EPC801

注:ダウンロードには保守契約ユーザーログインが必要です。
保守契約ユーザーについてのお問い合わせは お問い合わせフォーム よりお願いします。
ログインは こちら から

“EPC801” をダウンロード epc801DL.exe – 0 回のダウンロード – 2 MB

日付:2007年8月1日

EPC801のハイライト

EPC801では、LANSA for the Web IIS Pluginに拡張と修正を提供いたします。EPC801をインストールする理由は:

  • 他のEPC(792, 800, 802)に記述された多くの拡張は、サポートを完了させるためにEPC801を必要としています。例えば、新weblet std_largelist、レイアウトの消失、iSeriesへの最初の接続で応答がない 、などです。EPC801とEPC02はペアでインストールする必要があります。
  • 新webletのstd_largelistを使う大きなリストのサポート。std_largelistはVisual LANSAシステムにEPC790で提供されます。 std_largelistを使ったWAMを実行するために は、IIS PluginはこのEPCで提供される必要なサポートで更新される必要があります。
  • 取り組む二つの重要な問題は:
    • ごく一部のマシンで生じる、MS Internet Explorerのパッチの適用後に、リストを除去した後にレイアウトが表示されない問題
    • 一日の最初のwebアクセスで失敗する問題
製品LANSA Web Server
バージョン11.3
前提詳細無し
関連製品LANSA for the Web
Visual LANSA
完全配布次の累積のEPCまたは次のバージョン
特記事項LANSA Web AdministratorのためのEPC792は, 問題番号127167のサポートを
完了するために必要となります。 EPC802はVisual LANSAバックエンドシステムに適用します。
Hotfixes

以下のHotfixesはこのEPCにより置換されます:

<IIS Pluginのhotfixesは提供されていません>

ここにリストにされない環境にEPCを適用する場合は、EPCを適用する前にお客様の国のLANSAの連絡先に連絡してください。

説明

EPC801では、Webアプリケーションのための、設計と実行の2つの問題に対応しています。 詳細な説明は下記の通りです。

EPCをインストールする手順

EPC801は、Windowsマシンにのみインストールされるソフトウェアを含みます。 ここでは、提供されるアイテムの導入と使用法を説明します。

  1. EPC801DL.EXEをWebサイトからダウンロード。
  2. EPC801.EXEを解凍(ダブルクリック)。以下のファイルが展開されます。:
    • EPC801.htm – この文書
    • EPC801w.exe – Windowsにインストール。

Windowsにインストールするための手順

  1. EPCをインストールする前に、LANSA開発環境と、すべての実行中のLANSAアプリケーションを止めてください。インストール中に置換が発生し、ファイルがロックされている場合は、警告の後、インストールは停止します。
  2. EPC801w.exeをダブルクリックしてください。
  3. メッセージボックスが表示され、「セットアップ」または「取消し」を選ぶことができます。
  4. インストール済の複数のコンフィギュレーションを持っている場合は:
    • EPCがインストールされる前にマシンの使用可能なLANSAコンフィギュレーションがダイアログボックスに表示されます。 EPCを適用したいコンフィギュレーションを選んでください。
    • 正しいコンフィギュレーションを選び、OKを選ぶとEPCはインストールされます。
  5. EPCの詳細が記録されています。 LANSA開発環境の中のヘルプ/製品情報メニューオプションでEPCボタンをクリックすることで詳細を見ることができます。

変更の詳細

EPC801は以下の変更を含みます

CCS id.記述
125354WAM: WAMのXSLT実行性能とブラウザの互換性を改善します。 WAM実行性能とブラウザ互換性を改善する進行中のプログラムの一部として、多くのwebletが改良、あるいは 書き換えられました。改良されたwebletは、std_anchor、std_boolean、std_button、std_char、std_checkbox、std_click_image、std_date、std_datetime、std_dropdown、std_float、std_hidden、std_input、std_integer、std_messages、std_time、std_varchar、std_script、およびstd_styleを含みます。 これらの全てのwebletがXSLTの変換時間を改善し、現在サポートしている全てのブラウザで実行可能にします。

他の多くのwebletの修正は、互換性の問題を生じる可能性があります。 この問題を避けるために、webletの新しい"v2″バージョンが作成されました。 既存のアプリケーション は、これらの新しいwebletを利用するためにアップデートされる必要があります。

std_style_v2CSSスタイルシートがロードされるメカニズムは、より修正し易く、よりCSSのパワーを利用し易くするために再設計されました。 スタイルstd_style_base.cssの複数のコピーをに維持すること、または独自のスタイルwebletを作成することが不要になりました。(std_style_grassとstd_style_royalは非推奨となりました)。 ロードされている1つのstd_style.cssファイルは、修正は上書きされます。 また、複数のスタイルシートをレイアウト、または個々のWEBROUTINEに追加することが可能です。新しいメカニズムは従来のものと共存できます。 既存のレイアウトで使われているstd_style(または、あなた自身のスタイルweblet)は引き続き利用が可能です。
std_layout_v2
std_layout[1-5]_v2
すべての標準レイアウトは、新形式のメカニズムを利用するために修正されました。 CSSを利用して実行性能を向上させるために、カスタマイズ機能のうちのいくつかが削除されました。
std_menu_item_v2標準のメニュー項目は、実行性能を向上させるために簡素化されました。 多くの視覚のカスタマイズは、CSSを使うことで削除されました。 メニュー項目の左/右イメージのサポートは削除されました。 std_click_imageとstd_image_buttonが、その機能をよりよくサポートします。
std_grid_v2グリッドは完全に書き換えられました。 すべてのサポートされたブラウザで、XSLT変換性能、ブラウザへ表示されるまでの時間を改善しました。
Default List Visualizationデフォルトのリスト・ビジュアライゼーションは、新しいグリッドコードのうちのいくつかを利用するためにアップデートされました。列色とソーティングとカラムリサイズを切り替えが含まれます。

127142

date_mask値の改善。日付、時間、および日付時間webletは、改善されたdate_maskメカニズムをサポートします。あらかじめ決められたマスクのセットの代わりに、フォーマット規則子のセットを使って 独自のマスクを作成可能です。詳細は、WAMドキュメンテーションのセクション8を参照してください。

EPC801はEPC791とEPC782を置き換えます

CCS id.記述
EPC791
127136リストを削除した後にレイアウトが表示されない問題を修正しました。Windows環境の変更、たとえばMicrosoftのIE6セキュリティパッチ916281を適用することで、@import指示を使ってインポートされるスタイルをXSLエディタのデザインビューで利用 ができなくなります。 LANSAはそのような環境の変更の影響を避けるための修正を組み込みました。 IIS Pluginは、XSLエディタのデザインビューからの要求で、Webサーバでそれらの@import指示を解決し、CSSファイルの修正されたバージョンを戻すために強化されました。 この機能と制限に関する詳細は、LANSA Web アドミニストレータのヘルプをご参照ください。

127167

iSeriesアプリケーションサーバにおいて、一日の最初のWebアクセスで失敗する問題を修正しました。IIS Pluginは、すでにサーバiSeriesとの接続が終了しているかどうかは検知できません。 例えば、IISのWebサーバーが再起動されることなしに、iSeriesのリスナを再起動する場合は、接続は終了することになります。 IIS Pluginが、終了した接続を検出したならば、通常はエラーページを戻す代わりに新しい接続を 回復します。 一方、IIS Pluginが、すでに接続が終了しているのを検知することに失敗し、それを使い続けようとした場合は、後にエラーページを戻します。 この問題に該当する場合は、接続チェック設定を変更するために、LANSA Web Administrator(EPC792)を使用してください。 通常は、WindowsまたはUnixデータアプリケーションサーバ(検知の失敗は報告されていません)が省略値の値です。 iSeriesアプリケーションサーバの場合は、設定を「最大3回」に変更し 継続の前に数回の(より厳格なテスト)接続を行うように、終了した接続をより正確に 見つけられるようにIIS Pluginを設定してください。 もし問題が改善されない場合は、設定をより高い値に変更してください。 しかし、非デフォルトの設定により、Webの要求の都度わずかな遅延が生じること にご注意ください。従って、設定変更は必要なときのみにしてください。
EPC782
125889大きなリスト(XHTMLやCSV)の処理。EPC790は、大容量のリスト(XHTMLやCSV)をサポートする新しいウェブレットstd_largelistを提供します。 このサポート(std_largelist)のために、EPC791をIIS Pluginに適用する必要があります。std_largelistの使用は、Webでアウトプットされるだけの仕掛け(コントロール)で、フィールドによって項目を表示する必要がないリストのみ を対象にしています。

126180

セル内のデータが30文字で切れてしまうグリッド ウェブレットの問題。カラムのサイズ調整機能が修正されました:

  • カラム内の入力可能フィールドのサイズが変更できるようになりました。
  • ユーザがカラム境界をドラッグしてリサイズする代わりに、境界ポジションが垂直線で表示され、マウスがリリースされた後に、カラムはリサイズされます。

影響を受けるオブジェクト

 Windowsコンポーネント

オブジェクト名フォルダー
L4W3Resource.properties\webserver\IISPlugin
lansaweb.dll\webserver\IISPlugin
calendar_panel.htm\webserver\images
csvsample.png\webserver\images
excel.gif\webserver\images
gears_ani_0.gif\webserver\images
gears_ani_1.gif\webserver\images
gears_ani_2.gif\webserver\images
gears_ani_3.gif\webserver\images
gears_an_original.gif\webserver\images
std_list_sortblank.gif\webserver\images
std_list_sortdown.gif\webserver\images
std_list_sortup.gif\webserver\images
std_largelist.ico\webserver\images\icons
castlebusybox.js\webserver\images\script
fp_js001.js\webserver\images\script
jslog.js\webserver\images\script
std_script.js\webserver\images\script
std_script_messages.js\webserver\images\script
std_script_messages_fra.js\webserver\images\script
std_script_messages_jpn.js\webserver\images\script
std_script_lansa_ppc_xhtml.js\webserver\images\script
std_script_v2.js\webserver\images\script
std_style.css\webserver\images\style
std_style_base.css\webserver\images\style
std_style_grass.css\webserver\images\style
std_style_grass_base.css\webserver\images\style
std_style_grass_jpn.css\webserver\images\style
std_style_jpn.css\webserver\images\style
std_style_royal.css\webserver\images\style
std_style_royal_base.css\webserver\images\style
std_style_royal_jpn.css\webserver\images\style
theme_grass.css\webserver\images\style
theme_royal.css\webserver\images\style

“EPC801” をダウンロード epc801DL.exe – 0 回のダウンロード – 2 MB

Posted by lansa