記号文字が正しく表示されない問題を修正するためのx-sjis2

注:ダウンロードには保守契約ユーザーログインが必要です。
保守契約ユーザーについてのお問い合わせは お問い合わせフォーム よりお願いします。
ログインは こちら から

“記号文字が正しく表示されない問題を修正するためのx-sjis2” をダウンロード x-sjis2.zip – 0 回のダウンロード – 38 KB

前提条件

eBiz Accelerator バージョン1.1

修正内容

実行時に"-"の文字を入力し保存した時に、正しく変換されず、文字化けしたデータ(“・")が保存されてしまう問題を修正

作業手順

1  既存のx-sjis.txtのバックアップ

ファイルx-sjis.txtを置き換えて頂く前に、既存のx-sjis.txtを名前を変更し保管しておきます。

  • お使いのiSeriesのOS400コマンド行に下記コマンドを実行して下さい。

( /accelerator/dem/translationTables/x-sjis.txtの、"dem"の部分は、お使いの区画名をご指定下さい。)

WRKLNK OBJ('/accelerator/dem/translationTables/x-sjis.txt’)

  • オプション 7= 名前の変更 を実行し、既存のx-sjis.txtの名前を変更し保管して下さい。

2  修正したx-sjis.txtの復元

  • x-sjis.zipを解凍しますと、フォルダx-sjisの中にx-sjis.txtが復元されます。
  • FTPを使いIFSの以下のディレクトリに、解凍したx-sjis.txtを送信します。

/accelerator/dem/translationTables/ (“dem"の部分は、お使いの区画名になります。)

MS-DOC プロンプトを開き、以下のコマンドを実行して下さい。

x-sjis.txtを解凍したディレクトリに変更します。(必要に応じて実行して下さい)

C:\WINDOWS>D:                  ← ドライブ名を指定し変更します。

D:\>CD \Temp\x-sjis              ← CD の後に、ディレクトリを指定し実行します。

FTPを実行します。

D: \Temp\x-sjis >ftp 192.168.0.0       ← FTP AS/400のIPアドレスを入力して下さい。

User (192.168.0.0:(none)): QSECOFR     ← AS/400のユーザIDを入力して下さい。

Password:                     ← AS/400のパスワードを入力して下さい。

ftp> binary                       ← 必ずbinaryをご指定下さい。

ftp> cd /accelerator

ftp> cd dem                     ← DEMは、御社でお使いの区画名をご指定下さい。

ftp> cd translationtables

ftp> put x-sjis.txt

ftp> quit

C:\WINDOWS>

3  動作確認

InternetExplorerのキャッシュをクリアーした後、LANSA eBiz Acceleratorにログオンして頂き、動作確認を御願い致します。問題が無いことをご確認頂きました後、1で名前を変更し保存して頂いたx-sjis.txtを削除して下さい。

(InternetExplorerのキャッシュをクリアーする方法)

InternetExplorerのメニュー"ツール"から"インターネット オプション"を実行し、"全般"タブの"インターネット一時ファイル"の"ファイルの削除"ボタンを押して下さい。

“記号文字が正しく表示されない問題を修正するためのx-sjis2” をダウンロード x-sjis2.zip – 0 回のダウンロード – 38 KB

Posted by lansa