IBM i vs AS400 何が違う?

皆さんはIBM i とAS400の違いをご存知でしょうか?オペレーティング・システムIBM iが作動するAS400 (現IBM Power Series) の歴史は長く、この長い期間に根付いた独特の専門用語や概念が存在します。

今日、インターネットで世界は繋がり、企業におけるデジタル表現はアプリケーション・プログラミング・インターフェース (API) や統合 Web サービスになりつつあります。今や企業は統合Web APIやIBM i Webサービスを活用することで、コアとなるビジネス資産の充実を図り、モダナイズし、当初の設計以上に大きく拡張し・再利用することができるのです。

このブログでは、IBM iとAS400の違いを探るとともに、IBM i/AS400システムの歩みやコンセプトについても詳しく説明していきます。

AS400、IBM i、IBM i Seriesとは

IBM社は1988年初頭にAS400 (Application System/400) を発表しました。AS/400は、主に中小企業向けに設計された、パワフルなデスクトップです。パフォーマンスが良く、高い信頼性・拡張性を誇り、堅牢でセキュリティが高い上、低価格だったことから、これらのミッドレンジ・ラインのコンピューターは80年代より多くの企業に人気の製品でした。

AS400/i-Seriesシステムは、独自のOS/400オペレーティング・システムと組み込みデータベースが装備されています。2000年には、AS400はIBM i Seriesサーバーと名前が変更され、リブランドされました。その後2006年には、このiSeriesがIBM system iと改称されました。これらすべてのIBM Powerシステムをサポートする現在のオペレーティング・システムがIBM iなのです。

AS400/iSeriesの現在の名称

IBM AS400ミッドレンジ・サーバーのソフトウェアとハードウェアは、長い年月の間に何度も変更・改称されてきました。この変更された名称には、AS400、iSeries サーバー、IBM system iなどがあります。

IBM system iとpシリーズの製品すべては、再びブランド名が変更され、現在はIBM Powerシステムとして知られる、IBM AS400、i Seriesシステムの現バージョンが立ち上げられました。現在のIBM Powerシステムは、更新されたIBM iオペレーティング・システム上で動作します。

IBM i の"AS400/i Series" システム

IBM AS400ミッドレンジ・コンピューターはSystem/38に置き換えられ、ランタイム環境ではSystem/36がサポートされます。AS400/i Seriesはエンド・ユーザーにとっては、シンプルで使いやすいシステムではありますが、その内部アーキテクチャーは複雑で、データベース、セキュリティ、ハードウェア、ソフトウェアが統合されています。

IBM Power システム (以前のAS400) は、非常に高度でユニークなシステムで、イノベーションを取り込み、素早く適応することが可能です。マシン・インターフェイス (MI) によって、IBM iのソフトウェアとハードウェアのコンポーネントは分離されており、片方が改善されても、もう一方に影響しないように設計されています。

つまり、AS400はハードウェアとソフトウェアのセクションが分かれているということです。AS400/IBM Power システムのOSにはデータベースが既に組み込まれているため、ユーザーはインストールの必要がありません。AS400システムの詳細については、「AS400とは」(英語)を参照してください

オペレーティング・システムIBM i

IBM iオペレーティング・システムは、IBM iのプラットフォームのために特別に設計されたもので、最新のPowerシリーズのシステム上で作動します。多様化するビジネスやコンピューターの要件に適応するために構築されたのがIBM iですので、さまざまなサービス、ソフトウェア、ハードウェアのリソース管理に適しています。IBM iの主な特徴は、「i」の文字で表される「統合 (integration)」です。ですから、少ないリソースで、より高度な機能の統合が可能です。詳細は、「IBM iとは」(英語)を参照ください。

IBM iとAS/400の比較は不可能

IBM iとAS400の違いを言葉で明確に比較することは容易ではありません。これまで何度も名称が変更されたため、AS400とIBMiが同じものなのかどうかについては、いまだに誤解している人もいます。さらに、AS400ソフトウェアとIBM iとの違いが分かりづらいため、IBMテクノロジーを採用する市場の企業にとって、デジタルトランスフォーメーションを成長させる際の大きな障壁ともなっています。

IBM iとAS/400の比較は、2つの異なる味を比較するようなものです。この両者を技術的に比較するとすれば、ハードウェアとソフトウェアを比較することになります。"AS400ソフトウェア"は、1980年代にIBMが作った物理サーバーのことです。一方、IBM iはAS400、今日ではIBM Powerシステム用のOSのことです。

IBM iとAS/400の違いを明確にするには?

IBM Powerシステム上で作動するIBM iは、長い成功の歴史があり、優れたサポート体制と高い信頼性・スケーラビリティがこの人気の原因です。

IBM iとAS/400を比較してみると、IBM iとAS400 (iSeries) は同じではないことがわかります。では、ここで両者の明確な違いを見てみましょう。IBM iは最新のIBM Powerシステム上で作動するオペレーティング・システムで、一方AS400やiSeriesは、古くレガシーなハードウェア・サーバーです。AS400はIBM iプラットフォームの祖先なのです。

それでも未だに素晴らしいテクノロジーであり、ユーザーはこのような違いを意識することなく、「AS400」や「iSeries」と呼んでいるのです。

IBM iの寿命は、AS/400よりも長い?

現在はAS400/i-Seriesの信頼性はAS/400よりも高いです。今ではAS400コンピューター・システムに代わって、IBM iとIBM Power Systemの新しいテクノロジーがビジネスで最も有名なブランドになっています。

IBM iはオープンソースの価値も認識されているため、プラットフォームにIBM iを利用すれば、企業はオープンソースのソリューションや最新のRPMソフトウェア管理手法をアプリケーションに統合することができます。

IBM iは、AS400ソフトウェアと比較しても、非常にセキュアです。

また、IBM iのセキュリティは常に向上しています。IBM iのアーキテクチャーでは、古いプロトコルは新しいアクセス・コントロールに置き換えられています。

IBM iはよりモダナイズされています。レガシーなIBMグリーン・スクリーンを最新のユーザー・インターフェイスでモダナイズすることも可能です。IBM iアプリケーションをWebブラウザーやモバイル・デバイス上でも操作可能です。データを失うことなく、IBM iのインフラ全体をモダナイズできるのです。

AS/400は過去のもの?

AS400システムは80年代に導入されたため、多くの人がAS400は過去のものだと考えています。しかし、私たちはそうは思いません。IBM i Series、AS400のミッドレンジ・システムは、何度もリブランディングの更新と改訂を繰り返してきました。

このような状況でも、IBMのAS400プラットフォームは、多くの世界のトップ企業で依然として重要な役割を果たしていいます。IBM i Series、AS400ハードウェアとソフトウェアは、高いセキュリティと、スケーラビリティ、信頼性、堅牢性といった高度な機能を提供し、大量のデータを迅速に処理することができます。現在、企業ではERP、バンキング、その他のビジネスの中核を担うシステム等、多くのリソースを必要とするアプリケーション処理で幅広く活用されています。

今もAS400 i Series (AS/400、IBM i) の需要が無くならない理由

IBM i Series AS400システムは、常に改良が重ねられ、今日のビジネスに必要な機能が提供されています。企業では現在も、IBM i プラットフォームが幅広く使用されており、生産性も常に向上しています。AS400 iSeriesプラットフォームに今なお需要があるのは、次のような特徴があるからです。

スケーラビリティ

企業は低コストの4コアのサーバーから即座に始めることができます。さらに、ビジネス要件の変更に応じて256コアのマシンにアップグレードすることも可能です。そのため、AS 400 iSeries プラットフォームはあらゆる規模の企業に最適です。

セキュリティ

IBM i/AS 400 プラットフォームは、お客様のプログラムやデータに高いセキュリティを提供します。

高いパフォーマンスと信頼性

このシステムにはエンタープライズ級の信頼性が装備されており、可用性の高いツールもすぐに利用できるため、稼働率はほぼ100%となっています。

論理パーティショニング (LPAR)

この機能を活用して、1台のIBM iデバイスに複数のオペレーティング・システムを連続的に実行することができ、オペレーティング・システムごとに別の区画を作成することが可能です。各OSは別のOSのスペースやリソースを使用しないようになっています。

ソフトウェア統合とIBM iアプリケーションのモダナイズ

AS400/IBM iプラットフォームは、既存のプログラムすべてをサポートします。さらに、レガシー・アプリケーションにネイティブとオープンソースの開発言語 (SQL、Java、.NET、PHP、C++) を統合して、アプリケーションをモダナイズすることも可能です。

IBM i オペレーティング・システムでは、メニュー駆動型インターフェース、組み込みデータベース(DBMS、DB2/400)、マルチユーザーやIBM 5250 グリーン・スクリーン・ターミナルのサポート、セキュリティ、プリンター、通信が提供されます。IBM i/AS400プラットフォームは日々進化を続け、今日最も人気のある最新技術 (機械学習、データ分析、パワフルなCPUと高度な技術を使った人工知能など) をIBM iアプリケーションに取り入れています。

AS400 iSeries (AS/400, IBM i) をLANSAでモダナイズ

LANSAはIBM iのパワフルなモダナイゼーション・プラットフォームで、AS400/IBM iやiSeriesをモダナイズできるソリューションを複数提供しています。IBM iのレガシー・アプリケーションのモダナイズや新ソリューションの構築に役立つさまざまなツールが用意されています。

IBM iのグリーン・スクリーン・アプリケーションのモダナイズに最も人気のLANSAツールの1つにaXesがあります。ソースコードを変更せずに、AS400/IBM i の5250グリーン・スクリーンを最新のWebやモバイルのインターフェースに即座に変換することが可能です。レガシーIBM iアプリケーションに、ビジネス要件に基づいた、より多くの機能が追加できます。

AS400 iSeries (AS/400, IBM i)のモダナイズを検討中のお客様は、今すぐLANSAにご連絡ください!