EPC742

※ EPC742適用後、Visual LANSAからのActiveXの使用に問題が確認されたため、現在、EPC742のダウンロードを停止しております。問題を修正したEPC746を適用して頂けますようお願い申し上げます。

日付2005/3/1
製品VISUAL LANSA
バージョン10.0
前提条件EPC736,EPC719
EPC719 はこのEPCを適用した後でも適用可能です。
関連製品
注意

修正内容

このEPCは以下の問題に対応しています。

  • ノートパソコンでネットワーク カードを取り替えた場合等に、X_CPU が正常に機能しない場合があります。X_RUN でエラーが発生した場合、EPC適用後にX_CPU.EXE を再度実行して下さい。
  • Visual LANSA フレームワーク:複数のコンパイルにより実行時にエラーが発生する場合がある。
  • グリッドの次のレコードにフォーカスを移動した時にエラー反転が消える。
  • Visual LANSAのエディタの終了時にVA_WORDの ActiveX を解除するタイミングでエラーが発生する。
  • フィールド ビジュアライゼーションを持つフィールドのチェックインが失敗する。
  • *Dynamic または Owned のフォームがメッセージを発行した後で終了することができない。
  • プロンプト画面で値を入力後、次の画面が手前に表示されない。
  • TRANSFORM_FILE の組込み関数がバージョン 9 と同じように動かない。
  • STD_HEAD(*NO)のDISPLAY/REQUESTの最後の行が、ファンクション キーの後ろに表示される。

EPC適用によって更新されるオブジェクト

PC コンポーネント:

オブジェクト名パス
liio.dll\LANSA
liiosrv.dll\LANSA
liiy.dll\LANSA
x_bifms.dll\X_WIN95\X_LANSA\EXECUTE
x_comp.dll\X_WIN95\X_LANSA\EXECUTE
x_cpu.exe\X_WIN95\X_LANSA\EXECUTE
x_pdfms.dll\X_WIN95\X_LANSA\EXECUTE
x_uimms.dll\X_WIN95\X_LANSA\EXECUTE

導入手順

  1. EPC742DL.EXE をCD、電子メール、またはインターネットからハードディスクにコピーして下さい。
  2. 圧縮ファイルEPC742DL.EXE を解凍して下さい。このファイルを解凍すると EPC742 のディレクトリが作成され、
    そのディレクトリに EPC742.HTM ファイルとEPC742.EXEのプログラムが作成されます。
  3. 以下の手順を参照して導入を行って下さい。

EPC適用手順

全てのLANSAの開発環境または実行環境のユーザーを終了してからEPCの導入を行って下さい。
EPCの導入時にファイルがロックされている場合、エラーメッセージが表示されセットアップは終了します。

  1. EPC742.exeをダブルクリックして下さい。
  2. 確認のメッセージ ボックスが表示されます。セットアップするには"Setup"のボタンをクリックして下さい。
    セットアップ を終了する場合"Cancel"をクリックして下さい。
  3. 複数のLANSAが導入されている場合、構成の選択画面が表示されます。
    EPCの適用先の構成を選択して下さい。
    EPCの詳細が開発環境に保存されます。
    この情報を確認するには Visual LANSAの「ヘルプ」 メニューから「製品情報」を選択して「EPC」のボタンをクリックして下さい。

Posted by lansa