バージョンの確認方法

  1. 5250エミュレータから下記コマンドを入力
    DSPDTAARA DTAARA(<pgmlib>/DC@A01)
    通常<pgmlib> = DC@PGMLIB
    画面(1) 5250エミュレータから下記コマンドを入力
  2. データ域表示の画面が出力される
    423-424バイト目の表示が、LANSA/ADのバージョンです。
    画面(2) データ域表示の画面が出力される
    (例)423バイト目の表示が"H9" ⇒ LANSA/AD"I2" ⇒ LANSA/AD Version 10.0 
                       "I7" ⇒ LANSA/AD Version 11.3
                       "I8" ⇒ LANSA/AD Version 11.4
                       "J1" ⇒ LANSA/AD Version 11.5
                       "J2" ⇒ LANSA/AD Version 12.0 
                       "J3" ⇒ LANSA/AD Version 12.1
                       "J4" ⇒ LANSA/AD Version 13.1
                       "J5" ⇒ LANSA/AD Version 13.2

Visual LANSA

  1. Visual LANSA起動
    画面(3) Visual LANSA起動
  2. アクションバー"ヘルプ"から"製品情報"でバージョンを確認
    ※Visual LANSA起動時にも製品情報は表示されます。
    画面(4) アクションバー"ヘルプ"から"製品情報"でバージョンを確認

LANSA for the Web

  1. LANSA for the Web アドミニストレータ起動
    画面(5) LANSA for the Web アドミニストレータ起動
  2. アクションバー"ヘルプ"から"バージョン情報"でバージョンを確認
    画面(6) アクションバー"ヘルプ"から"バージョン情報"でバージョンを確認

LANSA Client(CS Builder/クライアント)

  1. LANSA Client(CS Builder/クライアント)起動
    画面(10) LANSA Client(CS Builder/クライアント)起動
  2. アクションバー"ヘルプ"から"バージョン情報"でバージョンを確認
    ※LANSA Client(CS Builder/クライアント)起動時にもバージョン情報は表示されます。
    画面(11) LANSA Client(CS Builder/クライアント)起動時にもバージョン情報は表示されます

LANSA Composer

  1. 5250エミュレータから下記コマンドを入力
    <pgmlib>/COMPOSER ABOUT
       通常<pgmlib> = LICPGMLIB
    画面(12) 5250エミュレータから下記コマンドを入力
  2. バージョン情報が出力される
    画面(13) バージョン情報が出力される