EPC857

注:ダウンロードには保守契約ユーザーログインが必要です。
保守契約ユーザーについてのお問い合わせは お問い合わせフォーム よりお願いします。
ログインは こちら から

“EPC857” をダウンロード epc857.exe – 0 回のダウンロード – 2 MB


日付: 2010年9月30日

EPC857のハイライト

  • SSL サポートが追加されました
  • IPv6 サポートが追加されました
製品LANSA Client
バージョン12
前提条件なし
関連製品Visual LANSA ( SSL 及び IPv6 を使用するためには EPC859 以上であること)
特記事項この EPC を適用する LANSA Client 環境のフルバックアップを取得してください。
ユーザー アクションなし
ドキュメントの更新この EPC には、ガイドの更新は含まれていません。
最新のガイドが右記のアドレスよりダウンロードできます。 http://www.lansa.jp/support/docs/index.htm
パッチなし

EPC をインストールする手順

EPC857 は、Windows マシンにのみインストールされるソフトウェアを含みます。ここでは、提供されるアイテムの導入と使用方法を説明します。

  1. EPC857.EXE ( Windows インストール実行ファイル ) を Webサイトから、もしくは電子メールにてダウンロードしてください。
  2. EPC857.EXE を解凍 (ダブルクリック) して LANSA Client EPC インストールを起動してください。

変更の詳細

 EPC857はこれらの変更を含んでいます:

問題番号説明
0115201
0137541
0137654
0141573
IPv6 コードが Windows 、Linux 、IBM i で使用可能になりました。IPv6 を使用可能にするために、新しい構成項目が追加されました。
0136704
0136705
接続時の OpenSSL サポート。リスナーが SSL をサポートするようになりました。SSL が使用可能になっている場合に、このリスナーに接続するクライアントは古いバージョン(V12 GA もしくはそれ以前)であってはいけません。
0141582TCP No Delay オプションがクリアされたら、TCP Keep-Alive の値がリセットされていました。デフォルト値の処理が間違っていました。

影響があるオブジェクト

Windows コンポーネント:

オブジェクト名オブジェクト タイプ
lcoadm32.exe\connect
lcoatxt.dat\connect
lcoecho.exe\connect
lcoechotp.dll\connect
lcoedes.dll\connect
lcoetwf.dll\connect
lcolchk.exe\connect
lcolist.exe\connect
lcolowertp.dll\connect
lcomgr32.dll\connect
lcosck32.dll\connect
lcotp.exe\connect
lcouppertp.dll\connect
vldbgsrv.exe\connect
vldbgtp.exe\connect

インストール手順

Windows にインストールするための手順

  1. EPC を適用する前に、全ての LANSA Client フォルダのバックアップを取得しておくことをお勧めします。
  2. LANSA Client アプリケーションの使用を停止します。
  3. EPC857.exe をダブルクリックしてください。
  4. “セットアップ"ボタンを選択します。処理を進めたくない場合は、"キャンセル"を選択します。
  5. PC を再起動するようにプロンプトが表示された場合は、 再起動してください。
  6. インストールされたEPCの詳細を確認するには、LANSA Client のインストールディレクトリ内の EPC.DATを開いてください。

“EPC857” をダウンロード epc857.exe – 0 回のダウンロード – 2 MB

Posted by lansa