EPC142040

注:ダウンロードには保守契約ユーザーログインが必要です。
保守契約ユーザーについてのお問い合わせは お問い合わせフォーム よりお願いします。
ログインは こちら から

“EPC142040” をダウンロード epc142040.exe – 3 回のダウンロード – 101 MB


日付: 2019 年 1 月

LANSA V14 SP2 の EPC142040

このEPCには、以下の内容が含まれます。

  • 配布ツールの最新の修正と機能拡張
  • 「非表示」としてマークされているコントロールが IDE デザイナで表示される問題を修正
  • EPC142030 以降に出荷された全てのパッチを含む、様々な修正と機能拡張
製品Visual LANSA 及び LANSA/AD
バージョン14
前提条件V14 SP2 EPC142030
特記事項バージョン14 の全ての Visual LANSA EPC には Windows 及び IBM iのシステムに適用されなくてはいけない更新が含まれています。(スタンドアロンの Visual LANSA 開発環境は Windows の更新のみ必要です。)両方の開発環境のアップグレードを行わないと、ホストモニターやスーパーサーバーのアプリケーションがオペレーション不能になります。開発環境のサーバー側/クライアント側の両方に EPC を適用せずにホストモニターやスーパーサーバー・アプリケーションを使用しようとすると、EPC ミスマッチエラーが発生します。

EPC を適用する各プラットフォームの LANSA 環境の全バックアップを取得してください。

IBM i 固有の特記事項IBM i に関するインストラクションは、IBM i についてのしっかりした知識があると処理がしやすいでしょう。
QSECOFR、QSECOFR グループのユーザープロファイルを使用してください。

インストール/アップグレード/LOADEPC の処理によって使用されるリストアコマンドパラメータ FRCOBJCVN はFRCOBJCVN (*YES *RQD) を使用します。そのため、 システム値 QFRCCVNRST は 0, 1 または 2 でなくてはいけません。

EPC を適用する前に、Web サーバを終了して、LANSA for the Web クリーンアッププログラムを実行してください。

リスナー及びホストモニターがアクティブになっている場合は、終了させてください。

アップデートする LANSA システムで LANSA Integrator が使用されている場合は、終了させてください。

ユーザーアクションVisual LANSA において、この EPC にて提供される最新のウェブレットの変更をインポートするために、区画の初期化にてWAM 開発 の選択・実行が必要です。LANSA/AD に EPC を適用すると、ウェブレットが自動的に適用されます。このステップは問題番号 0161232 について必要です。「Visual LANSAシステムの初期化」を参照してください。
IBM i 側のみ、サンプルマテリアルが更新されました。不足していたウィジェットが追加されました。管理タスクメニューから、区画の初期化を選択し、WEBDFLS をインポートしてください。「LANSA/AD システムの初期化」を参照してください。 (0161347)
配布に関する注意事項この EPC は以前のバージョンのパッチとして配布することができます。パッケージの新しいバージョンをV14 SP2 GAで作成しなおす必要があります。詳しくはこちらのページをご参照ください(英語)。
パッチ以下のパッチはこの EPC により置換されます:

Windows:
EPC142030HF_181129
EPC142030HF_181205
EPC142030HF_181212
EPC142030HF_181217
EPC142030HF_181219
EPC142030HF_181220
EPC142030HF_1890102
IBM i:
HF142014
HF142015

EPC をインストールする手順

EPC142040 には、IBM i のマシン及び Windows のマシンにインストールされるべきソフトウェアが含まれています。 ここでは、提供されるアイテムの導入と使用方法を説明します。

  1. EPC142040.exe を Web サイトからダウンロードします。
  2. EPC142040.exe をダブルクリックして解凍します。以下のファイルが解凍されます。
    • AllEPCs.exe – 複数の Windows EPC インストール実行ファイル
    • AllEPCs.ini – AllEPCs コントロールファイル
    • EPC142040 – IBM i 保管ファイル
    • wEPC142040.exe – Windows 側 Visual LANSA インストール 実行ファイル
    • wEPC142043.exe – Windows の LANSA for the Web サーバー インストール実行ファイル

提供されるインストラクション:

変更の詳細

問題番号説明
0160476Visual LANSA のデバッグ機能の改善

デバッグ値ビューは正しくソートされるようになりました。

デバッグ値はマウスオーバーのヒントに表示されるようになりました。

0160495Visual LANSA Web のマテリアルデザインの日付ピッカーの日付形式を変更

この機能拡張は、この EPC に含まれています。

日付形式は実行時にハードコーディングされていたものから、現在の言語に関連したロケールファイルの 「dateDayMonthFormat」エントリーによって制御されるようになりました。その為、言語ごとに形式を変えられます。

0160501カレンダーに表示される日付形式を YYYYMM に変更できる機能の追加

この不具合は修正されました。

0160514StartSession Timeout パラメータに -1 を設定した際のセッションタイムアウト処理

変更前は、タイムアウトの期限が過ぎた後、無期限の WAM セッションが「Web アプリケーションのセッションが終了しました」とのエラーを生成していました。この修正により、無期限の WAM セッションは必ず期限切れにならないようになりました。
この不具合は修正されました。

0160611ルールやトリガーのついたショートネームフィールドからロングネームフィールドへのコピーでエラー

この不具合は修正されました。

0160635クイックルールが「#」を使用するようにハードコーディングされており、フランス語のシステムでは不正なルールとなっていました。

この不具合は修正されました。

0160706マテリアルデザインコントロールの「Validate」メソッドを使用した際、言語変数のテキストが表示されない

この機能拡張は、この EPC に含まれています。

0160966SET_REF Com_Error(*SET_NULL) パラメータを設定しても、LANSA 実行時エラーが発生する

このオプションの設定により、Visual LANSA Web 実行時のスクリプトエラーは制御されるべきです。
この不具合は修正されました。

0161034ファイル名に % のついた LANSA 以外のファイルを MSI パッケージに含めることができない

この問題は、%の文字に限ったものではありません。WIX の制限により、名前は [a-zA-Z0-9._] に制限されていました。Visual LANSA は、使用されるコードページによってサポートされる全ての文字の使用を許可するアルゴリズムを使用するようになりました。ただ、WIX/VB にいくつかの制限がまだあります(例: ファイル名に「$$」を含めない)。

この EPC 以前は、70文字以上になる長いディレクトリやファイル名については、名前の長さについての警告が発行されていました。新しいアルゴリズムが、これらの長い名前に適用され、警告が発行されなくなりました。副作用として、長い名前を含む142040 以前の msi/msp のパッチを適用する際、アンインストール不可にする必要があります。もしアンインストール不可のチェックボックスのチェックを外さなかった場合、フォームから致命的エラーが発生します。

FX 414710b198e270d9118a35ee1570805f4a3e3c8b/c_Webserver.Images.Style.Jquery.Ui_lightness.Images が追加されました。これがパッチをアンインストール不可にしています。

この不具合は修正されました。

0161074各セルの最大長が異なる場合、リストに入力する際の振る舞いがおかしい

この不具合は修正されました。

0161100カスタム日付形式 (YYYYMM) プロパティが Visual LANSA Web でサポートされない

この不具合は修正されました。

0161133ItemsPerRow が PRIM_TREE で使用可能であるべき

PRIM_TREE は ItemsPerRow プロパティ をサポートするようになりました (WEB のみ)。これによりユーザーは、既に PRIM_MD.List でできているのと同様に、レスポンシブなカードコレクションを作成することができます。
この機能拡張は、この EPC に含まれています。

0161149PRIM_MD.Input CaptionColor/HelperColor の問題

二つの変更を実装
1. CaptionColor は HelperText を変更すべきではない。 HelperColor のみ変更すべきである。
2. これらは PRIM_MD.ListEdit/ListSpinEdit/ListDateTime で発行されるが、動かない。
この不具合は修正されました。

0161155レイアウトのリボンシートに PRIM_MD.List のレイアウトグループが表示されない

この不具合は修正されました。

0161161マテリアルデザインのテーマ付き Web ページ上の PRIM_PHBN が正しくないマウスオーバーカラーを表示する

この不具合は修正されました。

0161162コンボボックスで Tab キーを押すと、値が選択されない

この不具合は修正されました。

0161163Autosuggest が Web ページでは機能するが、ダイアログビューでは機能しない

この不具合は修正されました。

0161166配布の自動化の為に git リポジトリのセットアップをするよう VL インストールを改善

この機能拡張は、この EPC に含まれています。
詳しくは、配布ツールのマニュアルをご参照ください。

0161189サポート対象のブラウザで、編集コードの振る舞いを標準化

この不具合は修正されました。

0161193V14 SP2 より RDMLX のソースタブでヒントが表示されない

V14 SP2 より、ソースタブにて、定義のセクションでフィールドにマウスをホバーすると、ヒントが表示される場合とされない場合がある。ルーチンでは、ヒントは表示されない。
この不具合は修正されました。

0161200テーマが読み取り専用の場合、カラータブのスクロールバーがアクティブにならない

この不具合は修正されました。

0161205
0161422
EPC142020 適用後、Loaded イベントが機能しない

この不具合は修正されました。

0161207ShowError() が IDE にてシンタックスエラーを生成せず、実行時に失敗する

showerror() のような空のセレクタが、ソースエディタで警告やエラーを発行しませんでした。
この不具合は修正されました。

0161208PRIM_DCOL RemoveAll メソッドが、キーオブジェクトへのリファレンスを削除しない

この不具合は修正されました。

0161217EPC142030 により、配布ツールのコントロールパネル設定が使用不可に見える

Visual LANSA IDE は EPC 142030 でマテリアルデザインのテーマを実装しました。マテリアルデザインのテーマは、2015のテーマと違い、カラムヘッダーにライトグレーのテキストを使用しており、これにより、配布ツールで themedrawstyles がどのように使用されているかの問題が浮き彫りになりました。配布ツールのコントロールパネル設定は、使用不可もしくは読み取り専用に見えます。EPC142040 では、配布ツールは、問題を引き起こした ThemeDrawStyles を使用しなくなりました。

0161218リポジトリリストからファンクションを追加すると、既存のプロセスファンクションを削除する

この修正により、リポジトリリストの追加によって追加されたファンクションが、同じプロセスからパッケージに既に含まれている可能性のあるファンクションとともに、含まれるようになります。
この不具合は修正されました。

0161222
0161287
EPC 142030環境で std_anchor ウェブレットの URL パラメータが機能しない

この不具合は修正されました。

0161228複数行のキャプションを使用した際に、Web expander マテリアルデザイン・コントロールが誤ってサイジングされる

この不具合は修正されました。

0161232V14 SP2にて、クリック可能イメージ・ウェブレットに URL 属性がない

この不具合は修正されました。
ユーザーアクション:
(WAMのみ) Windows において、区画の初期化の 「WAM開発」 を実行します。IBM i において、管理タスクメニューより、区画の初期化を選択し、WEBLETS をインポートします。

0161239Web ページにコントロールをドロップした際、自動的に LayoutItems を作成する

この不具合は修正されました。

0161248WAM で指定されたウェブルーチンがないボタンはフォームを実行しなくなりました。

もしウェブルーチンが指定されていない場合、ボタンのクリックイベントは、何もしなくなりました。以前の振る舞いは、事前に実行される Javascript が false を返さない限り、フォームを実行していました。
この不具合は修正されました。

0161263外部テーブルから参照されていなければ、フィールド定義の修正を可能にしました。

この不具合は修正されました。

0161268LWEBSF から無関係なユーザープロファイルのセキュリティ情報のレコードを削除

LWEBSF のインポートにより作成されるジョブログが、存在しないユーザープロファイルのチェックを表示していました。
この不具合は修正されました。

0161273非アクティブなタブシート上のリストのスクロールバーが正しくリセットされない

リストが非アクティブなタブシート上にある場合、縦横スクロールバーの位置をゼロに設定しても、実際にはセットされません。
この不具合は修正されました。

0161278
0161328
ダイアログで、enabled(false) とされたフィールドが、Chrome や Edge を使用時は変更できる

この不具合は修正されました。

0161289
0161299
EPC142030 環境の IDE において、コントロールの表示/非表示のオプションがない

EPC142030 適用後、「非表示」としてマークされているコントロールが IDE デザイナで表示されます。
この不具合は修正されました。

0161318配布ツール:親を設定する機能を持ったパッケージの作成

以前の振る舞いは、「新しいバージョンの作成」により、コピー元のバージョンは自動的に新しいバージョンの親として割り当てられていました。EPC142040では、この振る舞いは修正され、parent.txt はコピーされますが修正はされず、新しいバージョンの親はコピー元のバージョンと同じ内容になります。

0161327サンプルがアクティブの際、前のコンポーネントに切り替えようとすると IDE がクラッシュする

IDE で複数のコンポーネントを開いている場合、ホームやサンプルをクリックしてから、左右の矢印を使用して前のコンポーネントに切り替えようとすると、IDE のクラッシュを引き起こしていました。
この不具合は修正されました。

0161343Webサービス API をパラメータ付きで定義しようとすると IDE がクラッシュする

Web サービスを作成し、カッコつきで変数のパスを指定すると、IDE のクラッシュを引き起こします。EPC142040 では、有効なパスが入力されるようにチェックされます。
この不具合は修正されました。

0161347出荷時のテンプレートに基づいた Web アプリが、ウィジェットの不足により実行に失敗する

この不具合は修正されました。
ユーザーアクション:
これは、LANSA/AD 特有の問題です。サンプルマテリアルに、不足していたウィジェットを追加しました。IBM i において、管理タスクメニューより、区画の初期化を選択し、WEBDFLS をインポートします。

0161350スライダーに 0 以上の最小値がセットされると Web ページがクラッシュする

この不具合は修正されました。

0161373Web アプリケーションテンプレートのリストからオブジェクトを追加すると、いくつかのオブジェクトが漏れる

リストから追加される際、ビューやダイアログが配布パッケージに追加されるようになりました。
この不具合は修正されました。

影響があるオブジェクト

オブジェクト名オブジェクト タイプ
EPC142040
.gitignore\
.gitlab-ci.yml\
VLWeb.gitignore\
WAM.gitignore\
PostDeploy.ps1\autodeploy
Lansa.Wix.CustomActions.dll\lansa
Lansa.Wix.Projects.dll\lansa
liio.dll\lansa
liis.dll\lansa
liiverinfo.dll\lansa
liiy.dll\lansa
lp.bnd\lansa
lpjpn.bnd\lansa
x_res.dll\lansa
lxxf74.asc\lansa\imports\std_weblets
lxxfcr.asc\lansa\imports\std_weblets
lxxfws.asc\lansa\imports\std_weblets
lxxfwx.asc\lansa\imports\std_weblets
x_cbc1.dll\lansa
x_dbg.dll\lansa
x_prim.dll\lansa
Lansa.Wix.CustomActions.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
lp.bnd\X_WIN64\X_LANSA\execute
lpjpn.bnd\X_WIN64\X_LANSA\execute
w3wsvpgx.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_cbc1.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_dbg.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_prim.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_uimmseng.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_uimmsfra.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_uimmsjpn.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
ledeploy.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
lehfd002.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
lejbs068.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
letcpfld.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
letvalcl.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
lp.bnd\X_WIN95\X_LANSA\execute
lpjpn.bnd\X_WIN95\X_LANSA\execute
w3wsvpgx.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_cbc1.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_dbg.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_prim.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_uimmseng.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_uimmsfra.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_uimmsjpn.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
xpdcolvr.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
xpddpd.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
xpdobjrp.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
xpfobsel.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
xpninsh.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
xpninst.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
xptutils.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
xpviolab.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
xpvsumip.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
xpvsumpn.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
xpvxrfod.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
vlweb.dat\X_WIN95\X_LANSA\web\vl
*.*\X_WIN95\X_LANSA\web\vl\lansa_14_2_4_1
xvlfone.ptf\X_WIN95\X_LANSA\x_apps\x_tmplt
EPC142043
lansaweb.dll\WebServer\iisplugin\lansaweb
lansaweb.dll\WebServer\iisplugin\lansaweb64
std_gcharts*.js\WebServer\Images\script
std_gmaps*.js\WebServer\Images\script
std_jqueryui*.js\WebServer\Images\script
std_jsons*.js\WebServer\Images\script
std_mobileapp*.js\WebServer\Images\script
std_script*.js\WebServer\Images\script
オブジェクト名オブジェクト タイプライブラリ
VL_WEB_RUNTIMEDIRx_lansa/web/vl/lansa_14_2_4_1
W3XSVPGX*SRVPGMLANSA通信ライブラリ
WEBDFLS*SAVFLANSA プログラム ライブラリ
WEBINIT*SAVFLANSA プログラム ライブラリ
WEBLETS*SAVFLANSA プログラム ライブラリ
@XPNINSH*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_BASE*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_COMP*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_DBG*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_PRIM*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_VAR*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ

インストール手順

特記事項 IBM i Power 5 ハードウェアをご使用の場合:ハードウェア変換のため、VLF保管ファイルからインポートする際、もしくは LANSA リスナーに最初に接続する際に遅延が発生する可能性があります。この変換は1回のみ発生します。

  1. QSECOFR ユーザーまたは QSECOFR グループのユーザープロファイルにてサインオンします。
  2. この EPC を適用する前に、全ての LANSA フォルダ、システム・ライブラリ、全ての LANSA IFS オブジェクト (LANSA_pgmlib/x_lansa) のバックアップを取得してください。
  3. EPC を適用する前に、LANSA システムのロックが必要です。リスナージョブ、ホストモニターを終了してください。 Web サーバーを終了し、 LANSA for the Web のクリーンアップ プログラムを実行してください。
  4. アクティブユーザーを確認するには、「アクティブ・ユーザーの確認方法」を参照してください。
  5. IBM i 上の IFS フォルダ( 例: /LANSA_pgmlib/tmp/epc142040′ )へ、解凍された EPC142040 ファイルを移動してください。
  6. EPC を適用するには、以下のパラメータとともに LOADEPCコマンドを実行します。

    pgmlib/LOADEPC と入力し、コマンド4 (F4)を押して、(バッチで実行可能な)コマンドのプロンプトを表示させます。

    EPC 番号 … . . . . . . . . > 142040
    EPC のインストール元 .. . . . . >*IFS
    IFS パス及びオブジェクト名 .. . .例)./LANSA_pgmlib/tmp/epc142040
    EPCの適用先 . . . . . . . FULL_LANSA_SYSTEM
    LANSAプログラム・ライブラリ   … . . pgmlib

  7. DSPJOBLOG OUTPUT(*PRINT) と入力・実行し、LOADEPC コマンドが行ったジョブログの記録を保管してください。
  8. 以下のような場合には、インストールを開始する前に、サインオフし、再度サインオンします。
    • この EPC を他の LANSA システムに適用する
    • 同じ LANSA システムに違う EPC を適用する

コマンド LOADEPC が、LANSA Web サーバー管理ライブラリで使用可能になりました。以下の手順にしたがってください。

  1. Web サーバーに LANSA for the Web をインストールまたはアップグレードをしていない場合、ステップ2を続ける前にそれらの作業を行ってください。
  2. この EPC を適用する前に、全ての LANSA フォルダ、システム・ライブラリ、全ての LANSA IFS オブジェクト(LANSA_pgmlib/x_lansa) のバックアップを取得してください。
  3. Web サーバーを終了し、LANSA for the Web クリーンアッププログラムを実行します。クリーンアップ手順については、LANSA オンラインドキュメントの13.5.6 システムのクリーンアップ を参照してください。
  4. 現行のライブラリリストを表示してください。QTEMP が見つからない場合は、ADDLIBLE コマンドを使ってそれを追加してください。
  5. IBM i のIFS フォルダ( 例: /LANSA_admlib/tmp/epc142040' )へ、解凍された EPC142040 ファイルを移動してください。
  6. この EPC には、以下のオプションを使用してください。
    1. EPC のインストール元 = *IFS
    2. EPC の適用先 = FULL_LANSA_SYSTEM
  7. LOADEPC コマンドを、以下のパラメータと共に実行してください。

    CHGCMD CMD(admlib/LOADEPC) PGM(admlib/DC@LCP120)

    admlib/LOADEPC と入力し、コマンド4 (F4)を押して、(バッチで実行可能な)コマンドのプロンプトを表示させます。

    EPC 番号 … . . . . . . . . > 142040
    EPC のインストール元 .. . . . . > *IFS
    IFS パス及びオブジェクト名 .. . . 例. /LANSA_admlib/tmp/epc142040

    EPCの適用先 … . . . . LANSA_WEB_SERVER
    LANSA web サーバー管理ライブラリ .. . . .  ADMLIB 

  8. インストールで作成されたバックアウト・ライブラリを、保管してから削除してください。(iiiEPCnn の場合、iii = LANSA プログラム・ライブラリの最初の3文字、nn = 連番です。)ライブラリの内容は、システムを EPC の適用前の状態に戻す際に使用します。
  9. 以下のような場合には、インストールを開始する前に、サインオフし、再度サインオンします。
    • この EPC を他の LANSA システムに適用する
    • 同じ LANSA システムに違う EPC を適用する
  1. EPC を適用する前に、全ての LANSA フォルダと LANSA データベースのバックアップを取得しておくことをお勧めします。
  2. LANSA 開発環境の使用を中止し、現在実行中の全ての LANSA アプリケーションを停止します。
  3. AllEPCs.exe を右クリックし、"管理者として実行" を選択します。
  4. “セットアップ"ボタンを選択します。処理を進めたくない場合は、"キャンセル"を選択します。
  5. 複数の構成をインストールしている場合は、EPC を適用する構成を選択してください。
  6. PC を再起動するようにプロンプトが表示された場合は、 再起動してください。
  7. EPC が正常に適用できましたら、このページの ユーザーアクションを確認し、必要なタスクやアクションを実行してください。
  8. EPC が正しく適用できたかどうかを確認またはインストールされた EPC の詳細を確認するには、製品情報 の 8.7.2 インストール詳細を確認してください。

“EPC142040” をダウンロード epc142040.exe – 3 回のダウンロード – 101 MB

Posted by lansa