EPC845 (844 と 846 と 847を含む)

2022年4月26日

注:ダウンロードには保守契約ユーザーログインが必要です。
保守契約ユーザーについてのお問い合わせは お問い合わせフォーム よりお願いします。
ログインは こちら から

“EPC845” をダウンロード EPC845.exe – 0 回のダウンロード – 155 MB


日付:2009/8/12 

EPC845のハイライト

  • LANSA for UNIX (Linux) リリース(英語環境のみをサポートしています、日本語環境はサポートしていません。)
    • Linuxプラットフォームで、LANSA for the Web WAMを含むRDMLXをサポート
    • SQLデータベースアクセスは、組み込みのOracle SQL (pro*c)の代わりにODBCを経由します
    • Linuxプラットフォーム上にLANSAオブジェクトを構築するための、Visual LANSA からの配布を実現
  • 再実行のために再利用可能SQLステートメントをキャッシュすることにより、SQLパフォーマンスを強化
  • RDMLX PCの外部ファイルのためにMySQLをサポート
  • IBM XML Toolkitは、IBM i 上でILE XSLT トランスフォーマーを使用するWAMにのみ必要になりました
  • アプリケーション ウィザード(ウィザード、手順書は英語です。またウィザードで使用するフィールド、ファイルの記述等は英語のみ対応しています)はVLのツールメニューから使用可能です。(以前はEPC842で使用可能)
    最初の使用可能なウィザードは、RDMLX区画でWeb CRUD アプリケーションを生成します。ウィザードを使用したシンプルな質問群に応答した後、完全な Web Application Module (WAM) が生成され、コンパイルされ、オプションで実行されます。詳細については、ドキュメントを参照してください。
    注意 このEPCはこの新機能を英語でのみ提供します。
  • LANSA データベース トリガーのサポート(以前はEPC838で使用可能)。
    ファイルのデータベース トリガーを使用可能にした場合、LANSAの妥当性検査とトリガーファンクションがLANSAの外から実行可能になります。これは何を意味するか? LANSA以外の言語で書かれたプログラム(例 RPG)に対しても、LANSA RDMLで書かれたプログラムと同様にLANSAリポジトリのビジネス、データ妥当性検査が実行されます。
  • ロジカルモデラーでVisio 2007をサポート(以前はEPC838で使用可能)
  • LANSA Integrator EPC835でのサーバーサイド サポート(以前はEPC834で使用可能)
  • 新しいデバッギング メカニズム(以前はEPC830で使用可能)。リモートデバッグのために特別なセットアップと管理者権限はもはや要求されません。
製品Visual LANSA と LANSA/AD
LANSA 通信機能(844 Windows)
LANSA for the Web(846/847 Windows)
バージョン11 SP5
前提条件なし
関連製品LANSA Integrator
完全配布V12
特記事項全てのバージョン11 SP5 のVisual LANSA EPCにはWindows及びSystem iのシステムに適用されなくてはいけない更新が含まれています。(スタンドアロンのVisual LANSA開発環境はWindowsの更新のみ必要です。)両方の開発環境のアップグレードを行わないと、ホストモニターやスーパーサーバーのアプリケーションがオペレーション不能になります。両方の開発環境にEPCを適用しないままホストモニターやスーパーサーバーアプリケーションを使用しようとすると、EPCミスマッチエラーとなります。

このEPCを適用する各プラットフォームのLANSA環境のフルバックアップを取得してください。

System i 固有の特記事項System i に関するインストラクションは、i5/OSについてのしっかりした知識があると処理がしやすいでしょう。
QSECOFR、QSECOFRグループ、*ALLOBJと*SECADM特殊権限のあるユーザープロファイルでサインオンしてください。
EPCを適用する前に、Webサーバを終了して、LANSA for the Webクリーンアッププログラムを実行してください。
リスナー及びホストモニターがアクティブになっている場合は、終了させてください。
アップデートするLANSAシステムでLANSA Integratorが使用されている場合は、終了させてください。
ユーザー アクションX_RUNパラメータのDBRM、DBHU、DBHP、DBHSは、もはや使用されないか、認識されません。したがって、X_RUNのコマンドラインより削除しなくてはなりません。
特別なWindowsログインユーザーであるXDBG_USERは、もはや必要ありません。削除することを強くお勧めします。Web妥当性検査リストプログラム W3@P2301 はロングユーザーIDをサポートするよう拡張されました。
プログラム W3@P2301 のパラメータ <Web ユーザープロフィール> に変数が使用されると、変数は CHAR(10) から CHAR(256) に変更されます。
ドキュメントの更新下記のガイド(英語)の更新が提供されます:

BeginHere.chmLANSA User Assistance
directory.chmLANSA Documentation Directory
GlobalDeploy.chmDeploy LANSA Applications
GlobalInstall.chmInstalling LANSA
GlobaliSeries.chmLANSA for iSeries Guides
GlobalVisualLANSA.chmVisual LANSA Guides
GlobalWeb.chmLANSA for the Web Guides
lansa009.chmIntroduction to LANSA for iSeries Guide
lansa010.chmLANSA iSeries User Guide
lansa011.chmVisual LANSA Administrator Guide
lansa012.chmVisual LANSA User Guide
lansa013.chmVisual LANSA Developer Guide
lansa015.chmTechnical Reference Guilde
lansa016.chmVisual LANSA Feature Help
lansa020.chmDeploying Visual LANSA Applications Guide
lansa022.chmLANSA Application Deployment Tool
lansa040.chmInstalling LANSA on iSeries
lansa041.chmInstalling LANSA on Windows
lansa045.chmLANSA Communications Setup Guide
lansa046.chmInstalling LANSA on UNIX (Linux)
lansa065.chmLANSA Application Design Guide
lansa086.chmWeb Functions
lansa088.chmWeb Features and Housekeeping
lansa093.chmLANSA Integrator Guide
lansa097.chmVisual LANSA Windows Application Tutorials
rdmlref.chmiSeries Technical Reference Guide
TutorialList.chmLANSA Tutorial Directory

EPCにより更新されたガイドは、Visual LANSAでインストールされる省略値のLANSAドキュメントの位置に置かれます。省略値の場所は ・・・\x_win95\x_LANSA\execute\Eng です。

日本語の最新のガイドは右記のアドレスよりダウンロードできます。 http://www.lansa.jp/support/docs/index.htm
LANSA Windows ソフトウェアからLANSAドキュメントをインストールした場合は、インストールしたフォルダに更新されたガイドを手動でコピーしてください。

パッチ2009/6/1以降に発行されたWindowsおよびSystem i のパッチは、このEPCには含まれていません。ご使用の環境にステータス不明のパッチを適用している場合は、このEPCを適用しないでください。パッチによる修正が失われてしまう可能性があります(バックアウトされるかもしれません)。このEPCを適用する前に、ローカルのLANSAベンダーに連絡してください。

EPCをインストールする手順

EPC845には、System i のマシン及びWindowsのマシンにインストールされるべきソフトウェアが含まれています。 ここでは、提供されるアイテムの導入と使用方法を説明します。

  1. EPC845DL.EXEをWebサイトからダウンロード。
  2. EPC845.EXEを解凍(ダブルクリック)。以下のファイルが解凍されます:
    • EPC845.htm – この文書
    • EPC845 – System i 保管ファイル
    • AllEPCs.exe – 複数の Windows EPCインストール実行ファイル
    • EPC844w.exe – WindowsのLANSA通信機能インストール実行ファイル
    • EPC845w.exe – Windows Visual LANSA インストール 実行ファイル
    • EPC846w.exe – WindowsのLANSA for the Web サーバー インストール実行ファイル
    • EPC847w.exe – WindowsのLANSA for the Web ユーティリティ インストール実行ファイル
    • “EPC842 – CRUD Wizard Instructions.pdf" – インストランクションと生成されたアプリケーションの図解(英語)

提供されるインストラクション:

YesLANSA for iSeries
YesSystem i Web サーバー (複数層)
YesVisual LANSA

変更の詳細

EPC845の変更点

問題番号説明
0100382SQLパフォーマンスの強化 – 再実行のために再利用可能SQLステートメントをキャッシュデフォルトで、LANSAは現在、再実行のために最大50の再利用可能SQLステートメントをキャッシュします。ファイルを閉じるとき、これらは自動的にキャッシュからなくなります。DBSS= パラメータを使用して、キャッシュするステートメントの最大数を変えられます。DBSS=0 は前と同じ動作をします。

再利用可能SQLステートメントは、以前は、INSERTのために生成されたものを含むだけでした。そしてSQLは、DELETEとUPDATEコマンドによる直前レコードの再読み込みのために生成されました。この機能強化は、ほとんどのファイルで再利用可能なDELETEとUPDATE SQLの生成を含みます。
ユーザー アクション:
Windows:1つのLANSAセッションで繰り返し更新、または削除されるあらゆるファイルのためにOAMを再作成してください。
iSeries:Windowsに関しては、SQLを使用する必要のあるファイルだけに行う必要があります。これはBLOBまたはCLOBを含む全ファイル、iSeriesにBLOBまたはCLOBとして作成されるロング・フィールドを含むLANSAファイル、およびスキップフィールドを含むiSeries外部ファイルを含みます。

0101054UNIX上のPC外部ファイルのサポート
0101822ログファイルは、Lansa.ini 内の LogFile の値の代わりに、Yと命名されますログファイルは現在、Lansa.iniのLogFile値に従って正しく命名されます – これはUNIX上のLANSAにのみ影響していました。
0107307UNIX:コンパイルしたオブジェクトに、OSの地域の設定を使用してください。この変更は、コンパイルされたオブジェクトが、コマンドラインまたは環境変数を使用するよりむしろ、例えば、英語ロケールがデフォルトでフランス語ロケールの正しい地域設定を実行するようにするために行われました。

背景の情報については、LANSAガイドの ファイル x_defxxx.h についての考察を参照してください。

以下の値は、現在ロケール値のデフォルトです:

以下は、以前は x_defxxx.h 内の値がデフォルトでした。
X_DATE_SEPARATOR
X_CURRENCY_SYMBOL
X_DECIMAL_POINT_CHAR
X_TIME_SEPARATOR

以下は、以前はファイル LX_F96 のカラム X96SDF の値がデフォルトでした:
システム日付形式

注意:この機能のためのWindowsの変更は、バージョン10.0の CCS 103085で行われました。

0112569プロパティ でDLLバージョン タブが利用可能でないバージョン情報が適切な場所において、Windowsプロパティのバイナリ(.exe と .dll)で利用可能になりました。
0120544
0135497
0137286
BLOB/CLOB の一時ディスクファイルは TPTH= ではなく LPTH= 以下に作られるようになりましたこの不具合は修正されました。
注意:このパッチが適用される前に(スーパーサーバーによって、またはサブミットされたジョブとLOBを交換するために)作成されたLOB一時ファイルはクリーンアップされません。一時ディレクトリをクリーンアップしたい場合は、それは x_win95\x_lansa ですが、必要なファイルを誤って削除しないよう、削除したいファイルのバックアップを取って下さい。
0120557UNIX:Oracleを実行しているSunボックスの上での、アクセント付きのフランス語文字の問題LANSAを正しく実行するために必要な構成についての注意とともに、トラブルシューティング情報を更新しました。
0120765
0121445
LANSAエディタでのデバッグ終了時の致命的エラーVisual LANSAデバッガは現在、アプリケーションをシャットダウンするのではなく、実行中のアプリケーションから切断します。
0121001
0131269
UNIXのために、ISAPI プラグインと同等のApache モジュールを作成Apacheプラグインは現在UNIX Webサーバーに対して利用可能です(Intel上のLinuxとSPARC上のSun Solaris)。これは、これらのプラットホーム上のJava Servletに取って替わります。
0123196
0123289
UNIXプラットフォーム上でのデバッグの機能VL デバッギングは現在、Linuxプラットホーム上で実行されるアプリケーションをサポートします。
0123197
0123291
ジョブ待ち行列エミュレーションの機能強化1. 意図せず削除されることのないように、ファイルの状態をUNIX上で読み取り専用に変える。
2. UNIXの一般的な慣習のため、ジョブをサブミットするとき英小文字のファイル名を使用。
以下の機能強化もまたWindowsに影響します。
3. *STRJOBQ 開始時、ジョブ待ち行列モニターのプロセスIDを x_q_lck.sts と書きます。
4. ジョブ待ち行列ステータスファイル x_q_sts.sts を作成します。ジョブ待ち行列モニターの実行中、これはACTIVE または HELD の言葉を含み、ジョブ待ち行列の現在の状態を反映します。
5. ジョブ待ち行列モニタープロセスが *ENDJOBQ リクエストを処理するとき、それは、待ち行列ディレクトリから x_q_lck.sts をアンロックし、両方の x_q_*.sts ファイルを削除します。したがって、これらのファイルが存在していなければ、ジョブ待ち行列モニターは開始されません。
0123779
0135864
Visual LANSAで *DBMS_RECORD_LOCKED をサポート 
0123844ユーロ可能な新しい変換テーブルを含みます追加の非英語の変換テーブルはインストールで提供されます。
0124091ウェブレットのイメージ参照を小文字に変更しますウェブレットで参照されているイメージ名は、大文字/小文字を区別するプラットホームをサポートするために英小文字に変わりました。
0125243DC@LWEB 内のデフォルト イメージ ディレクトリは小文字でなければならないこの不具合は修正されました。
0125776LXMLドキュメントをキャッシュするため、DOMパーサーの代わりにSAXパーサーを使用します。SAX パーサーは、WAM実行時のメモリ フットプリントを減らすために使用されます。
0126230WindowsとUNIX両方のセットアップ(ODBCとともに)をサポートするため、Oracleサポート情報がj更新されました 
0126403IIS プラグイン:フォーマットされた出力サポートのためにWebサーバーでバッファリングするのを避けます改善されたメモリ使用フットプリントとパフォーマンス。
0126655SERVICE_CONTENT キーワードで小文字の*httpを受け入れます。 
0126671
0135715
0135718
WAMの場合:XSLTプロセッサ出力をストリングからストリームに変えますXSLT変換の出力は現在ストリームです。これにより、メモリ使用量が減少し、メモリ割り当てのための16MBのILE単一レベル記憶限度を避けられます。
0126810JSMX_COMMAND:作業リストデータに必要なメモリを割り当てることができません非常に大きいリストを処理するとき、以下の致命的エラーが発生していました:
(0024) – オペレーティングシステムが要求されたメモリの割り当てに失敗しました。
(1000) – 作業リストデータに必要なメモリを割り当てることができません。
この不具合は修正されました。
0126875LANSA for the Web の AboutのページをIBM iに実装しましたLANSAWEB Aboutページは診断目的で IBM i に実装されました。
0127220詳しい情報をJSMに送るRMDLX 組込み関数プロトコル バージョン:1.0
Status-Length:[number]
Message-Length:[number]

が JSM Manager に送られるようになりました

Status-Length はステータスのRDMLフィールドのサイズです。
Message-Length は応答のRDMLフィールドのサイズです。

0127809JSMPROXY と JSM 組込み関数の2つの新しいプロパティ2つの新しい HTTP プロパティ HTTP_ACCEPT_ENCODING と HTTP_CONTENT_ENCODING はロードされたJSMサービスに渡され、サービス・プログラムに、受信した内容のエンコードの決定と、その内容のエンコードがクライアントに許容されるかの決定を許可します。
0128517
0128868
0129191
自動インポートは長文のDBConnectStringを正しく解析しませんこの不具合は修正されました。
0129052
0128886
0136338
配布ツールは、Non-LANSAオブジェクトを、50文字のファイル名に切り捨てますNon-LANSA オブジェクト名は100文字までサポートされるようになりました
0129674Apache モジュール:Webサーバー サイド変換のサポートを機能強化LANSA for the Web Apacheモジュールは、 Linux と Solaris上で実行しているApache Webサーバーで利用可能です。Apache モジュールは機能的にはWindowsのIISプラグインと同等です。インストールと使用の詳細については、Apache Module Installation packageに含まれているドキュメントを読んで下さい。
0130794XSL生成は、LXMLドキュメントからTSML部分を取り除くべきですWAMの全XSLが再生成されたら、TSMLノードはLXMLドキュメントから除去されるようになりました。
0131038ホストモニターのログは、全ての区画とワークステーションの履歴を表示しますホストモニターの履歴ログは、選択したシステムと組み合わせて(CCS 134730参照)、現在の区画とワークステーションのレコードのみを表示するよう修正されました。
0131438
0136038
LANSA Clientは、RDMLXファイルに対して繰り返し実行するとアベンドします。この不具合は修正されました。
0131471WEB_BUILD_COMPONENT 組込関数は、UNIXで使用できませんこの不具合は修正されました。
0132178発行元スタイルシートXSLが失敗すると、WAM/ウェブレットの発行が失敗します。WAM/ウェブレットの発行エラーは、インポートログに表示されるようになりました。
0132372非表示リストが表示される非表示リストが、表示リストと同じように生成されていました。非表示リストは表示されないようになりました。
0132911
0136420
LANSAのVisio 2007サポートロジカルモデラーはVisio 2007をサポートします。
0133211パッケージ エディタは直観に反して “保存しないで閉じますか?" をプロンプトします修正された配布ツールパッケージまたはテンプレートを閉じるときに表示されるメッセージは、未保存オブジェクトのクローズ時、統合開発環境のメッセージ行に入るように変更されました。
0133344現在の libxml2/libxslt バージョンへのアップデートPASE libxslt XSL プロセッサはバージョン 1.1.24 にアップグレードされました。
0133544PASE テスト ユーティリティPASEは 、PASEの問題のトラブルシューティングをアシストするため、プログラムをテストします。
0133685DateとTimeのウェブレット:表示サイズをセットする新しいプロパティDateとTimeのウェブレットにsizeプロパティが追加されました。
0133962
0133964
UNIXが組み込みのOracle SQL (pro*c) の代わりにODBCを使用するよう変更しました

ユーザーアクション:
UNIX上のこのバージョンのLANSAで、いかなるテーブル構造をも変更する “前に"、テーブル構造詳細を変えることなく、全てのOAMを再生成する必要があります。- さもなければ、データのアップロードは失敗するでしょう。

0134457UNIX上のWeb WAM実行時のサポートを提供しますWeb Application Modules (WAMs) はUNIX(Linux)上でサポートされるようになりました。
0134546
0135886
0136005
0136007
WAM:離脱したパーサーをiSeriesに移植WAMは現在、LXMLドキュメントを処理するのに離脱したXMLパーサを使用します。
0134578
0135225
RDMLX PC外部ファイルのためにMySQLをサポート注意:RDML区画でロードされたファイルは、MySQLはサポートしません。
0134673Excelの読み込みの問題: 40-50,0000行の使用は割り当てエラーを引き起こしますこの不具合は修正されました。
0134730“配送先" システム別の履歴になるよう、ホストモニター履歴ログを修正。ホストモニターログ履歴は、ホストモニターに加えて、配送先システムをサポートするよう修正されました。複数のシステムが定義されている場合、システムのドロップダウンから、表示したいシステムログ履歴を選択することができます。デフォルトは、(存在する場合)マスターシステムです。
0134736配布システム上のパッケージを保持して、配布されたオブジェクトの履歴を提供する配布システムにパッケージをインストールした後、パッケージ定義を保持して、パッケージによってインストールされたオブジェクトのリストへのアクセスを提供します。インストールされたオブジェクトは、UNIX\<パッケージ名>.dol ファイルで詳述されます。
0134762
0135270
0135271
0135272
0135275
0135276
全てのデバッグ状況のための新しいデバッグメカニズムリモートデバッグを著しく単純化しました。リモートデバッグのために特別なセットアップと管理者権限はもはや要求されません。ローカルとリモートのデバッグの差異が取り除かれました。

X_RUNパラメータのDBRM、DBHU、DBHP、DBHSは、もはや使用されないか、認識されません。したがって、X_RUNのコマンドラインより削除しなくてはなりません。

特別なWindowsログインユーザーであるXDBG_USERは、もはや必要ありません。削除することを強くお勧めします。

0134775デバッグ開始時に、実行が停止する箇所を述べるメッセージが出ます。最初の実行可能な命令行で常に停止するように、デバッグの振舞いは変わりました。これは追加のブレークポイントを加えるための機能です。
0134826Web複数層でCPIC(SNA)を使用するためのオプションの除去CPIC(SNA)のサポートはなくなりました。
0134896デバッグの値のセットは、デバッガの中でDBCSデータを許可しません。リモートデバッグはDBCSデータを正確に表示しませんでした。
0134916リポジトリに定義されているすべてのシステムにおいて、ホストモニター履歴コマンドが利用可能であるべきです表示 メニュー上の “ホストモニター履歴" コマンド は、"接続履歴" にリネームされました。このダイアログは、他のいかなるシステムへの接続に関連する詳細の履歴をも取ります。
0134928妥当性リストプログラムW3@P2301のなかで、ロングウェブユーザーIDをサポートします。プログラム W3@P2301 のパラメータ Webユーザープロファイル は、ロングユーザーIDをサポートするよう強化されました。 ドキュメントは更新されました。

ユーザーアクション:
変数がプログラム W3@P2301の <Webユーザープロファイル> のパラメタに使用された場合、変数は、CHAR(10)からCHAR(256)に変えられる必要があります。

0134956配布ツール – オブジェクトのマスター状態だけを示しますオブジェクト選択に追加のカラムができました。リポジトリオブジェクトのみ、オブジェクトがリポジトリに認識されていない(? アイコン)、またはマスターにのみ存在する(マスター アイコン)を示します。

不明なオブジェクトは保存時にパッケージから除外されます。マスターにのみ存在するオブジェクトはパッケージの保存時に保持され、必要であればユーザーがオブジェクトをチェックアウトできます。

マスターにのみ存在するオブジェクトが、ビルドの選択時に含まれていた場合、パッケージのビルドは失敗します。

0135076プロンプターウェブレットが auto_resize にセットされるとき、その幅がいつもコンテンツにマッチしませんでした。auto_resizeがtrueにセットされるとき、プロンプターウェブレットのプロンプト幅は約300ピクセル以下になりませんでした。この問題は修正されました。
0135099既存の組込関数をインポートするとき、いつも新しいBIF番号が割り当てられるインポート時に、既存のBIF番号を再利用するようになりました。もし、他のBIFによりBIF番号が使用されているときは、新しいBIF番号を割り当てます。
0135110VistaでWAMのチェックインが完了しても、X_RUNの実行が残ったままでした。この不具合は修正されました。
0135125イメージプロパティエディタ内の日本語のTIPメッセージのフォントが適切ではありませんでした。 
0135137iSeries上で、QRYSLTのパラメータの構文エラー新しい LX$F98DB が含まれます
0135144プロンプターウェブレットに、constrain_size プロパティが追加されましたこの新しいプロパティは、プロンプタに表示可能スペースの限界を示します。
01351542より多い補助グループでのオブジェクトの右クリックでIDEがクラッシュします。この不具合は修正されました
0135202
0136525
RDMLXコードからRDML組み込み関数を呼び出すとき数字リテラルの使用を許可しますこの不具合は修正されました
0135244BLOBまたはCLOBフィールドが *SQLNULL または *NULL の時、TRANSFORM_LIST で致命的エラー940が起こりますこの不具合は修正されました
0135251
0135978
*NULLはSP4のEXECUTEコマンドでもはや受理できないパラメータ値ですこの不具合は修正されました
0135273設定のダイアログから、SnapToGrid を FALSE に変更しても反映されませんSnapToGrid を FALSE へ変更しても、依然としてグリッド・ポイントへコントロールを “スナップ" します。
この不具合は修正されました
0135278IDEでの複数のデバッグセッションのために、コンボボックスの中でジョブIDを照会します。複数の実行中のデバッグセッションのために、デバッグモードのLANSAアプリケーションのジョブID(Windowsnの場合はプロセスID)はデバッグツールバーの中のプロパティで照会されます。
0135295Visual LANSA IDEはフォームのデザインビューのテーマの切替えが繰り替えされた後、システムハンドルから抜け出します。テーマのリソース管理の機能は、アプリケーションのテーマを切り替えたときに2MBのメモリがリークする箇所を修正しました。
0135319SP4とSP5で、マスターオブジェクトのリフレッシュの後、中国語の記述が破損しました。開発言語がENGまたはFRAで現在の言語としてDBCS言語が使用されるとき、現在は、DBCSサーバーのSystem iのマスターへ正確に接続します。これはリポジトリの中でマスターだけのオブジェクトから正確な記述の結果を更新する問題を解決します。
0135336X_RUN_CONNECT メッセージ : (1077) – システムは現在初期化中です。Visual LANSAインストールプログラムでデモンストレーションシステムのインストールと実行を選択すると、このメッセージが出力されました。
この不具合は修正されました
0135350スーパーサーバー プログラム内でのメモリリーク接続/切断ごとのメモリリークは現在修正されています。
0135373フィールド ビジュアライゼーションの “クラスのPvalue が有効でない" エラーフォーム中で"クラスのPvalue が有効でない" が現れていました。フォームはRPフィールドのビジュアライゼーションを含んでいました。この問題は修正されました。
0135419配布されるオブジェクトの現在のリストをレビューするインターフェイスの提供展開されたオブジェクトビューアが、一般的なオブジェクトビューアに替わりました。パッケージ内に含めるために直接選択されたオブジェクトは、 “選択されたオブジェクト" タブに表示されます。クロスリファレンス設定で含まれたオブジェクトは、別のタブに表示されます(それらはパッケージが構築された後に使用可能です)。

オブジェクトリストはテキストファイルに保存可能です。

更なる詳細については、配布ツールのドキュメントを参照してください。

0135466グリッド内のキープレス イベントが2度発生する 
0135529タブページウェブレット内部でのナビゲーションパネルの使用Tab pagesウェブレット内部で使用されるNavigation panelのための"preload"と"reload on click"オプションの動作の中の多くの不一致を修正しました。
0135559配布先/チェックイン/チェックアウト コマンド処理を、エディタリストをサポートするよう修正しましたエディタリストはチェックイン、チェックアウト、配布先 コマンドから選択可能になりました
0135565リスナーは接続されるたびにメモリーとハンドルをリークしています。この不具合は修正されました
0135577v10で動作していたActiveX コントロールが、v11では動作しませんこの不具合は修正されました
0135583SELECT FIELDS(*ALL) は仮想フィールドを戻しません。この不具合は修正されました
0135585プロパティにキーがセットされるファイルI/Oのとき、クライアント/サーバーがクラッシュします。この不具合は修正されました
0135588トリガー内の WEB_UPD_PAGE の問題DC@X01の互換性のないファイルオープンにより、Webジョブが失敗します。
0135608リスナーの停止で全てのlcotpが終了します。リスナーの停止により、実行中の残りのLCOTPプロセスが自動的に終了します。
0135642階層のないツリーリストのイベントが誤った順番で実行されてしまう親のアイテムが開かれた結果の子供のアイテムが、子供のItemExpandingイベントの前に、親のItemExpandingイベントを実行するよう、ツリーの動きが変更されました(SP5は親のイベントの前に子供のイベントを実行していました。)
0135666
0135837
0136218
0136660
0137639
v11 SP5でフィールドの一括登録を使用してフィールド記述を入力する時の問題この不具合は修正されました
0135710System i に LANSAデータベーストリガーを実装LANSA妥当性検査とトリガーファンクションは、ファイルのLANSA データベース トリガーが有効な場合、LANSA外部からも実行できるようになりました。LANSA DB トリガーを有効にする前に、Visual LANSA開発者ガイド の “LANSA データベーストリガー" のセクションを読み、理解してください。
0135715
0126671
0135718
WAM:XSLTプロセッサ出力をストリングからストリームに変えますXSLT変換の出力は現在ストリームです。これにより、メモリ使用量が減少し、メモリ割り当てのための16MBのILE単一レベル記憶限度を避けられます。
0135761プログラム DCXP8731 はV11 SP4 または SP5 で出荷されていませんでした。この不具合は修正されました
0135844std_menu_item ウェブレットの styleclass プロパティの問題この不具合は修正されました
0135852
0136346
特定のウェブサーバー名/ポートのペア構成 XSLT 変換エラーWindows のIISプラグインで特定のWebサーバー/ポート の組み合わせが構成されていると、Webサーバー側の XSLTでエラーが起こります。
特定のWebサーバー名/ポートの組み合わせの構成により、XSLファイルを保管するために生成されるディレクトリの名前が ':’ に変換されます。(l4w3serv.cfgに表示されます)それが、XSLT構文分析プログラムエラーの原因です。
0135864
0123779
スーパーサーバーで *DBMS_RECORD_LOCKED をサポートユーザーアクション:
Windows、 Linux、UNIX サーバーでは、クライアントとサーバーは、サーバー (LOCK_TYPE、LOCK_TIMEOUT、CMD_LOCK_TIMEOUT、DBMS_RETCODE_ROW_LOCKED) で使用されているデータベースタイプの x_dbmenv.dat 内で同じタイムアウト設定になっていなければなりません。そうでなければ、 *DBMS_RECORD_LOCKED から Y が返ってくるはずの時に N が返されます。
0135878
0136308
0136521
0136577
0136579
リポジトリタブの拡張ファイルをコンパイルするとき、IDE がアベンドします
0135886
0134546
0136005
0136007
IBM XML Toolkit は、ILE XSLT トランスフォーマーを使用する時にだけ必要です。変換を実行する時に ILE XML4C オプションを選択した場合のみ、IBM XML Toolkit は、WAMを実行するのに必要になりました。
0135981SP5で、GROUP_BY にないフィールド を SELECT する時、OPTIONS パラメータで *ENDWHERE が指定されていると失敗する 
0136007
0134546
0135886
0136005
XML Toolkit バージョン に依存するオブジェクトインストーラー更新変換を実行する時に ILE XML4C オプションを選択した場合のみ、IBM XML Toolkit は、WAMを実行するのに必要になりました。
0136074ユーザーIDとパスワードが見えないよう、X_RUNコマンドラインが見えないようになりました。新しいXCMDコマンドパラメータにYを指定すると、プロセスエクスプローラを使用してもユーザーとパスワードが見えないように隠します。詳細はドキュメントをご参照ください。
0136122ITHP=Z は終了時にいつもアベンドするこの不具合は修正されました
0136144ButtonFace ColorはSP5で正しく適用されません
0136179WITH_ARGSパラメータで使用されるDBCSリテラルが、チェックイン時にシングルクオテーションで囲われるUSEコマンドのパラメータ WITH_ARGS で使用されるDBCSリテラルは、チェックイン時にトリプルクオテーションで囲われるようになりました。
0136206RDMLXソースでRDMLXシンタックスを使用してのRDMLフィールドの定義は致命的エラーを引き起こします。この不具合は修正されました
0136214UNIX への配布 – 非LANSA オブジェクトのサポート非LANSAオブジェクトは、LANSAシステムディレクトリ内でテキストファイルを作成することによって(…\X_WIN95\X_LANSA\DELIVERTO.txt)、UNIXに配布されるオブジェクトと共に含まれます。

オブジェクトがリモートシステムに配布される度に、このファイルの中身もまたリモートシステムに配布されます。テキストファイルの保守は、ユーザーが選択したツールを使用してマニュアルで作業します。

0136252日付に備わっている AsDisplayString の形式 DDXXbMMMMMMMMMbCCYY注意: この機能は現在は、LANSA技術解説書のセクション 10.7.5 AsDisplayStringで提供されている例にマッチします。。
月名の文字列は、lpcmn.bnbで定義されているように複数言語形式を使用することで得られます。
さらに、フォーマットされた日付の先行ゼロは現在削除されます。
例えば2010年12月2日。

これは DDXXbMMMMMMMMMbCCYY と DDXXbMMMMMMMMMbYY 両方の形式でフォーマットされます。

0136261編集エラー C2059:シンタックスエラー:’?’ V11 SP5組込み関数にハードコーディングした256バイト以上のストリングを渡す時のコード生成エラー
0136292大きなアプリケーションのデバッグ時、X_RUN がシャットダウンすることがあるDestroyInstanceイベントルーチンを含むコードをデバッグするとき、X_RUNが適切に停止しないことがあります。
0136309
0136849
0136869
XSL エディタでコピー&貼り付けをしたり、backspace キーを使用したりすると落ちる 
0136311CS Builder/サーバーのジョブログ内の外部エラーで、ジョブログが満杯になる 
0136312エラーで UD BIFSにマップされた値が渡される組込関数で、"type length or decimal mapping error" のエラーが発生。
0136314配布ツールの、追加ショートカット設定のパラメータが短すぎる追加の X_START パラメータ / Override パラメータを定義する時、1000文字のパラメータ値がサポートされるようになりました。以前は100文字に制限されていました。
0136316
0136776
SP5の複数層の使用によりP1100が失敗します:データ待ち行列からの読み込みに失敗しますIBM i の Model B 構成のための潜在的な同期問題を修正しました。
0136325
0137490
Firefox は1つのページを複数回要求します標準の IMG タグが clickable_image ウェブレットと同様に、マウスオーバーイメージである時、Firefox は現在のページから余分なGETリクエストを送信します。この問題は修正されました。
0136341
0136360
デバッグの 'ステップオーバー’ はもはやコードの次の行で止まりませんデバッグの 'ステップ イン’ と 'ステップ オーバーr’ 機能は SP5 で壊れていました。
この不具合は修正されました
0136345コンパイル時のシンタックスエラー '?’デフォルト値*NULLのRDMLXフィールドの参照時の、IsDefault固有のコード生成プログラムの問題。
0136356実行した時のプロパティが不正なリストカウントの値を引き起こす 。この不具合は修正されました
0136357
0136697
ターミナルサービスを使用していると、1つのセッションしかデバッグできないデバッグサービスは現在、適切なターミナルサーバーリモートセッションで開始されます。
0136379通信構成のアベンドで、チェックアウトステータスのIFSルートテーブルが残る通信エクステンション構成プログラムはキャンセルできるようになりました。もしアベンドしても、IFS構成テーブルはチェックインされます。
0136396XSL設定 – iSeries アプリケーションのベースURLのテストがHTTP408で失敗しますXSLエディタ設定の「アプリケーションのベースURL」のテストは、現在は成功するとHTTPステータス200を返します。
0136402
0136409
RDMLX の *webevent は、数値の先行ゼロを削除しません。RDMLX区画のサイン/パックフィールドの編集コードは現在、RDMLのふるまいにならい 'L’ をデフォルトとします。
0136404アクセスキー(1-9)はv10.0では動きましたがSP5では動きません 
0136496通信構成はリスナーテーブルをロックしていないIBM i 通信エクステンション構成プログラムは、変更時に新しいリスナーテーブル(listen.dat)の代わりにルートテーブル(lroute.dat)をロックしていました。
この不具合は修正されました
0136502WAM デバッガは常にウェブルーチンの最初の行で止まりますデバッグに新しいオプションが追加され、コードの最初の実行可能な行でブレークします。
0136528ビジュアルスタイルの BorderStyle プロパティ ThinSolid と 3DLeft はXPテーマで同じでした 
0136529キーフィールドがRDMLXかつブランクの場合に、*Computeを使用したSELECTコマンドが正常に動作しない。 
0136539
0136568
LTVW カラムの再配置と保存ができないSortPositionの問題(問題番号135349)に対応した11.3からの変更が既存の動作に問題を引き起こしていました。代わりとなる変更はSortPositionの問題を修正し、既存の動作を復元します。
0136551DEF_ARRAY と IF_NULL での GroupBys の GroupBys/Expandable がシンタックス/ランタイム エラー。 
0136555プロンプタ ウェブレットの onchange イベントをデバッグできないコードの実行可能な最初の行で停止するデバッグのオプションができました。
0136558
0136941
組み込み関数SAVE_LISTがV11 SP5のRDMLXで2回目に実行した時に異常終了してしまう。組み込み関数SAVE_LIST、RESTORE_SAVED_LIST、DELETE_SAVED_LISTがRDMLXのWebファンクション、またはWAMの中で2回目に実行された時に失敗する。
0136559ストリングとして定義されたJSMメッセージフィールドを使用したコンポーネントでエラーが発生この不具合は修正されました
0136560
0136747
RDMLX コンパイルのために QOTHPRDOWN に *ALLOBJ 権限が必要です。この制限は取り除かれました
0136567テーブルビューのHTMLが時折、同じ列に2つのセルを生成してしまう。ユーザーアクション:
影響を受けるHTMLを再生成する必要があります。
0136571V11で水平グリッド欄見出しの順序を復元します。SortPositionの問題(問題番号135349)に対応した11.3からの変更が既存の動作に問題を引き起こしていました。代わりとなる変更はSortPositionの問題を修正し、既存の動作を復元します。
0136586
0137029
グリッドのCurrentItem.Entryがグリッド内にレコードがない場合にエラーを引き起こす。バージョン10の動作に戻しました。
0136595'システム情報保守" でロングパスワードを許します(W3@P2901)ロングパスワード(大文字/小文字を区別する)は現在サポートされています。
0136627検査 -> コンパイル。XSLの生成 のチェックを外す。この不具合は修正されました
0136628XSL の生成で、言語特定のページが正しく発行されません。

ユーザーアクション:
XSLを生成することなく影響のあるWAMを再コンパイルします。

0136633
0136811
0136827
0137087
0137111
リストとグリッドのカラムシーケンスの不具合SortPositionの問題(問題番号135349)に対応した11.3からの変更が既存の動作に問題を引き起こしていました。代わりとなる変更はSortPositionの問題を修正し、既存の動作を復元します。
0136654ブランクの日付は、データベースへの書き込み時 200000 に変わっていました。この不具合は修正されました
0136667
0137267
RDMLXでLANSAの実行をサブミットし、ファイルがなかった時、エスケープメッセージが出力されないユーザーアクション:
バッチ処理が致命的エラーの通知の受信を要求するので、System i上のバッチ処理でRDMLから呼び出されているRDMLXファンクションをリコンパイルしてください。
0136686フィールドタイプ DATE、TIME、DATETIME を扱う U_BIF マクロがありませんマクロは U_BIF_GET_LIST_COLUMN_AS_STRING と U_BIF_SET_LIST_COLUMN_FROM_STRING です。

DateTime の値は ISO 8601 の形式にフォーマットされます。

詳細はユーザードキュメンテーションの DateTime を参照してください。

0136689Visual LANSA上で、YMDX出力スタンプ属性がINSERT時のみ動作し、UPDATE時に動作しない。 
0136698
0136837
LXQUEUE がWebオプションなしの LANSA for iSeries のアップグレードで復元されない 
0136720
0137034
ロジカルを含むファイルの削除により、オートコンプリート機能が失敗する。 
0136724プログラム W3@P2300 がパスワードを大文字に変換するプログラム W3@P2300 はWebユーザーIDとパスワードを大文字に変換していました。これらの値は現在は入力された通りに保管されます(つまり、Webユーザーとパスワードを、大文字/小文字を区別して正しく入力しなければなりません)。
0136748配布ツール:ネットワーククライアントの構成上でのホストルートテーブルの保守アプリケーションまたはパッケージで使用される、ホストルートテーブルの場所を特定する設定。ネットワーククライアントが実行されている時、ホストルートテーブルがサーバーを見るよう修正されました。以前はローカルシステムのディレクトリがチェックされていました。
0136807PPC 生成リストは、XHTMLに余分な属性を持ちます属性 “__DecimalSeparator"、"__FormatType"、"__Mode"、"__AllowSort" が、 PPC XHTML に生成されたリストの <th> エレメントに追加されます。属性 “__oddsrc" と “__evensrc" は <tr> エレメントに追加されます。"__cellValue" は <td> エレメントに追加されます。これらの属性は使用されません。
0136810Visual LANSAは、ルートディレクトリにテンポラリファイルを作成しようとします。JPEGサポートのアップグレードで、ファイルサイズ1メガバイトの制限は1ギガバイトに増えました。この1メガバイトの制限は、1ギガバイトに増加されました。
0136816組み込み関数SAVE_LISTの引数2がRDMLXコードに対して不適切 
0136819WAM:非表示フィールドに onchange 属性は不要です非表示フィールドに onchange 属性はもはやありません。
0136877
0137280
フォームでタブを使用した時、Timeタイプのフィールドがフォーカスを取得しない。Date/Timeコントロールがフォーカスを失う時に、Date、Timeへの1桁のずれが偶発的にキャンセルされてしまう。
0136887
0137343
UPD_ENTRYを使用した時にグリッドのセルのビジュアルスタイルが失われてしまう。この不具合は修正されました。
0136902SP5にアップグレード後、コーディングの構造によってはWAMが正しく再生成されませんでした。リポジトリのフィールドと同じ名前のリストをWEB_MAPに使用するとマッピングの失敗を引き起こす場合がありました。
0136932SQL Server 2005を使用したMixed モード コミットメントでSQL エラー 3981が発生する。 
0136948翻訳ツールに翻訳文をロードする時に、致命的なエラーが発生してしまう。配布ツールの翻訳インターフェースを使用しようとした時に、翻訳する言語を選択しOKボタンを押した後にアプリケーションが異常終了します。
この不具合は修正されました
0136954省略値のオプションを設定した後に正しくないクロスリファレンスの動作が起こる。省略値でクロスリファレンスを含むよう配布ツールが構成された場合、クロスリファレンス情報無しでパッケージに含まれたアイテムの選択は無視され、省略値の値が適用されてしまいます。
この不具合は修正されました
0136973無効なライセンスは、Windowsへのスーパーサーバーで *bldno ビルドチェックエラーを生成します現在はより適切なメッセージが表示されます。メッセージは、無効なライセンスのために接続が失敗したと明記します。
0136979SQL 2005 からファイルをロードしようとした時の無効なオブジェクト名 'SYSINDEXES’ 
0136981スーパーサーバー接続を使用した時に、RENAMEコマンドが正常に動作しませんでした。サーバーがiSeries及びRDML上で無かった時、複数のI/Oコマンドが実行中に、RENAMEコマンドが正しく動作していませんでした。この不具合は修正されました

ユーザーアクション:
RDMLX上のiSeries、Windows、UNIXへのスーパーサーバー接続を使用している場合、RENAMEコマンドを使用している全てのファンクションを再生成する必要があります。

0137038
0137102
リストが表示される時、値が失われるか、または化けてしまいます。RDMLXのWEBEVENTファンクションで、Integer型(桁数が2と4の場合)のカラムの次のカラムが表示されませんでした。この不具合は修正されました
0137053SELECT_SQLでスペースをシングルクオテーションで囲っていると、コンパイル時にIDEが強制終了するこの不具合は修正されました
0137068バージョン10.0と11でのORACLEに対するSELECT_SQLの違いブランクの値がセットされたフィールドは空の文字列にされていました。この値はシングルバイトブランクと比較すると、Oracle以外のデータベースではイコールで比較されていました。これはOracleが空のフィールドをNULLとして解釈し、他の値と比較されない為です。この修正はOracle上で、少なくとも一つのシングルバイトブランクが存在するかどうかを確認します。
0137090サブミットされたジョブ内でスーパーサーバーを始動している間に、EXCHANGE リストがクリアされる 
0137102
0137038
使用可能にされたSHORT CHAR データ型がWEBEVENTファンクションのブラウズリスト上に表示されません。RDMLX区画の”SHORT CHARの使用”オプションを有効にした場合に、対象となる文字列がWEBEVENTファンクションのブラウズリストで表示されませんでした。この問題はその文字列の次のカラムが表示されないという問題も引き起こしていました。
この不具合は修正されました
0137115
0137337
RAMPを使用する時の再配置されたWindows上の画面レイアウト/ボタンレイアウトマネージャが適切に呼び出されません。この不具合は修正されました
0137122RDMLのシステム変数ファンクションの呼出し後、RDMLXのWebeventのフィールド値がブランクになるこの不具合は修正されました
0137140
0137323
SQLNULL値に遭遇後、CLOB/BLOB フィールドを取得する際の不具合MSSQL 外部ファイルの BLOB フィールドで Null に遭遇すると、BLOBフィールド内にデータがあってもその後の FETCH で常に Null を返します。
この不具合は修正されました
0137154
0137823
ドロップダウンリストと、コンボボックスでのビジュアルスタイルの動作の違いドロップダウンリストと、コンボボックスで、ビジュアルスタイルの動作が同じになりました。
0137189
0137217
組込関数 NUMERIC_STRING で使用される動的なシステム変数は常にゼロを返しますユーザーアクション:
関連オブジェクトをリコンパイルしてください。
0137190Webアプリケーションでのスプールファイル機能が、WEBライセンスでは稼動するがPWBライセンスでは稼働しないスプールファイル機能は、開発環境以外のWebシステムでも使用可能になりました
0137249スプリッター付きのツリービュー ウェブレット; スプリッターをスクリーン向こう側のいっぱいにドラッグできないマウスがツリービュー項目に遭遇すると、左側に向けているスプリッターのドラッグが止まる。
0137254中国語から英語へのIDEデザインビュー言語の変更でアクセス違反が起こるデザイン言語を 繁体字中国語 から 英語 へ変更するとIDEが失敗する。
この不具合は修正されました
0137282V11 SP5でプロセスメニューを使用した時にLWEB_JOBのループを引き起こす。プロセスメニューから実行された時、手続き型のWebファンクションがループする。
0137326SSIの Fetch-File の使用でVLFをサポートするよう Web プラグインを機能強化 
0137333IDEで関連区画からUNIX 区画を初期化するコマンドLinux/UNIX インストールでリモート Linux/UNIX システムを定義した後、IDEを再開始して区画の初期化を実行。区画の初期化は、「区画の初期化」および「ウェブを有効にする」オプションと共に、リポジトリのリモートシステムに反して行われていました。
0137348様々なテーマの問題1. パネルがプロパティ ThemeDrawStyle=LightTitle を持つテーマでは、テキストの FontColor に誤って ThemeDrawStyle=DarkTitle を使用していました。
2. SplitControl が DividerSplitStyle=Bar のテーマでは、分割は、分割を誤って黒として表示していました
0137355
0137521
グリッドで、*SQLNULL 日付が *NULL に変わるWAMグリッド内の SQLNULL 日付をファイルに適切に保存するよう修正しました。
0137368配布ツールがSybase ASA 10データベースを認識するのを許すパッケージのセットアップは、SQLAnywhere 10 ODBC ドライバで作成されたDSNを認識できます。

ユーザーがSQLAnywhere 10を選択したら、データベースはパッケージのインストール前に作成されなければなりません。

重要:
システムデータベース(SQLAnywhere 10 を含む)では、データベースの作成時、"Ignore trailing blanks in string comparisons" オプションを選択しなければなりません。これは データベースプロパティの “Extended Information" ページ内で “Blank Padding" = ON に変換します。

SQLAnywhere 10 で、データベース作成時にユーザーID “DBA" が選択されたら、パスワードは “SQL" でなければなりません。さもなければ、データベースは完全に作成されず、パッケージのセットアップの失敗の原因になります。

データベースとDSNを、パッケージが適用される前に目的のシステム上でマニュアルで作成することを強くお勧めします。しかしながら、もしユーザーがパッケージの構築を選択した場合、データベースとDSNは自動的に作成され、以下の問題を考えなければなりません:

パッケージのセットアップにおいて、ASA9は都合のよいデータベースシステムです。ASA9が現在ターゲットシステム上にあらえば、データベースを作成するのに使用されます。

0137380Web CRUD アプリケーション ウィザードの実装アプリケーション ウィザードはVLのツールメニューから使用可能です。最初の実行可能なウィザードは、Web CRUD アプリケーションを生成します。詳細については、ドキュメントを参照してください。
0137438Visio 2007 を使用するロジカルモデラーが、オープン時とクローズ時に複数回失敗する 
0137452Unix Webサーバーと iSeries – HoldのシステムはCM通信エラーを起こしますiSeries データ/アプリケーションサーバーに接続するUNIX Webサーバーには、Holdメッセージを表示する前にHoldのシステムへの接続はもはや試みられません。
0137483
0137748
std_list_textarea_v2 は最初のブランクで不正にデータを切り捨てていました 
0137499自動非表示タブシートは、CU3とSP5で動作が異なりますアプリケーションの AutoHide の Width/Heights のスタートアップが正しく初期化されない部分に関して、タブフォルダの問題は修正されました。
0137522Visual LANSA v11での仮想フィールドの計算の問題(iSeries vs Win)プラス記号は、それで数字が最大長を超える場合、もはや先頭に追加されません
0137637DBCSだと、インラインコメント付きのRDMLは、チェックアウト時にパラメータが切り捨てられるDBCS環境でファンクションをチェックアウトする際に、インラインコメントのある幾つかのRDMLコマンドにおいて、パラメータが切れてしまう問題を修正しています。
0137641EPC837にアップグレードすると、引き継いでいるコンポーネントの各ループが失敗します。他のコンポーネント上で発行されたキーコレクションを参照しているコンポーネントは、作成中に失敗します。
0137657
0138001
LISTと呼ばれるRDMLXファイルのコンパイルは、SP5のiSeries上で失敗します。RDMLX区画におけるファイルのOAMのコンパイルは、予約されたSQL名のファイル参照とともに、iSeries上で失敗します。
0137686EPCのインストールで、IFSオブジェクトを DCàEPCnn ライブラリに正しくバックアップしませんこの不具合は修正されました
0137701<Use Local Data Dictionary> オプションを使用するとCS/Builder サーバーが失敗します 
0137773作業リストのカウンタは、CU3とSP5とで異なって増加されますCU3の動作に戻しました。
0137806Visual LANSAのRDML区画で、データベーストリガーが使用可能ですデータベース トリガーは、現在はRDMLX区画のファイルに対してのみ使用可能です。
0137821DBトリガー付きのRDMLファイルを、RDML区画にインポートできるRDMLファイルがRDMLX区画からエクスポートされ、そのファイルがDBトリガーを含んでいる場合、それはRDMLXオブジェクトとして扱われ、RDML区画へはインポートできません。このファイルは、RDMLX区画へインポートできます。
0137836FILECHECK の USING_KEY パラメータで動的システム変数を使用しているとコンパイルエラーこの不具合は修正されました
0137978組み込み関数WEB_STATIC_PAGEが使用されている複数の DISPLAY/REQUESTで、SP5のDCM1739組み込み関数WEB_STATIC_PAGEが使用されている時、複数の DISPLAY/REQUEST コマンドの検出と阻止はもはや行われません。
0138002
0137873
0137999
RDMLXスーパーサーバーを実行する *OPNQRYF がWindowsサイドで失敗するこの不具合は修正されました
0138106
0138170
EPC838の適用後、妥当性検査を追加すると、ファイルのコンパイルがiSeries上で失敗するLANSA for iSeries 開発画面で妥当性検査を追加、変更、削除しても、コンパイルはもう失敗しません。
013814540バイト以上のDBCS記述を持つ System i 外部ファイルを、Visual LANSAにロードできないSystem i 外部ファイルで19文字以上のDBCSの記述だとロードできない。
この不具合は修正されました
0138167SSLを使用すると、戻るボタンの使用によりWebページが期限切れになる 
0138198新しいWAMのWebroutine ONENTRY(*SESSIONSTATUS_NONE)のために再利用されたWAMセッションID新しいセッションステータス NewActive を追加しました。それは現在のセッション(セッションがまだ有効で手付かずのまま)を保存するために、一旦セッションIDを放棄し、新しいセッションIDを作成します。
0138223MXXMLWriter ActiveX 付きのVisual LANSAはStartElement メソッドでVLをクラッシュさせます。 
0138260Web プラグイン:http ヘッダーの content-type に charset を追加Web プラグインは現在はWebサーバーのXSLT変換、またSystem i 以外のデータ/アプリケーション サーバーでのXSLT変換のため、特定の IANA charset を使用するよう構成されています。
0138327WebAdmin:ページが早く期限切れになるため、Webサーバーのcharsetとオプションの設定を追加ローカル構成の追加のオプション:
1) データ/アプリケーション サーバー – Webサーバー文字セット
2) アドバンスト:直ちにページの有効期限が切れる
3) アドバンスト:ページがキャッシュされるのを防ぐ
0138342CRUDウィザードは、入力属性LCのフィールドに対して不正確なXSLクラスを作ります 

影響があるオブジェクト

Windowsコンポーネント

オブジェクト名オブジェクト タイプ
lcoadm32.exe\Connect
lcoecho.exe\Connect
lcoechotp.dll\Connect
lcoedes.dll\Connect
lcoetwf.dll\Connect
lcolchk.exe\Connect
lcolist.exe\Connect
lcolowertp.dll\Connect
lcomgr32.dll\Connect
lcosck32.dll\Connect
lcotp.exe\Connect
lcouppertp.dll\Connect
vldbgsrv.exe\Connect
vldbgtp.exe\Connect
LANSA.EXE\LANSA
LansaAutoImport.exe\LANSA
libexpatw.dll\LANSA
LIIA.DLL\LANSA
LIIB.EXE\LANSA
LIIE.EXE\LANSA
LIIEL.DLL\LANSA
liih.exe\LANSA
LIIILCFG.DLL\LANSA
LIIL.EXE\LANSA
liio.dll\LANSA
LIIOSRV.DLL\LANSA
liis.dll\LANSA
LIIT.DLL\LANSA
LIIV.DLL\LANSA
LIIX.DLL\LANSA
LIIy.DLL\LANSA
LIIYMAIN.EXE\LANSA
LIIZ.DLL\LANSA
lpcr.bnd\LANSA
lpcrfra.bnd\LANSA
lpcrjpn.bnd\LANSA
lppa.bnd\LANSA
lppafra.bnd\LANSA
lppajpn.bnd\LANSA
lxutil.dll\LANSA
x_base.dll\LANSA
x_Cbc1.dll\LANSA
x_Cbv1.dll\LANSA
x_dom.dll\LANSA
x_prim.dll\LANSA
x_rom.dll\LANSA
*msg.asc\lansa\imports\messages\*
lxxf47.asc\lansa\imports\std_bifs\*
lxxf48.asc\lansa\imports\std_bifs\*
lxxdir.del\lansa\imports\std_weblets
lxxf02.asc\lansa\imports\std_weblets
lxxf60.asc\lansa\imports\std_weblets
lxxf74.asc\lansa\imports\std_weblets
lxxf74.asf\lansa\imports\std_weblets
lxxfcr.asc\lansa\imports\std_weblets
lxxfwe.asc\lansa\imports\std_weblets
lxxfwl.asc\lansa\imports\std_weblets
lxxfws.asc\lansa\imports\std_weblets
lxxfwx.asc\lansa\imports\std_weblets
lxxldf.asc\lansa\imports\std_weblets
lxxldf.asf\lansa\imports\std_weblets
lxxfpv.asc\lansa\imports\TechServices
lxxfts.asc\lansa\imports\TechServices
*.dll\LANSA\XSLEditor
LANSAWindowsUninstall.exe\NetworkClient
X_CPU.EXE\Tools
lansaweb.dll\WebServer\IISPlugin
wpixsltms.dll\WebServer\IISPlugin
*.js\WebServer\script
*.css\WebServer\style
lweb.exe\WebUtilities
lwebefra.dll\WebUtilities
lwebejpn.dll\WebUtilities
lwebmfra.dll\WebUtilities
lwebmjpn.dll\WebUtilities
lwebutil.exe\WebUtilities
x_txteng.dat\x_win95\x_lansa
x_txtfra.dat\x_win95\x_lansa
x_txtjpn.dat\x_win95\x_lansa
dc_f03.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
dc_f12.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
dc_f14.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
dc_f15.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
dc_f18.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
dc_f23.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
dc_f26.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
dc_f27.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
dc_f60.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
dc_f66.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
dc_w06.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
dc_w09.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
dc_w10.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
dc_w11.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
dc_w14.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
dc_w26.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
dc_w27.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
dc_x01.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
dc_x02.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
dc_x03.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
dc_x04.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
ide.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
INSTALLR.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
LansaRegSvr32.EXE\X_WIN95\X_LANSA\Execute
LCXP0010.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
le*.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
lh_*.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
libexpatw.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
lide*.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
lm_*.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
lp*.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
lpcr.bnd\X_WIN95\X_LANSA\Execute
lpcrfra.bnd\X_WIN95\X_LANSA\Execute
lpcrjpn.bnd\X_WIN95\X_LANSA\Execute
lppa.bnd\X_WIN95\X_LANSA\Execute
lppafra.bnd\X_WIN95\X_LANSA\Execute
lppajpn.bnd\X_WIN95\X_LANSA\Execute
LXPCOBLD.EXE\X_WIN95\X_LANSA\Execute
LXPPRBLD.EXE\X_WIN95\X_LANSA\Execute
LXPTBBLD.EXE\X_WIN95\X_LANSA\Execute
lxqueue.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
lxutil.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
lxwindtm.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
LXXP0010.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
LXXP0100.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
mdefxxx.EXE\X_WIN95\X_LANSA\Execute
RUNSQL.EXE\X_WIN95\X_LANSA\Execute
saveparm.EXE\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3@p1600.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3_cfg.exe\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3_p1200.exe\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3_p1600.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3_p2000.exe\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3_p2200.exe\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3_p2210.exe\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3_p2500.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3_p2600.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3_p2600.exe\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3_p2610.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3_p2620.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3_p2630.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3_p8000.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3_p8004.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3_p8100.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3_p8102.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3wdxw08.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3wextrq.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3wprfun.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3wsvpgm.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3wsvpgw.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3wsvpgx.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3wxmllb.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_ActiveX.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
x_base.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
x_bifms.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_Cbc1.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
x_cbv1.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
x_comms.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_Comp.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_CPU.EXE\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_Dbg.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
x_dbgrem.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
x_dbgtp.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_DBI.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_DBI_O.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_DBMMS.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_DLL.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_Dom.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_FUNMS.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_JSM.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
x_lsv.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_MAPI.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_PDFMS.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_PIMMS.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
x_prim.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_Rom.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_RUN.EXE\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_RunDllServer.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_RunExeServer.exe\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_SSV.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
x_start.EXE\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_U4W.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_U4WENG.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_UIMMSENG.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_UIMMSFRA.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_UIMMSJPN.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
x_usv.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_USVENG.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_Var.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
X_XQLMS.DLL\X_WIN95\X_LANSA\Execute
BeginHere.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
directory.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
ide.chi\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
GlobalDeploy.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
GlobalInstall.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
GlobaliSeries.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
GlobalVisualLANSA.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
GlobalWeb.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
lansa009.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
lansa010.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
lansa011.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
lansa012.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
lansa013.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
lansa015.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
lansa016.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
lansa020.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
lansa022.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
lansa040.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
lansa041.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
lansa046.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
lansa065.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
lansa086.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
lansa088.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
lansa093.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
lansa097.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
rdmlref.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
TutorialList.chm\X_WIN95\X_LANSA\Execute\eng
fun00001.s\x_win95\x_lansa\source
fun00024.s\x_win95\x_lansa\source
exec*.xst\x_win95\x_lansa\source
iom00001.s\x_win95\x_lansa\source
iom00022.s\x_win95\x_lansa\source
iom00023.s\x_win95\x_lansa\source
liiodef.h\x_win95\x_lansa\source
trg00001.s\x_win95\x_lansa\source
wiz00001.sss\x_win95\x_lansa\source
x_bif000.h\x_win95\x_lansa\source
x_comstr.h\x_win95\x_lansa\source
x_ctddef.h\x_win95\x_lansa\source
x_ctypes.h\x_win95\x_lansa\source
x_dbmstr.h\x_win95\x_lansa\source
x_funpro.h\x_win95\x_lansa\source
x_funstr.h\x_win95\x_lansa\source
x_glodef.h\x_win95\x_lansa\source
x_glousr.h\x_win95\x_lansa\source
x_jsm.h\x_win95\x_lansa\source
x_pdfpro.h\x_win95\x_lansa\source
x_start.009\x_win95\x_lansa\source
x_start.010\x_win95\x_lansa\source
x_start.012\x_win95\x_lansa\source
x_start.013\x_win95\x_lansa\source
x_start.018\x_win95\x_lansa\source
x_start.019\x_win95\x_lansa\source
x_xqlxxx.h\x_win95\x_lansa\source
tsp_global_*.xsl\x_win95\x_lansa\web\tsp
tsp_lansa*webroutine.xsl\x_win95\x_lansa\web\tsp

System i コンポーネント

オブジェクト名オブジェクト タイプライブラリー
DCXS86XX*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
LCOADM40*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
LCOCROUT*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
LCOEDES*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
LCOETWF*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
LCOMGR40*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
LCOSCK40*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
LXQUEUE*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
LXUTIL*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
W3S1000*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
W3S3200*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
W3XSVPGM*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
W3XSVPGV*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
W3XSVPGW*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
W3XSVPGY*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
LANSAWEB*PGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
LANSAXML*PGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
W3@P1100*PGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
W3@P2001*PGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
LWEBPASE*SAVF*CDLIB
LIBEXPATW*SRVPGMLANSA通信ライブラリ
W3IXMLLB*SRVPGMLANSA通信ライブラリ
W3XSPASE*SRVPGMLANSA通信ライブラリ
W3XSVPGX*SRVPGMLANSA通信ライブラリ
W3XS4210B*SRVPGMLANSA通信ライブラリ
W3XS4210C*SRVPGMLANSA通信ライブラリ
LCOECHO*PGMLANSA通信ライブラリ
LCOECHOTP*PGMLANSA通信ライブラリ
LCOLCHK*PGMLANSA通信ライブラリ
LCOUPPERTP*PGMLANSA通信ライブラリ
LCXP0010*PGMLANSA通信ライブラリ
W3@P1600*PGMLANSA通信ライブラリ
LCOADMDW*DSPFLANSA管理ライブラリ
W3@D2901*DSPFLANSA管理ライブラリ
LCOADMPW*PGMLANSA管理ライブラリ
W3@P2901*PGMLANSA管理ライブラリ
DC@M01*MSGFLANSA プログラム ライブラリー
W3@P2301*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P2800*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P2902*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P2903*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P8003*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P8008*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P8009*PGMLANSA プログラム ライブラリー
ANSEBC1140*TBLLANSA プログラム ライブラリー
EBC1140ANS*TBLLANSA プログラム ライブラリー
DC@F78FRA*USRSPCLANSA プログラム ライブラリー
DC@F78JPN*USRSPCLANSA プログラム ライブラリー
DC@F78LLL*USRSPCLANSA プログラム ライブラリー
DC@F78SFRA*USRSPCLANSA プログラム ライブラリー
DC@D2015*DSPFLANSA プログラム ライブラリー
LCOADMD4*DSPFLANSA プログラム ライブラリー
TSPDEF*SAVFLANSA プログラム ライブラリー
ウェブレット*SAVFLANSA プログラム ライブラリー
@LH@HMF1*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
@LIDE801*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
@LPINSTL*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
DC@S41IL*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
DCXS872X*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
U_BIF986*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
U_BIF992*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
W3PROFUN*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
W3XEXTRQ*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
W3XS2610*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
W3XS2620*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
W3XS2630*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
X_BASE*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
X_BIF*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
X_COM*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
X_COMP*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
X_DBG*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
X_DBGREM*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
X_DBI*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
X_DBM*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
X_DBM_IS*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
X_DLL*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
X_FUN*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
X_JSM*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
X_LSV*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
X_PDF*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
X_PIM*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
X_PRIM*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
X_SSV*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
X_USV*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
X_U4W*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
X_VAR*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
X_XQL*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリー
@LIDE100*PGMLANSA プログラム ライブラリー
BI@P175*PGMLANSA プログラム ライブラリー
BI@P261*PGMLANSA プログラム ライブラリー
DC@P2002*PGMLANSA プログラム ライブラリー
DC@P2012*PGMLANSA プログラム ライブラリー
DC@P2015*PGMLANSA プログラム ライブラリー
DC@P2100*PGMLANSA プログラム ライブラリー
DC@P2121*PGMLANSA プログラム ライブラリー
DC@P2185*PGMLANSA プログラム ライブラリー
DC@P2250*PGMLANSA プログラム ライブラリー
DC@P2255*PGMLANSA プログラム ライブラリー
DC@P2260*PGMLANSA プログラム ライブラリー
DC@P3123*PGMLANSA プログラム ライブラリー
DC@P6201*PGMLANSA プログラム ライブラリー
DC@P6207*PGMLANSA プログラム ライブラリー
DC@P6301*PGMLANSA プログラム ライブラリー
DC@P6340*PGMLANSA プログラム ライブラリー
DC@P6412*PGMLANSA プログラム ライブラリー
DC@P6413*PGMLANSA プログラム ライブラリー
DC@P6421*PGMLANSA プログラム ライブラリー
DCXP0007*PGMLANSA プログラム ライブラリー
DCXP8731*PGMLANSA プログラム ライブラリー
LCOADMP4*PGMLANSA プログラム ライブラリー
LCOAINSPOP*PGMLANSA プログラム ライブラリー
LCOAINST*PGMLANSA プログラム ライブラリー
LCOAINSTC*PGMLANSA プログラム ライブラリー
LCOLIST*PGMLANSA プログラム ライブラリー
LCOTP*PGMLANSA プログラム ライブラリー
LXIP0010*PGMLANSA プログラム ライブラリー
LXXP0100*PGMLANSA プログラム ライブラリー
MXSIGTRG*PGMLANSA プログラム ライブラリー
RUNSQL*PGMLANSA プログラム ライブラリー
RUNSQLVL*PGMLANSA プログラム ライブラリー
UTF82HEX*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@CFG*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P1200*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P1300*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P1400*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P1700*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P1800*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P1801*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P2000*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P2100*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P2200*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P2210*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P2300*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P2400*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P2500*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P2600*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P2714*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P2717*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P8000*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P8001*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P8002*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P8004*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P8005*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P8100*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3@P8102*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3XPASETD*PGMLANSA プログラム ライブラリー
W3XPASETP*PGMLANSA プログラム ライブラリー
X_CPU*PGMLANSA プログラム ライブラリー
X_DBT*PGMLANSA プログラム ライブラリー
X_RUN*PGMLANSA プログラム ライブラリー
LCOAINST*CMDLANSA プログラム ライブラリー
lpcr.bndSTMF../x_lansa
lpcrfra.bndSTMF../x_lansa
lpcrjpn.bndSTMF../x_lansa
lppa.bndSTMF../x_lansa
lppafra.bndSTMF../x_lansa
lppajpn.bndSTMF../x_lansa
x_dbmenv.datSTMF../x_lansa
x_txteng.datSTMF../x_lansa
x_txtfra.datSTMF../x_lansa
x_txtjpn.datSTMF../x_lansa
liiodef.hSTMF../x_lansa/source
x_bif000.hSTMF../x_lansa/source
x_comstr.hSTMF../x_lansa/source
x_ctddef.hSTMF../x_lansa/source
x_ctypes.hSTMF../x_lansa/source
x_dbmstr.hSTMF../x_lansa/source
x_funpro.hSTMF../x_lansa/source
x_funstr.hSTMF../x_lansa/source
x_glodef.hSTMF../x_lansa/source
x_jsm.hSTMF../x_lansa/source
x_pdfpro.hSTMF../x_lansa/source
STM_FILE_OPENBIFLANSA プログラム ライブラリー

インストール手順

iSeriesにインストールするための手順

これらの手順は経験豊かなLANSAユーザー用に要約されています。EPCのインストールをするために、更に補助が必要な場合、LANSAウェブサイトの技術資料のページ(www.lansa.com/support/notes/epc(英語))で手順一式が入手可能です。

    1. QSECOFR、QSECOFRグループ、*ALLOBJと*SECADM特殊権限のあるユーザープロファイルでサインオンしてください。サインオン後、ジョブのCCSIDが5035であることをご確認ください。もし5035でない場合には、CHGJOBのコマンドを使い5035に変更した後、EPCの適用作業を行ってください。
    2. このEPCを適用する前に、全てのLANSAフォルダー、システム・ライブラリ、全てのLANSA IFSオブジェクト(LANSA_pgmlib/x_lansa)のバックアップを取得してください。
    3. EPCを適用する前に、LANSA システムのロックが必要です。アクティブなユーザーを調べるには、LANSA iSeriesオブジェクトインストールガイドの付録C:アクティブ・ユーザーの確認方法 をご参照ください。
    4. リスナージョブ、ホストモニターを終了してください。 Webサーバーを終了し、 LANSA for the Webのクリーンアップ プログラムを実行してください。
    5. System iのIFSフォルダ( 例: /LANSA_pgmlib/tmp/epc845' )へ、解凍されたEPC845ファイルを移動してください。
    6. このEPCには、以下のオプションを使用してください。
      1. EPCのインストール元 = *IFS
      2. EPCの適用先 = FULL_LANSA_SYSTEM
    7. LOADEPCコマンドを、以下のパラメータと共に実行してください。pgmlib/LOADEPC と入力し、コマンド4 (F4)を押して、(バッチで実行可能な)コマンドのプロンプトを表示させます。

EPC番号 . . . . . . . . . . . > 845

    1. EPCのインストール元 .. . . . . >

*IFS

    1. IFS パス及びオブジェクト名 .. . .

例: /LANSA_pgmlib/tmp/epc845

EPCの適用先 . . . . .. . . . . . FULL_LANSA_SYSTEM
LANSA プログラム・ライブラリ .. . . . pgmlib

  1. インストールで作成されたバックアウト・ライブラリを、保管してから削除してください。(iiiEPCnnの場合、iii=LANSA プログラム・ライブラリの最初の3文字、nn=は連番です。)ライブラリの内容は、システムをEPCの適用前の状態に戻す際に使用します。
  2. 以下のような場合には、インストールを開始する前に、サインオフし、再度サインオンします。
    • このEPCを他のLANSAシステムに適用する
    • 同じLANSAシステムに違うEPCを適用する

iSeries Web サーバー (複数層) ユーザーの手順

コマンド LOADEPC が、LANSA Webサーバー管理ライブラリで使用可能になりました。以下の手順にしたがってください。

    1. WebサーバーにLANSA for the Webをインストールまたはアップグレードをしていない場合、ステップ2を続ける前にそれらの作業を行ってください。
    2. このEPCを適用する前に、全てのLANSAフォルダー、システム・ライブラリ、全てのLANSA IFSオブジェクト(LANSA_pgmlib/x_lansa)のバックアップを取得してください。
    3. Webサーバーを終了し、LANSA for the Webクリーンアッププログラムを実行します。クリーンアップ手順については、LANSA オンラインドキュメントの 13.5.6 システムのクリーンアップ を参照してください。
    4. 現行のライブラリリストを表示してください。QTEMPが見つからない場合は、ADDLIBLEコマンドを使ってそれを追加してください。
    5. System iのIFSフォルダ( 例: /LANSA_pgmlib/tmp/epc845' )へ、解凍されたEPC845ファイルを移動してください。
    6. このEPCには、以下のオプションを使用してください。
      1. EPCのインストール元 = *IFS
      2. EPCの適用先 = FULL_LANSA_SYSTEM
    7. LOADEPCコマンドを、以下のパラメータと共に実行してください。pgmlib/LOADEPC と入力し、コマンド4 (F4)を押して、(バッチで実行可能な)コマンドのプロンプトを表示させます。

EPC番号 . . . . . . . . . . . > 845

    1. EPCのインストール元 .. . . . . >

*IFS

    1. IFS パス及びオブジェクト名 .. . .

例: /LANSA_pgmlib/tmp/epc845

EPCの適用先 . . . . .. . . . . . LANSA_WEB_SERVER
LANSA program library … . . ADMLIB

  1. インストールで作成されたバックアウト・ライブラリを、保管してから削除してください。(iiiEPCnnの場合、iii=LANSA プログラム・ライブラリの最初の3文字、nn=は連番です。)ライブラリの内容は、システムをEPCの適用前の状態に戻す際に使用します。
  2. 以下のような場合には、インストールを開始する前に、サインオフし、再度サインオンします。
    • このEPCを他のLANSAシステムに適用する
    • 同じLANSAシステムに違うEPCを適用する

注1:

ウェブレットのインポートはEPC_845IMPという名前のバッチジョブがサブミットされます。このジョブは全てのWEBが有効なRDMLX区画へウェブレットの保管ファイルをインポートします。WEB可能なRDMLX区画が複数言語対応でない場合、インポートは失敗します。インポートを継続するために、区画をどのように複数言語に変換するかについて、「サーバーにフレームワークをインストールする」の「区画を複数言語対応に変更する」のセクションを参照してください。WEBLETSのインポートを再実行します(保管ファイルの場所は、このEPCドキュメントのSystem i コンポーネントを見て確認してください)。

Windowsにインストールするための手順

  1. EPCを適用する前に、全てのLANSAフォルダーとLANSAデータベースのバックアップを取得しておくことをお勧めします。
  2. LANSA開発環境の使用を中止し、現在実行中の全てのLANSAアプリケーションを停止します。
  3. AllEPCs.exeをダブルクリック
  4. “セットアップ"ボタンを選択します。処理を進めたくない場合は、"キャンセル"を選択します。
  5. 複数の構成をインストールしている場合は、EPCを適用する構成を選択してください。
  6. PCを再起動するようにプロンプトが表示された場合は、 再起動してください。
  7. インストールされたEPCの詳細を確認するには、以下の手順に従ってください。
    1. LANSAにサインイン
    2. ヘルプメニューを選択
    3. 製品情報を選択
    4. インストール明細タブを選択
    5. インストール/EPCサマリーの項目を拡張表示
    6. 最新項目を確認

“EPC845” をダウンロード EPC845.exe – 0 回のダウンロード – 155 MB

Posted by lansa