EPC877

注:ダウンロードには保守契約ユーザーログインが必要です。
保守契約ユーザーについてのお問い合わせは お問い合わせフォーム よりお願いします。
ログインは こちら から

“EPC877” をダウンロード epc877.exe – 0 回のダウンロード – 30 MB


日付:2015年4月10日 

製品Visual LANSA 及び LANSA/AD
LANSA for the Web (Windows 上の EPC878)
バージョン12 SP1
前提条件873
特記事項バージョン12 の全ての Visual LANSA EPC には Windows 及び IBM iのシステムに適用されなくてはいけない更新が含まれています。(スタンドアロンの Visual LANSA 開発環境は Windows の更新のみ必要です。)両方の開発環境のアップグレードを行わないと、ホストモニターやスーパーサーバーのアプリケーションがオペレーション不能になります。両方の開発環境に EPC を適用しないままホストモニターやスーパーサーバーアプリケーションを使用しようとすると、EPC ミスマッチエラーとなります。

この EPC を適用する各プラットフォームの LANSA 環境のフルバックアップを取得してください。

IBM i 固有の特記事項IBM i に関するインストラクションは、IBM i についてのしっかりした知識があると処理がしやすいでしょう。
QSECOFR、QSECOFR グループ、*ALLOBJ と *SECADM 特殊権限のあるユーザープロファイルでサインオンしてください。
EPC を適用する前に、Web サーバを終了して、LANSA for the Web クリーンアッププログラムを実行してください。
リスナー及びホストモニターがアクティブになっている場合は、終了させてください。
アップデートする LANSA システムで LANSA Integrator が使用されている場合は、終了させてください。
ユーザーアクションユーザーアクションが必要な問題番号はありません。
ドキュメントの更新この EPC には、ガイドの更新は含まれていません。

最新のガイドが右記のアドレスよりダウンロードできます。 http://www.lansa.jp/support_japan/support/docs/index.htm

パッチ以下のパッチはこの EPC により置換されます:

Windows:

EPC873HF-130510
EPC873HF-130516
EPC873HF-130520
EPC873HF-130522
EPC873HF-130619
EPC873HF-130628
EPC873HF-130701
EPC873HF-130712
EPC873HF-130731
EPC873HF-130731d
EPC873HF-130809
EPC873HF-130904
EPC873HF-131002
EPC873HF-131210
EPC873HF-140108
EPC873HF-140109
EPC873HF-140301
EPC873HF-140303
EPC873HF-140305
EPC873HF-140310d
EPC873HF-140312
EPC873HF-140319
IBM i:

EC873P01
EC873P02
EC873P03
EC873P04
EC873P05
EC873P06
EC871P07
EC871P08
EC871P09
EC871P10
EC873P11
EC873P12
EC873P13
EC873P14
EC873P15
EC873P16
Contents

EPC をインストールする手順

EPC877には、IBM i のマシン及び Windows のマシンにインストールされるべきソフトウェアが含まれています。 ここでは、提供されるアイテムの導入と使用方法を説明します。

  1. EPC877.EXEをWebサイトからダウンロード。
  2. EPC877.EXEを解凍(ダブルクリック)。以下のファイルが解凍されます。
    • EPC877 – IBM i 保管ファイル
    • EPC877w.exe – Windows Visual LANSA インストール 実行ファイル
    • EPC878w.exe – Windows の LANSA for the Web サーバー インストール実行ファイル
    • AllEPCs.exe – 複数の Windows EPC インストール実行ファイル
    • AllEPCs.ini – AllEPCs コントロールファイル

提供されるインストラクション:

はいLANSA/AD
はいIBM i Web サーバー (複数層)
はいVisual LANSA

変更の詳細

EPC877/EPC878 には以下の変更を含んでいます:    [テーブルを非表示にするにはここをクリックしてください…]

問題番号説明
EPC877/EPC878
0140820
0142785
0150157
VARCHAR 及び STRING フィールドの値が、ブラウズリストに追加される際にブランクパディングされる

この不具合は修正されました

0146306
0151279
長いリスト定義の後のコード行がチェックイン/チェックアウトの際に消える

この不具合は修正されました

0148092
0149386
タブを使用時、ラジオボタンの振る舞いが矛盾する

この不具合は修正されました

0148518
0149740
LANSA がレジストリに暗号化されていないパスワードを格納しないようにする

この不具合は修正されました

0148918Web コンポーネントのHTMLタグの DBCS 制御が正しくない

この不具合は修正されました

0148986配布されたアプリを最初にインストール後すぐの小数点記号が正しくない

V13 では問題が発生しない。この問題が発生するのは、V12以前のバージョンのみ。

0149056
0149308
0149401
0153066
STM_FILE_WRITE_CTL が正しくない CRLF を書く

この不具合は修正されました

0149189EPC873 へのアップグレード後、いくつかの js ファイルが誤った場所で参照される

jQuery UI weblets internationalization (i18n) ファイルのリクエストが間違ったディレクトリに対して行われる。問題は修正されました。

0149210
0151065
SUNI 属性のフィールドを大量に持つファイルのコンパイル時の問題

この不具合は修正されました

0149220
0146329
グループボックスのラベルに “&&" がある場合、ナビゲーションとフォーカスの振る舞いに誤りがある

この不具合は修正されました

0149480LANSA が異常終了した際に ActiveX プロセスが正常に終了しない

ヌルリファレンスやゼロディバイドなどのRDMLX エラーがActiveX イベントを検査しているイベントルーチン内で発生した場合、X_RUNの終了処理が行われない
この不具合は修正されました

0149501テーブルの再生成オプションを付けずに論理ファイルをコンパイルすると SQL エラーが発生する

この不具合は修正されました

0149595
0150691
0151013
グリッドのカラムヘディングをクリックするとグリッドのコンテンツがソートされる機能が動かない

古いスタイルのレイアウトを使用時(テーマを不使用時)、グリッドのソート機能が動かない
この不具合は修正されました

0149675CKEditor onchangeScript プロパティが動かない

この不具合は修正されました

0149735SELECT コマンドの WHERE 句に 配列が使用されていると、エラーが発生する

この不具合は修正されました

0149832
0150961
V12 SP1 – IBM i に保管時、SCHI 文字が失われる

この不具合は修正されました

0149866LANSA トレースの 「接続文字列」 の暗号化
0149947ActiveX がアクセスバイオレーションを引き起こす

この不具合は修正されました

0150105Citrix において過剰な WMI 呼び出しがパフォーマンスの問題とランダムなクラッシュを引き起こす

この不具合は修正されました

0150117
0149936
*user_authenticated が生成されない

この不具合は修正されました

0150427
0151080
SQL CLI を使用するユーザー出口プログラムが LANSA の接続ハンドルを共有するのを許可

以下のパラメータとともにプログラ DCXP8210 を呼び出す必要があります:
アクション – Alpha 3 バイト 値 'GET’
ハンドル – Integer 4 バイト
ハンドルが hex '00000000’ で返された場合、LANSA は現時点では接続を持っていません。

0150503大量の再利用可能パーツを作成する際のパフォーマンス改善

この不具合は修正されました

0150630Windowsのファンクションにおいて、数値フィールドが文字を受け取る

この不具合は修正されました

0150639タブキーを使用してグリッドセルにフォーカスを移動した当初、IME がON にならない

この不具合は修正されました

0150790フィールドの長さが正しくない場合、JSMX 組み込み関数 が検査をせず、エラーも返さない

Integrator は Visual LANSA に返された値を検査するようになりました。

0150885ウェブイベントを呼ぶ WAM 及び WAM を呼ぶウェブイベントが IE9/IE10 においてうまく動かない

この不具合は修正されました

0150952IBM i において、ファイルへのコミットされていない更新が自動的にロールバックされる

RDMLX ファンクションが終了しても、IBM i においてコミットされていないデータベーストランザクションのロールバックは特に行われないようになりました。これにより、ジョブ内のそれ以降の処理がRDMLファンクションの終了についてデータベーストランザクションをコミットするかロールバックするかを決定できるようになりました。

0150961
0149832
V12 SP1 – DBCS が '&’ を含む場合、DBCS (SCHI) が壊れる

この不具合は修正されました

0151292FXQF=*ALL の設定により、 SAVE_LIST 組み込み関数 が LX_F80エラーで実行に失敗する

この不具合は修正されました

0151331チェックイン後、フィールドラベルとカラムヘディングが失われる

この不具合は修正されました

0151339配布ツールが BLOB レコード付きのテーブルを正常に配布できない

ファイルデータがパッケージに含まれるように指定された場合には、BLOB 及び CLOB ファイルデータも配布ツールが含めるようにしました。

0151501V12 CGI が大量のデータの POST をサポート

この不具合は修正されました

0152178STM_FILE_OPEN がユーザープロファイル設定に従いファイルを作成するように機能拡張

この不具合は修正されました

0153023IBM i に保管時、いくつかの SCHI 文字が失われる

この不具合は修正されました

影響があるオブジェクト

Windows コンポーネント:    [テーブルを非表示にするにはここをクリックしてください…]

オブジェクト名オブジェクト・タイプ
EPC877
liih.exe\LANSA
liio.dll\LANSA
liis.dll\LANSA
liiv.dll\LANSA
liiy.dll\LANSA
x_base.dll\LANSA
x_prim.dll\LANSA
XSLEditorFrame.dll\LANSA
XSLEditorFrameFRA.dll\LANSA
XSLEditorFrameJPN.dll\LANSA
PreviewBrowser.dll\lansa\XslEditor
PreviewBrowserFRA.dll\lansa\XslEditor
PreviewBrowserJPN.dll\lansa\XslEditor
XSLEditor.dll\lansa\XslEditor
XSLEditorFRA.dll\lansa\XslEditor
XSLEditorJPN.dll\lansa\XslEditor
XSLHTMLEditor.dll\lansa\XslEditor
XSLHTMLEditorFRA.dll\lansa\XslEditor
XSLHTMLEditorJPN.dll\lansa\XslEditor
XSLTextEditor.dll\lansa\XslEditor
XSLTextEditorFRA.dll\lansa\XslEditor
XSLTextEditorJPN.dll\lansa\XslEditor
installr.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
letprc01.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
lh_hmprs.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
lh_procd.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
lp_udt.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
lxptbbld.exe\X_WIN95\X_LANSA\Execute
runsql.exe\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3@p1600.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3_p1200.exe\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3_p1600.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3wsvpgm.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
w3wsvpgx.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
x_base.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
x_bifms.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
x_comms.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
x_dbmms.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
x_dll.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
x_funms.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
x_pdfms.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
x_prim.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
x_run.exe\X_WIN95\X_LANSA\Execute
x_uimmseng.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
x_uimmsfra.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
x_uimmsjpn.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
x_xqlms.dll\X_WIN95\X_LANSA\Execute
EPC878
std_ckeditor.jsWebServer\images\script
std_ckeditor.min.jsWebServer\images\script
std_jqueryui.jsWebServer\images\script
std_jqueryui.min.jsWebServer\images\script
std_script.jsWebServer\images\script
std_script.min.jsWebServer\images\script
std_script2.jsWebServer\images\script
std_script2.min.jsWebServer\images\script

IBM i コンポーネント:    [テーブルを非表示にするにはここをクリックしてください…]

オブジェクト名オブジェクト・タイプライブラリ
LCOMGR40*SRVPGMLANSA通信ライブラリ
LCOPROXY*SRVPGMLANSA通信ライブラリ
DCXSPASE*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
DCXS86XX*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
LXUTIL*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
W3XSVPGM*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
W3XSVPGV*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
W3XSVPGY*SRVPGMLANSA 通信ライブラリと Webサーバー
W3XSVPGX*SRVPGMLANSA通信ライブラリ
W3XS4210C*SRVPGMLANSA通信ライブラリ
LCXP0010*PGMLANSA通信ライブラリ
W3@P1600*PGMLANSA通信ライブラリ
W3PROFUN*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_BASE*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_COM*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_COMP*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_DBG*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_DBI*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_DBM*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_DBM_IS*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_DLL*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_FUN*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_LSV*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_PDF*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_PRIM*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_SSV*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_VAR*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
X_XQL*SRVPGMLANSA プログラム ライブラリ
BI@P291*PGMLANSA プログラム ライブラリ
BI@P292*PGMLANSA プログラム ライブラリ
BI@P299*PGMLANSA プログラム ライブラリ
BI@P300*PGMLANSA プログラム ライブラリ
BI@P301*PGMLANSA プログラム ライブラリ
BI@P304*PGMLANSA プログラム ライブラリ
DCXP0007*PGMLANSA プログラム ライブラリ
LCOLIST*PGMLANSA プログラム ライブラリ
LCOTP*PGMLANSA プログラム ライブラリ
RUNSQL*PGMLANSA プログラム ライブラリ
W3@P1200*PGMLANSA プログラム ライブラリ
W3@P1400*PGMLANSA プログラム ライブラリ
W3XPASETD*PGMLANSA プログラム ライブラリ
W3XPASETP*PGMLANSA プログラム ライブラリ
lpcr.bndSTMF../x_lansa
lpcrfra.bndSTMF../x_lansa
lpcrjpn.bndSTMF../x_lansa
lppa.bndSTMF../x_lansa
lppafra.bndSTMF../x_lansa
lppajpn.bndSTMF../x_lansa
x_ctddef.hSTMF../x_lansa/source
x_funstr.hSTMF../x_lansa/source
x_glodef.hSTMF../x_lansa/source
x_pdfpro.hSTMF../x_lansa/source
MQ_GETBIFLANSA プログラム ライブラリ

インストール手順

IBM i にインストールするための手順

  1. QSECOFR、QSECOFR グループ、*ALLOBJ と *SECADM 特殊権限のあるユーザープロファイルでサインオンしてください。サインオン後、ジョブのCCSIDが5035であることをご確認ください。
  2. この EPC を適用する前に、全ての LANSA フォルダ、システム・ライブラリ、全ての LANSA IFS オブジェクト (LANSA_pgmlib/x_lansa) のバックアップを取得してください。
  3. EPC を適用する前に、LANSA システムのロックが必要です。アクティブなユーザーを調べるには、LANSA iSeriesオブジェクトインストールガイドの付録B:アクティブ・ユーザーの確認方法 をご参照ください。
  4. リスナージョブ、ホストモニターを終了してください。 Web サーバーを終了し、 LANSA for the Web のクリーンアップ プログラムを実行してください。
  5. IBM i 上の IFS フォルダ( 例: /LANSA_pgmlib/tmp/epc877′ )へ、解凍された EPC877 ファイルを移動してください。
  6. この EPC には、以下のオプションを使用してください。
    1. EPC のインストール元 = *IFS
    2. EPC の適用先 = FULL_LANSA_SYSTEM
  7. ジョブのライブラリ・リストにLANSAのプログラムライブラリを追加しなくてよいように、LOADEPC コマンドを実行する前に、以下のコマンドを実行してください。
    CHGCMD CMD(pgmlib/LOADEPC) PGM(pgmlib/DC@LCP120)
  8. LOADEPC コマンドを、以下のパラメータと共に実行してください。:

    pgmlib/LOADEPC と入力し、コマンド4 (F4)を押して、(バッチで実行可能な)コマンドのプロンプトを表示させます。

    EPC 番号 … . . . . . . . . > 877

    EPC のインストール元 .. . . . . >*IFS
    IFS パス及びオブジェクト名 . . . .e.g./LANSA_pgmlib/tmp/epc877

    EPC の適用先 … . . . . FULL_LANSA_SYSTEM
    LANSA プログラム・ライブラリ .. . . . pgmlib

  9. EPC のインストールが完了した際、"INSTALLATION OF EPC NUMBER 877 COMPLETED" というメッセージが表示されない場合には、EPC のインストールによって作成されるジョブログを確認し、このメッセージが出力されているかご確認ください。あるいは、LANSA About画面 のラスト EPC の値を確認するか、LANSA About 画面にて、F10 キー を押下し、EPC ログにて確認することもできます。
  10. EPC のバックアップライブラリは、LANSA プログラムライブラリ内の保管ファイルに保管されます(iii877nn  iii = LANSA プログラム・ライブラリの最初の3文字、nn = 連番です。例: DCX87701)。この保管ファイルは、次の LANSA のアップグレード、またはサービスパックの適用にて、削除されます。
  11. 以下のような場合には、インストールを開始する前に、サインオフし、再度サインオンします。
    • この EPC を他の LANSA システムに適用する
    • 同じ LANSA システムに違う EPC を適用する

IBM i Web サーバー (複数層) ユーザーの手順

コマンド LOADEPC が、LANSA Web サーバー管理ライブラリで使用可能になりました。以下の手順にしたがってください。

  1. Web サーバーに LANSA for the Web をインストールまたはアップグレードをしていない場合、ステップ2を続ける前にそれらの作業を行ってください。
  2. この EPC を適用する前に、全ての LANSA フォルダ、システム・ライブラリ、全ての LANSA IFS オブジェクト(LANSA_pgmlib/x_lansa) のバックアップを取得してください。
  3. Web サーバーを終了し、LANSA for the Web クリーンアッププログラムを実行します。クリーンアップ手順については、LANSA オンラインドキュメントの13.5.6 システムのクリーンアップ を参照してください。
  4. 現行のライブラリリストを表示してください。QTEMP が見つからない場合は、ADDLIBLE コマンドを使ってそれを追加してください。
  5. IBM i のIFS フォルダ( 例: /LANSA_admlib/tmp/epc877' )へ、解凍された EPC877 ファイルを移動してください。
  6. この EPC には、以下のオプションを使用してください。
    1. EPC のインストール元 = *IFS
    2. EPC の適用先 = FULL_LANSA_SYSTEM
  7. LOADEPC コマンドを、以下のパラメータと共に実行してください。:

    CHGCMD CMD(admlib/LOADEPC) PGM(admlib/DC@LCP120)

    admlib/LOADEPC と入力し、コマンド4 (F4)を押して、(バッチで実行可能な)コマンドのプロンプトを表示させます。

    EPC 番号 … . . . . . . . . > 877
    EPC のインストール元 .. . . . . > *IFS
    IFS パス及びオブジェクト名 .. . . 例. /LANSA_admlib/tmp/epc877

    EPCの適用先 … . . . . LANSA_WEB_SERVER
    LANSA web サーバー管理ライブラリ . . . . . admlib

  8. インストールで作成されたバックアウト・ライブラリを、保管してから削除してください。(iiiEPCnn の場合、iii = LANSA プログラム・ライブラリの最初の3文字、nn = 連番です。)ライブラリの内容は、システムを EPC の適用前の状態に戻す際に使用します。
  9. 以下のような場合には、インストールを開始する前に、サインオフし、再度サインオンします。
    • この EPC を他の LANSA システムに適用する
    • 同じ LANSA システムに違う EPC を適用する

Windows にインストールするための手順

  1. EPC を適用する前に、全ての LANSA フォルダと LANSA データベースのバックアップを取得しておくことをお勧めします。
  2. LANSA 開発環境の使用を中止し、現在実行中の全ての LANSA アプリケーションを停止します。
  3. AllEPCs.exe をダブルクリック
  4. “セットアップ"ボタンを選択します。処理を進めたくない場合は、"キャンセル"を選択します。
  5. 複数の構成をインストールしている場合は、EPC を適用する構成を選択してください。
  6. PC を再起動するようにプロンプトが表示された場合は、 再起動してください。
  7. インストールされた EPC の詳細を確認するには、以下の手順に従ってください。
    1. LANSA にサインイン
    2. ヘルプメニューを選択
    3. 製品情報を選択
    4. インストール明細タブを選択
    5. インストール/EPC サマリーの項目を拡張表示
    6. 最新項目を確認

“EPC877” をダウンロード epc877.exe – 0 回のダウンロード – 30 MB

Posted by lansa