企業はこれまで以上に良好なつながりを持つ必要があります

今日の企業は、より機敏でより良いプロセスのつながりを持つ必要があります。買った物、社内で用意したもの、昔からあるもの、大規模にカスタマイズされたもの、オンプレミス、クラウドベースのいずれの場合でも、あらゆる組織はアプリケーション、データ、プロセスを接続して連携させる必要があります。

このニーズには、社内のシステム間のデータ連携と、サプライヤ、顧客、パートナーなどの社外の安全なデータ連携が含まれています。

データ連携の課題

多くの組織は、異なるコンピューティングプラットフォーム、データフォーマット、接続プロトコルが関わる場合に、その連携に苦労しています。物事を正しく伝達することの遅延は、収益機会の獲得、パートナーシップの実行、顧客親密度の向上、ビジネスプロセスの最適化の遅延を意味します。このギャップは、コストがかかりエラーが発生しやすい手作業で埋め合わせてきました。また、同じデータの複数のデータストアを同期させておく必要がある効率の悪いアーキテクチャもありますが、データの不整合が生じた場合のコストは、莫大なものになります。限界がある連携技術を克服するコストは、さらに増大する可能性があります。

データ統合の課題

ETLを超える

ミドルウェアとETL(抽出、変換、ロード)を超えるものが必要です。一方で、何ヶ月もの計画と混乱が起こりがちで複雑な連携技術も避けたいところです。現在市場にあるデータ連携ソリューションの多くが、今日の「連携」に非常に多くの時間と経費を要しているのはちょっと皮肉です。

ETL(Extract Transform Load)

データ変換と翻訳を簡単にする

すでに抱えているITチームのスタッフがデータ連携、変換、マッピングを視覚的に行えるとしたら...。 LANSAには、ビジネスを推進する異なるデータ、アプリケーション、プロセス、データベースを連携するためのツールがあります。LANSAが掲げる「Advanced Software Made Simple」の通り、学習と操作はとても簡単です。

ビジネスでは、XML、テキストデータ、CSV、JSON、EDI、ANSI X.12、EDIFACT、HL7、XBRL、Microsoft Excel、SAP iDocs、PDF、Zip、表記変換を必要とする文字など、数えきれないフォーマットのデータに直面しています。ITのソリューションは、これらのフォーマットの一部またはすべてを処理するだけでなく、既存のデータベースから直接データを取り出したり格納する必要があります。LANSAはこのすべてを簡単にすることができます。

データ変換と翻訳の容易性

接続の課題

アプリケーションの数と同様に、多くの異なるデータフォーマット標準が存在するのも厄介です。さらに悪いことに、多くの互換性のない接続と転送の標準は、データ連携をさらに複雑にしています。また、各通信プロトコル標準には、さまざまなデータ連携の市場での採用度合い、セキュリティ、効率性、適合性に関連して使い方によって長所と短所が生じます。

接続の課題

接続とデータ転送が容易に

取引のすべてのルールを設定できる立場にない限り、データフォーマットや通信プロトコルを指示できることはほとんどありません。遅かれ早かれ、それらのすべてをサポートすることになります。

LANSAで、世界中の取引で採用が進むプロトコルAS2、AS3、HTTP、FTP、FTP/s、sFTP、HTTP/s、電子メール、POP3、SMTP、SMSテキストメッセージング、REST、SOAPや、MQとJMSを含む多様なメッセージ待ち行列標準を、単純で簡単に扱えるデータ連携を手に入れることができます。

接続とデータ伝送の容易性

百聞は一見に如かず

LANSAは、30年にわたり世界中の企業のデータ連携をサポートしてきました。多くのお客様をサポートできたことを誇りに思っています。LANSAが提供する多様なデータ連携ソリューションと範囲の広さを成功事例でご覧ください。