EPC140020

注:ダウンロードには保守契約ユーザーログインが必要です。
保守契約ユーザーについてのお問い合わせは お問い合わせフォーム よりお願いします。
ログインは こちら から

“EPC140020” をダウンロード EPC140020.exe – 0 回のダウンロード – 61 MB


日付: 2016年4月

LANSA V14 の EPC140020

  • Android デバイスの入力フィールドに関するユーザビリティと機能性の様々な VL Web の修正
  • ポートが使用中の場合の IBM i LANSA リスナーの再開始遅延の問題を解消
  • 小数点がカンマの場合に複数言語環境の数値データの制御の修正
  • V14 EPC140010 以降に出荷された全てのパッチ
製品Visual LANSA 及び LANSA/AD
LANSA for the Web
バージョン14
前提条件V14 EPC140010
特記事項ユーザーアクション:EPC 適用後、Web コンポーネント(Web ページ、再利用可能パーツ、ウィジェット)を再コンパイルした場合、VL Web ランタイムのパフォーマンスの変更や改善を有効にするためには、javascript を生成する全てのコンポーネントを再コンパイルする必要があります。LANSA は互換性の問題を避けるため、この EPC の適用後、すべての Web アプリケーションを再コンパイルすることを推奨します。

バージョン14 の全ての Visual LANSA EPC には Windows 及び IBM iのシステムに適用されなくてはいけない更新が含まれています。(スタンドアロンの Visual LANSA 開発環境は Windows の更新のみ必要です。)両方の開発環境のアップグレードを行わないと、ホストモニターやスーパーサーバーのアプリケーションがオペレーション不能になります。開発環境のサーバー側/クライアント側の両方に EPC を適用せずにホストモニターやスーパーサーバー・アプリケーションを使用しようとすると、EPC ミスマッチエラーが発生します。

EPC を適用する各プラットフォームの LANSA 環境の全バックアップを取得してください。

IBM i 固有の特記事項IBM i に関するインストラクションは、IBM i についてのしっかりした知識があると処理がしやすいでしょう。
QSECOFR、QSECOFR グループ、*ALLOBJ と *SECADM 特殊権限のあるユーザープロファイルを使用してください。

EPC を適用する前に、Web サーバを終了して、LANSA for the Web クリーンアッププログラムを実行してください。

リスナー及びホストモニターがアクティブになっている場合は、終了させてください。

アップデートする LANSA システムで LANSA Integrator が使用されている場合は、終了させてください。

パッチ以下のパッチはこの EPC により置換されます:

IBM i:
HF140001
HF140002
Windows:
EPC140010HF_160322
EPC140010HF_160324
EPC140010HF_160329
EPC140010HF_160414

EPC をインストールする手順

EPC140020 には、IBM i のマシン及び Windows のマシンにインストールされるべきソフトウェアが含まれています。 ここでは、提供されるアイテムの導入と使用方法を説明します。

  1. EPC140020.exe を Web サイトからダウンロードします。
  2. EPC140020.exe をダブルクリックして解凍します。以下のファイルが解凍されます。
    • AllEPCs.exe – 複数の Windows EPC インストール実行ファイル
    • AllEPCs.ini – AllEPCs コントロールファイル
    • EPC140020 – IBM i 保管ファイル
    • EPC140020w.exe – Windows 側 Visual LANSA インストール 実行ファイル

提供されるインストラクション:

変更の詳細

問題番号説明
015404465535 行印刷後、ページブレイクが発行される

この不具合は修正されました
ユーザーアクション:
影響のあるファンクションを再コンパイルする必要があります。

0154813
0154832
0155457
Android デバイスの様々な編集の問題

これにより、Android デバイスの入力フィールドに関する様々なユーザビリティと機能性の問題を修正します。例、パスワードフィールドの値が表示される。
この不具合は修正されました

0154899フィールドをクリックした際に数値フィールドのフォーカスがゼロ値を強調表示しない

この不具合は修正されました

0155330
0155250
Web の編集ボックスがブラウザの右クリックメニューを表示しない

コピー/貼り付けなどの基本的な機能が使用できるよう、編集ボックスの右クリックメニューは使用可能でなくてはいけません。
この不具合は修正されました

0155370VL Web のブール値のビジュアライゼーションの問題

Web ページまたは再利用可能パーツのブール値で使用されるフィールドビジュアライゼーションのため、値が変更されるとアプリケーション・エラーが引き起こされます。
この不具合は修正されました

0155529アプリケーション・エラー後、エラー制御ロジックの代わりにアベンドが発生する

メッセージのループ処理に入る前に最初のフォームを表示しようとした際に起こる可能性があるVL ランタイムエラー後のシャットダウン時にアクセスバイオレーションのアベンドが発生します。
この不具合は修正されました

0155536
0155463
0155507
0155565
0155609
0155610
0155619
リスナーの停止と再開始を早く行いすぎると CreateListenSocket (bind) エラーが発生する場合がある

新しいオプション “ポートの排他使用可能" がIBM i で使用可能になり、ポートが使用中かどうかのチェックを外すことができるようになりました。これは現時点では手動で変更します。詳細については、LANSAテクニカルホットラインサービスにお問い合わせください。

0155542Android 4.2.2 のデフォルトブラウザでBLOB のロードに失敗する

この不具合は修正されました

0155559
0155777
サーバーモジュールが正しくない小数値を受け取る

小数点がカンマのシステムでサーバーモジュールを実行した場合、小数がある入力値が間違ってマップされてしまいます。

この不具合は修正されました

0155572長さが指定されていないと、RightAdjust 関数がVL web で動きませんでした。

この不具合は修正されました

0155578IE11 でのみ、UDC コントロールの入力値にフォーカスがセットされない

Prim_Tree 及び Prim_Tile に、編集コントロールをクリックするとそのコントロールが乗っているコントロールに誤ってフォーカスが当たってしまうという、IE11 でのみ発生する問題がありました。
この不具合は修正されました

0155632サーバーモジュールから Web ページに送られるリストデータが不正

サーバーモジュールから直接 PRIM_LIST コンポーネントに入れられるリストに空白文字があった場合、PRIM_LIST が不正な値を表示することがあります。

この不具合は修正されました

0155652不完全なキャッシュマニフェストがオフラインアプリケーションでアニメーションの問題を引き起こす

LANSA の CSS ファイルがキャッシュマニフェストの LANSA ライブラリセクションにない場合、オフラインアプリケーションでアニメが動かなくなる場合があります。

この不具合は修正されました。

影響があるオブジェクト

オブジェクト名ディレクトリ
140020
Lansa.Wix.Projects.dll\lansa
liio.dll\lansa
liiy.dll\lansa
x_base.dll\lansa
x_Cbv1.dll\lansa
x_prim.dll\lansa
w3wsrvpgx.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_base.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_Cbv1.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_prim.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
w3wsrvpgx.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_base.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_Cbv1.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_prim.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
*.*\X_WIN95\X_LANSA\web\vl\lansa_14_0_2_0

IBM i コンポーネント:

オブジェクト名オブジェクト・タイプライブラリ
LCOMGR40*SRVPGMLANSA通信ライブラリ
W3XSVPGX*SRVPGMLANSA通信ライブラリ
X_BASE*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_COMP*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_DBG*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_PRIM*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_VAR*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_BOTP*PGMLANSA プログラム ライブラリ
VL_WEB_RUN_TIMEDIR/x_lansa/web/vl/lansa_14_0_2_0

インストール手順

特記事項 IBM i Power 5 ハードウェアをご使用の場合:ハードウェア変換のため、VLF保管ファイルからインポートする際、もしくは LANSA リスナーに最初に接続する際に遅延が発生する可能性があります。この変換は1回のみ発生します。

  1. QSECOFR、QSECOFR グループ、*ALLOBJ と *SECADM 特殊権限のあるユーザープロファイルでサインオンしてください。サインオン後、ジョブのCCSIDが5035であることをご確認ください。
  2. この EPC を適用する前に、全ての LANSA フォルダ、システム・ライブラリ、全ての LANSA IFS オブジェクト (LANSA_pgmlib/x_lansa) のバックアップを取得してください。
  3. EPC を適用する前に、LANSA システムのロックが必要です。リスナージョブ、ホストモニターを終了してください。 Web サーバーを終了し、 LANSA for the Web のクリーンアップ プログラムを実行してください。
  4. アクティブなユーザーを調べるには、LANSA iSeriesオブジェクトインストールガイドのアクティブ・ユーザーの確認方法 をご参照ください。
  5. IBM i 上の IFS フォルダ( 例: /LANSA_pgmlib/tmp/epc140020′ )へ、解凍された EPC140020 ファイルを移動してください。
  6. この EPC には、以下のオプションを使用してください。
    1. EPC のインストール元 = *IFS
    2. EPC の適用先 = FULL_LANSA_SYSTEM
  7. ジョブのライブラリ・リストにLANSAのプログラムライブラリを追加しなくてよいように、LOADEPC コマンドを実行する前に、以下のコマンドを実行してください。
    CHGCMD CMD(pgmlib/LOADEPC) PGM(pgmlib/DC@LCP120)
  8. LOADEPC コマンドを、以下のパラメータと共に実行してください。

    pgmlib/LOADEPC と入力し、コマンド4 (F4)を押して、(バッチで実行可能な)コマンドのプロンプトを表示させます。

    EPC 番号 … . . . . . . . . > 140020
    EPC のインストール元 .. . . . . >*IFS
    IFS パス及びオブジェクト名 .. . .例. /LANSA_pgmlib/tmp/epc140020

    EPCの適用先 .. . . . . FULL_LANSA_SYSTEM
    LANSA プログラム・ライブラリ .. . . . pgmlib

  9. DSPJOBLOG OUTPUT(*PRINT) と入力・実行し、LOADEPC コマンドが行ったジョブログの記録を保管してください。
  10. 以下のような場合には、インストールを開始する前に、サインオフし、再度サインオンします。
    • この EPC を他の LANSA システムに適用する
    • 同じ LANSA システムに違う EPC を適用する

コマンド LOADEPC が、LANSA Web サーバー管理ライブラリで使用可能になりました。以下の手順にしたがってください。

  1. Web サーバーに LANSA for the Web をインストールまたはアップグレードをしていない場合、ステップ2を続ける前にそれらの作業を行ってください。
  2. この EPC を適用する前に、全ての LANSA フォルダ、システム・ライブラリ、全ての LANSA IFS オブジェクト(LANSA_pgmlib/x_lansa) のバックアップを取得してください。
  3. Web サーバーを終了し、LANSA for the Web クリーンアッププログラムを実行します。クリーンアップ手順については、LANSA オンラインドキュメントの13.5.6 システムのクリーンアップ を参照してください。
  4. 現行のライブラリリストを表示してください。QTEMP が見つからない場合は、ADDLIBLE コマンドを使ってそれを追加してください。
  5. IBM i のIFS フォルダ( 例: /LANSA_pgmlib/tmp/epc140020' )へ、解凍された EPC140020 ファイルを移動してください。
  6. この EPC には、以下のオプションを使用してください。
    1. EPC のインストール元 = *IFS
    2. EPC の適用先 = FULL_LANSA_SYSTEM
  7. LOADEPC コマンドを、以下のパラメータと共に実行してください。

    CHGCMD CMD(admlib/LOADEPC) PGM(admlib/DC@LCP120)

    admlib/LOADEPC と入力し、コマンド4 (F4)を押して、(バッチで実行可能な)コマンドのプロンプトを表示させます。

    EPC 番号 … . . . . . . . . > 140020
    EPC のインストール元 .. . . . . > *IFS
    IFS パス及びオブジェクト名 .. . . 例. /LANSA_admlib/tmp/epc140020

    EPCの適用先 .. . . . . LANSA_WEB_SERVER
    LANSA web サーバー管理ライブラリ .. . . .  ADMLIB 

  8. インストールで作成されたバックアウト・ライブラリを、保管してから削除してください。(iiiEPCnn の場合、iii = LANSA プログラム・ライブラリの最初の3文字、nn = 連番です。)ライブラリの内容は、システムを EPC の適用前の状態に戻す際に使用します。
  9. 以下のような場合には、インストールを開始する前に、サインオフし、再度サインオンします。
    • この EPC を他の LANSA システムに適用する
    • 同じ LANSA システムに違う EPC を適用する
  1. EPC を適用する前に、全ての LANSA フォルダと LANSA データベースのバックアップを取得しておくことをお勧めします。
  2. LANSA 開発環境の使用を中止し、現在実行中の全ての LANSA アプリケーションを停止します。
  3. AllEPCs.exe を右クリックし、"管理者として実行" を選択します。
  4. “セットアップ"ボタンを選択します。処理を進めたくない場合は、"キャンセル"を選択します。
  5. 複数の構成をインストールしている場合は、EPC を適用する構成を選択してください。
  6. PC を再起動するようにプロンプトが表示された場合は、 再起動してください。
  7. インストールされた EPC の詳細を確認するには、以下の手順に従ってください。
    1. LANSA にサインイン
    2. ヘルプメニューを選択
    3. 製品情報を選択
    4. インストール明細タブを選択
    5. インストール/EPC サマリーの項目を拡張表示
    6. 最新項目を確認

“EPC140020” をダウンロード EPC140020.exe – 0 回のダウンロード – 61 MB

Posted by lansa