成可能に

V14 において、サーバーモジュールは常に (JSON) ペイロードの一部として、セ ッションキーを受け渡していました。

これは、構成変更可能になりました。代わりに(セキュアな)クッキーの一部としてセッションキーを渡し たいのであれば、SessionKeyMethod プロパティを使用してください。これいにより、同一セッションで複数のタブやフレームを共有することができるようにな ります。

0155213スタートアップ後にリポジトリを選択した際、タブが自動非表示になっている場合、致命的エラーが発生する

この不具合は修正されました

0155229#SYS_APPLN.ScreenWidth/ScreenHeight がVL WEB に誤った値を返す

この不具合は修正されました

影響があるオブジェクト

オブジェクト名ディレクトリ
140010
lansa.exe\lansa
Lansa.Wix.CustomActions.dll\lansa
Lansa.Wix.Projects.dll\lansa
liib.exe\lansa
liimeng.msg\lansa
liimfra.msg\lansa
liimjpn.msg\lansa
liio.dll\lansa
liis.dll\lansa
liiv.dll\lansa
liiy.dll\lansa
lpcmnfra.bnd\lansa
lpcmnjpn.bnd\lansa
lpcr.bnd\lansa
lpcrfra.bnd\lansa
lpcrjpn.bnd\lansa
lpjpn.bnd\lansa
lppa.bnd\lansa
lppafra.bnd\lansa
lppajpn.bnd\lansa
lpvofra.bnd\lansa
lxutil.dll\lansa
x_base.dll\lansa
x_Cbc1.dll\lansa
x_Cbv1.dll\lansa
x_Cbv2.dll\lansa
x_dnp.dll\lansa
x_dom.dll\lansa
x_lpc.dll\lansa
x_netdnp.dll\lansa
x_prim.dll\lansa
x_RdrCbv140.dll\lansa
x_RdrCbv240.dll\lansa
x_RdrVo40.dll\lansa
x_res.dll\lansa
x_rom.dll\lansa
x_wpf40.dll\lansa
x_wpfcbv140.dll\lansa
x_wpfcbv240.dll\lansa
x_wpfcbv340.dll\lansa
*.*\lansa\imports\ConstructDemo
*.*\lansa\imports\samples
*.*\lansa\imports\std_widgets
*.*\lansa\imports\WebSampleApps
Lansa.Wix.CustomActions.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
lpcmnfra.bnd\X_WIN64\X_LANSA\execute
lpcmnjpn.bnd\X_WIN64\X_LANSA\execute
lpcr.bnd\X_WIN64\X_LANSA\execute
lpcrfra.bnd\X_WIN64\X_LANSA\execute
lpcrjpn.bnd\X_WIN64\X_LANSA\execute
lpjpn.bnd\X_WIN64\X_LANSA\execute
lppa.bnd\X_WIN64\X_LANSA\execute
lppafra.bnd\X_WIN64\X_LANSA\execute
lppajpn.bnd\X_WIN64\X_LANSA\execute
lpvofra.bnd\X_WIN64\X_LANSA\execute
lxutil.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
w3wsrvpgm.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
w3wsrvpgx.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_base.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_bifms.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_Cbc1.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_Cbv1.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_Cbv2.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_comp.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_dbg.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_dnp.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_dom.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_lpc.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_netdnp.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_pdfms.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_prim.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_RdrCbv140.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_RdrCbv240.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_RdrVo40.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_rom.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_ssv.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_start.exe\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_var.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_wpf40.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_wpfcbv140.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_wpfcbv240.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_wpfcbv340.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_bldenv.dat\X_WIN95\X_LANSA
x_filtyp.dat\X_WIN95\X_LANSA
ledhlp01.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
ledrd008.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
lefnwwp2.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
lefnwwp5.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
lefnwwpg.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
lejqm006.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
leproc02.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
leref01.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
letcpcmp.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
letw1001.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
letwamds.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levhm005.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levhm015.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levhm016.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levhm018.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levweb02.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levweb03.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levweb13.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levweb14.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levweb15.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levweb17.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levweb18.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
lpcmnfra.bnd\X_WIN95\X_LANSA\execute
lpcmnjpn.bnd\X_WIN95\X_LANSA\execute
lpcr.bnd\X_WIN95\X_LANSA\execute
lpcrfra.bnd\X_WIN95\X_LANSA\execute
lpcrjpn.bnd\X_WIN95\X_LANSA\execute
lpjpn.bnd\X_WIN95\X_LANSA\execute
lppa.bnd\X_WIN95\X_LANSA\execute
lppafra.bnd\X_WIN95\X_LANSA\execute
lppajpn.bnd\X_WIN95\X_LANSA\execute
lpvofra.bnd\X_WIN95\X_LANSA\execute
lxutil.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
w3wsrvpgm.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
w3wsrvpgx.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_base.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_bifms.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_Cbc1.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_Cbv1.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_Cbv2.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_comp.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_dbg.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_dnp.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_dom.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_lpc.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_netdnp.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_pdfms.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_prim.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_RdrCbv140.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_RdrCbv240.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_RdrVo40.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_rom.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_ssv.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_start.exe\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_var.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_wpf40.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_wpfcbv140.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_wpfcbv240.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_wpfcbv340.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
xlvlic02.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
xpddpb.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
xpninst.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
xpsrvdpl.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
xvdapi01.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
xvfcltdt.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
ServerModules.sss\X_WIN95\X_LANSA\source
wiz00010.sss\X_WIN95\X_LANSA\source
x_funstr.h\X_WIN95\X_LANSA\source
msi.wxs\X_WIN95\X_LANSA\x_apps\x_wix\Source
*.*\X_WIN95\X_LANSA\web\vl\lansa_14_0_1_0
140011
lansaweb.dll\WebServer\IISPlugin\lansaweb
lansaweb.dll\WebServer\IISPlugin\lansaweb64
*.*\WebServer\images\lansatools

IBM i コンポーネント: 

オブジェクト名オブジェクト・タイプライブラリ
LXUTIL*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
W3XSVPGM*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
W3XSVPGV*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
W3XSVPGX*SRVPGMLANSA通信ライブラリ
DC@FPI*PFDTALANSA データベース ライブラリ
AVLWEB*SAVFLANSA プログラム ライブラリ
PERSYSX*SAVFLANSA プログラム ライブラリ
VFIWAM*SAVFLANSA プログラム ライブラリ
VLF_SV17*SAVFLANSA プログラム ライブラリ
X_BASE*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_BIF*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_COMP*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_DBG*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_PDF*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_PRIM*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_SSV*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_VAR*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
DC@P0001*PGMLANSA プログラム ライブラリ
DC@P500101*PGMLANSA プログラム ライブラリ
DC@P500102*PGMLANSA プログラム ライブラリ
DC@P500103*PGMLANSA プログラム ライブラリ
DC@P500104*PGMLANSA プログラム ライブラリ
DC@P500105*PGMLANSA プログラム ライブラリ
DC@P500106*PGMLANSA プログラム ライブラリ
DC@P500107*PGMLANSA プログラム ライブラリ
DC@P500108*PGMLANSA プログラム ライブラリ
DC@P500109*PGMLANSA プログラム ライブラリ
DC@P6234*PGMLANSA プログラム ライブラリ
DC@P6235*PGMLANSA プログラム ライブラリ
DC@P8113*PGMLANSA プログラム ライブラリ
DCXP6235*PGMLANSA プログラム ライブラリ
lpcmnfra.bndSTMF../x_lansa
lpcmnjpn.bndSTMF../x_lansa
lpcr.bndSTMF../x_lansa
lpcrfra.bndSTMF../x_lansa
lpcrjpn.bndSTMF../x_lansa
lpvofra.bndSTMF../x_lansa
x_funstr.hSTMF../x_lansa/source

インストール手順

  1. QSECOFR、QSECOFR グループ、*ALLOBJ と *SECADM 特殊権限のあるユーザープロファイルでサインオンしてください。サインオン後、ジョブのCCSIDが5035であることをご確認ください。
  2. この EPC を適用する前に、全ての LANSA フォルダ、システム・ライブラリ、全ての LANSA IFS オブジェクト (LANSA_pgmlib/x_lansa) のバックアップを取得してください。
  3. EPC を適用する前に、LANSA システムのロックが必要です。アクティブなユーザーを調べるには、LANSA iSeriesオブジェクトインストールガイドの付録B:アクティブ・ユーザーの確認方法 をご参照ください。
  4. リスナージョブ、ホストモニターを終了してください。 Web サーバーを終了し、 LANSA for the Web のクリーンアップ プログラムを実行してください。
  5. IBM i 上の IFS フォルダ( 例: /LANSA_pgmlib/tmp/epc140010′ )へ、解凍された EPC140010 ファイルを移動してください。
  6. この EPC には、以下のオプションを使用してください。
    1. EPC のインストール元 = *IFS
    2. EPC の適用先 = FULL_LANSA_SYSTEM
  7. ジョブのライブラリ・リストにLANSAのプログラムライブラリを追加しなくてよいように、LOADEPC コマンドを実行する前に、以下のコマンドを実行してください。
    CHGCMD CMD(pgmlib/LOADEPC) PGM(pgmlib/DC@LCP120)
  8. LOADEPC コマンドを、以下のパラメータと共に実行してください。

    pgmlib/LOADEPC と入力し、コマンド4 (F4)を押して、(バッチで実行可能な)コマンドのプロンプトを表示させます。

    EPC 番号 … . . . . . . . . > 140010
    EPC のインストール元 .. . . . . >*IFS
    IFS パス及びオブジェクト名 .. . .例. /LANSA_pgmlib/tmp/epc140010

    EPCの適用先 .. . . . . FULL_LANSA_SYSTEM
    LANSA プログラム・ライブラリ .. . . . pgmlib

  9. 以下のような場合には、インストールを開始する前に、サインオフし、再度サインオンします。
    • この EPC を他の LANSA システムに適用する
    • 同じ LANSA システムに違う EPC を適用する

コマンド LOADEPC が、LANSA Web サーバー管理ライブラリで使用可能になりました。以下の手順にしたがってください。

  1. Web サーバーに LANSA for the Web をインストールまたはアップグレードをしていない場合、ステップ2を続ける前にそれらの作業を行ってください。
  2. この EPC を適用する前に、全ての LANSA フォルダ、システム・ライブラリ、全ての LANSA IFS オブジェクト(LANSA_pgmlib/x_lansa) のバックアップを取得してください。
  3. Web サーバーを終了し、LANSA for the Web クリーンアッププログラムを実行します。クリーンアップ手順については、LANSA オンラインドキュメントの13.5.6 システムのクリーンアップ を参照してください。
  4. 現行のライブラリリストを表示してください。QTEMP が見つからない場合は、ADDLIBLE コマンドを使ってそれを追加してください。
  5. IBM i のIFS フォルダ( 例: /LANSA_pgmlib/tmp/epc140010' )へ、解凍された EPC140010 ファイルを移動してください。
  6. この EPC には、以下のオプションを使用してください。
    1. EPC のインストール元 = *IFS
    2. EPC の適用先 = FULL_LANSA_SYSTEM
  7. LOADEPC コマンドを、以下のパラメータと共に実行してください。

    CHGCMD CMD(admlib/LOADEPC) PGM(admlib/DC@LCP120)

    admlib/LOADEPC と入力し、コマンド4 (F4)を押して、(バッチで実行可能な)コマンドのプロンプトを表示させます。

    EPC 番号 … . . . . . . . . > 140010
    EPC のインストール元 .. . . . . > *IFS
    IFS パス及びオブジェクト名 .. . . 例: /LANSA_admlib/tmp/epc140010

    EPC の適用先 … . . . . LANSA_WEB_SERVER
    LANSA web サーバー管理ライブラリ .. . . .  ADMLIB 

  8. インストールで作成されたバックアウト・ライブラリを、保管してから削除してください。(iiiEPCnn の場合、iii = LANSA プログラム・ライブラリの最初の3文字、nn = 連番です。)ライブラリの内容は、システムを EPC の適用前の状態に戻す際に使用します。
  9. 以下のような場合には、インストールを開始する前に、サインオフし、再度サインオンします。
    • この EPC を他の LANSA システムに適用する
    • 同じ LANSA システムに違う EPC を適用する
  1. EPC を適用する前に、全ての LANSA フォルダと LANSA データベースのバックアップを取得しておくことをお勧めします。
  2. LANSA 開発環境の使用を中止し、現在実行中の全ての LANSA アプリケーションを停止します。
  3. AllEPCs.exe をダブルクリックします。注:最近のバージョンの Windows、例えば Windows 8.1 では、右クリックをし、"管理者として実行" を選択する必要があります。
  4. “セットアップ"ボタンを選択します。処理を進めたくない場合は、"キャンセル"を選択します。
  5. 複数の構成をインストールしている場合は、EPC を適用する構成を選択してください。
  6. PC を再起動するようにプロンプトが表示された場合は、 再起動してください。
  7. インストールされた EPC の詳細を確認するには、以下の手順に従ってください。
    1. LANSA にサインイン
    2. ヘルプメニューを選択
    3. 製品情報を選択
    4. インストール明細タブを選択
    5. インストール/EPC サマリーの項目を拡張表示
    6. 最新項目を確認

“EPC140010” をダウンロード EPC140010.exe – 0 回のダウンロード – 330 MB

Posted by lansa