EPC150010

注:ダウンロードには保守契約ユーザーログインが必要です。
保守契約ユーザーについてのお問い合わせは お問い合わせフォーム よりお願いします。
ログインは こちら から

“EPC150010” をダウンロード epc150010.exe – 2 回のダウンロード – 330 MB


日付:2020年06月08日

LANSA V15 の EPC150010

EPC150010 は LANSA 製品全体に渡り V15 の修正や機能拡張を提供しています。主な修正点は以下の通りです:

  • RDMLXの SELECT_SQL を生成する新しいウィザードの実装。
    詳細はマニュアルを参照してください。
  • いくつかの Web API テンプレートの改善。Web API テンプレートのセキュリティ・オプションの実装や、null フィールドを持つファイルの制御の改善、ドロップダウンでのメディアタイプ値パラメータの作成などを含む大幅な機能改善。
  • 直近のEPC 以降に出荷された全てのパッチを含む、様々な修正と変更。詳細については、このドキュメントの変更の詳細リストを参照してください。
製品Visual LANSA
バージョン15
特記事項バージョン15 の全ての Visual LANSA EPC には Windows 及び IBM iのシステムに適用されなくてはいけない更新が含まれています。(スタンドアロンの Visual LANSA 開発環境は Windows の更新のみ必要です。)両方の開発環境のアップグレードを行わないと、ホストモニターやスーパーサーバーのアプリケーションがオペレーション不能になります。開発環境のサーバー側/クライアント側の両方に EPC を適用せずにホストモニターやスーパーサーバー・アプリケーションを使用しようとすると、EPC ミスマッチエラーが発生します。

EPC を適用する各プラットフォームの LANSA 環境の全バックアップを取得してください。

IBM i 固有の特記事項IBM i に関するインストラクションは、IBM i についてのしっかりした知識があると処理がしやすいでしょう。
QSECOFR、QSECOFR グループのユーザープロファイルを使用してください。

インストール/アップグレード/LOADEPC の処理によって使用されるリストアコマンドパラメータ FRCOBJCVN はFRCOBJCVN (*YES *RQD) を使用します。そのため、 システム値 QFRCCVNRST は 0, 1 または 2 でなくてはいけません。

EPC を適用する前に、Web サーバを終了して、LANSA for the Web クリーンアッププログラムを実行してください。

リスナー及びホストモニターがアクティブになっている場合は、終了させてください。

アップデートする LANSA システムで LANSA Integrator が使用されている場合は、終了させてください。

ユーザーアクション[区画の初期化] を使用した区画の初期化が必要となります。Visual LANSA について、提供している最新のサンプルを使用できるようにするには、区画の初期化にてサンプル マテリアル の選択・実行が必要です。「Visual LANSAシステムの初期化」を参照してください。
配布に関する注意事項この EPC は以前のバージョンのパッチとして配布することはできません。パッケージの新しいバージョンをV15 GAで作成しなおす必要があります。 詳しくはこちらをご参照ください(英語)。

EPC をインストールする手順

EPC150010 には、IBM i のマシン及び Windows のマシンにインストールされるべきソフトウェアが含まれています。ここでは、提供されるアイテムの導入と使用方法を説明します。

  1. EPC150010.exe を Web サイトからダウンロードします。
  2. EPC150010.exe をダブルクリックして解凍します。以下のファイルが解凍されます。
    • AllEPCs.exe – 複数の Windows EPC インストール実行ファイル
    • AllEPCs.ini – AllEPCs コントロールファイル
    • EPC150010 – IBM i 保管ファイル
    • wEPC150010.exe – Windows 側 Visual LANSA インストール 実行ファイル
    • wEPC152011.exe – Windows の LANSA 通信機能インストール実行ファイル
    • wEPC152014.exe – Windows の LANSA Web ユーティリティ インストール実行ファイル

提供されるインストラクション:

変更の詳細

問題番号説明
0161140RDMLXの SELECT_SQL を生成するウィザードの作成

この機能拡張は、この EPC に含まれています。
マニュアルの以下のページを参照してください。
SELECT_SQL Wizard(英語)

0163037Web API 定義 – メディアタイプに使用可能な値のドロップダウンの提供

ドロップダウンでメディアタイプの値のパラメータが使用可能になりました。

0163049Web API – null フィールドを持つファイルの制御の改善

テンプレートから Web API を生成した際のテーブルフィールドの制御を改善

0163066Web アドミニストレータの改善

Web サーバー拡張のロギングレベルを Web アドミニストレータで設定できるようになりました。

0163073OpenSSL を最新バージョン 1.1.1g に更新

この機能拡張は、この EPC に含まれています。

0163079パフォーマンスログを使用可能にすると、IBM i CGI が動かない

この不具合は修正されました。

0163082英語以外の OS でサンプル Web アプリケーションをコンパイルすると失敗する

この不具合は修正されました。

0163100LceLansaCall 実行プログラムエラー 「プロセス定義が見つかりません」

この不具合は修正されました。

0163104
0163085
パッケージ・マネージャを開始すると、致命的エラーが発生する – アプリケーションのダウンロードが不可

パッケージ・マネージャはエラー無く起動できるようになりました。

0163115中古車販売のチュートリアルの URL を V15 フリートライアルバージョンより削除

この機能拡張は、この EPC に含まれています。

0163117LANSA イベントログ: ログにファイルを追加

この機能拡張は、この EPC に含まれています。

0163119Dateフィールドのクイックルールのメッセージがおかしい

日本語環境の日付のクイックルールのキャプションを修正しました。

0163120クイックルール定義のキャプションが >= 0 であるのに > 0 と表示されている

この不具合は修正されました。

0163121クイックルール"有効なパスワード"で、日本語のメッセージテキストが長すぎて保存できない

日本語環境において、パスワードのクイックルールのメッセ―ジを短くしました。

0163125Web テンプレートの Contact Us のビューに日本語の文字が入力できない

この不具合は修正されました。

0163129コマンドラインでのコンパイルが失敗する

システムが DD/MM/YYYYの日付形式を使用していない場合、または LANSA がスペースやかっこを含むパスにインストールされている場合(例:c:\Program Files(x86)\lansa)、コマンドラインでのコンパイルが失敗する
この不具合は修正されました。

0163132セキュリティオプションが Web API テンプレートに実装されました

Web API 実行時にセキュリティオプションを選択・生成可能になりました。

0789353V15 環境で VCS の大きなリポジトリを同期した後、コンパイルエラーが発生する

この不具合は修正されました。

0789488Webサービスを使用するプログラムの2回目の実行が失敗する

この不具合は修正されました。

0789661Web SCRUD テンプレートが、ビューを切り替えると検索文字列を初期化してしまう

この不具合は修正されました。

0790514サーバーモジュール定義のインライン・プロンプトが機能しない

この不具合は修正されました。

0790554パスにスペースが含まれるフォルダにオブジェクトがある場合、「変更を表示」が機能しない

この不具合は修正されました。

影響があるオブジェクト

オブジェクト名オブジェクト タイプ
EPC150010
compile.cmd\lansa
lansa.exe\lansa
liio.dll\lansa
liiosrv.dll\lansa
liiv.dll\lansa
liiverinfo.dll\lansa
liiy.dll\lansa
lp.bnd\lansa
lpcmn*.bnd\lansa
lpcr*.bnd\lansa
lxclisg.dll\lansa
x_base.dll\lansa
x_cbc1.dll\lansa
x_cbc2.dll\lansa
x_cbv1.dll\lansa
x_cbv2.dll\lansa
x_dnp.dll\lansa
x_dom.dll\lansa
x_netdnp.dll\lansa
x_prim.dll\lansa
x_rdrCbv140.dll\lansa
x_rdrCbv240.dll\lansa
x_rdrvo40.dll\lansa
x_res.dll\lansa
x_rom.dll\lansa
x_var.dll\lansa
*.*\lansa\imports\DeveloperPack
*.*\lansa\imports\std_data
*.*\lansa\imports\std_file
*.*\lansa\imports\std_widgets
*.*\lansa\imports\WebSampleApps
x_cpu.exe\NetworkClient
InstallExtensionsU.dll\tools
LANSAEventLog*.*\tools
x_cpu.exe\tools
*.*\tools\gitdeployhub
lp.bnd\X_WIN64\X_LANSA\execute
lpcmn*.bnd\X_WIN64\X_LANSA\execute
lpcr*.bnd\X_WIN64\X_LANSA\execute
lxclisig.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
lxutil.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_Base.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_Cbc1.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_Cbc2.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_Dbg.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_Dnp.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_funms.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_lsv.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_NetDnp.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_pdfms.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_Prim.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_RdrCbc140.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_RdrCbc240.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_RdrVo40.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
x_var.dll\X_WIN64\X_LANSA\execute
lansa-tools.exe\X_WIN95\X_LANSA\execute
lecimt03.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
lefimpt1.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
lefnwsm2.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
lefsql01.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
lehfd002.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
lehfl003.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
lehmfd02.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
lehmfl02.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
lehsvm01.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
lesvmapi.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
letcpcmp.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
letsvm01.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
letw2000.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
letw2025.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
letw2100.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levfd028.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levfd090.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levfl040.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levhm013.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levhm031.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levhm032.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levhm046.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levhm047.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levhm038.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levsvm02.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levsvm03.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levsvm06.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levsvm07.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levsvm08.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levsvm09.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levsvm10.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levsvm11.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levsvm12.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levsvm13.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levsvm17.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levsvm23.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
levwc003.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
lp.bnd\X_WIN95\X_LANSA\execute
lpcmn*.bnd\X_WIN95\X_LANSA\execute
lpcr*.bnd\X_WIN95\X_LANSA\execute
lxclisig.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
lxptbbld.exe\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_Base.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_Cbc1.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_Cbc2.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_Cbv1.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_Cbv2.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_Dbg.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_Dnp.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_Dom.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_funms.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_lsv.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_NetDnp.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_pdfms.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_Prim.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_RdrCbv140.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_RdrCbv240.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_RdrVo40.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_Rom.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
x_var.dll\X_WIN95\X_LANSA\execute
liiodef.h\X_WIN95\X_LANSA\source
ServerModule2.sss\X_WIN95\X_LANSA\source
wiz02002.sss\X_WIN95\X_LANSA\source
wiz02007.sss\X_WIN95\X_LANSA\source
wiz02015.sss\X_WIN95\X_LANSA\source
wiz02018.sss\X_WIN95\X_LANSA\source
wiz02022.sss\X_WIN95\X_LANSA\source
wiz02023.sss\X_WIN95\X_LANSA\source
wiz02025.sss\X_WIN95\X_LANSA\source
EPC150011
lcolist.exe\connect
lcomgr32.dll\connect
lcolist.exe\connect64
lcomgr32.dll\connect64
EPC150014
lwebmfra.dll\WebUtils
lwebmjpn.dll\WebUtils
lwebutil.exe\WebUtils
オブジェクト名オブジェクト タイプライブラリ
VL_WEB_RUNTIMEDIRx_lansa/web/vl/lansa_14_2_6_0
W3XSVPGM*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
W3XSVPGV*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
W3XS1000*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
W3@P1100*PGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
LWEBPASE*SAVF*CDLIB
WEBDFLS*SAVFLANSA プログラム ライブラリ
WEBINIT*SAVFLANSA プログラム ライブラリ
X_BASE*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_CBC2*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_COMP*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_DBG*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_FUN*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_LSV*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_PDF*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_PRIM*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_VAR*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
DC@P4004*PGMLANSA プログラム ライブラリ
DCXLOADF07*PF*LOADLIB
lpcmn.bndSTMF../x_lansa
lpcmnfra.bndSTMF../x_lansa
lpcmnjpn.bndSTMF../x_lansa
lppajpn.bndSTMF../x_lansa
liiodef.hSTMF../x_lansa/source

インストール手順

特記事項 IBM i Power 5 ハードウェアをご使用の場合: ハードウェア変換のため、VLF保管ファイルからインポートする際、もしくは LANSA リスナーに最初に接続する際に遅延が発生する可能性があります。この変換は1回のみ発生します。

  1. QSECOFR ユーザーまたは QSECOFR グループのユーザープロファイルにてサインオンします。
  2. この EPC を適用する前に、全ての LANSA フォルダ、システム・ライブラリ、全ての LANSA IFS オブジェクト (LANSA_pgmlib/x_lansa) のバックアップを取得してください。
  3. EPC を適用する前に、LANSA システムのロックが必要です。リスナージョブ、ホストモニターを終了してください。 Web サーバーを終了し、 LANSA for the Web のクリーンアップ プログラムを実行してください。
  4. アクティブユーザーを確認するには、「アクティブ・ユーザーの確認方法」を参照してください。
  5. IBM i 上の IFS フォルダ( 例: /LANSA_pgmlib/tmp/epc150010′ )へ、解凍された EPC150010 ファイルを移動してください。
  6. EPC を適用するには、以下のパラメータとともに LOADEPCコマンドを実行します。

    pgmlib/LOADEPC と入力し、コマンド4 (F4)を押して、(バッチで実行可能な)コマンドのプロンプトを表示させます。

    EPC 番号 . . . . . . . . . . . > 150010
    EPC のインストール元 . . . . . . >*IFS
    IFS パス及びオブジェクト名 . . . 例./LANSA_pgmlib/tmp/epc150010
    EPCの適用先 . . . . . . . FULL_LANSA_SYSTEM
    LANSAプログラム・ライブラリ . . . . . pgmlib

  7. DSPJOBLOG OUTPUT(*PRINT) と入力・実行し、LOADEPC コマンドが行ったジョブログの記録を保管してください。
  8. 以下のような場合には、インストールを開始する前に、サインオフし、再度サインオンします。
    • この EPC を他の LANSA システムに適用する
    • 同じ LANSA システムに違う EPC を適用する

コマンド LOADEPC が、LANSA Web サーバー管理ライブラリで使用可能になりました。以下の手順にしたがってください。

  1. Web サーバーに LANSA for the Web をインストールまたはアップグレードをしていない場合、ステップ2を続ける前にそれらの作業を行ってください。
  2. この EPC を適用する前に、全ての LANSA フォルダ、システム・ライブラリ、全ての LANSA IFS オブジェクト (LANSA_admlib/x_lansa) のバックアップを取得してください。
  3. Web サーバーを終了し、LANSA for the Web クリーンアッププログラムを実行します。クリーンアップ手順については、LANSA オンラインドキュメントの13.5.6 システムのクリーンアップ を参照してください。
  4. 現行のライブラリリストを表示してください。QTEMP が見つからない場合は、ADDLIBLE コマンドを使ってそれを追加してください。
  5. IBM i のIFS フォルダ( 例: /LANSA_admlib/tmp/epc150010)へ、解凍された EPC150010 ファイルを移動してください。
  6. この EPC には、以下のオプションを使用してください。
    1. EPC のインストール元 = *IFS
    2. EPC の適用先 = FULL_LANSA_SYSTEM
  7. LOADEPC コマンドを、以下のパラメータと共に実行してください。

    CHGCMD CMD(admlib/LOADEPC) PGM(admlib/DC@LCP120)

    admlib/LOADEPC と入力し、コマンド4 (F4)を押して、(バッチで実行可能な)コマンドのプロンプトを表示させます。

    EPC 番号 . . . . . . . . . . . > 150010
    EPC のインストール元 . . . . . . > *IFS
    IFS パス及びオブジェクト名 . . . . 例. /LANSA_admlib/tmp/epc150010

    EPC の適用先 . . . . . . . LANSA_WEB_SERVER
    LANSA web サーバー管理ライブラリ . . . . . ADMLIB

  8. インストールで作成されたバックアウト・ライブラリを、保管してから削除してください。(iiiEPCnn の場合、iii = LANSA プログラム・ライブラリの最初の3文字、nn = 連番です。)ライブラリの内容は、システムを EPC の適用前の状態に戻す際に使用します。
  9. 以下のような場合には、インストールを開始する前に、サインオフし、再度サインオンします。
    • この EPC を他の LANSA システムに適用する
    • 同じ LANSA システムに違う EPC を適用する
  1. EPC を適用する前に、全ての LANSA フォルダと LANSA データベースのバックアップを取得しておくことをお勧めします。
  2. LANSA 開発環境の使用を中止し、現在実行中の全ての LANSA アプリケーションを停止します。
  3. AllEPCs.exe を右クリックし、"管理者として実行" を選択します。
  4. “セットアップ"ボタンを選択します。処理を進めたくない場合は、"キャンセル"を選択します。
  5. 複数の構成をインストールしている場合は、EPC を適用する構成を選択してください。
  6. PC を再起動するようにプロンプトが表示された場合は、 再起動してください
  7. EPC が正常に適用できましたら、このページの ユーザーアクションを確認し、必要なタスクやアクションを実行してください。
  8. EPC が正しく適用できたかどうかを確認またはインストールされた EPC の詳細を確認するには、製品情報 の 8.7.2 インストール詳細を確認してください。

“EPC150010” をダウンロード epc150010.exe – 2 回のダウンロード – 330 MB

Posted by lansa