EPC727

注:ダウンロードには保守契約ユーザーログインが必要です。
保守契約ユーザーについてのお問い合わせは お問い合わせフォーム よりお願いします。
ログインは こちら から

“EPC727” をダウンロード EPC727.exe – 0 回のダウンロード – 5 MB

日付 : 2004/5/28

製品CS Builder/クライアント
バージョン10.0
関連製品Visual LANSA
すべての配布V11.0
注意Oracle 8i 以下でのサポートはしておりません。

記述

このEPC727は、以下の問題に対応しています。:

CCS id.

記述
114758簡易アプリケーションを使用すると、"LANSA/Client Runtime" エラーが発生してしまいます。
113361簡易アプリケーションでのアプリケーション名にロングファイルネームの指定が可能になりました。
113360簡易アプリケーションのパスが修正されました。

EPC727には、EPC718・691・680により修正された内容も含まれています。:

CCS id.

記述
113364CS Builder/クライアント V10.0(日本語版のみ)で、古いクエリー定義を開くことができません。
20309仮想フィールドの値が正しく検索されない場合、警告メッセージが出力されてしまいます。
0109922LANSA Clientアドミニストレーションのパス名を32文字以上で保存することができません。
0109929セッション終了時に保管されたディレクトリのパスが保持されます。
0109726Windowsサーバー環境で、CS Builder/クライアントのジョインタイプがサポートされます。
0109993ラベル記述が使用されている.DBFファイルのクエリーを保管する際にエラーが発生します。
0109930クエリー定義画面とレポートプレビュー画面が表示できるようになりました。
0110122LANSA Clientアドミニストレーションで指定できるユーザーとパスワードに"*prompt"と小文字入力すると、セキュリティーエラーが発生します。
0110167CS Builder/クライアント V10.0で、出力先をレポートにした時に.MDXファイルとINFファイルが作成されません。
0110184リネームしたフィールドにソートオプションを指定すると、"LCE0073″のエラーが出力されます。
0110430CS Builder/クライアント V10.0を新規導入すると、ファイル記述でのクエリー定義のアクセスができなくなりました。
0110327変換テーブルの選択をしない場合、CS Builder/サーバーのメッセージファイルが導入されません。

更新されるオブジェクト

オブジェクト名フォルダ
Lc32.exe\LANSA Client
Lcrun32.exe\LANSA Client
Lcrlnjpn.dll\LANSA Client
Lclngjpn.dll\LANSA Client
Lcslnjpn.dll\LANSA Client
Lcsetup.exe\LANSA Client
AccessByDesc.exe\LANSA Client
lcoemesg.dat\LANSA Client       (英語版のみ)

EPCの適用手順

事前準備:ダウンロードしたzipファイルを任意のディレクトリ内に解凍します。epc727.exeとepc727.htmの2つのファイルが解凍されます。

  1. EPCを適用する前に、CS Builder/クライアントが起動されている場合は終了させて下さい。
  2. EPC727.exeをダブルクリックします。
  3. メッセージボックスが表示されますので、"Setup"ボタンを押して下さい。EPCの適用をしない場合は、"Cancel"ボタンを押します。

“EPC727” をダウンロード EPC727.exe – 0 回のダウンロード – 5 MB

Posted by lansa