EPC735

注:ダウンロードには保守契約ユーザーログインが必要です。
保守契約ユーザーについてのお問い合わせは お問い合わせフォーム よりお願いします。
ログインは こちら から

“EPC735” をダウンロード EPC735.exe – 0 回のダウンロード – 476 KB


日付 : 2004/8/20

製品LANSA/AD
バージョン10.0
前提条件OS/400 V5R3M0
EPC703、EPC721 このEPCを適用する前に必ずEPC703、EPC721を適用してください。
関連製品
注意OS/400に関する知識をお持ちであることを前提としています。
OS/400 V5R3に対応するEPCです。

修正内容

このEPCは以下の問題に対応しています。

  • LANSA のログオンに使っているAPI はV5R3の変更を対応するようになりました。
    iSeriesに接続するクライアント サーバー アプリケーションまたはLANSA for the Web
    でユーザー プロフィールを変えるためにこのAPIを使っています。
  • LANSA Integrator の OPEN/CLOSE が正常に動かない問題が修正されました。
    サービス プログラム DCSX882X はソケット送信のAPIのヌル バッファを対応していませんでした。
    この機能を対応するようになりました。
  • v5r3でPCMAINTに新しいユーザーの登録を実行した時に“パラメーター2は無効です”のエラー
    が発生していました。この問題を修正しました。

EPC適用によって更新されるオブジェクト

iSeries コンポーネント:

オブジェクト名オブジェクトタイプライブラリ
DC@P6421*PGM*PGMLIB
DCXS86XX*SRVPGM*COMLIB
DCXS882X*SRVPGM*PGMLIB

iSeries  Web Server コンポーネント:

オブジェクト名オブジェクトタイプライブラリ
DCXS86XX*SRVPGM*COMLIB

*PGMLIB = LANSA プログラムライブラリ, *DTALIB = LANSA データライブラリ, *COMLIB = LANSA コミュニケーションライブラリ.

導入手順

  1. Webサイト、またはemailから EPC735.EXE ファイルをダウンロードしてください。
  2. exeファイルをダブルクリックして、EPCの圧縮ファイルを解凍してください。
  3. クライアントアクセスでPC側からAS/400共有フォルダが使用可能の場合。
    • Explorerから共有ファイルを検索し、開きます。
    • 共有フォルダ EPC735 を作成します。
    • 解凍したファイル EPC735 を フォルダ EPC735 へコピーします。
  4. クライアントアクセスが使用出来ない場合、TCP/IP経由のFTPを使用し、以下の手順を実行してください。
    • AS/400にQSECOFRでサインオンし、CRTFLR EPC735 を実行して共有フォルダを作成してください。
    • PCからDOSセッションを開きます。
    • ダウンロードされたファイルのあるディレクトリに変更します。
    • FTPサイトにサインオン – FTP XXXXXXXX  (XXXXXXXX はAS/400システム名またはIPアドレス)
    • iSeriesのユーザーIDとパスワードを入力してください。
    • バイナリファイルを送付するコマンド: bin
    • QDLSに変更するコマンド: cd /QDLS
    • EPCnnnに変更するコマンド: cd EPC735
    • ダウンロードしたファイルをiSeriesへ送信するコマンド : put EPC735
    • 終了するコマンド : quit
  5. 5250画面からライブラリリストにLANSAプログラムライブラリを追加。
    • ADDLIBLE <LANSA プログラムライブラリ>
  6. XFLRTOSAVFと入力し、F4キーを押すと明細画面が表示されます。
    • PC FILE NAME : EPC735
    • FOLDER NAME : EPC735
    • SAVE FILE NAME : EPC735
    • LIBRARY NAME : <LIB>
      <LIB>:既存のライブラリを指定してください。そのライブラリ内に保管ファイルEPC735が作成されます。
      既に同一名の保管ファイルがある場合はエラーになりますので、既存の保管ファイルを削除するか、別ライブラリ名を指定してください。
  7. 以上で、保管ファイルが復元されました。続いて以下の解説に従って適用作業を進めてください。

EPC適用手順

  1. 保管ファイルの内容をQTEMPに復元します。
    • CD-ROMを使用している場合は以下のコマンドを実行してください。
        RSTOBJ OBJ(*ALL) SAVLIB(DC@EC735) DEV(optical device name) RSTLIB(QTEMP) OPTFILE('EPC/EPC735’)
    • SAVFを使用している場合は、以下のコマンドを実行してください。
        RSTOBJ OBJ(*ALL) SAVLIB(DC@EC735) DEV(*SAVF) SAVF(save file name) RSTLIB(QTEMP)
  2. 現行ライブラリリストを表示し、QTEMPが表示されない場合、ADDLIBLEコマンドを使用してライブラリリストに追加してください。
  3. 以下のコマンドでEPCの導入を行います。:
      • LOADEPC735  PGMLIB(<pgmlib>)
      <pgmlib> : LANSAプログラムライブラリ名。通常DC@PGMLIBですが、お客様のシステム環境により異なる場合があります。
  4. ライブラリ名を指定してエンターキーを押すとLANSAデータライブラリ、LANSAコミュニケーションライブラリ、LANSAコミュニケーションディレクトリ、IFSのディレクトリパスが表示されます。これは省略値のままにしてください。
  5. 実行キーを押して処理を実行します。
  6. このEPCの導入で作成されたバックアウトライブラリ(LANSAEC735)を保管後、削除してください。このライブラリはEPC適用前の状態にシステムを戻す際に必要になります。
  7. 別のLANSAシステムにこのEPCを導入する場合、または別のEPCを導入される場合、 次のEPC導入開始前に一度サインオフした後、再度サインオンしてください。

iSeries Web serverへの導入手順 (複層環境のみ)

複層環境のLANSA for the Webを使用している場合は、以下の手順でWeb serverにEPCを適用してください。

  1. もしWebサーバーにインストールかアップグレードされたLANSA for the Webが無い場合は、ステップ2を実行する前にインストール作業を行ってください。
  2. データ/アプリケーションサーバーの保管ファイルEPC735をWebサーバーへ転送してください。
  3. EPCオブジェクトをQTEMPへ復元します。 (オブジェクトの復元方法はデータ/アプリケーションサーバーへの復元ステップと同じです。)
  4. 現行ライブラリリストを表示し、QTEMPが表示されない場合、ADDLIBLEコマンドを使用してライブラリリストに追加してください。
  5. 以下のコマンドでEPCの導入を行います。:
    LOADE735MT ADMLIB(PPPPPPPPPP)
    PPPPPPPPPP はLANSA for the Webアドミニストレーションライブラリ名です。 ライブラリ名を入力して実行キーを押します。省略値の所有者とLANSA コミュニケーションライブラリ名が表示されます。 これは省略値のままにしてください。
  6. 実行キーを押して処理を実行します。
    注意:新しいオブジェクトの権限が変更されることによって、メッセージ CPD377B が表示されます。
    このメッセージは報告だけですから、特に対応する必要がありません。
  7. このEPCの導入で作成されたバックアウトライブラリ(LANSAMT735)を保管後、削除してください。このライブラリはEPC適用前の状態にシステムを戻す際に必要になります。
  8. 別のLANSAシステムにこのEPCを導入する場合、または別のEPCを導入される場合、 次のEPC導入開始前に一度サインオフした後、再度サインオンしてください。

OS/400 V5R3 とLANSA/ADに関する問題点:

OS/400 v5r3 にアップグレードすると以下の問題点があります。

  1. 導入に関する問題IBM はv5r3からオリジナルのHTTPサーバーをOS/400に含んでいません。これによって、LANSA の導入プログラムがHTTP サーバーを正常に構成することができません。LANSA v10 を v5r3 のシステムに導入を行った時、オリジナルの HTTP サーバーの構成中に以下のエラーが発生します。ERROR OCCURRED WHEN INSTALLING DEFAULT HTTP CONFIGURATION

    LANSA for the Web を使用するには、IBM HTTP Server(powered by Apache) をマニュアルで構成する必要があります。

    構成した後で、Webジョブのユーザーがアクセスできるように、IFS上に作成されたオブジェクトに*RXの権限を設定する必要があります。

  2. セキュリティの問題
    IBM はユーザープロフィルのハンドリングを変更しました。その変更によってLANSAの以下の機能は影響を受けます。

      ホスト モニター
      Web ジョブ
      Web エディター
      Web アドミニストレータ
      PCMAINT

    この問題を回避するために EPC735 を適用する必要があります。

  3. LANSA Integrator に関する問題JVM 1.4 で実行する場合、以下のiSeries ライセンス プログラムが必要です:Portable App Solutions Environment – 5722SS1

    サービスプログラム DCSX882X はソケットの送信APIを利用していますが、ヌル(keywordList)のバッファを処理できるようになっていません。この機能を対応できるようにサービス プログラムが修正されました。

  4. LANSA Email の組み込み関数に関する問題IBM は v5r3 で /tmp ディレクトリを変更したことによって、LANSA のemail組み込み関数は1つのメールしか送信できないようになりました。この変更についてはv5r3のドキュメンテーションを参照して下さい。次のLANSA/ADのバージョンが出荷されるまでは以下の回避策を使って下さい:

    /tmp ディレクトリの *RSTDRNMUNL の属性を *NO に変更する必要があります。この変更を行うために以下のコマンドを実行して下さい、(*ALLOBJ の権限が必要です)

    CHGATR OBJ( /tmp ) ATR(*RSTDRNMUNL) VALUE(*NO)

    この設定がIPLごとにリセットされないように、PTF SI13011(または同じ修正が含まれている累積PTF)を適用する必要があります。

    LANSA/ADの次のバージョンでe-mailを送る時、/tmp ディレクトリが使用されないように変わります。

“EPC735” をダウンロード EPC735.exe – 0 回のダウンロード – 476 KB

Posted by lansa