EPC142050

日付: 2019 年 6 月

LANSA V14 SP2 の EPC142050

このEPCには、以下の内容が含まれます。

  • Visual LANSA 開発からサードバーティライセンスへの依存を削除。これにより、ダングルと呼ばれるハードウェアキー、及びソフトウェアキー(一台使用のVLW及びリモートライセンスサーバー上の複数ライセンスのVLN)に影響があります。
  • ユーザーアクションには EPC142050 の適用前に考慮の必要がある重要な情報が含まれています。
  • EPC142050 は以下をインストールします:
    • LANSA 開発ライセンスマネージャー
    • LANSA 開発ライセンススタジオ
    • LANSA ライセンスサービス
  • この EPC の適用後には Visual LANSA に新しい開発ライセンスの適用が必要となります。

注:EPC142050.exeはx_cpuの情報を提供いただいた後、個別にお送りしております。

製品Visual LANSA 及び LANSA/AD
バージョン14
前提条件V14 SP2 EPC142040
特記事項バージョン14 の全ての Visual LANSA EPC には Windows 及び IBM iのシステムに適用されなくてはいけない更新が含まれています。(スタンドアロンの Visual LANSA 開発環境は Windows の更新のみ必要です。)両方の開発環境のアップグレードを行わないと、ホストモニターやスーパーサーバーのアプリケーションがオペレーション不能になります。開発環境のサーバー側/クライアント側の両方に EPC を適用せずにホストモニターやスーパーサーバー・アプリケーションを使用しようとすると、EPC ミスマッチエラーが発生します。

EPC を適用する各プラットフォームの LANSA 環境の全バックアップを取得してください。

IBM i 固有の特記事項IBM i に関するインストラクションは、IBM i についてのしっかりした知識があると処理がしやすいでしょう。
QSECOFR、QSECOFR グループのユーザープロファイルを使用してください。インストール/アップグレード/LOADEPC の処理によって使用されるリストアコマンドパラメータ FRCOBJCVN はFRCOBJCVN (*YES *RQD) を使用します。そのため、 システム値 QFRCCVNRST は 0, 1 または 2 でなくてはいけません。

EPC を適用する前に、Web サーバを終了して、LANSA for the Web クリーンアッププログラムを実行してください。

リスナー及びホストモニターがアクティブになっている場合は、終了させてください。

アップデートする LANSA システムで LANSA Integrator が使用されている場合は、終了させてください。

ユーザーアクションEPC142050 をお使いの Visual LANSA 開発環境に適用すると、既存の開発ライセンスは無効となります。EPC142050 を適用する前に、必ず代わりとなる有効な LANSA開発ライセンスをご用意ください。

ソフトキーライセンス (VLN 及び VLW): 保守契約のあるお客様には事前に更新用のライセンスをご提供します。更新用のライセンスをまだお持ちでない場合には、CPU詳細をご提供の上、ご依頼ください。新しい x_cpu_<CPU名>.txt の生成手順はこちらをご確認ください。

ハードウェアキー(ダングル): ハードウェアキーを EPC142050 の LANSA 開発ライセンスに切り替えるには、こちら の手順に従ってください。

V14 SP2 に EPC142050 を適用後は、新しい LANSA 開発ライセンスモデルを使用することができます。次のステップは、新しい V14 LANSA 開発ライセンスの適用です。
生成されたライセンスを開発環境に適用するには、V14 の LANSA 開発ライセンスの適用の手順に従ってください。

配布に関する注意事項この EPC は以前のバージョンのパッチとして配布することができます。パッケージの新しいバージョンをV14 SP2 GAで作成しなおす必要があります。詳しくはこちらのページをご参照ください(英語)。

EPC をインストールする手順

EPC142050 には、IBM i のマシン及び Windows のマシンにインストールされるべきソフトウェアが含まれています。 ここでは、提供されるアイテムの導入と使用方法を説明します。

  1. EPC142050.EXE を Web サイトからダウンロードします。
  2. EPC142050.EXE をダブルクリックして解凍します。以下のファイルが解凍されます。
    • AllEPCs.exe – 複数の Windows EPC インストール実行ファイル
    • AllEPCs.ini – AllEPCs コントロールファイル
    • EPC142050 – IBM i 保管ファイル
    • wEPC142050.exe – Windows 側 Visual LANSA インストール 実行ファイル
    • wEPC142050lic.exe – Windows の Visual LANSA ライセンスインストール実行ファイル
    • wEPC142041.exe – WindowsのLANSA通信機能インストール実行ファイル

提供されるインストラクション:

変更の詳細

問題番号説明
161122リモートサーバー開発のライセンス及びローカル開発ライセンスの両方について、新しい開発ライセンスモデルを実装し、全てのサードパーティ機能を置換

影響があるオブジェクト

オブジェクト名オブジェクト タイプ
EPC142050
lansa.exe\lansa
liiceng.dll\lansa
liicfra.dll\lansa
liicjpn.dll\lansa
liimeng.msg\lansa
liimfra.msg\lansa
liimjpn.msg\lansa
liis.dll\lansa
liiverinfo.dll\lansa
lxutil.dll\lansa
lxwxmem.dll\lansa
lxwxutil.dll\lansa
lansa2.bmp\lansa\imports\newpart\win95
lansa2.bmp\lansa\imports\upgpart
x_cpu.exe\NetworkClient
x_cpu.exe\tools
lxclisig.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
lxutil.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
lxwxmem.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
lxwxutil.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
w3@p1600.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
w3@wstp.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_funms.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_pdfms.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
ledabt01.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levabt01.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levabt02.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
lxclisig.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
lxutil.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
lxwxmem.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
lxwxutil.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
w3@p1600.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
w3@wstp.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_funms.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_pdfms.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
LANSALicenseManager.exe%ProgramFiles%\Common Files\LANSA\Licensing
LANSALicenseService.exe%ProgramFiles%\Common Files\LANSA\Licensing
LANSALicenseStudio.exe%ProgramFiles%\Common Files\LANSA\Licensing
unins000.dat%ProgramFiles%\Common Files\LANSA\Licensing
unins000.exe%ProgramFiles%\Common Files\LANSA\Licensing
EPC142051
lcolist.exe\connect
lcomgr32.dll\connect
lcolist.exe\connect64
lcomgr32.dll\connect64

Posted by lansa