LANSA for the Web-フレームワークウィザードの文字化け修正を修正するセーブファイル(H8)

注:ダウンロードには保守契約ユーザーログインが必要です。
保守契約ユーザーについてのお問い合わせは お問い合わせフォーム よりお願いします。
ログインは こちら から

“LANSA for the Web-フレームワークウィザードの文字化け修正を修正するセーブファイル(H8)” をダウンロード DBCS01.SAVF – 0 回のダウンロード – 1 MB


フレームワークウィザードを導入するとHEXで4Cが含まれるDBCSを入力タイプのコンポーネントで使用すると文字化けが発生する。

DBCS01.SAVをダウンロードして以下の手順で適用してください。
    
1. ダウンロードしたファイルはSAVF形式になっております。
クライアントアクセスやFTP等を使用してiSeriesへアップロードして下さい。
2. RSTOBJコマンドを使用し、DBCS01.SAV内のプログラム"W3@P1400″をLANSAプログラムライブラリ(省略値:DC@PGMLIB)に存在する同じ名前のプログラムと置き換えて下さい。

Posted by lansa